ヘナ前のオイル頭皮ヘッドマッサージのやり方

ヘナする前には 良質なオイルで 頭皮のヘッドマッサージが おすすめ!

ヘナする前には 良質なオイルで 頭皮のヘッドマッサージが おすすめ!

ヘナは油分を取り除く作用があるため、使用前にある程度のオイル分を補うということが、インドでは伝統的に行われてきました。 ヘナで油分が落ちすぎると、髪がきしむなど仕上がりが悪くなるため、ヘナ前にオイルで頭皮をマッサージし、あらかじめ髪や頭皮に油分を補うことで、仕上がりが向上するだけでなく頭皮ケアにもなり、また、ヘナショックや頭皮の赤染まりなどを緩和させることができます。

簡易にはヘナペーストに良質なオイルなどを一定量混ぜ込み、ヘナをする方法も行われています。特にロングヘアの方の場合はオイルで頭皮マッサージをしつつ、ヘナペーストにもオイルを混ぜ込む方法の両方をぜひお試しください。

ハーブシャンプー前にも軽く頭皮のオイルマッサージ!

ハーブシャンプーの洗い上がりをよくするため、また、ハーブシャンプー前に頭皮ケアもかねて、よいオイルで軽く頭皮マッサージをおすすめします。適度に良質なオイルを使用することで清潔感が長持ちし、心地よさが持続しやすくなります。

頭皮のオイルマッサージの効果

アーユルヴェーダではオイルたっぷりで頭皮マッサージ、深い安らぎをもたらす

ヘナの最中に心地よさが増す。リラックスし、心が落ち着く

ヘナ特有の匂いが低減する(ヘナの最中と後)。

仕上がりが向上する(ヘナには脱脂作用があるため事前にオイルを補う)。

頭皮が赤オレンジに染まっても落ちやすくなる(適度なオイル分はヘナの髪への着色は妨げないが、皮膚への着色は阻害する)。

お顔のお肌が潤う

※現代人は髪の洗いすぎによって頭皮から乾燥しているため、頭皮にオイルを補うと頭皮につながっているお顔の皮膚が内側から潤う。脱脂作用のあるヘナをする前はなおさらオイル頭皮マッサージがおすすめ。

ヘナ前のオイルマッサージは何のためにするのですか?

ヘナ前のオイルマッサージは何のためにする?

ヘナ前に良質なオイルでヘッドマッサージをする効果

ヘナ前に良質なオイルでヘッドマッサージをする効果

頭皮のオイルマッサージのやり方

頭皮のオイルマッサージのやり方

ヘナ前のヘッドマッサージ

ベストは、ヘナの前日、夜寝る前に良質なオイルで頭皮をマッサージし、就寝している間にオイルを頭皮から浸透させます。あるいは、ヘナする1時間前~などに、オイルマッサージを行います。決まった量はありませんが、髪の量が多ければオイルの必要量も増えます。まず、片手にオイルを適量落とし、もう片方の手で、髪をかきわけながら、指先でオイルを頭皮に運んでいきます。

アーユルヴェーダ伝統のヘッドマッサージ「シロアビヤンガ」のやり方

アーユルヴェーダ伝統のヘッドマッサージ「シロアビヤンガ」

アーユルヴェーダでは十分な量のオイルを使うことがすすめられており、脱脂綿などにオイルをしみこませて、頭の天辺で脱脂綿を搾り、オイルを落とす、などして、十分な量のオイルを使用て、ヘッドマッサージ「シロアビヤンガ」(以下の動画を参照)を行います。また、 冬場は冷えますので、オイルは別の容器に取り出して、軽く湯煎しましょう。温かいオイルのほうが吸収がよく、また、心地よいです。

頭皮のオイルマッサージのやり方

ヘッドマッサージの後、最低1時間~は放置してから、ヘナを塗ります。あるいは、ヘナの前日、たっぷりとオイルを使って頭皮マッサージし、枕の上に油で汚れてもよいタオルをおいて就寝し、一晩かけて、オイルを髪と頭皮に浸透させます。

ヘナしますと、頭皮や髪に吸収されきれなかった余分なオイルが髪から取り除かれますが、万が一、ヘナの後、油っぽさが残ってしまった場合は、ハーブシャンプー香る髪などで洗い流すことをおすすめします。

オイルマッサージ後、オイルを洗い流さずにヘナして染まりますか?

オイルマッサージ後、オイルを洗い流さずにヘナして染まりますか?


シロアビヤンガ:アーユルヴェーダ伝統のヘッドマッサージ

動画で解説をしているアーユルヴェーダの先生は代々のアーユルヴェーダの家系。祖父にあたる方は「マハラジ」(故人)として知られ「アーユルヴェーダの神様」と称えられ、父親にあたるサダナンダ博士(アーユルヴェーダ大学の学長)はインド屈指のアーユルヴェーダの名医。ぜひ本物のアーユルヴェーダに触れてください。

ヘナの前のオイルで頭皮マッサージはインド伝統のやり方……ヘアケアの観点からオイルを上手に使い、髪の乾燥を防ぎながら仕上がりを向上させます。

髪や頭皮には一定度の油分が必須です。いわゆる「天使の輪」が出る髪を維持するには一定度の油分が欠かすことができません。頭皮も同様に、一定度の油分があることでハリが出てきます。ところが、これらの油分をシャンプーのしすぎなどで取り除きすぎると、髪はパサパサし傷み勝ちになり、頭皮はハリを失ってしまいます。ヘナも同様に髪と頭皮から油分を一定度取り除きますので、使用前にある程度のオイル分を補うということが伝統的に行われてきました。その際、頭皮のマッサージを行い、頭皮ケアをかねることで、頭皮ケアと油分の補充を行います。また、一晩かけて、油をじっくりと頭皮と髪に浸透させますと、頭皮と髪が一層潤います。

ハーブシャンプーする際にオイルを使う

100%自然素材のインドハーブシャンプーで髪を洗った場合でも、一定量、髪から髪に必要な油分が落ちます。油分が髪から落ちすぎると、髪は潤いを失ってバサバサと膨らみがちになり、扱いにくくなりますので、良質な油分をヘアオイルとして補います。

ハーブシャンプー前のヘッドマッサージ・オイル少なめ

ハーブシャンプー前の場合は、オイルの量はかなり少なめに、少量~小さじ1~2杯程度(適量は髪の量、髪の乾燥具合により異なります。人によっては小さじ1でも多過ぎる場合があります。)使って頭皮マッサージをしてもいいでしょう。ハーブシャンプー前の頭皮マッサージでは、オイルの量が多すぎますと、一度のハーブシャンプーでは油が落ちきらないため、不快になりますので、ご注意ください。万が一、洗髪後も、油っぽさが残ってしまった場合は、もう一回、ハーブシャンプーをしてください。

ヘアオイルとして

ヘナやハーブシャンプーの後、髪が乾燥した場合は、アタルバヘッドマッサージオイルをごく少量、髪につけます。通常の、ヘアオイルとしてお使いいただけます。また、脂性の頭皮の場合は、オイルはご使用にならないほうがよい場合があります。

#オイルヘッドマッサージに関連する体験談

#オイルヘッドマッサージに関連する体験談


ヘッドマッサージやヘアオイルとして、おすすめのオイル

アタルバ・ヘッドマッサージオイル

ヘッドマッサージオイルとして、定番であるアムラ(アマラキ)、ブランミー(ブラーミ)のほか、シャタバリの根エキス、カス(ベチベル)根エキス、ナガルモタ根エキスに加え、アタルバが独自に水蒸留した無農薬ローズオイルを配合。

アーユルヴェーダ製法アタルバ ヘッドマッサージオイルR

アタルバ・ヘッドマッサージオイル

アムラ(アマラキ)、ブランミー(ブラーミ)を配合したアーユルヴェーダ伝統のヘッドマッサージオイルに、アタルバ独自に無農薬栽培し水蒸留したローズオイルを配合。

アタルバ・ヘッドマッサージオイルLV

アタルバ・ヘッドマッサージオイルLV

ラベンダーの香りヘッドマッサージオイルはヘナ前の頭皮マッサージに、ヘナ後のヘアオイルとして、さらにハーブシャンプー後のヘアオイルとしておすすめ。

 アタルバ・アーユルヴェーダ・ヘアオイル

アタルバ・アーユルヴェーダ・ヘアオイル

ココナッツオイルの爽やかで甘い香りに包まれ心地よい使用感の、本格的アーユルヴェーダオイル。アムラ、ブラーミをはじめ、ブリンガラジ、アロエヴェラ、イェシティマドゥ、ハルダ、ベハダなどの7つのハーブを配合(天然保湿成分)。

よくある質問

ぜヘナの前のオイルで頭皮マッサージがおすすめなのですか?

なぜヘナの前のオイルで頭皮マッサージがおすすめなのですか?

 質問

インディゴする前にもオイルの頭皮マッサージをしていいですか?

 質問

オイルを多めに使って頭皮マッサージ したら、髪がベトベトになってしまいました

 質問

マハラニヘアケアオイルとアタルバヘアオイル、アタルバヘッドマッサージオイルの違いを教えてください


 ヘナ前のマッサージのオイルの使用量は、どれぐらいですか?

ヘナ前のマッサージのオイルの使用量は、どれぐらいですか?

 ヘナ前のオイルマッサージは何のためにするのですか?

ヘナ前のオイルマッサージは何のためにするのですか?

#オイルヘッドマッサージに関連するご質問

#オイルヘッドマッサージに関連するご質問

メールお問合せフォーム

電話お問合せ