マハラニ・インディゴ

ヘナの赤味を
暗めに抑える

100%植物性染毛料
マハラニ インディゴ

インディゴの染まり方
 ※染まり方には個人差があります。

収穫年数をご確認ください。現時点で最新のインディゴは2017年産。植物アレルギーに注意してください。

 マハラニ・インディゴ

2017年産

鮮度★★★★★(5.0)
染まり★★★★★(5.0)

得点は当社比。裏面に2017年産と記載。ロット番号:05製造:2017年11月、推奨消費期限:2020年11月。

2017年産よりも刺激がやや少な目で染毛力も同等で星5つ。

▼検査機関による検査証明

  • SGS研究所
  • 日本食品分析センター
  • trtc

古い検査の使い回しはしておりません。ロット毎に検査を実施。検査日付をご確認ください。


ID71 ◆100g 価格:1,480円 (税込)※100g3個まで、ゆうパケット可

ポイント: 41pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

ID75◆500g 価格:4,980円 (税込)

ポイント: 138pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

※500gパックはジップ付きです。


※500g パックはジップ付き
※ゆうパケットは100g3個まで対応可能。500gは厚みのため対応不可。


 マハラニ・ヘナファイン粉末

2016年産

鮮度★★★★(4.0)
染まり★★★★★(4.9)

得点は当社比。裏面に2016年産と記載。ロット番号:01 2016年11月、推奨消費期限:2019年10月。

染まりは星5つで、過去の弊社提供インディゴのなかでもトップクラス

▼検査機関による検査証明

  • SGS研究所
  • 日本食品分析センター
  • trtc

2016年産より日本の検査機関での検査も開始。古い検査結果の使いまわしではありません。本製品の検査結果です。


I010 ◆100g 価格:1,280円 (税込)※100g3個まで、ゆうパケット可

ポイント: 35pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

ID61X3 ◆100g×3 価格:2,980円 (税込)※100g3個まで、ゆうパケット可

ポイント: 82pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

I012◆500g 価格:3,980円 (税込)

ポイント: 110pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

※500gパックはジップ付きです。


※500g パックはジップ付き
※ゆうパケットは100g3個まで対応可能。500gは厚みのため対応不可。


代金引換/クレジット決済(ゆうパケットを除く)は
本日午後2時までのご注文で当日出荷
ゆうパケットの出荷日
※出荷が翌営業日になる場合もございます。
お届け日数や配達日
体験談
インディゴ比較

2017年産(ロット:05)と2016年産(ロット:01)のインディゴ 比較

2017年産のインディゴは染まりと鮮度がともに良好です。

インディゴ関連情報

インディゴ関連情報

マハラニヘナブログ内のインディゴ関連情報。


抜群のコスパ 500gパック当たり2,945円 セール ヘナ+インディゴ

ヘナとインディゴ

2017マハラニ・ヘナ(機械挽き)500g +2016マハラニ・インディゴ500g

H7KID6 価格:5,890円(税込)

ポイント: 163pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

※送料無料セットではありません。インディゴはずばり2016年産がおすすめです。理由は今が一番刺激が少ないです。インディゴは少し寝かしたくらいが皮膚への刺激がもっとも少ないようです。染まりは2017年と比較して遜色ありませんので、コスパ抜群のセットです。

2017インディゴのセット

◆セットで単品購入より20%オフ。500gパックはすべてジップ付き。以下のセットは送料無料ではありません。

2017マハラニ・ヘナ石臼挽き500g +2017マハラニ・インディゴ500g

ヘナとインディゴ

H7GID7 価格:7,960円(税込)

ポイント: 221pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

※送料無料セットではありません。ヘナ、インディゴともにジップ付

2017マハラニ・ヘナファイン粉末500g +2017マハラニ・インディゴ500g

ヘナとインディゴ

H7FID7 価格:7,720円(税込)

ポイント: 214pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

※送料無料セットではありません。ヘナ、インディゴともにジップ付

2016インディゴのセット

2017マハラニ・ヘナ石臼挽き500g +2016マハラニ・インディゴ500g

ヘナとインディゴ

H7GID6 価格:7,160円(税込)

ポイント: 198pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

※送料無料セットではありません。ヘナ、インディゴともにジップ付

2017マハラニ・ヘナファイン粉末500g +2016マハラニ・インディゴ500g

ヘナとインディゴ

H7FID6 価格:6,920円(税込)

ポイント: 192pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

※送料無料セットではありません。ヘナ、インディゴともにジップ付

はじめてのヘナとハーブシャンプー解説書 

上記解説書に、インディゴの染め方が記載されています。ご購入時、レジにて説明書同梱希望欄にチェックがない場合は同梱しておりませんのでご注意ください。

真空パックについて

※時間が経過すると真空状態が緩くなってしまう場合がたまにあります。真空パックしてからアルミ袋に入れていますので密閉性は確保されています。真空状態が緩いという理由での交換はご遠慮ください。


ヘナで白髪が
赤オレンジに染まる

 ヘナ白髪染め後

インディゴで
後染めすると

インディゴ後染め

ほぼ黒髪に発色

インディゴの染め時間と発色

以下の白髪束の写真はインディゴで染めた一日後の発色の状態。 インディゴは空気に触れ酸化することで濃く発色していく。

インディゴの染め時間と発色
 

発色、色の出方は目安

上記はインディゴの発色モデルと、インディゴの後染めの場合の発色モデルで、実際の染まり方は、髪質や髪の状態、染め方によって異なってきますので、上記の発色モデルと異なる場合があります。あくまで目安としてご参照ください。

マハラニ・インディゴで後染めすることで、ヘナで赤オレンジに染まった白髪をブラウン系~ダークブラウン系~ほぼ黒系にに染めることができます。

白髪を
しっかり黒髪へ

染めたい場合は

最初に白髪をヘナで染め、40分~1時間程度インディゴで後染めする方法が、しっかり暗めに染まるのでおすすめ

ヘナで白髪が
赤オレンジに染まる

 ヘナ白髪染め

インディゴで
後染めすると

インディゴ後染め

ほぼ黒髪に発色

ヘナで1時間~程度染め、髪をいったん乾燥させ、ヘナを髪に定着させた後、インディゴで40分~1時間程度の後染めする二度染めの方法は色がよりしっかりと定着し、寄り暗めに、ほとのど黒に発色します。

白髪をダークブラウンに染めたい場合の注意:ヘナとインディゴの後染めを繰り返すと黒髪に発色

白髪をダークブラウンに染めるのは、比較的簡単です。ところ、一旦ダークブラウンに染まった後、そのままの色、つまりダークブラウンに髪の色を維持するのがとても難しい、ダークブラウンに染まったのと同じやり方を続けると、黒髪に染まり、一旦、黒髪に染まるとヘナでは明るく染め直すことが難しいです

インディゴで後染め

インディゴの後染め30分を二回行うと黒髪に近くなる。※染まり例は目安で、実際の染まり方には個人差があります。

インディゴの後染めの工夫

インディゴで後染め

インディゴの後染めの2回目を10分程度とすることで、発色が黒くなるのを防ぐ。※染まり例は目安で、実際の染まり方には個人差があります。

インディゴの後染めをスキップ

インディゴで後染め

暗めになりすぎるのを防ぐには、インディゴの後染めをスキップし、赤味が目立ってきたらインディゴで10分~15分、後染めする。※染まり例は目安で、実際の染まり方には個人差があります。

染まり方の注意点

天然のヘアカラーのため白髪がお好みの色に染まらない場合もあります

白髪をヘナ染めの後にインディゴで後染めしても、髪質や髪の状態など、なんらかの事情で十分に暗めに染まらない場合もあります。また、逆に暗めに染めたくない場合でも、インディゴの後染めで真っ黒に染まってしまう場合もあります。まずはお試し下さい。マハラニ・インディゴは必ずマハラニ・ヘナと一緒にお使いください。マハラニ・ヘナとのセットもございます。インディゴよくある質問集もご参考ください。


体験談

インディゴの原材料
インディゴ葉の選別

インディゴの葉

年々、良質なインディゴ葉の確保が困難になってまいりました。

年々、良質なインディゴ葉の確保が困難になってまいりました。理由は世界的に需要が伸び、農家がインディゴ葉を少しでも早く成長させるために無理な潅水を行い、品質が落ちる(染毛成分が減少する)場合があるためです。

弊社の、インディゴの葉の買い付け方法

毎年、タミルナドゥの産地よりテスト買い付けをしたインディゴ葉から品質のよいインディゴ葉を選別後、マハラニ インディゴとして製品化しております。時として1トンのインディゴの葉を選別するために10トン以上のインディゴ葉から選別する場合もあり、よく染まるインディゴ製造のために、原材料インディゴの葉の選別には神経を使っております。選別は弊社現地スタッフが行っております。

風力でインディゴ葉を選別

 インディゴの葉の選別

原材料のインディゴの葉には、インディゴの種、小枝、セメントの塊(インディゴの乾燥は野外のセメント床の上で行われるため)、小石類が混ざっており、これらの不純物を除去することが、純度の高い高品質なインディゴ製造のために欠かすことができません。原材料に混ざりこんでいる不純物を取り除くには、風の力を利用しています。

インディゴの葉の選別 風で飛ばす

上写真手前がインディゴの枝、種、奥が純度の高いインディゴ葉です。写真下の、手の上にあるのは粉末化直前のインディゴ葉で、不純物が綺麗に取り除かれ、純度が高い状態になっています。

薬物の混入、混ぜ物は一切ありません

インディゴ葉クリーニング後

真上の写真は不純物を除去され、また、天日乾燥が完了したインディゴ葉で、粉末化直前です。原材料の状態の見極めがとても重要です。インディゴ葉は割れやすく、葉が粉々に砕けており、葉の原型を留めていません。

小枝などの繊維質が少ないため、ボソボソ感が少なく、塗りやすい滑らかなペーストになります。

インディゴペースト 

繊維質(小枝類)の除去が十分でない場合はぼそぼそした塗りにくいペーストになりますが、マハラニ・インディゴは繊維質を徹底的に除去しているため、粘性のほとんどないインディゴにもかかわらず、溶かすと滑らかなペーストになり、比較的塗布しやすいです。

マハラニ・インディゴは重金属検出検査をクリア

インドでは環境汚染が進んでおり、インディゴにも高い値の重金属が検出される場合があります。そのため、インディゴの葉の原材料を買い付けの際、ロット毎に事前に重金属検査(鉛、ヒ素、水銀、カドミウム)を実施し、異常な値が検出された原材料をスクリーニング排除、さらに製造完了後にも、再度、検査を実施しております。

インディゴ収穫

マハラニ・インディゴ収穫年を明記

インディゴは収穫された後、年月が経過するとじょじょに品質が劣化していき、染毛力が失われていきます。そのため、品質を知るには、製造年月だけでなく製造年も知る必要があります。通常、インディゴ葉は毎年、南インドの雨が少ない時期、6月~8月頃に収穫されます(ただし、最近の異常気象で収穫月が微妙に異なる場合もあります)。

インディゴ長期保存のため、真空パックでお届けしています。

一般的に、インディゴ長期保存のため、ガンマ線照射により劣化を防ぐ方法がとられる場合があります。弊社では鮮度を保つために、試行錯誤の結果、真空パックとアルミパックを採用しております。

マハラニヘナ・ニュース インディゴ関連情報

体験談

使用上の注意点

植物アレルギーの心配がある方や、初めてご使用になる場合はパッチテストを行ってください。

パッチテストで異常がなくても、ご使用中、何らかの異常を感じた場合は、速やかに使用を中止し、よく洗い流してください。

ヘナ、シカカイ、インディゴ、ニームのみ、パッチテスト用の数グラムのサンプルを差し上げます。お買い物の際はメッセージ欄にてパッチ希望の製品名と「パッチテスト用希望」と明記ください。また、パッチテスト用だけをご希望の場合は無償で郵送いたします、お問合せフォームにて、パッチテスト用をご希望の製品名と送付先を明記してください。

お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。

化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合

(2)使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。

目に入ったときは、直ちに洗い流してください。

特異体質の方、腎臓病、血液疾患の既往症のある方、妊娠中や授乳中の方は専門医に相談してから使用して下さい。

高温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。

一緒におすすめ商品

マハラニラベンダーオイル

インディゴの臭みを低減マハラニ・ラベンダーオイル

マハラニラベンダーオイル

マハラニ・ラベンダーオイル10ml

MO02 ◆10ml 価格:1,720円 (税込)

お買物かごに入れる

インディゴには青臭い匂いがありますが、ラベンダーを数滴落とすだけで、インディゴ臭がかなり低減され、インディゴ特有の刺激も幾分緩和されるようです。

マハラニ ヘアケアオイル

オイルでインディゴのごわつきと色あせを緩和する

マハラニ ヘアケアオイル

マハラニ ヘアケアオイル

インディゴを染めた後の髪にオイルを適量つけることで、染まりが幾分か長持ちし、インディゴのごわつきが緩和されます。 ただし、オイルをつけるのは、インディゴをした翌日以降にしてください。洗い流してすぐなどにオイルをつけると、発色が悪くなることがあります。また、オイルの量はベタベタしない、ほんの少しの量にしましょう。

ベースオイルとして、ゴマ油と、保湿作用が高いひまし油を少し使用。 ローズマリィー、モティアロッシャ、カレーリーフ、ジャタマンシ、ジュニパーなど、ヘアケアのアロマを配合しています。

購入はこちらマハラニヘアケアオイル

インドのお花の香りで使用後の匂いを低減

マハラニ フレグランスオイル

マハラニ フレグランスオイル

香りの主成分はインドの花で、 一度試すと繰り返して使いたくなる香りで、インディゴ後の匂い低減におすすめです。フレングランスオイルは天然成分100%です。

購入はこちらマハラニ フレグランスオイル

ハーブシャンプー香る髪

ハーブシャンプーでインディゴのごわつきと色あせを緩和する

ハーブシャンプー香る髪

ハーブシャンプー香る髪シリーズ

石鹸や市販のシャンプーは洗浄力が強いため、毎日洗髪をするとそれだけ早く色あせします。 弊社では、洗浄力がマイルドな、自然のハーブ100%のハーブシャンプーをおすすめしています。ハーブシャンプーを続けていきますと、シャンプー自体の回数が減っていき、週に1~2回の洗髪でも、髪や頭皮がいつも気持ちのよい状態に保たれるようになります。また、ヘアオイルでも髪のごわつきが回復しない場合は、香る髪などのハーブシャンプーで洗髪すると、ハーブシャンプーのトリートメント効果で仕上がりが回復する場合が多いです。インディゴと合わせて、ハーブシャンプー香る髪シリーズも、ぜひお試し下さい。

購入はこちらハーブシャンプー香る髪シリーズ

マハラニ・ハーバルヘアカラー9(ブルーブラック)

マハラニインディゴと同様に使え塗りやすく青臭さが少ない!マハラニ・ハーバルヘアカラー9(ブルーブラック)

マハラニ・ハーバルヘアカラー9(ブルーブラック)

マハラニ・ハーバルヘアカラー9(ブルーブラック)100g

インディゴには青臭い匂いがありますが、ラベンダーを数滴落とすだけでインディゴ臭がかなり低減され、インディゴ特有の刺激も幾分か緩和されるようです。

マハラニ・ハーバルヘアカラー9(ブルーブラック)

インディゴで、かぶれることがあるのですか?
はい、インディゴで植物アレルギー反応が出るためお使いいただけない方がいます。

インディゴは刺激の強いハーブのため、天然100%のものでも、植物アレルギー反応を起こす方がいらっしゃいますので、初めてご使用になる前には、必ず皮膚試験(パッチテスト)を実施し、アレルギー反応がないことを確認してください。

パッチテストで異常がない場合でも、初めて使用される際に少しでも異常を感じたら、一旦洗い流し、様子を見てください。 特に異常がない場合は、数日してから再度パッチテストをし、異常がないことを確認してからご使用を再開ください。

ハーバルヘアカラー7(ブラック)で染めるのと、ヘナ染後にインディゴで髪を染める方法とではどちらがしっかり染まる?
一般的に、ヘナしてインディゴで後染めする方法のほうがしっかり染まります。

ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9は、お手軽に、こまめにお手入れし、美しさを持続させる商品です。 お手軽に染めることができますが、髪質により一度で色が入りにくかったり、落ちやすかったりする難点があります。 一方、ヘナの後にインディゴで染める二度染めは、手間暇かかるものの、白髪がしっかりと染まります。 真っ黒にしっかり染めたい方や、髪が太いなどで染まりにくい髪質の方は、二度染めをおすすめします。

また、どちらの方法が良いのかは、以下をご参照ください。

ヘナとインディゴによる二度染めの行程を 特におすすめの方は

1白髪の比率が高い方

2白髪の塊がある場合

3髪の太い方

4真っ黒に染めたい方

ハーバルヘアカラー7(ブラック)が特におすすめの方は

1白髪の比率が低い方

2白髪の大きな塊はなく、まだらに白髪がある方

3髪の細い方

4忙しい方(時間が限られているため二度染めの方法を行いにくい)

白髪は1割程度ですが、インディゴかハーバルヘアカラー1・3・5・7・9が必要ですか?
真っ黒く染めたい方は、インディゴやハーバルヘアカラーが必要です。

白髪の比率が1割未満の場合は、通常ヘナだけで目立たなくなります。白髪が真っ黒でなくても、わかりにくくなればよいという方の場合は、ヘナ100%のものだけで、インディゴやハーバルヘアカラーは必要ありません。

インディゴを洗い流して髪を乾かした後、髪をさわったら手が青くなりました。
インディゴで後染めされた後、乾かした後に髪に触ると、手に青っぽく色がつく場合があります。これをインディゴの色落ちと呼びます。

インディゴがはじめての場合、特に、ヘナもインディゴもはじめてご使用になるという場合、手や襟元など、髪にふれるもの全てに黒っぽい色がつくなど、ひどい色落ちをすることがあります。インディゴの使い始めは色落ちがありますが、ヘナがしっかり髪に定着しない内にインディゴを使用すると、余計にひどい色落ちになる場合が多いです。 ヘナもインディゴもはじめての場合、ヘナ染めの後、数日間を空けてインディゴの後染めをすると、色落ちが軽減します。

色落ちは、3回目以降ぐらいから改善する場合がほとんどですので、その頃よりヘナとインディゴを同日にすることも可能になります。但し、ヘナとインディゴを同日に行う場合は、ヘナの後、一旦しっかりと髪を乾かしてから、インディゴの後染めを行ってください。

インディゴは次第に色が落ちてへナの赤っぽい色が出てきてしまうのですが、インディゴの色を長持ちさせるにはどうしたらいいですか?
インディゴの特質として、どうしても徐々に色あせしていく傾向があります。

ただこれも、髪質や髪の状態、シャンプーの回数などにより、色落ちの早さや加減などが違ってきます。早い人で、一週間程度で下に隠れていたヘナの色、赤オレンジが少しずつわかるようになります。もし色あせしたと感じた場合は、再度インディゴの後染めのみを行うとよいでしょう。

日常の洗髪には、香る髪などのハーブシャンプーをおすすめします。

石鹸や市販のシャンプーは洗浄力が強いため、毎日洗髪をするとそれだけ早く色あせします。 弊社では、洗浄力がマイルドな、自然のハーブ100%のハーブシャンプーをおすすめしています。ハーブシャンプーを続けていきますと、シャンプー自体の回数が減っていき、週に1~2回の洗髪でも、髪や頭皮がいつも気持ちのよい状態に保たれるようになります。インディゴと合わせて、ハーブシャンプー香る髪シリーズも、ぜひお試し下さい。

オイル使いで色あせ緩和

また、染めた後の髪にオイルをつけることで、染まりが幾分か長持ちするようですので、マハラニ ヘアケアオイルアタルバ ヘッドマッサージオイルなどの、良質なオイルを髪につけると良いでしょう。 ただし、オイルをつけるのは、インディゴをした翌日以降にしてください。洗い流してすぐなどにオイルをつけると、発色が悪くなることがあります。また、オイルの量はベタベタしない、ほんの少しの量にしましょう。

インディゴをすると、髪がバサバサになる
インディゴを長時間髪に塗布していると、髪はゴワゴワになります。

インディゴは仕上がりの悪いハーブのため、インディゴで長時間染めますと、髪は、ゴワゴワになります。

対策1:インディゴ染めの後にヘアオイルを髪に

インディゴをされた後に、オイルを少々髪につけます。
インディゴは髪に油分が多すぎると染まりにくく、発色しづらくなるため(オイルマッサージをしてインディゴ染めをすると染まりにくくなる)、インディゴ染めの前にオイルは使用できませんので、インディゴ染めの後にオイルを髪に適量つけます。ただし、インディゴを洗い流してすぐにオイルをつけると発色の妨げになりますので、翌日以降にマハラニ ヘアケアオイルアタルバヘッドマッサージオイルなどの良質なヘアオイルを少量、髪につけます。

対策2:ハーブシャンプーなどで洗い流す

ヘアオイルでも髪のごわつきが回復しない場合は、シャンプーなどで洗い流してください。香る髪などのハーブシャンプーで洗髪すると、ハーブシャンプーのトリートメント効果で仕上がりが回復する場合が多いです。

インディゴは、ハーブシャンプーとオイルをセットでご使用になられることを、おすすめします。

インディゴで黒くなりすぎました。
真っ黒をご希望でない場合は、インディゴの使い方に注意してください。

インディゴは重ねれば重ねる程暗くなるので、真っ黒に染めたくない場合は、白髪がお好みの色味に染まってからは、ヘナの後に部分(根元)染めを繰り返す方が良いでしょう。 インディゴの染まり加減は、髪質や髪の状態により、かなり違ってきます。 真っ黒に染まってしまった場合は、1週間~ 10日ほど、ご辛抱ください。 一般的に、インディゴは徐々に色あせます。 徐々に落ちるため、通常、1週間程度すると、下に隠れていたヘナの色、赤オレンジが少しずつわかるようになり、ダークブラウン、ブラウンという色合いに色落ちしてきます。

ただし、どういう理由かわかりませんが、髪質や髪の状態などによっては、黒に染まったまま、なかなか色あせない場合もあります。 なかなか色あせしない、がっちり黒に染まっている場合は、ヘナ染めだけを数回行うと、黒髪が光に照らされると赤茶っぽいハイライトが入るため、多少、黒さが緩和されたように見えます。

インディゴは刺激が強いように感じます。
インディゴは刺激が強いハーブなので、お肌に負担を感じる場合があります。

インディゴは刺激が強いハーブのため、植物アレルギー反応でない場合でも、長時間インディゴで染めていると皮膚に負担を感じる場合があります。使用中、刺激が強いと感じた場合は早めに切り上げて洗い流しましょう。
1時間などの染め時間で一度に染めようとするのではなく、15~20分程度の短時間で染め、それを日にちをあけて、二回繰り返して染めるほうが色濃く染まり、また、お肌の負担も軽く済みます。



体験談 101

体験談を投稿する
星5つ: (81)
星4つ: (18)
星3つ: (2)
星2つ: (0)
星1つ: (0)

評価: 評価
体験談数: 101
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。お客様ご自身の判断でご利用ください。

|||>>

評価 白髪を黒く [2018/09/01]

By iwno 50代/女性 (愛知県)

髪質は太めの直毛で、傷みなく健康。
美容院でケミカルカラーをしていた時は「染まりにくい」とよく言われていました。
頭頂部はほぼ白髪、後頭部は白髪は少なめ。
元の髪色が黒なので、白髪もしっかり黒く染めたい。

その為2度染めか、1度染めインディゴ:ヘナ=8:2を2~3週間おきにしています。
インディゴの臭いが家族から不評なので、染まりに影響が出ないユーカリオイルを数滴入れてます。
すると家族もあまり臭わないといいます。


1度染めの時は、髪に脂分が多いと染まりが悪くなるので前日シャンプーをしてます。
白髪部分のみ塗布し1時間くらいで洗い流し。

2度染め時はヘナ2時間くらいで洗い流し。
当日か翌日にインディゴ:ヘナ=8:2を、白髪部分のみ塗布し30分~1時間くらいで洗い流します。

インディゴ使用時は洗い流す前に10~30分くらい髪を空気にさらします。
もしくは、洗い流す時にお湯で数分くらい乳化をさせてから洗い流します。
塩止めすると、その後の手が青くなるのが改善されました。

2度染めでは直後でも白髪部分は黒く染まっているが、
1度染めでは薄いとき、緑っぽいときもある。
そのときは、数時間おきに髪を水スプレーで湿らせるようにしています。
染めた後は特に異常なければ、湯シャンのみ。
普段もほぼ湯シャン派です。
ただしインディゴ使用時は、頭皮に何か着いてる感があるので、2,3日後にシャンプーします。


インディゴ:ヘナ=8:2でも白髪は黒く染まっていましたが、
シャンプーを変えてから白髪の染まりが悪くなったことがありました。
ノンシリコンシャンプーでしたが、成分によっては染まりにも強く影響するんですね。
2度染めなら変わらず染まったので、しっかり染めるならやはり2度染めですね。


昔、他社の商品を使っていたとき、何度やっても白髪が染まらず断念した経験があります。
薄ーいベージュ程度にしかならず、私のような太くて健康な髪(特に白髪はより太くしっかりしている)には無理なんだと思い、美容院のケミカルカラーに戻りました。

でも更年期が始まると今迄に経験がないほど枝毛や抜け毛が増え怖くなり、
いろいろ調べてこちらの商品にたどり着きました。
扱いやすいし白髪もしっかり染まるし、匂いも穏やか。
なにより髪が以前のように健康で艶やかになったのが嬉しいかぎりです。

これからも良い商品の提供をよろしくおねがいします。


マハラニ・スタッフコメント:
マハラニヘナ、マハラニインディゴは、それぞれがとても染まりがよいものですが、ただし、使い方を誤るとよく染まりません。たとえば、石鹸やシャンプーで洗うこと……ヘナやインディゴを洗い流す際に、石鹸やシャンプー類で洗うとしっかり染まりません。特にインディゴは石鹸やシャンプーに弱く、染毛力が激減しますので、洗い流す際はお湯洗いがベストです。

はいいいえ

評価 2016年産インディゴ [2018/05/18]

By harmo 50代/女性 (大阪府)

インディゴは、ヘナ染めの後に髪の根元の赤みを抑えるために
使っているので使用量は少し、なかなか新しいのを試せずにいました。

ようやく2016年産のインディゴの封を開けました。
きっちり真空パックされていて粉色はきれいな緑色。
溶くととても滑らかになります。
きっと粒子が細かいからなのでしょう。

そして、びっくりしたのはその染まり具合の良さ!
インディゴは刺激が強いので、新しいものを使用するときは、
用心して髪の毛に付けて置く時間を短めにします。
今回は20~30分置いてみました。
それでも、しっかり黒く染まっています。
前回まで使用していたのは、やや染まりが緩く、
1時間おいてもこんなに黒くはならなかったように思います。
次回は、もう少し緩めに溶くか、置き時間を短くしてみたいと思います。

そうそう、封を開けたばかりのインディゴはインディゴっぽい匂いも薄く、
置き時間が短かったからかもしれませんが使用後のごわつきも少なかったです。
置き時間が短くても、しっかり赤みが抑えられるのは、とても嬉しいです。


はいいいえ

評価 「ものすごく綺麗な髪ね」としげしげと触られました! [2018/03/06]

By Pia 50代/女性 (栃木県)

いつもヘナで染めた2日後辺りでインディゴで染めています。知らない人から髪をほめられたので、後で鏡で良く確認したのですが、光が当たるとキラキラと艶があって自分でもびっくりしました。若かったころよりも綺麗です。
私はヘナは夜付けて、そのまま一晩寝て、朝流しています。とてもリラックスできますし、長い髪ですが枝毛など一つもないのは、ヘナのトリートメント効果のおかげだと思います。
その2日後にインディゴ染めしますが、インディゴの方は1時間付けています。還暦目前ですが、髪がフサフサしているのはインディゴのおかげでしょうか。
とっても感謝しています!


はいいいえ

評価 本当にお世話になっています [2018/02/23]

By 匿名 40代/女性 (千葉県)

頭皮が弱く、美容院で髪を染められなくなったときに、藁にすがる思いで、こちらのヘナとインディゴを購入しました。
スタッフの方に染め方を聞いたりしてもとても親切でした。
試行錯誤しながら、二週間に一度の割合で染めています。
インディゴは、ぼさぼさにならず、髪にハリとこしを与えてくれます。
最近ボリュームがないときに使うと、適度なボリュームが出ますし、ヘナは頭皮に湿疹ができたときに使うと、かゆみも収まるし、年齢を重ねるにつれ、本当に貴重なものです。

インドからの輸入なので、インドの平和も願ってます。
ヘナやインディゴを収穫してくださる人がいて、日本に、輸入し、私たちの手に届くのですから、感謝で一杯です。

これからもよろしくお願いいたします。


はいいいえ

評価 ハードルが低く手軽で心地よい [2018/02/12]

By yara 40代/女性 (兵庫県)

今まで使ったことのあるインディゴといえば 
『匂いや頭痛や
洗い流した後数日はタオルに色がついたり
数日は手ぐしにすらつくので 愛用の猪毛のブラシや柘植の櫛なんて使う気にもならず
というのが3・4日続く・・・
白髪があるので2週間に1回は染めないといけないのに その内3・4日ストレスって・・・』
という物でした。

が、ヘナやオイルの品質で信頼のおけるコチラで
初めてインディゴを購入してみました。

ヘナの仕上がりはとても良いのですが やはりオレンジが目立つなぁ、と。
特に私は生え際に白髪があるのに前髪の長いボブなので前髪の立ち上がりがオレンジ・・・。

2度染めをすればキレイに黒くなるというのは 口コミやサイトの資料を読んで承知してましたが
面倒くさがりの私は とりあえずヘナとインディゴを半量ずつお湯で溶いたものを塗ってみました。

乾いたタオルをゆるく巻いてヘアキャップをかぶり ヘナだけの時と同じく2時間放置。

洗い流すと すぐに色落ちは止まります。
濡れ髪を拭いたタオルにもさほど色もつかず。
ドライヤーをあてると 根本にふっくらボリュームが。
多少手触りの モサつきはありますがサラサラ。
乾かす手ぐしに色がついたりもせず。

次の日湯シャンをすると もう指通りもモサつかずサラサラ。 ブラシも櫛も使えます。
そして根本ボリューム(これポイント高い)

肝心な色は オレンジを抑えた茶色。
茶色く染めたみたいな茶色。
いいじゃない。
真っ黒に染めて 新しく伸びてきた白髪より 
この程度の色に染まって 新しく伸びてきたものの方が断然目立ちません。

2週間に1度。 半量ずつ溶いて1回で染める。
今のところ この方法で満足です。
素晴らしい品質のものを ありがとうございます★


はいいいえ


1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

評価 インディゴの使用感について [2017/10/02]

By HYT 50代/男性 (福島県)

いつもお世話になっています。
毎年、ヘナとインディゴのセットを注文しています。
運用方法は三週間に一度のヘナ⇒インディゴを二日間で実施という頻度に落ち着いています。
2012年の末頃から、ハーバルヘアカラーを使いはじめ、もっと黒く染めたくて、ヘナ⇒インディゴの二度染めにして、当初はインディゴ後のゴワゴワ感や色落ちが気になって、トリーオメントと色落ち対策を兼ねてシカカイも使いましたが、ここ半年ぐらいは、インディゴ後のゴワゴワ感も気になるほどではなく、色落ちも気にするレベルではなくなってきています。
シカカイは気が向いた時に使う程度でも十分な感じがします。
使いはじめは染まりにくいかな?とか、色落ちとか不満を感じた所が、継続して使っていくと、不快感への慣れとは違う、髪質や頭皮の状態に改善が感じられます。
髪も大切にケアしてやれば、良い状態になるんでしょうね。
三週間の頻度のヘナ直前の頭髪の根本は相変わらず白髪ですが継続して、ヘナ&インディゴ、時々シカカイを使っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。


はいいいえ


2 人中、2人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

評価 粉が細かく扱いやすいインディゴ [2017/08/09]

By Yuk 30代/女性 (群馬県)

ヘナよりぐっと難易度が高いセルフインディゴ染め。塗っているときボタボタ垂れる、乾き出すとカピカピになる、流すといつまでも色が流れ続ける、乾いても手に色が着く‥
そんなことを繰り返してきましたが、
マハラニさんのインディゴに出会って変わりました。
今ではヘナの赤みが目立ってきたら、朝ささっとインディゴだけで染めてしまうくらいです。

とにかく粉がお湯と馴染みます。
質感が素晴らしいです。

コツですが、やはりまずはヘナで髪の状態を整えることだと思います。
普通のヘアカラーやパーマを繰り返して掛けていたなら、それらは諦める必要があります。
それでも、年齢を重ねても美しい方は髪が健康でボリュームがあります。
年齢関係なく、髪が健康なだけで印象がぐっと変わることを思うと、出来るだけ大事にしたいと思えます。


ここ数年はずっとヘナ・インディゴで染めていましたが少しの期間市販のヘアカラーをしていたため、2度ヘナだけで染めて、傷みの激しい毛先をカットしました。
それからインディゴだけで染めるのを繰り返しています。

こちらでも詳しく説明があるとおり、インディゴはヘナと性質が違うのでそれらを守るべきです。

私の場合、インディゴをお湯で溶いてトロトロくらいにします。
手袋をした手で乾いた髪にベタベタ塗って、ラップをして20分。5分ほど流す前にラップ無しで空気に晒し、流します。

細かい粉が髪の間に残りやすいので、
ある程度流したら洗面器にお湯を張って頭を突っ込み、わしゃわしゃして粉を浮かせて流すのを数回繰り返します。
24時間以上経ってから洗髪しますが、お湯だけ。同じように洗面器にお湯を張ってわしゃわしゃします。
それ以後は普通にシャンプーで洗髪していますが、
激しい色落ちはありません。
染めてから2日くらいはうっすら手にインディゴの色が着くくらいです。

インディゴだけで月に2.3回染めて、髪の色はヘナの色味が若干出ますが暗いオリーブグリーンの黒髪を保っています。

普段ゴワゴワするのは市販の流さないトリートメントを着けています。
以前はハーブシャンプーを使い、オイルを塗り‥だったのですが、
今はあまりこだわらず、ハーブ染めと市販のシャンプーなどを共存させています。とても快適です。

ヘアカラーやパーマは諦める必要がありますが、大好きな香りのシャンプーなどを諦める必要なくハーブ染めできると思っています。


はいいいえ


1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

評価 ヘナ&インディゴ [2017/06/01]

By 木蓮 50代/女性 (兵庫県)

ヘナとインディゴを2:3くらいの割合で染めています。
最初はヘナ:インディゴ=3:2だったのが、白髪が増えるにつれ、インディゴが増えました。
匂いを抑えるのに、コーヒーを淹れて使ってます。染めるのは10日から2週間に一度。
髪のこしがなくなってきて、へちゃっとしていたのが染める回数が増えてきてから、何となく髪にこしが出てきてしっかりとしてきたような、、、こちらのヘナはお手頃価格で、頻繁に染めても美容院で染めるよりずっとお得。かれこれヘナで染め始めて10年以上。
自分染も慣れてきたけれど、やっぱり染むらはできてしまう。


はいいいえ

評価 よく染まります [2017/05/08]

By 匿名 50代/女性 (東京都)

ヘナの次の日に、インディゴとヘナの割合を6:4で、ヘナ多めで染めます。
私の場合、インディゴの割合が多いと粘りがないので上手くもみ込む事ができません。
髪の量も多く太いので5時間は置きますが、その割合でもオレンジ色がこげ茶に染まってくれます。
こめかみなど根本が上手く染まらない時もありますが、ヘナを機に完全主義を止めて大体の感じを楽しんでいます。

美容師さんにシャンプーして頂く際、綺麗に染めていますね、と毎回声をかけて頂き、お世辞でもありがたく素直に喜んでいます。
オレンジが目立たないように、月2回はインディゴ染めしています。
他のお店のヘナも試したことがありますが、こちらのインディゴが一番濃く染まりました。
染まりにくい髪質なのでありがたいです。


はいいいえ

評価 最高品質のインディゴ [2017/04/27]

By 黒髪 40代/女性 (神奈川県)

白髪染めにヘナ&インディゴを使い始めて10年少々になります。
また海外在住の為、日本で販売されている物だけでなく、
こちらで販売しているインディゴを色々試しました。
その経験上、インディゴはヘナ以上に品質の良し悪しがすごく出るように思います。
染まらないのならまだしも、使うとアレルギー質とは違う痛みや刺激を感じる物さえ有りました。
値段の高い安いに関わらず、そういった粗悪品は存在します。

そんな中初めて使用した、まはさんのインディゴ。
本当に素晴らしいの一言です。
まず格段に染まりが良い。
短時間でも綺麗にキッチリ染まります。
量も今まで使用していた商品より少なめで済むんです。
これはまはさんのヘナも同様ですが、純度が高いからか量も時間も節約出来ます。
色の定着も文句無し。

まはさんのヘナをしてから二度染めの際にこちらのインディゴにヘナを2割程足して染めるのですが、
かなり太い私の剛毛にもきちんと色が入ります。

インディゴこそ品質の良し悪しが有ります。
安くても染まらないインディゴを買うより、まはさんのインディゴを使った方が結果的に節約になると思います。
この品質でこの価格はかなり良心的ですしね。



はいいいえ


1 人中、2人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

|||>>

体験談募集中! 詳細

使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。