マハラニ ヘナ石臼挽き

インド伝統の
マハラニ ヘナ石臼挽き

日本オーガニックコスメ協会
JOCA推奨品

天然色素%以上含有の高品質

※天然色素はヘナに含有される着色作用がある赤オレンジ色素でローソニア色素と呼ばれ、2%以上が高品質なヘナ。

石臼挽きの高いトリートメント力
鮮度を保つ真空パック
無農薬/薬品一切不使用
安心の化学薬品ゼロ宣言工場生産
重金属検査の自主基準の安全性

※ヘナ栽培に農薬は不要。※重金属の自主基準について

マハラニ ヘナ 石臼挽き

よく粘り、上質なトリートメント効果

低温石臼挽きにより、ヘナ特有の粘性を保持することに成功。粘度が高いため使用感は良好で、高いトリートメント作用を発揮します。ペーストがやや粗めであることが石臼挽きの証です。写真はマハラニヘナ石臼挽きを溶かした直後に撮影。15分程度するとペーストは茶色味を帯び、さらに粘りが増し、髪に塗布しやすい滑らかなペーストに仕上がり、使用感がよく心地よいヘナタイムをお楽しみいただけます。


収穫年数をご確認ください。現時点で最新のヘナは2017年産。

新発売
 マハラニ・ヘナ石臼挽き

2017年10月産

鮮度★★★★★(5.0)
染まり★★★★★(4.8)
粘度★★★★☆(4.3)
トリートメント★★★★☆(4.5)
リラックス度★★★★(5.0)

全5点評価オールA(4点以上)AAAAAの品質。得点は当社比。現在、真空パック完了。収穫→買い付け→検査→真空パックまでを、おおよそ2か月で完了後、現在、製造最終工程(アルミパックへ封入工程)製造:2017年11-12月、推奨消費期限:2020年10-11月。

一押し・おすすめ!
鮮度が抜群、使用感が最もよい。染まりの強さを示すローソニア天然色素量:2.64%含有(SGS研究所検査)で高品質。

本製品は、JOCA日本オーガニックコスメ協会の推奨品マークを取得。検査機関による検査証明は製造完了後、SGS研究所と日本食品分析センターなどにて検査実施後、結果公開

▼検査機関による検査証明の安心

  • SGS研究所
  • 日本食品分析センター
  • trtc

検査日を確認。古い検査結果の使いまわしではありません。QA集ヘナの安全性/品質/ヘナ


H7G1◆100gパック 価格:1,480円(税込)
100g1個お試しキャンペーン中!ゆうパケットのみ送料無料。解説書希望者に同梱。※他商品追加で、ゆうパケットサイズ(100g3個)を超えると別途送料がかかります。

ポイント: 41pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

H7G1X3 ◆100gパック×3 価格:3,560円(税込)※100g3個まで、ゆうパケット可

ポイント: 98pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

H7G5 ◆500gパック 価格:4,980円(税込)

ポイント: 138pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

H7G5X2 ◆500gパック×2 価格:7,980円(税込)

ポイント: 221pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

※500g パックはジップ付き
※ゆうパケットは100g3個まで対応可能。500gは厚みのため対応不可。


2013年収穫マハラニヘナ石臼挽き
化粧箱入り、解説付

2016年11月産

鮮度★★★★★(4.8)
染まり★★★★★(4.6) 
粘度★★★★★(4.5)
トリートメント★★★★(4.0)
リラックス度★★★(3.0)

得点は当社比。裏面に2016年産と記載。ロット番号:01 製造:2016年12月、推奨消費期限:2019年11月。

一押し・おすすめ! 鮮度が抜群、使用感が最もよい。染まりの強さを示すローソニア色素量は2.36%で高品質。

▼検査機関による検査証明の安心

  • SGS研究所
  • 日本食品分析センター
  • trtc

検査日を確認。古い検査結果の使いまわしではありません。QA集ヘナの安全性/品質/ヘナ


H222◆100gパック箱入り解説付・残りわずか
価格:1,440円(税込)

ポイント: 40pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

H6G5FR◆500gパック完売


代金引換/クレジット決済(ゆうパケットを除く)は
明日出荷いたします
お届け日数や配達日
ゆうパケットの配達日
※発送が翌営業日になる場合もございます。
体験談

お得なセット商品を表示する

2017年産マハラニヘナ石臼挽き製造関連ニュース

2017年マハラニヘナ石臼挽きはトリプルAランクからファイブAランクへ
2017年マハラニヘナ石臼挽きの試し挽き開始
マハラニヘナ石臼挽きは染毛力とトリートメント作用が高い
2017年産マハラニヘナ石臼挽きは最高の挽き加減
赤オレンジから赤茶、茶赤へ発色するマハラニヘナ石臼挽き

伝統のヘナ石臼挽きは
マハラニだけ

ヘナ石臼

アーユルヴェーダ経典に「ヘナの葉は石臼で挽く」と記載があります。インド伝統の製法:ヘナ石臼挽きによって成分が破壊されずに温存されると考え、石臼挽きにこだわりました。

石臼挽き匠による石臼調整

インドでも数少ないヘナ石臼挽き職人が石臼を調整、仕事はまさに匠…手馴れたやり方で1トンもある石臼を上げ下げしながら調整し、よりきめ細かな粉末に仕上げます。

弊社は徹底して
産地主義

ヘナの産地で、色素の多いヘナの葉を選別。

目利き

産地で原材料を見極めることがヘナ製造の第一歩と考えています。ヘナの産地にて、ヘナ特有の赤オレンジ色の色素が多く含まれるヘナの葉を目利きしながら買い付けます。写真は、弊社委託スタッフが、ヘナ市場において、ヘナの葉の目利きしている様子。

ヘナの葉から小枝・砂分などの 不純物を徹底除去

ヘナの葉

ヘナの原材料である「ヘナの葉」には、入荷時、小枝や砂分が混ざっています。

「ヘナの葉」に付着する
砂分徹底除去

ヘナのトリートメント作用を損なう砂分は0.5%未満

 集塵機

集塵機(上写真)で砂分を徹底除去し、砂分は0.36%(SGS研究所調べ)と、砂漠に育つヘナから砂分がほとんど振るい落とされ、ヘナのトリートメント作用を99.64%引き出すことが可能になりました。集塵機については、動画ヘナ製造の真実~マハラニのヘナの産地での取り組み~

不純物を徹底除去

不純物を徹底的に除去し、細かなチップへ……ヘナ粉末化の一歩手前の状態です。

工場の敷地内に
薬品を置かない!

化学薬品ゼロ宣言工場の高い安全性。

化学薬品ゼロ宣言

弊社製品を製造しているインド現地企業SMHEENA社では薬品類は一切扱っておりません。工場敷地内にはヘナによく配合されるパラフェニール・ジアミン、ダイアモンドグリーン、タール系色素、ピクラミン酸などの薬品は一切ありませんので誤って薬品が混入するする可能性もまったくありませんので、安心安全です。

薬品の混入は一切ありません。

インドのヘナ関連の工場では、薬品入りのヘナと薬品入りでないヘナが生産されており、両方の製品が同じライン(同じ機械)で製造されている場合があり、手違いにて薬品が混入してしまう心配があります。マハラニ製品は「化学薬品ゼロ宣言」の工場で生産していますので薬品混入はありえません。

ここまでやる!
ヘナ製造フロー

製造は、上記、化学薬品ゼロ宣言工場にて行います。ここまで徹底しているフローを以下で確認してください。

品質と安全性を確保するマハラニヘナ製造フロー

ヘナの産地、ソジャットの、ヘナ市場近くにある清潔で現代的な工場のため、ヘナの原材料である「ヘナの葉」の状態を見極めながらの買い付け、さらに生産を行うためには最適です。さらに弊社スタッフが現地工場内にて、買い付けから製造まで監督を行います。

1)指定産地より「ヘナの葉」のテスト買い付け
通常、毎年、ヘナの収穫期(10月~11月の間)
   ↓
重金属検査/ローソニア色素量検査/弊社独自の染毛テスト
   ↓   ↓→不合格→排除
   合格
   ↓

2)指定産地より「ヘナの葉」の買い付け
通常、毎年、ヘナの収穫期(10月~11月の間)
   ↓
重金属検査/ローソニア色素量検査/弊社独自の染毛テスト
   ↓   ↓→不合格→排除
   合格
   ↓

3)「ヘナの葉」の第一処理工程
「ヘナの葉」から砂分、小枝、種の除去後1~2ミリ程度のチップ状に粉砕
   ↓
重金属検査/ローソニア色素量検査/弊社独自の染毛テスト/使用感調査(弊社スタッフによるヘナ塗布試験)
   ↓   ↓→不合格→排除
   合格
   ↓

4)天日乾燥
   ↓
5)粉砕した「ヘナの葉」チップの粉末化工程(石臼挽き、機械挽き)
   ↓
重金属検査/ローソニア色素量検査/弊社独自の染毛テスト/使用感調査(弊社スタッフによるヘナ塗布試験)
   ↓   ↓→不合格→排除
   合格
   ↓

6)真空パック・アルミパック封入
   ↓
重金属検査/ローソニア色素量検査/弊社独自の染毛テスト/使用感調査(弊社スタッフによるヘナ塗布試験)
   ↓   ↓→不合格→排除
   合格
   ↓

7)日本に向け出荷
通常、毎年12月~翌1月頃

重金属汚染ヘナは
製造前に排除の安全性

インドでは環境汚染が進んでおり、ヘナにも高い値の重金属が検出される場合があります。ヘナの原材料「ヘナの葉」買い付けの段階から検査を実施しています。

鉛、ヒ素、水銀、カドミウムなどの重金属を徹底チェック

ヘナの葉の原材料を買い付けの際、ロット毎に事前に重金属検査(鉛、ヒ素、水銀、カドミウム)を実施し、異常な値が検出された原材料をスクリーニング排除、さらに製造完了後にも、再度、検査を実施しております。また、ヘナについては植物の特徴として農薬や化学肥料は使われておりません。

日本に輸入後の
検査では遅すぎる

製造前、製品化後、日本に向けて輸出前と、二重三重に重金属検出検査を実施。

弊社では、輸入する前にしっかり検査を実施し、間違いがないことを確認することが製品の安全性のために重要であると考えています。

インドにて製造の各段階、および、インドから荷物が出荷される直前に、現地の検査機関 SGS研究所インド支社(本社:スイス・ジュネーブ)にて最新の検査機器による詳細な検査を実施しております。その公正中立な検査結果は世界に通用し、日本の食品分析センターと同等の信頼性です。お客様に安心していただけるよう、検査結果を公表しています。

体験談

新しいヘナは
鮮度があり
使用感がよい!

製造年月だけでなく、ヘナの収穫年も明記の安心。

ヘナ収穫の模様

一般的に、古いヘナは臭みが強く生臭さがあり、それと比較して、収穫年が新しく保存状況がよいヘナは、臭みがより少ないため、ヘナの良し悪しを知るためには収穫年を知る必要があります。

製造年月と収穫年は異なります。

弊社では、製造年月が新しくても、収穫年が古ければ、品質がよい(中身が新しい)ということにはなりません。 製造年月だけでなく、収穫年が明記されていてこそ、ヘナのよさの一つの条件である、ヘナの新しさがわかるのです。

収穫年を明記して 14年

2003年より、毎年、収穫年を明記してヘナをお届けし、今年で14年目、よいヘナにこだわり続けています。

ヘナはただ染まればよいのでしょうか?

皆様に快適なヘナタイムをお楽しみいただきたい

新しく保存状態のよいヘナの違いをお伝えしたい

そのような理由で、マハラニ ヘナは、製造年月だけでなく、収穫年も明示しています。

ヘナを収穫する女性たち

ヘナは鮮度が命

収穫したての鮮度を保つために

真空パック

マハラニヘナ真空パックの模様

古いヘナは臭みが増し使用感が劣るだけでなく、ローソニア色素も衰えていきます。真空パックすることで心地よい使用感のヘナを長期保存することが可能となりました。

アルミパック封入

一般的に、ヘナ長期保存のため、放射線照射によりヘナの劣化を防ぐ方法がとられる場合があります。弊社では鮮度を保つために、試行錯誤の結果、真空パックとアルミパックを採用しております。

ヘナは空気と湿気、光で劣化します

マハラニヘナは、乾燥して湿気が少ない半砂漠地帯のヘナの産地にて、ヘナの葉の収穫期に買い付けと粉末化を行い、間髪を入れずに、そのまま現地にて真空パックして空気と湿気から遮断、さらに、光透過性0%の肉厚アルミパックに封入して光を遮断しておりますので、放射線殺菌という方法によらず、鮮度がよい状態で長期保存をすることができるようになりました。

ヘナは鮮度が落ちてくるとヘナ特有の匂いが強くなり、使用中、臭みが気になるばかりか、洗い流した後も匂いが頭皮と髪から漂い続け、気分が悪くなることもあります。それに対し、保存がよく鮮度が保たれたヘナは、使用中も使用後も匂いがさして気にならず、使用感が心地よいため、爽快なヘナタイムをお楽しみいただけます。



マハラニ
はじめてのヘナとハーブシャンプー解説書 

ご購入時、レジにて説明書同梱希望欄にチェックがない場合は同梱しておりませんのでご注意ください。


体験談

山芋のような粘り

石臼挽きは粘る

ヘナ石臼挽きはヘナ粉末化の際に高温にさらされず、ヘナの葉の葉液を温度で焼かずに保つことができたため、溶かせば大変に粘りのあるペーストに仕上がり、髪に塗りやすい状態のペーストに仕上がります。

ヘナ石臼挽きは、50度程度のお湯で溶かし、よくかきまぜながら、石臼挽き特有の「山芋」あるいは「納豆」のような強い粘りがでてきたら髪に塗ります。

ヘナ石臼挽きの溶かし方

ヘナ石臼挽きは、石臼挽き特有の鮮度とヌメリを楽しむために、ヘナの量のおよそ4倍の、50~60度程度のお湯(熱湯は不可)で溶かし、よくかき混ぜた後、30分~程度、馴染ませ、冬場の場合は、湯煎して人肌に暖めてからお使いください。硬すぎる場合はお湯を足し、緩すぎる場合は粉を足して練り直し、温かい状態で頭皮に刷り込むように塗りましょう。

注意点

※真空パック時には真空状態でも、じょじょに真空状態が緩くなっている場合があります。真空パックしてからアルミ袋に入れていますので密閉性は確保されています。真空状態が緩いという理由での交換はご遠慮ください。

※価格は予告なく変更になる場合があります。


その他のマハラニ・ヘナ

従来製品、機械挽きの通常粉末のマハラニ・ヘナも、発色、粘り、ともに大変に良好です。

ヘナ機械挽き?

機械挽きは、低温石臼挽きではありません。通常、ヘナは高速粉末化装置を使用し粉末化(機械挽き)します。機械挽きの特徴は肌理の細かさです。ハケで溶かして塗る方法の方は、こちらの機械挽きをおすすめします。

きめ細かく純度が高い
マハラニヘナ・ファイン粉末

ヘナファイン粉末

シルク目の布で繊維質を除去。溶かせば滑らかなペーストに仕上がり、塗りやすく洗い流しやすい。ハケ塗りにも最適。

高品質を低コストで
マハラニヘナ(機械挽き)

マハラニヘナ(機械挽き)

マハラニヘナ(機械挽き)の原材料「ヘナの葉」は、マハラニヘナ石臼挽きとほぼ同等のものを使用。

カラートリートメント花ブレンド(通称ヘナ花ブレンド)

カラートリートメント花ブレンド(通称ヘナ花ブレンド)

主成分はヘナ、使い方も染まりもヘナと同じ。イランイラン花油配合で心地よい香りが仄かに香る。ヘナの匂いが苦手な方におすすめ。

いままでに発売されたマハラニ ヘナ

2017年は作柄良好。ヘナの産地では収穫が始まっています。

2017年10-11月収穫 マハラニ ヘナ 2018年1月入荷予定

2016年11月収穫 マハラニ ヘナ 発売中

2015年10月収穫 マハラニ ヘナ 完売

2014年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2013年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2012年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2011年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2010年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2009年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2008年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2007年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2006年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2005年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2004年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2003年収穫 マハラニ ヘナ販売終了

使い方

ご購入時に、使い方解説書「はじめてのヘナとハーブシャンプー」を同梱しています。
ご不要の場合は、レジにて説明書不要と指定してください。

以下の動画も、ご参照ください。

ヘナの使い方動画

一緒におすすめ商品

ヘナ冷えを防ぎ染まりを向上させる マハラニ・ユーカリオイル

マハラニ・ユーカリオイル10ml

マハラニ・ユーカリオイル

HU01◆10ml 価格:840円 (税込)

ポイント: 30pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

ユーカリはヘナの染まりを向上させると言われています。また、ヘナ冷えを防ぐために、インドではヘナにユーカリオイルがよく使われます。

ヘナ前のオイル頭皮マッサージに!

アタルバ・ヘッドマッサージオイル100ml

アタルバ・ヘッドマッサージオイル

ヘナは油分を取り除く作用があるため、使用前にある程度のオイル分を補うということが、インドでは伝統的に行われてきました。
ヘナで油分が落ちすぎると、髪がきしむなど仕上がりが悪くなるため、ヘナ前にオイルで頭皮をマッサージし、あらかじめ髪や頭皮に油分を補うことで、仕上がりが向上するだけでなく頭皮ケアにもなり、また、ヘナショックや頭皮の赤染まりなどを緩和させることができます。

購入はこちらアタルバ・ヘッドマッサージオイル

ヘナとアタルバオイルのセットはこちらヘナ前の頭皮オイルマッサージキャンペーン

ハーブシャンプーで色あせを緩和

ハーブシャンプー香る髪シリーズ

ハーブシャンプー香る髪

石鹸や市販のシャンプーは洗浄力が強いため、毎日洗髪をするとそれだけ早く色あせします。 弊社では、洗浄力がマイルドな、自然のハーブ100%のハーブシャンプーをおすすめしています。ハーブシャンプーを続けていきますと、シャンプー自体の回数が減っていき、週に1~2回の洗髪でも、髪や頭皮がいつも気持ちのよい状態に保たれるようになります。ヘナと合わせて、ハーブシャンプー香る髪シリーズも、ぜひお試し下さい。

購入はこちらハーブシャンプー香る髪シリーズ

インドの花の香りで使用後の匂いを低減

 マハラニ フレグランスオイル

マハラニ フレグランスオイル

香りの主成分はインドの花で、 一度試すと、繰り返して使いたくなる香りで、ヘナ使用後の匂い低減におすすめです。フレングランスオイルは天然成分100%です。

購入はこちらマハラニ フレグランスオイル

関連商品

送料無料キャンペーン

マハラニ・ハーバルヘアカラー1(ライトブラウン)

植物性白髪隠し・ハーバルカラー1ライトブラウン

ヘナ100%だと、どうしても赤味発色があります。ヘナを繰り返していくと黒髪も明るいところでは赤っぽく反射します。マハラニ・ハーバルヘアカラー1(ライトブラウン)は、染め方/使い方もヘナと一緒ですが、染まり方がヘナから赤味だけをとったイメージです。また、ラベンダー油、イランイラン油を配合しているため、心地よい香りです。

使用上の注意点

使用上の注意点

植物アレルギーの心配がある方や、初めてご使用になる場合はパッチテストを行ってください。

パッチテストで異常がなくても、ご使用中、何らかの異常を感じた場合は、速やかに使用を中止し、よく洗い流してください。

ヘナ、シカカイ、インディゴ、ニームのみ、パッチテスト用の数グラムのサンプルを差し上げます。お買い物の際はメッセージ欄にてパッチ希望の製品名と「パッチテスト用希望」と明記ください。また、パッチテスト用だけをご希望の場合は無償で郵送いたします、お問合せフォームにて、パッチテスト用をご希望の製品名と送付先を明記してください。

お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。

化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合

(2)使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。

目に入ったときは、直ちに洗い流してください。

特異体質の方、腎臓病、血液疾患の既往症のある方、妊娠中や授乳中の方は専門医に相談してから使用して下さい。

高温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。

Q&A

白髪の割合は少ないです。どれを使用したらよいでしょうか?

一般的に、白髪の割合が2~3割未満の場合は、ヘナだけで白髪は目立たなくなります。

ヘナはトリートメント効果があり、仕上がりが良いので、白髪の割合が少ない方の場合、マハラニ ヘナ石臼挽き、マハラニ ヘナ・ファイン粉末、マハラニ ヘナ(機械挽き)、ハーバルヘアカラー花ブレンドなどのインディゴの入っていないヘナのみのものをご使用になられるのをおすすめします。 どれが良いかは、お好みでお選びください。ヘナ石臼挽きは、洗い流しに少しコツが必要ですが、粘りがつよく塗りやすいため、初心者の方にも扱いやすいです。また、ヘナの匂いが苦手な場合は、イランイランがのほかに香る、ハーバルヘアカラー花ブレンドをおすすめします。

ただし、白髪がおでこの上や、もみあげなどに固まってある場合は、ヘナだけだと白髪が赤オレンジに目立つ場合があります。そのような場合は、固まりの部分だけを軽くインディゴで後染めするといいでしょう。 また、白髪の割合が多い方は、ヘナの後にインディゴの後染めをするか、ハーバルヘアカラー5や7などをお試しください。

ヘナで黒髪を明るい色に染めたいと思っています。

ヘナで黒髪は染まりません。

残念ながら、ヘナでは黒髪はほぼ染まらないと、お考え下さい。 一般的に、ヘアダイは、2液で構成されており、1液にて漂白、つまり黒髪の色を抜きながら同時に、なんらかの色を入れるといったことをしています。ところが、ヘナには脱色作用はありません。黒髪の上にヘナのオレンジ色が乗っても、一般的には、染まっているようには見えません。 ただし、黒髪にヘナを続けていきますと、赤茶っぽいハイライトが入ってきます。一般的に、ヘナは髪に美しい色艶をあたえ、黒髪が耀き始めます。定期的に長期間使用されますと、大変に健康的な色艶をもった髪になりますし、徐々に赤茶を帯びた発色、場合によってはワインレッドのように発色して見える場合もありますが、それは光や蛍光灯に反射した場合に、染まっていることがはっきり見えるだけであって、日陰や暗がりでは黒髪にしかみえません。 それ以上のことは、自然の植物では可能ではないとお考えください。

ヘナ後の色落ちについて教えてください。

ヘナの使い始めは、色落ちがひどいことがある。

ヘナを使い始めの頃は、ほぼ全員の方がヘナの色落ちを体験します。特に髪が傷んでいる場合は、かなりひどい色落ちをすることがあります。髪を洗うたびにヘナ色の水が延々と流れてきたり、髪をふいたタオルが茶色っぽく汚れたり、ブラウスの襟部分が汚れたり、枕が茶色っぽく汚れたり、ヘナ色の汗が頭から流れてきたり・・・などなどありますので、ヘナの後には白っぽい服は着ないようにし、枕の上に汚れてもいいタオルなどを置く、汚れてもいいタオルを使用するなどの注意が必要です。 ヘナの回数を重ねるうちに、この色落ちもかなり減少してきます。また、実験では、ヘナをお湯で洗い流し、一旦乾燥させた後に酢などでリンスをすると、色落ちが軽減するようです。

ヘナショックとは??

ヘナショックとは、最初のヘナの後、髪がギシギシになってしまうなど、トリートメントを期待してヘナをしたにもかかわらず、逆に仕上がりが悪くなってしまうことを言います。

ヘナには脱脂作用があるため、特に、ヘアダイやパーマなどで髪が痛んでいたり、過度のシャンプーなどにより、髪や頭皮が油抜けを起こしていたりする場合に発生しやすいです。そのため、ヘナをされる前には、アタルバ ヘッドマッサージオイルなどの良質なオイルで頭皮マッサージを行い、あらかじめ頭皮と髪をしっかりとオイルで潤した後に、ヘナをしましょう。

ヘナ後の日常の洗髪には、香る髪などのハーブシャンプーをおすすめします。

石鹸や市販のシャンプーは洗浄力が強いため、毎日洗髪をするとそれだけ早く色落ちしますし、髪や頭皮の油抜けを起こしたりする場合があります。 弊社では、洗浄力がマイルドな、自然のハーブ100%のハーブシャンプーをおすすめしています。 ハーブシャンプーを続けていきますと、シャンプー自体の回数が減っていき、週に1~2回の洗髪でも、髪や頭皮がいつも気持ちのよい状態に保たれるようになります。 ヘナと合わせて、ハーブシャンプー香る髪シリーズも、ぜひお試し下さい。

ヘナをしっかりと染める染め方のコツを教えてください
ヘナの染まりが悪いので染め方のコツを教えてほしい
ヘナの使用頻度はどれくらいですか?
ヘナの使い方を教えてください。
白髪をブラウンに染めるには、どのヘナがよいでしょうか?
ハーバルカラー1・3・5・7・9で、初めてでもちゃんと染められますか

体験談 355

体験談を投稿する
星5つ: (316)
星4つ: (38)
星3つ: (1)
星2つ: (0)
星1つ: (0)

評価: 評価
体験談数: 355
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。お客様ご自身の判断でご利用ください。

|||||>|>>

評価 いい匂いのヘナ [2018/02/16]

By 匿名 40代/女性 (北海道)

ヘナ歴は、たまに使うけど独特の匂いなどが気になりまた使わなくなるという感じでした。
最近はジアミン入りのブラックのヘナで染めていました。(香草カラーっていうやつでしょうか。)
元の髪色が真っ黒で、白髪は少ないけど、頭頂部に集中していて、髪質も太く染まり難いタイプです。

アートビーイングさんのヘナは初めてで、花ヘナと機械挽きを一回ずつ使用した感想です。

やり方は同封してもらったパンフのようにやり、染まりに関してはとてもいいと感じました。
みなさんが言うようにとても粘り気があり、塗りやすいです。だまになりやすいので、ストレスなく塗れるようにふるいは必須だと思います。

花ヘナの時は、やはり独特の香りがやや気になりましたが、機械挽きを使った2回目から、髪から嫌な香りがしなくなりました。一緒に購入したハーブシャンプーも独特のインドっぽい香りからだんだんとフローラルっぽい香りに感じてきたので、慣れてきたか回数を重ねるといい香りになっていくように感じました。

ヘナをして濡れているときは、ややヘナの香りがしますが、乾かすとほぼ無臭です。
染まり方が花ヘナより機械挽きの方がやや落ち着いたオレンジになるし、アロマをブレンドしていないのに全然臭くないのでこれからは機械挽きをリピートしようかと思っています。
今まで続かなかったヘナが続けられそうです。


はいいいえ

評価 染まりも良く、髪質も良くなりました [2018/02/13]

By 匿名 40代/女性 (東京都)

真空パックで、新鮮なヘナパウダーで安心して使わさせて頂いてます。
メヘンディを描くこともあるので、ファイン粉末を使っています。粒子もきめ細かくて、とても気に入ってます。
細く痛んで悩んでいましたが、ヘナ染めをするようになってからは、ほとんど気にならなくなりました。
髪質も良くなって、パーマがかからないほど健康な髪になりました。
色味も良くて、友人にも大好評です。


はいいいえ

評価 感謝感謝~! [2018/02/12]

By monkichi 50代/女性 (兵庫県)

20代の頃から白髪に悩まされ、美容院と市販品のセルフカラーを繰り返してきましたが、白髪の増加と共にその頻度も増える一方で不安もあり、以前から気になっていたヘナにチャレンジしました。

本当に染まるのか?不安もありましたが
想像以上に綺麗に染まり、髪の根元が真っ赤でビックリ!外出できない赤色です!(;´・ω・)
インディゴで2度染めして黒髪完了。
2週間おきのペースで染めています。

こんなに綺麗に染まるならもっと早くすれば良かった!!                            白髪が6~7割りあるため白髪染め欠かせない、でもケミカル染料は健康被害の不安から抵抗を感じる
そのジレンマから解放されました!
キレイに染まって髪にも体にも優しくて~
初ヘナがマハラニヘナで良かった~♪
他社製品ならきっとヘナを止めていたと思います。
これからも愛用したい思っています♪




はいいいえ

評価 ヘナ使用で髪の量が増え艶が出るので若く見られる [2018/01/21]

By 匿名 60代/女性 (鹿児島県)

ヘナ歴15年以上です。
元々ケミカル染毛剤がダメだったので使い始めました。

美容室では「髪が艶々してますね。トリートメント剤を使ってもこんなに艶は出ない」とよく言われます。

40歳頃に分け目が気になっていたのに、最近ではそれがありません。おでこの辺りに産毛が生えてくるくらい。ただ髪の勢いがいいので若い人みたいな寝癖が付きます。

髪にヘナやインディゴを塗ってラップでまいた後、ドライヤーで頭全体を暖めています。地肌がしっとり温まるくらい。そうすると髪の根本までしっかりむらなく染まります。これをやったのとやらなかったのとでは違いが出てくるので、暑い夏でもやった方がいいみたい。

ヘナの染髪は面倒なのですが、髪質が良くなるのでやめられません。


はいいいえ

評価 一石何鳥でしょうか(笑) [2017/12/29]

By zuci 40代/女性 (東京都)

石鹸シャンプーを10数年使用していました。
カラーリングは16年位やっていません。

ある日トリートメントとしてのヘナと少しのイメチェンを期待しヘナに興味を持ち、でも何だかよくわからないので、ヘナ専門の美容院へ行きました。
そこでマハラニのヘナと香る髪に出逢うのですが、初めてヘナをやった日から、石鹸シャンプーも一気に嫌になる程、ヘナは気持ちよかったです。

2週間後自分でもこちらのヘナを購入しセルフヘナにトライ。
ネットで色々と調べ、取りあえず白ごま油大1の量で頭皮を前日にマッサージ。
もの凄くオイリーでかなり気持ち悪い。

翌日
ヘナは脱脂作用があるとの事だけどオイリーな頭皮と髪に半信半疑、見よう見まねでヘナをやっみる。
途中、手袋が破けたので素手で続ける。
数時間放置の後終了。
結果…
数本ある白髪の根本の染まりも悪いし、頭皮も髪もベタベタ、手もオレンジだし、スーパーロングのせいなのか肩も凝ってきた。
なにより全然気持ちよくない!
3日程シャンプーを控えるなんて無理。
翌日香る髪で洗う。
そしてセルフヘナはもういいや。
と、なる。

数ヶ月後再度美容院へ。
やっぱり物凄く気持ちがいい。
ごま油以外は同じものを使っているのになんなんだ?この違いは。

この時アタルバのローズオイル(アタルバ・ヘッドマッサージオイル R)を教えてもらう。

今度はこちらのオイルを購入し、大1を使用してのマッサージからの放置。
白ごま油と同じ大1なのに、なんとなくさっぱりしっとり感。
ヘナをやる前もしっかりはえ際にぬりぬり。
いざヘナをON。
今度はしっかり根本をヘナでマッサージする様にすり込む。
生え際は乾燥しない様に全てラップで密封。
途中眠い眠い。トイレも近いし、喉も乾く。
3時間ほど放置後、そのまま湯船へ。
湯船の中で髪を泳がす。
そのまま根本もマッサージ。

さてさて今度はどうでしょうか。

まぁ、びっくり!!!

美容院と同じくらい、つるつるしっとり、髪の立ち上がりも強い。
オイリーさは微塵もない。
頭皮や生え際も染まっていない。
今回は数本の白髪と根本からきっちり染まっているし、毛先のまとまりも◎

気持ち良さは美容院には物凄く負けるけれど、これならセルフでいける。

『ヘナ』と言う葉っぱの粉末だけで、染め、トリートメント、デトックス、リラックス

なんなんでしょう!これ。
葉っぱだけで一石何鳥もあります。

年に数回は美容院でスペシャルヘナを。
それ以外はセルフヘナで。

ヘナ素晴らしいです!
もうこれはやめられないです。

アーユルヴェーダ
インドの温故知新、先人達の智慧って本当に凄いなと思います。
そして、アートビーングさん、レスポンスの良さに感謝しています。

ありがとうございます(^_^)






マハラニ・スタッフコメント:
よいオイルとマハラニヘナ石臼挽きの組み合わせは最高の組み合わせです。
インドのヘナには、やはりインドで昔から使われてきたヘッドマッサージオイルが最も適しています。アーユルヴェーダのオイルは非常に手間がかかって作られています。ゴマ油にハーブのエキスを溶かしこむために100度で長時間煮込むため、もはやゴマ油とは全く別のオイルになるのです。そうしたよいオイルと、マハラニヘナ石臼挽きでヘナをすることで、最高の使用感、最高の仕上がりが可能になります。

はいいいえ

評価 質の違いが歴然です [2017/11/27]

By panda 40代/女性 (東京都)

今まで使っていたヘナは何だったの?!そう思わざるを得ない仕上がりです。

他社のヘナを使って2年。そこそこ色は入るのですがハーブシャンプーを使い始めてからもまだ余っていたのでそのヘナで白髪染をしていました。ハーブシャンプーとヘナは相性が良いとヘナ遊の記事にあったのに2週間程度で色落ちしてしまうし臭いも1週間は残るしこんなものかと思っていましたが今回こちらの機械挽きヘナを始めて購入し、その違いに驚きました。

まず溶いている時のすごい粘りと抹茶のような気持ちのよい香り、ちょっとダマになりやすいので潰しながら錬るといいようです。塗っている最中もよく伸びてとても塗りやすいのです。洗い流した後も草!という感じではなく柔らかい草の香りでほとんど気にならないのです。

仕上がりもしっとりまとまってツヤツヤ。本当にツヤの出方が全然違うのです!もう輝く髪と言っても言い過ぎではありません。根元もキレイなオレンジになり、1日経つと少し銅色を帯びた感じに変わって満足です。ハーブシャンプーにも負けず半月経った今も色がキープされてますし本当に使ってみて良かったです。

もう美容院に5ヶ月行っていませんが、ハーブシャンプーとの併用で毛先まで艶とまとまりがあり、友人たちからも「そんなに美容院行ってないなんて嘘でしょ?!」と驚かれるくらいの状態です。3ヶ月おきに縮毛矯正しないとどうしようもなかった私の髪がこんなに良くなるとは思いませんでした。ありがとうございます。


はいいいえ

評価 体に悪い縮毛矯正やカラーリングをしなくて良くなった! [2017/11/24]

By 匿名 10代/女性 (高知県)

私は酷い癖毛で若い頃からストレートパーマではだめで縮毛矯正の強いのをずっとしてきたためどんどん酷い髪質になり悩んでいました。
そのうえ白髪も多く、白髪染めも繰り返してきました。乳癌になる確率が高くなると分かっていてもほとんど総白髪なので止める事ができませんでした。

四年程前、アシュワガンダの事を調べていてたまたまマハラニさんのページにたどり着きました。
安心して使えそうな気がしてハーブシャンプーやヘナの毛染めなどを注文させて頂き髪質が改善されてきたため、四年くらいになると思いますがずっと使い続けています。

知人から髪の毛に艶が出たね・・・と言われとっても嬉しかったです。高校時代、美容院で「豚毛、何倍も手がかかる・・・」と、はきすてるように言われた程のひどい髪質、そしていつも乾いた感じの毛質だったので本当に嬉しい言葉でした。ハーブシャンプーとヘナ染めで癖毛がほとんどなくなるって不思議です。

ハーブシャンプーの後に地肌を重点的にココナッツオイルもつけています。

ヘナ(石臼挽きを使用)だけでは白髪が赤く染まるのでインディゴを一割くらい混ぜ込んで練っています。
インディゴだけをヘナの後で染めるよりも塗りやすくて簡単だし気に入っています。

身体はいろんなハーブを自分で混ぜて使っています。急に寒くなったこの季節でもお風呂から出ても肌はしっとりしています。

安心して使えることと、体に悪い縮毛矯正やカラーリングをしなくて良くなったこと、金額的にもすごく安く済むようになったことなど良いことばかりで本当に嬉しく思っています。

知人に、私も使ってみたい・・・と言われ今回注文させて頂いた分を分けてあげることにしています。

自分自身の髪の毛が綺麗になったことで、知人も体に悪い毛染めを止めたいから・・・と言ってくれたことが嬉しいです。
健康が一番なのでこれからも安心して使わせて頂きたいのでよろしくお願いします。


はいいいえ


1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

評価 粒子の細かさ、色づきの良さNO1 [2017/11/20]

By ちゃい 40代/女性 (神奈川県)

ヘナ歴20年、各社のヘナを試した母がマハラニは最高品質と太鼓判を押しています。
しばらくヘナを使っていなかったのですが白髪が一気に増え久しぶりに使ってみたところ、母の意見に同感。石臼挽ヘナの良さを再確認しました。

他社のものを茶こしでふるうとなかなかこせず苦労しますがこちらは粒子が細かく均一で簡単にサラサラこせます。
なのでダマにもならず溶きやすい。

また化学物質過敏症気味で薬品が入っていると、(例えば目薬の防腐剤なども目の奥がズキズキします)ヒリヒリしてすぐにわかりますが、これにはそれがありません。安心です。

そして一番の長所は色づきの良さとマイルドな香り。

ヘナというと強烈かつ3,4日持続するくさい匂いに辟易していましたが、こちらのヘナは全然嫌な臭いではなく、翌日はかすかに残るくらい。これは本当に助かります。

こちらとインディゴがあれば素敵なブラウンヘアーをいくつになっても楽しめます。



はいいいえ

評価 ヘナ初めてでしたが大成功 [2017/11/01]

By 匿名 40代/女性 (福岡県)

ヘナ初めてでしたが大成功でした。以下私の方法です。

1)オリーブオイルで3時間ほど前に地肌をマッサージ。髪はかなりぺたんこで外には出られない状態。

2)お風呂じゃきついなくらいのお湯と合わせて溶く。泡だて器使用。

3)1時間放置。

4)かなり幅広く、はえぎわにオリーブオイルを塗る。
ヘナペースト塗布開始。最初は刷毛で塗っていたが、途中から手で。断然ラクです。

5)ラップに包み、アルミのシャワーキャップで保温。

6)ヘナは暖めて塗ったほうがよいと気づき、キャップの上から軽くドライヤー。1分ほど。

7)1時間半ほどして、洗面器に張ったお湯の中で数回お湯を変えながらゆすぐ。シャワーで一気に流すよりこの方法が染まりがいいとどこかで読みました。

8)バスタオルに多少色がつきました。まぁ許容範囲。

9)自然乾燥のほうが色が濃く入るとのことでしたが、十分染まっていると思ったのでドライヤーで一気に乾燥。手触りもよくびっくり。

10)翌日、たまに自分からたたみのにおいがしましたが気になるほどではなかったです。

白髪染での髪の痛みが気になるのと、自分で手軽にできる方法はないかと思い、以前耳にしたことのあるヘナを思い出しました。
かなり乾燥して痛みもあるし、白髪染めも何度もしていて決して状態はよくないので、きっと一度では染まらないと思っていたんですが、ほんとうの一回きりでオレンジ系のヘアマニキュアのような仕上がりに大満足です。ギシギシする感触もゼロでした。インディゴを翌日使うつもりでしたが、自分でも気に入ってるし周りからの評判もいいのでこのままがいいかな、と思っています。いいものに出会えてほんとうに嬉しいです。


はいいいえ

評価 アートビーイングのヘナに出会って [2017/10/21]

By ジンジャー 40代/女性 (広島県)

毎日本当にここのヘナに助けられています。

4年前、白髪が一段と増えて、気分はブルーでしたが、アートビーイングヘナとインディゴを一週間おきに使うことでずいぶんと目立たなくなりました。

ここのヘナは粘りがよく、機会挽きでもとても使いやすいです。
この粘りのパックによって、首に出た乾燥によるかゆみまでもが軽減するので嬉しいです。

何より、生理のときの気分の不安定さやだるさ、PMSの症状ががほんの少しだけ軽くなったこと や、
自覚がある体臭が軽減されたことがありがたいです。

このようにヘナは白髪染めだけでなく、精神安定、アレルギー症状の改善、体臭の軽減に効果がありますので、デトックス作用を日々体感しています。

ヘナをうたった他社商品を使ったことがありますが染まりや使用感が良くありませんでした。

その点、アートビーイングのヘナは厳しい検査をされており、農薬や異物などがないことが何よりの安心感につながっています。

また、現地のスタッフさんを大切にする姿勢、
現地の社会貢献に寄与されていることもとても
すばらしいと思います。

どうかもっと化学染めをされている人にこちらのヘナの良さを知っていただきたいと思います。





はいいいえ

|||||>|>>

体験談募集中! 詳細

使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。