ヘッドマッサージオイル

アタルバ 
ヘッドマッサージオイルⅬⅤ

ラベンダー精油を配合

独自栽培のブランミー(ブラーミ・バコパモンニエラ)が主成分、アムラ(アマラキ)を加え、ラベンダー精油を添加し、使用感を向上させた製品。ただし、アロマオイルのような強い香りではありません。ヘナ前の頭皮マッサージに、ヘナ後のヘアオイルとして、ハーブシャンプー後のヘアオイルとしておすすめします。

オイルに配合されているインドハーブの匂いとラベンダー精油、スパイクナード精油の香りが、ヘナの匂いや頭皮の匂いを抑えます。

アタルバ 
ヘッドマッサージオイルⅬⅤ

ヘッドマッサージオイル

HMLV ◆50ml 価格:1,980円 (税込)

お買物かごに入れる
キャッシュレス

※容器はPET容器。

ヘナする前に良質なオイル頭皮マッサージで仕上がりが向上、アロマの香りで心地よい使用感

ヘナ染め前にオイルで頭皮マッサージ

注意点ヘナには油分を取り除く作用がある。

コツヘナ染め前にある程度のオイル分を補うということが、インドでは伝統的に行われてきました。

お客様体験談(抜粋)

 お客様の使用体験談より抜粋 

体験者の声

髪がツルツルの仕上がり!

評価★★★★★By らに 40代/女性 (東京都)

…このオイルを使うと、ハーブシャンプー後の髪の仕上がりと手触りが、よりツルツルになります。もともとは、シャンプー中のキシミ防止、髪が乾いた後の油ぎれ防止のために使い始めましたが、今は仕上がりの触感のために使っています……

体験者の声

ラベンダーとジャタマンシの香りがリラックスを誘うリラクゼーションオイル

評価★★★★★By ちぇりー 40代/女性 (岡山県)

…思ったより、ラベンダーの香りがしっかりします…というか…オイルの匂いとラベンダーの香りがうまい具合に混ざっていて、なるほど、そうきたか。。。な、感じ。…オイルの使用感も、他のオイルと同じく、とても良い……

 お客様の使用体験談より抜粋 

全成分

ゴマ油、バコパモンニエラエキス、アンマロク果実エキス、ラベンダー油、カンショウコウ油(スパイクナード)。

ゴマ油、ブランミー、アムラなども無農薬栽培

・ヘッドマッサージオイル

ベースオイルとなるゴマ油は、独自にコールドプレス(冷搾)しているため、一般的な溶剤抽出による薬剤のキャリーオーバー※が一切ありません。さらに主成分であるブランミー(ブラーミ)はアタルバが独自に栽培するバコパモンニエラ種を使用。

※キャリーオーバーとは、原材料のゴマ油を抽出する際、一般の抽出方法では発癌性が疑われる溶剤薬品が使用され最後にフィルターにより溶剤を除去する方法ですが、完全に除去しきれず残留することを言います。

オイルヘッドマッサージ→ヘナはインド伝統のやり方

ヘナには油分を取り除く作用があるため、ヘナ使用前にオイル分を補いながら頭皮ケアをかねて頭皮マッサージを行うということがインドでは伝統的に行われてきました。 アタルバのヘッドマッサージオイルをヘナ前ハーブシャンプー前の頭皮マッサージに、あるいは日頃のヘアオイルとしても活用してください。

使い方

ヘッドマッサージの効果

以下のページをご参照ください。

ヘッドマッサージオイルの効果

ヘナによる油分の取りすぎで発生する髪のバサつきを抑えることでヘナの使用感が向上。オイルの香りでヘナの匂いが抑えられ、頭皮の赤味染まりが低減。

1)ヘナ特有の匂いが抑えられる(ヘナ染めの最中と後)。

2)乾燥を防いで仕上がりが向上する(ヘナには脱脂作用があるため事前にオイルを補う)。

3)頭皮が赤オレンジに染まっても落ちやすくなる(適度なオイル分はヘナの髪への着色は妨げない)。

よくある質問

質問:オイルを多めに使って、頭皮マッサージ してしまいました。どうしたらいいでしょうか?

回答:ハーブシャンプー香る髪オイリースカルプをマヨネーズ状に溶かして塗布します

ハーブシャンプー香る髪オイリースカルプは他のハーブシャンプーより洗浄力を高めてますので、多少のオイルのベタつきは濃度により、落とすことができます。 オイルを多めに使ってしまった場合の落とし方は、マヨネーズ状に溶かし、ヘナのように髪に塗布して、5分~程度放置してから洗い流します。 ただし、あまりにもオイルで髪をべとべとにした場合、香る髪オイリースカルプでも落ちきらなくなりますので、適度な量(多すぎない)のオイルで頭皮マッサージを行ってください。

質問:マハラニヘアケアオイルとアタルバヘアオイル、アタルバヘッドマッサージオイルの違いを教えてください。

回答:アタルバ系のオイルは根本的に製法が異なり、インド伝統製法です。

マハラニヘアケアオイルはベースオイルに精油を配合した製品で、主に、ヘナやハーブシャンプーの際に、インドハーブに匂いを緩和する精油系のオイル(主に香りを楽しむ)としておすすめしています。

それに対し、アタルバ系のオイルは根本的に製造方法が異なります。

インド伝統製法とはどのような製法?

まずハーブのエキスを数日かけて水溶させ、ハーブカスを濾しとった後、そこにゴマ油(アタルバヘアオイルの場合はココナッツオイル)を落とし、ゆっくりとおおよそ一日、煮込み続けます。油は上に浮き、下にはハーブ液が沁みこんだ水があり、水は沸騰し続け、じょじょに量を減らし、水が完全に蒸発しきった瞬間に火を止めます。

こうすることで、油は常に100度の状態でキュアリングされ続け、水が完全に蒸発しきってなくなる瞬間に、オイルの中に水溶性のハーブエキスが転写され、本来、オイルに溶出することがない水溶性のハーブエキスがオイルに溶け込むという、非常にユニークな製法で、通常は腐敗してしまう水溶成分がオイルに溶け込むことで長期保管が可能になります。また、ゴマ油の場合は長時間のキュアリングにより抗酸化物質が豊富となり酸化にくい状態での長期保存となります。

こうしたインド伝統製法によって製造されたオイルは吸収がよく、保湿作用に優れており、ヘナに相性がよいオイルとして、インドでは伝統的に使用されてきたのです。

表示製造年月について

アタルバのオイルの表示製造年月は、アタルバが実際にオイルを製造した日で、容器に充填した日ではありません。小ロットづつアタルバより空輸しておりますが、製造年月については1年前ほどのものが入荷することがあり、オイルの有効期限はその表示製造年月より3年となっております。これは、実際には、製造され保管されていたオイルが1年後に、容器に充填され、当方に入荷したことを示しております。また、 インド伝統製法により製造されたオイルは酸化しにくく長期保存が可能なオイルで、逆に製造してより1年程度経過したオイルのほうが品質が安定してよいとさえ言われております。

使用上のご注意

植物アレルギーの心配がある方や、初めてご使用になる場合はパッチテストを行ってください。

パッチテストで異常がなくても、ご使用中、何らかの異常を感じた場合は、速やかに使用を中止し、よく洗い流してください。

お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。

化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合

(2)使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。

特異体質の方、腎臓病、血液疾患の既往症のある方、妊娠中や授乳中の方は専門医に相談してから使用して下さい。

高温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。

インディゴ関連製品をお使いの場合の注意点

インディゴやハーバルカラーシリーズなど、インディゴ関連製品をお使いの前には、インディゴがオイル類により染毛力が弱くなりますので、ヘッドマッサージオイルをはじめ、オイル類は使用にならないでください。インディゴ関連製品の使用が終わった後などにヘアオイルとしてご使用下さい。