ヘナとインディゴ白髪染めブラウン~ダークブラウン~ほぼ黒に染める

ヘナインディゴ白髪染め
ブラウン~ダークブラウン~ほぼ黒に染める

ハーバルカラー5ダークブラウンの染まり例

ヘナインディゴで白髪染めハーバルカラー5ダークブラウン染まり例
ハーバルカラー5ダークブラウン染まり例

ハーバルカラー5ダークブラウン

高品質ヘナとインディゴを配合。溶かして塗って1時間の植物性ヘアカラー白髪染め

ヘナとインディゴ白髪染めの原理

 マハラニ・インディゴ
 白髪が染まる原理

ヘナインディゴ白髪染めの全製品

白髪が染まる原理
製品をクリックすると説明ページへジャンプ
白髪が染まる原理
白髪が染まる原理

よく染まる白髪染め製品の基本は
高品質なヘナとインディゴです

より赤オレンジに染まるヘナと、より藍色に発色するインディゴが必須です。インドにて、弊社スタッフが高品質のヘナやインディゴを確実に選別しているため、しっかり染まる製品をお届けできます。

マハラニヘナ石臼挽き

天然色素2%以上含有でよく染まる
マハラニヘナ石臼挽き

白髪を染めるにはまずヘナでしっかり白髪を染めることが基本。よく染まるヘナ石臼挽きをおすすめ。

マハラニ・インディゴ

白髪をダークブラウン~黒に染める100%植物性
マハラニ・インディゴ

ヘナで白髪を染めると赤オレンジ色に染まり、 インディゴで後染めすることで暗めに染まります。

ヘナとインディゴ白髪染め

初心者向け送料無料セット。

解説書を見ながら、ヘナとインディゴでまずはお試し白髪染め。ヘナで赤オレンジ色に染まった白髪がインディゴの後染めで、白髪がわかりにくく暗めに染まります



白髪の比率と染まり方・染め方

白髪の比率と染まり方

ヘナ映えする白髪の生え方

白髪の量が適度に固まって多いとヘナオレンジが美しい

少量のまだら白髪をヘナ100%だけで染めると、一本一本が目立ってしまい暗めにトーンダウンしたくなる場合があります。逆に、白髪の量がやや多めで白髪の塊があると、白髪の塊部分にメッシュ状にヘナカラーが入り、顔がとても映える……ヘナ映えする仕上がりになります。

上の写真はマハラニヘナ石臼挽き使用後で、下の写真が使用前。


使用前は、少しブロンドに輝く白髪の塊があり、ただし、後頭部に向かっていくと、黒髪の量が増えていく。 典型的、前頭葉白髪(の塊)、後頭部黒髪のパターン。ヘナ染めで、華やかなヘナカラーの花が頭の上に咲き、印象を数歳若く見せてくれる。これがヘナ映えする白髪の生え方。白髪の塊がある方はお得です。

しかも、黒髪部分にもわずかにヘナオレンジが入り、全体にワントーン明るくなる。これが絶妙な仕上がり。もし、たまに気分を変えたい場合は、ヘナ100%と、ハーバルカラー1ライトブラウンで交互に染める。ライトブラウンで染めると、ヘナオレンジ部分が茶系にワントーン暗くなり、ヘナとライトブラウンで交互に染めれば、遊び心が刺激されます(楽しい色遊び)。

上の写真はマハラニヘナ石臼挽きで、ヘナオレンジに染まった後、ハーバルカラー1ライトブラウンで染めた場合のシュミレーション画像(画像修正で色だしをしました)です。

ヘナとハーバルカラー1ライトブラウン
とで交互に染める!

インディゴやインディゴが配合されているハーバルカラーは、繰り返せば繰り返すほど、色味が暗くなっていくのです。そのため、ヘナ100%で合間合間に染めて明るめにリセットし、ハーバルカラーで暗めになりすぎるのを防いでやることで、暗めになりすぎず、明るめの染まりを維持できると、簡単にはこういう理由です。

↓使用前

↓マハラニヘナ石臼挽き使用後

↓ハーバルカラー1ライトブラウン使用後

↓マハラニヘナ石臼挽き使用後(二度目)


ハーバルカラー1ライトブラウン

ハーバルカラー1ライトブラウン

高品質ヘナとインディゴを配合。溶かして塗って1時間の植物性ヘアカラー白髪染め

ヘナ愛好家に愛されて17年のロングセラー
ヘナと相性が抜群のヘナシャンプー

ヘナとヘナの合間のヘアケアにおすすめ!ヘナを繰り返していくと、やがて仕上がりがすばらしくよくなってきて、いままでにない髪の手触り、質感に感動する日がやってくる、、でも、その感動の仕上がりもヘナ後、3~4日でかなり減ってしまいます。そんなとき、ヘナと相性が抜群のヘナシャンプー「ハーブシャンプー香る髪」で、ささっと洗髪するだけで、ヘナの感動の仕上がりをもう一度。染めるためでなく、ヘナの仕上がりを呼び戻すヘナシャンプーです。

ハーバルカラー1ライトブラウン

ヘナと相性が抜群のヘナシャンプー「ハーブシャンプー香る髪」

ハーブシャンプー香る髪では白髪はほとんど染まりませんが、ヘナ後の「感動の仕上がり」を香る髪でヘナシャンプーする度に取り戻します。

ヘナQ&A

ヘナ