オイルを頭に垂らすヘッドマッサージのやり方

オイルを頭に垂らすヘッドマッサージ

質問:オイルのヘッドマッサージは頭皮にするのですよね?髪の毛が邪魔をしてオイルがなかなか頭皮にたどり着けないのですが良い方法はないでしょうか?大さじ一杯のオイルではとても足りません。できれば頭皮だけにしたいのですが髪の毛ばかりオイルでベタベタになってしまいます。あとマッサージの方法はあるのでしょうか?

オイルの頭皮マッサージでは髪の毛がオイルでベタベタになるのが正しいやり方

もし本格的なオイルのヘッドマッサージオイルを楽しみたいという場合で、髪の毛がベタベタになっていないのだとしたら、それはオイル量が不足しています。もし頭皮にたどり着けないほど髪の量が多いのであれば、頭皮にたどり着くまでオイルをたらし続けます。もちろん、大匙1では全然足らないでしょうし、それをするには、人によっては大匙3杯程度は必要になるかもしれません。

オイルを頭の上から垂らすヘッドマッサージ

ちなみに素手でヘナをしているため、皮膚からはヘナの色は落ちていますが、爪からは落ちないためヘナマニキュア状態の爪です(アートビーング代表:鈴木)。

脱脂綿でコヨリを作る

アーユルヴェーダの先生に教えていただいた脱脂綿でコヨリを作り、オイルを頭のてっぺんから垂らす方法をお伝えします。これはとても気持ちよいです。オイルを頭頂部から垂らすことで、頭頂部の頭皮にオイルがしみ込んでいき、それがじょじょに頭頂部より頭皮に広がっていき、オイルはこんなに気持ちよいのだと実感できるやり方です。日本の冬場であれば、オイルは必ず湯煎して温めてから使用してください。

アーユルヴェーダ伝統の頭皮にオイルを補う健康法

アーユルヴェーダの経典に、日々の健康管理のために、よいオイルを使ったヘッドマッサージは欠かせないと記載されているため、伝統的に良質なオイルが製造され使用されてきたという歴史があります。単なるオイルの頭皮マッサージですが、頭皮にオイルを補うことが人の神経をやわらげ健康を維持すとされています。頭皮に適度なオイルは欠かせないのですが、現代のヘアケアでは頭皮と髪から油を取り除くケアが主流となっており、アーユルヴェーダ的な観点では人を不健康にしてしまうと言えるかもしれません。

また、一時代前、江戸時代などは、裕福層は髪をオイルで洗っていました。良質なオイルが髪と頭皮を清潔に保つだけでなく、健康を維持するのに欠かせないからでしょう。

脱脂綿でコヨリをつくりオイルをしみ込ませる

手元にアタルバ・ヘッドマッサージオイルがありましたので、今回はアタルバヘッドマッサージオイルを使っています。アタルバヘッドマッサージオイルには実に4種類ものオイルがあります。オイルを頭皮と髪に使うことがとても重要ですが、人によってアーユルヴェーダ・オイルの匂いに慣れないかたもいますので、ローズやカモミール、ラベンダーなどの天然の香りを添加して使用感を向上させた製品を合わせて4種類にもなってしまったのです。

 

容器にオイルを大匙2杯、15ml×2=30mlを入れ、そこに脱脂綿でコヨリを作りつけてオイルをしみ込ませています。

ヘッドマッサージオイルを脱脂綿にしみ込ませる

ある程度、しみ込ませたら軽く絞って頭の天辺の上にオイルを含んだ脱脂綿のコヨリをもっていき、少しづつ絞っていきます。

オイルを頭に垂らすヘッドマッサージ

頭の天辺にオイルが落ち、それが頭頂部の頭皮にしたたり落ちてきます。これを繰り返していくと、オイルはやがて頭頂部から側頭部、おでこのほうに流れてくるでしょう。おでこに落ちてきたら、一旦脱脂綿を置き、両手で額をマッサージします。おでこ、こめかみあたりをゆっくりとマッサージします。ヘッドマッサージでは額にオイルをゆっくりと塗布してやることも需要なマッサージのやり方です。

 

オイルの必要量は人によってまちまち

オイルは基本、ある意味、どれも重たいです。頭皮に塗布しようとすると、確実に必ず髪の毛にも吸収され、髪がベタベタして重たくなります。必要なオイルの量は人によって全くまちまちで、髪のボリュームが多い方は髪によってオイルが吸収されますので多く必要となり、また髪が乾燥している場合は髪がまるでオイルを待っていたかのように吸収しますので、オイルの量は一概にどの程度がよいかは人によって異なります。

頭皮マッサージを行う場合、目安は髪のボリュームが普通の方の場合は大匙1~程度ですが、髪の量が多く、さらに乾燥している髪の場合は髪に吸収されるため大匙1杯では足らず、2杯程度は必要になるでしょう。大匙1杯を15mlとすると、15ml ~30ml程度のオイル量は必要になるでしょう。ただし、オイルの頭皮マッサージに慣れてくると、オイル大匙1杯ではちょっと多いと感じる場合もありますので、これは皆さんが個別に調整してください。

注意点:少ないオイルでは心地よさが体感できない

皆さんはオイルの使用に不慣れなため、オイルを少しだけ使って頭皮マッサージをするかもしれません。目安大匙1~2杯としているところ、ちょっとオイルを手にとって、頭皮マッサージをしているかもしれませんが、定期的にたまには、オイルをたっぷりと使って頭皮、髪全体をオイルでベトベトにして頭皮マッサージをする心地よさをぜひ体感してください。

注意点:オイル塗布後、しばらく放置する、できれば一晩

オイルを塗布したら、可能であれば一晩など、放置するのがベストです。ゆっくりと頭皮にオイルを吸収させてやることがコツです。頭皮や髪が乾燥している場合…通常、多くの方がシャンプーのしすぎによりひどい乾燥状態になっていますので、一晩もすると、あんなにベタベタしていたオイルがすっかり吸収されてなくなっている場合があります。手でさわっても、さほど手にオイルがついてこない状態であれば、そのままヘナを塗布しましょう。もしヘナをしないのであれば、ハーブシャンプー香る髪などで髪を洗うか、単純に湯シャンを数日行えば油分は適度に落ち的行き、結果、サラサラな仕上がりになります。

 

これは頭皮と髪のオイル洗いのレベルです

今回、ショートの自身はアタルバヘッドマッサージオイル大匙2杯、30mlたっぷりでオイルマッサージをしました。髪と頭皮はベタベタ、額にもオイルが垂れてきて額もマッサージ、、、、そのまま放置し、しばらくしていると、頭が楽になってきます。オイルの潤いで、額の緊張がほぐれ、頭皮の緊張がほぐれ、同時にマインド、心がほぐれてくるのを実感できました。現代人は頭皮と髪から油をシャンプーで落とし過ぎており、それにより頭皮と髪が不調になるだけでなく、精神面でもオイル切れによる緊張状態になっているのではないかと考えられます。ぜひ、多くの皆さんに良質なオイルを使って定期的に頭からオイルを垂らすヘッドマッサージをお試しいただけるようにお勧めします。

頭皮の臭いやフケ対策~頭皮と髪の油洗いとヘナやハーブシャンプーのススメ

注意:オイルで服や周辺を汚さないように注意

オイルを頭から垂らした後、しばらく放置することがおすすめですが問題点は、洋服や枕などを汚さないようにタオルなどを頭にまき、通気性のあるヘアキャップ、毛糸の帽子を被るなどして注意してください。

オイルを頭に垂らすことの効果

いろいろな効果がありますが、体感的にわかることとして目が楽になります。髪をベタベタにしてもオイルを頭から垂らす理由の一つがこれなのです。自身はシャンプーは20年使っていませんが、それでも日々の生活の中で頭皮から油分が不足してくるのでしょう、、、ヘナも頭皮から油を吸い出すので使い方には注意が必要です。頭皮から油が不足し、皮一枚でつながっている顔の肌からも油が不足、、、そうした理由で目が乾燥、ドライアイとなり、目疲れがするのです。頭からオイルを垂らし、額、コメカミにオイルでマッサージしてやることで目にも潤いがいくようでドライだった目が潤んでくる、、、すると目が途端に楽になるのです。現代人はパソコンやスマホで目がドライになっているため、定期的に頭にオイルを垂らすヘッドマッサージが必須ですし、目だけでなく、頭、マインドも楽になります。