植物性白髪隠し・ハーバルカラー9ブルーブラック

マハラニ ハーバルカラー9ブルーブラック

マハラニ ハーバルカラー9ブルーブラック

アロマがマイルドに香る100%植物性ヘアカラー。回数、髪質、髪の状態によりブラック~ブルーブラック系に染まります。

ハーバルカラーシリーズ

BC34 ◆100gパック 価格:1,550円(税込)

ポイント: 43pt(3%) 詳細
買い物かごに入れる

BC35 ◆100gパック×3 価格:3,980円(税込)

ポイント: 110pt(3%) 詳細
買い物かごに入れる

BC36 ◆100gパック×5 価格:5,970円(税込)

ポイント: 165pt(3%) 詳細
買い物かごに入れる

※真空パックしています。たまに、時間が経過すると真空状態が緩くなってしまう場合がたまにあります。真空パックしてからアルミ袋に入れていますので密閉性は確保されています。真空状態が緩いという理由での交換はご遠慮ください。

代金引換/クレジット決済は
明日出荷いたします
お届け日や配達日のご指定の詳細。
※出荷が翌営業日になる場合もございます。
はじめてのヘナとハーブシャンプー解説書 

上記使い方解説テキストブックの25ページ~32ページにハーバルカラーでの染め方が記載されています。46ページフルカラーのテキストブックです。ご希望の場合は必ずご注文時、説明書同梱希望欄にチェックを入れてください。(説明書同梱希望欄にチェックがない場合は同梱しておりませんのでご注意ください。)


 香る髪送料無料キャンペーン

目安:ブルーブラック(~ブラック) 髪質、髪の状態、染め回数、染め方などにより発色が異なります。

 ハーバルカラー9ブルーブラック

ハーバルカラー9ブルーブラックでは、初回、1回めは、白髪はグレー系、あるいはやや藍色かかった薄グレー系に染まり、白髪の比率、髪質、髪の状態により、2回めより黒か、やや藍色がかった黒へ、3回め以降、回数を重ねるたびに暗めに黒味を増し、場合によっては発色に藍色がかっている傾向があります。

単体で染めることも可能ですが、より自然な髪色に発色させるには、ヘナ100%で染めた後の後染めとしておすすめします。

ハーバルカラー9ブルーブラックで単体で染めた場合、黒に発色する場合もありますが、傾向として白髪はやや藍色がかって発色する場合がありますので、それが特に希望でない場合は、ヘナ100%で染めた後の後染めとしておすすめします。インディゴ100%よりも塗布しやすいです。

インディゴ100%(下写真左)とハーバルカラー9ブルーブラックの発色比較

インディゴ ハーバルカラー9ブルーブラック

ハーバルカラー9ブルーブラックは、2回め以降は、靴墨のような、やや黒すぎる黒か、青味(藍色)かかった黒に発色する傾向があります。

3回目以降は根元だけを染める部分染め(リタッチ)を続ける。

ハーバルカラー9ブルーブラック

おすすめの方法は、月に一回程度、ヘナ100%でヘナをして、ハーバルカラー9ブルーブラックで後染めをします。その後、1~2週間間隔で、白髪が根元に出てきたら、ハーバルカラー9ブルーブラックで根元染めを続けます。1ヶ月したら、再度、ヘナ100%でヘナをし、ハーバルカラー9ブルーブラックで後染めをします。

アロマがマイルドに香り、インドハーブ特有の匂いを低減。

配合ハーブのうち、特にインディゴには青臭い匂いがあり、人によっては鼻につくような匂いとして感じられるため、マイルドにアロマが香るように、ラベンダー油、イランイラン油を配合して、使用感を改善しています。ただし、アロマの香りは洗い流した後まで持続せず、洗い流すとハーブの匂いがしてきますので、使用後の匂いが気になる場合は、マハラニフレグランスオイルなどの香りのよいオイルをヘアオイルとして数滴、塗布しておくことをおすすめします。

天然素材のためお好みの色に染まらない場合もあります

天然素材のため白髪がお好みの色に染まらない場合もあります。

髪質により、初回は白髪が十分に暗めに発色しにくい場合があるため、初めてお使いの場合のみ、短い間隔で二回続けて行うことをおすすめします。

白髪の比率、回数、髪質や髪の状態などにより染まり方、発色が異なってくるため、図や写真は目安にしか過ぎません。図や写真のような染まりあがりを保証するものではありませんので、あらかじめご了承ください。

黒髪はほとんど染まりません。

全成分(和名)

全成分:ナンバンアイ葉(インディゴ)、ヘンナ、アザジラクタインジカ葉(ニーム)、ツボクサ葉(ブランミー)、タカサブロウ葉(ブリンガラジ)、ラベンダー油、イランイラン花油。

その他のハーバルカラー色味

使い始めのみ、全体染め2回でほぼ色味近くに発色しますので、以降は定期的に根元染めを続けます。

植物性白髪隠し・ハーバルカラー1ライトブラウン ハーバルカラー3ブラウンハーバルカラー5ダークブラウンハーバルカラー7ソフトブラックの発色

おすすめ

ごわつきと色あせを緩和する
マハラニ・ハーブシャンプー香る髪シリーズ

マハラニハーブシャンプー香る髪

石鹸や市販のシャンプーは洗浄力が強いため、毎日洗髪をするとそれだけ早く色あせします。 弊社では、洗浄力がマイルドな、自然のハーブ100%のハーブシャンプーをおすすめしています。ハーブシャンプーを続けていきますと、シャンプー自体の回数が減っていき、週に1~2回の洗髪でも、髪や頭皮がいつも気持ちのよい状態に保たれるようになります。また、インディゴの配合率の高いハーバルヘアカラー5、7、9などの場合、ヘアオイルでも髪のごわつきが回復しない場合は、香る髪などのハーブシャンプーで洗髪すると、ハーブシャンプーのトリートメント効果で仕上がりが回復する場合が多いです。ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9と合わせて、ハーブシャンプー香る髪シリーズも、ぜひお試し下さい。


ごわつきと色あせを緩和する
マハラニ・ヘアケアオイル

マハラニヘアケアオイル

ハーバルヘアカラーで染めた後の髪にオイルを適量つけることで、染まりが幾分か長持ちし、インディゴの配合率の高い5、7、9などのインディゴのごわつきが緩和されます。
ただし、オイルをつけるのは、ハーバルカラーをした翌日以降にしてください。洗い流してすぐなどにオイルをつけると、発色が悪くなることがあります。また、オイルの量はベタベタしない、ほんの少しの量にしましょう。

インドのお花の香りで使用後の匂いを低減
マハラニ フレグランスオイル

マハラニ フレグランスオイル

香りの主成分はインドの花で、 一度試すと繰り返して使いたくなる香りです。ハーバルヘアカラー後の匂い低減におすすめです。フレングランスオイルは天然成分100%です。

ハーバルカラーで暗めに染まりすぎたら
マハラニ・ヘナ

 

ハーバルカラーを続けていくと、徐々に色が暗めに染まってしまう場合があります。色が暗めになりすぎたなと思ったら、一度ヘナして、髪を明るめに染め直しましょう。

使い方

ご購入者には「はじめてのヘナとハーブシャンプー」という説明書を同梱しています。説明書には、ヘナや、インディゴの使い方をはじめ、ハーバルヘアカラー(ヘナやインディゴ)の使い方を解説しています。ご不要の場合は、レジにて説明書不要と指定してください。



使用上の注意点

天然素材100%のため、白髪がお好みの色に染まらない場合もあります。図や写真のような染まりあがりを保証するものではありませんので、あらかじめご了承ください。

植物アレルギーの心配がある方や、初めてご使用になる場合はパッチテストを行ってください。

パッチテストで異常がなくても、ご使用中、何らかの異常を感じた場合は、速やかに使用を中止し、よく洗い流してください。

お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。

化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合

(2)使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。

目に入ったときは、直ちに洗い流してください。

特異体質の方、腎臓病、血液疾患の既往症のある方、妊娠中や授乳中の方は専門医に相談してから使用して下さい。

高温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。

真空パックのため、そのまま溶かしますとダマができやすいため、よく揉み解してください。

ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9は真空パックされており、そのまま溶かしますとダマができやすいため、よく揉み解してからお使いください。なお、同梱の解説書「はじめてのヘナとハーブシャンプー」の記載のように、ご使用前に粉末を一旦、軽くフルイ(茶漉しなども可)などにかけてから、泡だて器で溶かしますとダマもなく、とても滑らかで塗りやすいペーストに仕上がります。

パッチテスト用サンプル(数グラムですので、実際に染めはできません)を無料でお一人様一回に一個、差し上げます。

ご希望の場合は、他の商品と一緒の場合は、お買物カゴでのメッセージ欄にてハーバルヘアカラー(1・3・5・7・9、どれも同一のパッチ)のパッチ希望と明記ください。また、パッチだけをご希望の場合は、お問合せフォームにて、ハーバルヘアカラー(1・3・5・7・9、どれも同一のパッチ)のパッチを希望と、送付先を明記してください。パッチテスト用のサンプルだけをご希望の場合は、無償で郵送いたします。

ヘアオイルを使用の場合

ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9はインディゴが配合されているため、オイル類により染毛力が弱くなりますので、ハーバルヘアカラー357塗布前には、ヘアオイル、ヘッドマッサージオイル類は頭皮に塗布しないでください。ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9染めの後、しばらく間をあけてから、染めた日の翌日以降にヘアオイルなどは使用してください。

ヘナ+インディゴQ&A

白髪は1割程度ですが、インディゴかハーバルカラーが必要ですか?
真っ黒く染めたい方は、インディゴやハーバルヘアカラーが必要です。
白髪の比率が1割未満の場合は、通常ヘナだけで目立たなくなります。白髪が真っ黒でなくても、わかりにくくなればよいという方の場合は、ヘナ100%のものだけで、インディゴやハーバルカラーは必要ありません。
ハーバルカラーで、かぶれることがあるのですか?
はい、配合のインディゴで植物アレルギー反応が出るためお使いいただけない方がいます。
ハーバルカラーに配合されているインディゴは刺激の強いハーブのため、天然100%のものでも、植物アレルギー反応を起こす方がいらっしゃいますので、初めてご使用になる前には、必ず皮膚試験(パッチテスト)を実施し、アレルギー反応がないことを確認してください。

パッチテストで異常がない場合でも、初めて使用される際に少しでも異常を感じたら、一旦洗い流し、様子を見てください。 特に異常がない場合は、数日してから再度パッチテストをし、異常がないことを確認してからご使用を再開ください。
ハーバルカラーの色を長持ちさせるためには、何かいい方法はありますか?
自然の素材は、ある程度の色落ちがあります。
もし、色落ちをできる限り抑えたいということであれば、洗髪回数を減らすとよいでしょう。 ハーブシャンプーを続けていきますと、どんどんシャンプーの回数が減っていき、週に1~2回の洗髪でも、いつも気持ちのよい状態を維持できるようになります。ハーバルヘアカラーと合わせて、ハーブシャンプーも、ぜひお試し下さい。

また、染めた後の髪にオイルをつけることで、染まりが幾分か長持ちするようですので、マハラニ ヘアケアオイルアタルバ ヘッドマッサージオイルアタルバ ヘアオイルなどの、良質なオイルを髪につけると良いでしょう。
ただし、オイルをつけるのは、ハーバルヘアカラーをした翌日以降にしてください。洗い流してすぐなどにオイルをつけると、発色が悪くなることがあります。また、オイルの量はベタベタしない、ほんの少しの量にしましょう。
ハーバルカラーをすると髪がごわつく
ハーバルカラーに配合されているインディゴには、髪をバサバサにさせる作用があります。
インディゴやインディゴを配合しているハーバルカラーをご使用になると、特にンディゴの配合率の高い5・7・9をご使用になると、髪がボソボソ・バサバサになる場合があります。

対策1:ハーバルヘアカラー後にヘアオイルを少し髪につける

インディゴとオイルの相性は悪いです。 そのため、インディゴやハーバルカラー1の前にオイルを使用すると染まりに影響が出ますが、後はご使用いただけます。
インディゴやハーバルカラーの使用後、椿油などを少々髪につけたり、マハラニ ヘアケアオイルアタルバ ヘッドマッサージオイル、匂いを緩和させるマハラニ フレグランスオイルなどをつけますと、オイルの作用で髪のバサバサ感が緩和されます。
ただし、オイルをたくさんつけすぎますと不快になりますので、適度の少量をつけてください。
また、オイルを使用するのは、インディゴやハーバルカラーをした翌日以降にしてください。 洗い流してすぐオイルを塗ると、発色を妨げる可能性があります。

対策2:ハーブシャンプーで洗い流す

ヘアオイルでも髪のごわつきが回復しない場合は、香る髪などのハーブシャンプーで洗髪すると、ハーブシャンプーのトリートメント効果で仕上がりが回復する場合が多いです。
ハーバルカラーは、ハーブシャンプーとオイルをセットでご使用になられることを、おすすめします。
ヘナとインドハーブQA集

お問合せ

ヘナ+インディゴ使用後


この製品の体験談はこちらのページの体験談も参考にしてください。