マハラニ ヘナ石臼挽き

インド伝統の
マハラニ ヘナ石臼挽き

日本オーガニックコスメ協会
JOCA推奨品

天然色素%以上含有の高品質

※天然色素はヘナに含有される着色作用がある赤オレンジ色素でローソニア色素と呼ばれ、2%以上が高品質なヘナ。

石臼挽きの高いトリートメント力
鮮度を保つ真空パック
無農薬/薬品一切不使用
安心の化学薬品ゼロ宣言工場生産
重金属検査の自主基準の安全性

※ヘナ栽培に農薬は不要。※重金属の自主基準について

▼検査機関による検査証明の安心

検査日を確認してください。古い検査結果の使いまわしではありません。QA集ヘナの安全性/品質/ヘナ

マハラニ ヘナ 石臼挽き

よく粘り、上質なトリートメント効果

低温石臼挽きにより、ヘナ特有の粘性を保持することに成功。粘度が高いため使用感は良好で、高いトリートメント作用を発揮します。 さらに詳しく・・・


 マハラニ・ヘナ石臼挽き

2017年10月産

鮮度★★★★★(5.0)
染まり★★★★★(4.8)
粘度★★★★☆(4.3)
トリートメント★★★★☆(4.5)
リラックス度★★★★(5.0)

全5点評価オールA(4点以上)AAAAAの品質。得点は当社比。製造:2017年11-12月、推奨消費期限:2020年10-11月。

鮮度が抜群。染まりの強さを示すローソニア天然色素量:2.64%含有(SGS研究所検査)で高品質。JOCA日本オーガニックコスメ協会の推奨品マークを貼付済品。



この商品(H7F1)は植物アレルギーなど、お肌に合わなかった場合は返金します。30日間返金保証について

H7G1 ◆100gパック 価格:1,480円(税込)100g1個お試しキャンペーン中!ゆうパケットのみ送料無料。解説書希望者に同梱。※他商品追加で、ゆうパケットサイズ(100g3個)を超えると別途送料がかかります。

ポイント: 41pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

H7G1X3 ◆100gパック×3 価格:3,560円(税込)※100g3個まで、ゆうパケット可。※返金保証非対象。

ポイント: 98pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

H7G5 ◆500gパック 価格:4,980円(税込)※返金保証非対象。

ポイント: 138pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

※500g パックはジップ付き
※ゆうパケットは100g3個まで対応可能。500gは厚みのため対応不可。


送料無料セット
ヘナの仕上がりを向上させるヘッドマッサージオイル

ヘナ前に良質なオイルでヘッドマッサージをする効果
アタルバ・ヘッドマッサージオイル100mlマハラニ ヘナ石臼挽き

H7GHMR
2017マハラニ ヘナ石臼挽き500g+
アタルバ・ヘッドマッサージオイル100ml 送料無料価格:7,880円(税込)送料無料の商品に他の製品を追加しても送料無料。

ポイント: 218pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる アタルバ・ヘッドマッサージオイルの詳細

送料無料セット
ヘナの仕上がりを向上させるヘッドマッサージオイルLV

ヘナする前、頭皮のヘッドマッサージのやり方
アタルバ・ヘッドマッサージオイル100mlマハラニ ヘナ石臼挽き

H7GHMLV
2017マハラニ ヘナ石臼挽き500g+
アタルバ・ヘッドマッサージオイルLV100ml
送料無料価格:7,570円(税込)送料無料の商品に他の製品を追加しても送料無料。

ポイント: 210pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる アタルバ・ヘッドマッサージオイルLV の詳細
アタルバヘアオイル

アタルバヘアオイル 300円割引クーポン配布中!

頭に涼しさを誘うアタルバ・ヘアオイルでサラサラの仕上がり!ヘナ前やヘナ後に塗布することで一層効果的!

お得なセット商品を表示する
代金引換/クレジット決済(ゆうパケットを除く)は
明日出荷いたします
ゆうパケットの出荷日
※出荷が翌営業日になる場合もございます。
お届け日数や配達日
体験談
マハラニヘナ公式使用解説書

#マハラニヘナ石臼挽き関連情報


伝統のヘナ石臼挽きは
マハラニだけ

ヘナ石臼

アーユルヴェーダ経典に「ヘナの葉は石臼で挽く」と記載があります。インド伝統の製法:ヘナ石臼挽きによって成分が破壊されずに温存されると考え、石臼挽きにこだわりました。

石臼挽き匠による石臼調整

インドでも数少ないヘナ石臼挽き職人が石臼を調整、仕事はまさに匠…手馴れたやり方で1トンもある石臼を上げ下げしながら調整し、よりきめ細かな粉末に仕上げます。

マハラニは徹底して
産地主義

ヘナの産地で、色素の多いヘナの葉を選別。

目利き

産地で原材料を見極めることがヘナ製造の第一歩と考えています。ヘナの産地にて、ヘナ特有の赤オレンジ色の色素が多く含まれるヘナの葉を目利きしながら買い付けます。写真は、弊社委託スタッフが、ヘナ市場において、ヘナの葉の目利きしている様子。

ヘナの葉から小枝・砂分などの 不純物を徹底除去

ヘナの葉

ヘナの原材料である「ヘナの葉」には、入荷時、小枝や砂分が混ざっています。

「ヘナの葉」に付着する
砂分徹底除去

ヘナのトリートメント作用を損なう砂分は0.5%未満

 集塵機

集塵機(上写真)で砂分を徹底除去し、砂分は0.36%(SGS研究所調べ)と、砂漠に育つヘナから砂分がほとんど振るい落とされ、ヘナのトリートメント作用を99.64%引き出すことが可能になりました。集塵機については、動画ヘナ製造の真実~マハラニのヘナの産地での取り組み~

不純物を徹底除去

不純物を徹底的に除去し、細かなチップへ……ヘナ粉末化の一歩手前の状態です。

工場の敷地内に
薬品を置かない!

化学薬品ゼロ宣言工場の高い安全性。

化学薬品ゼロ宣言

弊社製品を製造しているインド現地企業SMHEENA社では薬品類は一切扱っておりません。工場敷地内にはヘナによく配合されるパラフェニール・ジアミン、ダイアモンドグリーン、タール系色素、ピクラミン酸などの薬品は一切ありませんので誤って薬品が混入するする可能性もまったくありませんので、安心安全です。

化学薬品ゼロ宣言

マハラニヘナは化学薬品ゼロ宣言工場で生産しています

化学薬品を一切使用しないヘナを生産することになった理由。

薬品の混入は一切ありません。

インドのヘナ関連の工場では、薬品入りのヘナと薬品入りでないヘナが生産されており、両方の製品が同じライン(同じ機械)で製造されている場合があり、手違いにて薬品が混入してしまう心配があります。マハラニ製品は「化学薬品ゼロ宣言」の工場で生産していますので薬品混入はありえません。

ここまでやる!
ヘナ製造フロー

製造は、上記、化学薬品ゼロ宣言工場にて行います。ここまで徹底しているフローを以下で確認してください。

品質と安全性を確保するマハラニヘナ製造フロー

ヘナの産地、ソジャットの、ヘナ市場近くにある清潔で現代的な工場のため、ヘナの原材料である「ヘナの葉」の状態を見極めながらの買い付け、さらに生産を行うためには最適です。さらに弊社スタッフが現地工場内にて、買い付けから製造まで監督を行います。

1)指定産地より「ヘナの葉」のテスト買い付け
通常、毎年、ヘナの収穫期(10月~11月の間)
   ↓
重金属検査/ローソニア色素量検査/弊社独自の染毛テスト
   ↓   ↓→不合格→排除
   合格
   ↓

2)指定産地より「ヘナの葉」の買い付け
通常、毎年、ヘナの収穫期(10月~11月の間)
   ↓
重金属検査/ローソニア色素量検査/弊社独自の染毛テスト
   ↓   ↓→不合格→排除
   合格
   ↓

3)「ヘナの葉」の第一処理工程
「ヘナの葉」から砂分、小枝、種の除去後1~2ミリ程度のチップ状に粉砕
   ↓
重金属検査/ローソニア色素量検査/弊社独自の染毛テスト/使用感調査(弊社スタッフによるヘナ塗布試験)
   ↓   ↓→不合格→排除
   合格
   ↓

4)天日乾燥
   ↓
5)粉砕した「ヘナの葉」チップの粉末化工程(石臼挽き、機械挽き)
   ↓
重金属検査/ローソニア色素量検査/弊社独自の染毛テスト/使用感調査(弊社スタッフによるヘナ塗布試験)
   ↓   ↓→不合格→排除
   合格
   ↓

6)真空パック・アルミパック封入
   ↓
重金属検査/ローソニア色素量検査/弊社独自の染毛テスト/使用感調査(弊社スタッフによるヘナ塗布試験)
   ↓   ↓→不合格→排除
   合格
   ↓

7)日本に向け出荷
通常、毎年12月~翌1月頃

マハラニヘナ製造の流れ

あなたにマハラニヘナが届くまで~マハラニヘナ製造の流れ

インド北西部の雨季が終わる(通常9月)と、大地が乾燥をはじめ、だいたい例年10月頃、ヘナの収穫が行われます。

重金属汚染ヘナは
製造前に排除の安全性

インドでは環境汚染が進んでおり、ヘナにも高い値の重金属が検出される場合があります。ヘナの原材料「ヘナの葉」買い付けの段階から検査を実施しています。

鉛、ヒ素、水銀、カドミウムなどの重金属を徹底チェック

ヘナの葉の原材料を買い付けの際、ロット毎に事前に重金属検査(鉛、ヒ素、水銀、カドミウム)を実施し、異常な値が検出された原材料をスクリーニング排除、さらに製造完了後にも、再度、検査を実施しております。また、ヘナについては植物の特徴として農薬や化学肥料は使われておりません。

日本に輸入後の
検査では遅すぎる

製造前、製品化後、日本に向けて輸出前と、二重三重に重金属検出検査を実施。

弊社では、輸入する前にしっかり検査を実施し、間違いがないことを確認することが製品の安全性のために重要であると考えています。

インドにて製造の各段階、および、インドから荷物が出荷される直前に、現地の検査機関 SGS研究所インド支社(本社:スイス・ジュネーブ)にて最新の検査機器による詳細な検査を実施しております。その公正中立な検査結果は世界に通用し、日本の食品分析センターと同等の信頼性です。お客様に安心していただけるよう、検査結果を公表しています。

体験談

新しいヘナは
鮮度があり
使用感がよい!

製造年月だけでなく、ヘナの収穫年も明記の安心。

ヘナ収穫の模様

一般的に、古いヘナは臭みが強く生臭さがあり、それと比較して、収穫年が新しく保存状況がよいヘナは、臭みがより少ないため、ヘナの良し悪しを知るためには収穫年を知る必要があります。

製造年月と収穫年は異なります。

弊社では、製造年月が新しくても、収穫年が古ければ、品質がよい(中身が新しい)ということにはなりません。 製造年月だけでなく、収穫年が明記されていてこそ、ヘナのよさの一つの条件である、ヘナの新しさがわかるのです。

収穫年を明記して 14年

2003年より、毎年、収穫年を明記してヘナをお届けし、今年で14年目、よいヘナにこだわり続けています。

ヘナはただ染まればよいのでしょうか?

快適なヘナタイムをお楽しみいただきたい
新しく保存状態のよいヘナの違いをお伝えしたい

このような理由で、マハラニ ヘナは、製造年月だけでなく、収穫年も明示しています。

ヘナを収穫する女性たち

ヘナは鮮度が命

収穫したての鮮度を保つために

真空パック

マハラニヘナ真空パックの模様

古いヘナは臭みが増し使用感が劣るだけでなく、ローソニア色素も衰えていきます。真空パックすることで心地よい使用感のヘナを長期保存することが可能となりました。

アルミパック封入

一般的に、ヘナ長期保存のため、放射線照射によりヘナの劣化を防ぐ方法がとられる場合があります。弊社では鮮度を保つために、試行錯誤の結果、真空パックとアルミパックを採用しております。

ヘナは空気と湿気、光で劣化します

マハラニヘナは、乾燥して湿気が少ない半砂漠地帯のヘナの産地にて、ヘナの葉の収穫期に買い付けと粉末化を行い、間髪を入れずに、そのまま現地にて真空パックして空気と湿気から遮断、さらに、光透過性0%の肉厚アルミパックに封入して光を遮断しておりますので、放射線殺菌という方法によらず、鮮度がよい状態で長期保存をすることができるようになりました。

ヘナは鮮度が落ちてくるとヘナ特有の匂いが強くなり、使用中、臭みが気になるばかりか、洗い流した後も匂いが頭皮と髪から漂い続け、気分が悪くなることもあります。それに対し、保存がよく鮮度が保たれたヘナは、使用中も使用後も匂いがさして気にならず、使用感が心地よいため、爽快なヘナタイムをお楽しみいただけます。



マハラニ
はじめてのヘナとハーブシャンプー解説書 

ご購入時、レジにて説明書同梱希望欄にチェックがない場合は同梱しておりませんのでご注意ください。


体験談

山芋のような粘り

石臼挽きは粘る

ヘナ石臼挽きはヘナ粉末化の際に高温にさらされず、ヘナの葉の葉液を温度で焼かずに保つことができたため、溶かせば大変に粘りのあるペーストに仕上がり、髪に塗りやすい状態のペーストに仕上がります。

ヘナ石臼挽きは、50度程度のお湯で溶かし、よくかきまぜながら、石臼挽き特有の「山芋」あるいは「納豆」のような強い粘りがでてきたら髪に塗ります。

ヘナ石臼挽きの溶かし方

ヘナ石臼挽きは、石臼挽き特有の鮮度とヌメリを楽しむために、ヘナの量のおよそ4倍の、50~60度程度のお湯(熱湯は不可)で溶かし、よくかき混ぜた後、30分~程度、馴染ませ、冬場の場合は、湯煎して人肌に暖めてからお使いください。硬すぎる場合はお湯を足し、緩すぎる場合は粉を足して練り直し、温かい状態で頭皮に刷り込むように塗りましょう。

注意点

※真空パック時には真空状態でも、じょじょに真空状態が緩くなっている場合があります。真空パックしてからアルミ袋に入れていますので密閉性は確保されています。真空状態が緩いという理由での交換はご遠慮ください。

※価格は予告なく変更になる場合があります。


その他のマハラニ・ヘナ

従来製品、機械挽きの通常粉末のマハラニ・ヘナも、発色、粘り、ともに大変に良好です。機械挽きは、低温石臼挽きではありません。通常、ヘナは高速粉末化装置を使用し粉末化(機械挽き)します。機械挽きの特徴は肌理の細かさです。ハケで溶かして塗る方法の方は、こちらの機械挽きをおすすめします。

マハラニヘナ ファイン粉末

シルク目の布で繊維質を除去。溶かせば滑らかなペーストに仕上がり、塗りやすく洗い流しやすい。 目の細かさは、染まりとは関係はなく、主に使用感、使い心地の違い。ハケ塗りにも最適。

カラートリートメント花ブレンド

カラートリートメント花ブレンド(通称ヘナ花ブレンド)

主成分はヘナ、使い方も染まりもヘナと同じ。心地よい香りで、ヘナの匂いが苦手な方におすすめ。ハイビスカス花弁粉末を配合。髪に潤いを与え癖を抑えます。

マハラニヘナ(機械挽き)

マハラニヘナ(機械挽き)の原材料「ヘナの葉」は、マハラニヘナ石臼挽きとほぼ同等か、近しいものを使用(年度により異なる)。高品質、かつ低価格ヘナ。美容室サロンなどにて最も使用されています。

いままでに発売されたマハラニ ヘナ

現在、2017年産が最も新しいヘナ。2018年産は、通常、2018年10月頃の収穫で、2019年1月以降の入荷です。

2017年10月収穫 マハラニ ヘナ 発売中

2016年11月収穫 マハラニ ヘナ 発売中

2015年収穫 マハラニ ヘナ 完売

2014年収穫 マハラニ ヘナ 完売

2013年収穫 マハラニ ヘナ 完売

2012年収穫 マハラニ ヘナ 完売

2011年収穫 マハラニ ヘナ 完売

2010年収穫 マハラニ ヘナ 完売

2009年収穫 マハラニ ヘナ 完売

2008年収穫 マハラニ ヘナ 完売

2007年収穫 マハラニ ヘナ 完売

2006年収穫 マハラニ ヘナ 完売

2005年収穫 マハラニ ヘナ 完売

2004年収穫 マハラニ ヘナ 完売

2003年収穫 マハラニ ヘナ 完売

使い方

ご購入時に、使い方解説書「はじめてのヘナとハーブシャンプー」を同梱しています。
ご不要の場合は、レジにて説明書不要と指定してください。

以下の動画も、ご参照ください。

ヘナの使い方動画

一緒におすすめ商品

ヘナ冷えを防ぎ染まりを向上させる マハラニ・ユーカリオイル

マハラニ・ユーカリオイル10ml

マハラニ・ユーカリオイル

HU01◆10ml 価格:840円 (税込)

ポイント: 30pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

ユーカリはヘナの染まりを向上させると言われています。また、ヘナ冷えを防ぐために、インドではヘナにユーカリオイルがよく使われます。

ヘナ前のオイル頭皮マッサージに!

アタルバ・ヘッドマッサージオイル100ml

アタルバ・ヘッドマッサージオイル

ヘナは油分を取り除く作用があるため、使用前にある程度のオイル分を補うということが、インドでは伝統的に行われてきました。
ヘナで油分が落ちすぎると、髪がきしむなど仕上がりが悪くなるため、ヘナ前にオイルで頭皮をマッサージし、あらかじめ髪や頭皮に油分を補うことで、仕上がりが向上するだけでなく頭皮ケアにもなり、また、ヘナショックや頭皮の赤染まりなどを緩和させることができます。

購入はこちらアタルバ・ヘッドマッサージオイル

ヘナとアタルバオイルのセットはこちらヘナ前の頭皮オイルマッサージキャンペーン

ハーブシャンプーで色あせを緩和

ハーブシャンプー香る髪シリーズ

ハーブシャンプー香る髪

石鹸や市販のシャンプーは洗浄力が強いため、毎日洗髪をするとそれだけ早く色あせします。 弊社では、洗浄力がマイルドな、自然のハーブ100%のハーブシャンプーをおすすめしています。ハーブシャンプーを続けていきますと、シャンプー自体の回数が減っていき、週に1~2回の洗髪でも、髪や頭皮がいつも気持ちのよい状態に保たれるようになります。ヘナと合わせて、ハーブシャンプー香る髪シリーズも、ぜひお試し下さい。

購入はこちらハーブシャンプー香る髪シリーズ

インドの花の香りで使用後の匂いを低減

 マハラニ フレグランスオイル

マハラニ フレグランスオイル

香りの主成分はインドの花で、 一度試すと、繰り返して使いたくなる香りで、ヘナ使用後の匂い低減におすすめです。フレングランスオイルは天然成分100%です。

購入はこちらマハラニ フレグランスオイル

関連商品

送料無料キャンペーン

マハラニ・ハーバルヘアカラー1(ライトブラウン)

植物性白髪隠し・ハーバルカラー1ライトブラウン

ヘナ100%だと、どうしても赤味発色があります。ヘナを繰り返していくと黒髪も明るいところでは赤っぽく反射します。マハラニ・ハーバルヘアカラー1(ライトブラウン)は、染め方/使い方もヘナと一緒ですが、染まり方がヘナから赤味だけをとったイメージです。また、ラベンダー油、イランイラン油を配合しているため、心地よい香りです。

使用上の注意点

使用上の注意点

植物アレルギーの心配がある方や、初めてご使用になる場合はパッチテストを行ってください。

パッチテストで異常がなくても、ご使用中、何らかの異常を感じた場合は、速やかに使用を中止し、よく洗い流してください。

ヘナ、シカカイ、インディゴ、ニームのみ、パッチテスト用の数グラムのサンプルを差し上げます。お買い物の際はメッセージ欄にてパッチ希望の製品名と「パッチテスト用希望」と明記ください。また、パッチテスト用だけをご希望の場合は無償で郵送いたします、お問合せフォームにて、パッチテスト用をご希望の製品名と送付先を明記してください。

お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。

化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合

(2)使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。

目に入ったときは、直ちに洗い流してください。

特異体質の方、腎臓病、血液疾患の既往症のある方、妊娠中や授乳中の方は専門医に相談してから使用して下さい。

高温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。

Q&A

白髪の割合は少ないです。どれを使用したらよいでしょうか?

一般的に、白髪の割合が2~3割未満の場合は、ヘナだけで白髪は目立たなくなります。

ヘナはトリートメント効果があり、仕上がりが良いので、白髪の割合が少ない方の場合、マハラニ ヘナ石臼挽き、マハラニ ヘナ・ファイン粉末、マハラニ ヘナ(機械挽き)、ハーバルヘアカラー花ブレンドなどのインディゴの入っていないヘナのみのものをご使用になられるのをおすすめします。 どれが良いかは、お好みでお選びください。ヘナ石臼挽きは、洗い流しに少しコツが必要ですが、粘りがつよく塗りやすいため、初心者の方にも扱いやすいです。また、ヘナの匂いが苦手な場合は、イランイランがのほかに香る、ハーバルヘアカラー花ブレンドをおすすめします。

ただし、白髪がおでこの上や、もみあげなどに固まってある場合は、ヘナだけだと白髪が赤オレンジに目立つ場合があります。そのような場合は、固まりの部分だけを軽くインディゴで後染めするといいでしょう。 また、白髪の割合が多い方は、ヘナの後にインディゴの後染めをするか、ハーバルヘアカラー5や7などをお試しください。

ヘナで黒髪を明るい色に染めたいと思っています。

ヘナで黒髪は染まりません。

残念ながら、ヘナでは黒髪はほぼ染まらないと、お考え下さい。 一般的に、ヘアダイは、2液で構成されており、1液にて漂白、つまり黒髪の色を抜きながら同時に、なんらかの色を入れるといったことをしています。ところが、ヘナには脱色作用はありません。黒髪の上にヘナのオレンジ色が乗っても、一般的には、染まっているようには見えません。 ただし、黒髪にヘナを続けていきますと、赤茶っぽいハイライトが入ってきます。一般的に、ヘナは髪に美しい色艶をあたえ、黒髪が耀き始めます。定期的に長期間使用されますと、大変に健康的な色艶をもった髪になりますし、徐々に赤茶を帯びた発色、場合によってはワインレッドのように発色して見える場合もありますが、それは光や蛍光灯に反射した場合に、染まっていることがはっきり見えるだけであって、日陰や暗がりでは黒髪にしかみえません。 それ以上のことは、自然の植物では可能ではないとお考えください。

ヘナ後の色落ちについて教えてください。

ヘナの使い始めは、色落ちがひどいことがある。

ヘナを使い始めの頃は、ほぼ全員の方がヘナの色落ちを体験します。特に髪が傷んでいる場合は、かなりひどい色落ちをすることがあります。髪を洗うたびにヘナ色の水が延々と流れてきたり、髪をふいたタオルが茶色っぽく汚れたり、ブラウスの襟部分が汚れたり、枕が茶色っぽく汚れたり、ヘナ色の汗が頭から流れてきたり・・・などなどありますので、ヘナの後には白っぽい服は着ないようにし、枕の上に汚れてもいいタオルなどを置く、汚れてもいいタオルを使用するなどの注意が必要です。 ヘナの回数を重ねるうちに、この色落ちもかなり減少してきます。また、実験では、ヘナをお湯で洗い流し、一旦乾燥させた後に酢などでリンスをすると、色落ちが軽減するようです。

ヘナショックとは??

ヘナショックとは、最初のヘナの後、髪がギシギシになってしまうなど、トリートメントを期待してヘナをしたにもかかわらず、逆に仕上がりが悪くなってしまうことを言います。

ヘナには脱脂作用があるため、特に、ヘアダイやパーマなどで髪が痛んでいたり、過度のシャンプーなどにより、髪や頭皮が油抜けを起こしていたりする場合に発生しやすいです。そのため、ヘナをされる前には、アタルバ ヘッドマッサージオイルなどの良質なオイルで頭皮マッサージを行い、あらかじめ頭皮と髪をしっかりとオイルで潤した後に、ヘナをしましょう。

ヘナ後の日常の洗髪には、香る髪などのハーブシャンプーをおすすめします。

石鹸や市販のシャンプーは洗浄力が強いため、毎日洗髪をするとそれだけ早く色落ちしますし、髪や頭皮の油抜けを起こしたりする場合があります。 弊社では、洗浄力がマイルドな、自然のハーブ100%のハーブシャンプーをおすすめしています。 ハーブシャンプーを続けていきますと、シャンプー自体の回数が減っていき、週に1~2回の洗髪でも、髪や頭皮がいつも気持ちのよい状態に保たれるようになります。 ヘナと合わせて、ハーブシャンプー香る髪シリーズも、ぜひお試し下さい。

ヘナをしっかりと染める染め方のコツを教えてください
ヘナの染まりが悪いので染め方のコツを教えてほしい
ヘナの使用頻度はどれくらいですか?
ヘナの使い方を教えてください。
白髪をブラウンに染めるには、どのヘナがよいでしょうか?
ハーバルカラー1・3・5・7・9で、初めてでもちゃんと染められますか

体験談 380

体験談を投稿する
星5つ: (340)
星4つ: (39)
星3つ: (1)
星2つ: (0)
星1つ: (0)

評価: 評価
体験談数: 380
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。お客様ご自身の判断でご利用ください。

|||||>|>>

評価 本物のヘナに出会えた! [2018/08/16]

By 蕨 40代/女性 (埼玉県)

今年の春からアートビーイングさんの「本物の」ヘナデビューしました。
市販のインディゴが混ざっているヘナは使ったことあったのですが、ヘナ100%は初めてでした。
今まで納得のいく染まりでなかったのは100%じゃないからなのかな?と思い、高品質そうなアートビーイングさんの製品を試してみることにしました。

丁寧な説明小冊子を熟読して、目から鱗が!
ヘナは脱脂作用があるのでオイルトリートメントをすると仕上がりが良いこと、染めて数日はドライヤーを使わないこと、などなど…
また、お湯にヘナを溶くともったりとした粘りが出ることにも驚きました。

初めてのヘナ前には手近にあった椿油でトリートメントをしまして、数日間牧草の中にいるような残り香だけ気になりましたが、染まりは大変満足。
今までのとは違う手触りと色に、これが本物のヘナなのかと感動しました。

二回目は、手持ちのマッサージ用に買ってあったグレープシードオイルをマッサージに使いましたが、ヘナ後に流しても椿油のようにさらっと流れず重たい感じがお湯洗いで過ごす数日間続き少し不快に感じました。
しかし、染まりははじめてのヘナと同じようにきれいなオレンジに染まりました。

三回目は二回目と同様にして、ヘナの1週間後に未開封で放置していたインディゴが混ざった他社のヘナ(ダークブラウンに染まるとある)で染めてみました。
結果はインディゴの色はつかない、髪はゴワつくと散々でした。
アートビーイングさんの商品のように、パッケージに何年度産かも書いてありませんでした。

それから数回か使用しておりますが、エッセンシャルオイルを混ぜてマッサージとヘナペーストを作っているからか、始めたころよりも放置時間中の草の匂いがマイルドかつ、洗い流し後の残り香が早くなくなるように思います。
アートビーイングさんのヘナに出会えて本当に良かったと思います。


はいいいえ

評価 白髪が治った! [2018/08/04]

By 匿名 40代/女性 (大阪府)

かれこれ10年こちらのヘナで白髪染めをしてますが先日抜け毛を見てびっくり。10cmほどの長さのそれはヘナオレンジと黒の二色に分かれています。あー白髪になってヘナ色が出てきたのね、と思ったら毛根が付いているのは黒の方。てことは白髪が治ったということ?こんなことあるんですね。


はいいいえ

評価 長年使って今さらですが [2018/07/31]

By メレドラ 50代/女性 (神奈川県)

機械挽きを2010年から使ってます。最初の頃は試行錯誤で色々試しましたが、今ごろやっとつくづくヘナ染めは染め物である!そう実感しました。

2~3週間に一度、ヘナ染めのあと普通のシャンプーしてました。石鹸シャンプーもしてました。

でもね、色落ちはひどいし、頭は痒いし、毎日シャンプーしてるのに臭うし!ショートカットなのに。
なんでかなー、なんでかなー、長年使ってるヘナのせいなのかなー?更年期でこんな感じになってきちゃってるのかナー?って染めるのもだんだん嫌になってきて。

ヘナしてシャンプーで洗い落とすとき凄く痒くて。辛かった。

そんな状態で体験記や実験、また読み直してみたら、もしかしたら原因はシャンプーか?シャンプー使うからダメなのか?
思い立って、ヘナ染めのあと、お湯で洗い流すのみに初めて挑戦。

ん?痒くない?タオルドライのタオルにあんまりひどく色移りしてない?
あれ?
次の日、夕方まで頭皮触ったりしてみても、油が出てないし臭くない!
えー!ヘナ染めして3日はお湯シャンにしましたが、脂ぽさや臭いが出ませんでした。タオルにも色落ちほとんどゼロ。

あー、もう!今まで何をやっていたのかと倒れそうになりました。
ヘナも寝かし時間や温度、実験が参考になりました。その通りにしたら、以前より染まりもいいし、トータルの時間が減って楽チン。
ずっと洗わないのは無理そうなので、これからハーブシャンプー注文します。

ほんと、実験、体験記は参考になる!

髪はオレンジだけど艶々だし、ショートカットだから、全く問題なしです。


はいいいえ

評価 初めての石臼引きヘナ [2018/07/30]

By m /女性 (北海道)

前々からヘナのみでの染めに興味はあったものの、オレンジという色が心配で実践できず、ハーバルカラー5、100gを二度購入、計四回使用後の石臼引き17年度産ヘナ&オイル実践です。

オイルの体験キャンペーンというタイムリーなタイミングで、石臼引きヘナ100%とオイルに興味があったのでトライ。
赤みが気になった場合の対策としてインディゴトのセット購入にて、今回実践してみました。

アタルバオイルの香りは・・・
なんというのでしょう、かいだことがないようなあるようなな香りというか。自分はそんなに好きな香りではない、というのが正直な感想。なんとなくおなかがすく香りではあります。ごま油とかいろいろな・・・ミックスされた香りです。

アタルバオイル塗布量・小さじ三位
        塗布時間・一時間
髪の長・セミロング・くせ毛・
細くて髪の量は薄くはないとおもいます。
乾燥系髪質

手順としては
①オイル塗布後一時間待ち
②60度弱のお湯でかなりゆるめにヘナを溶き(ヘナをいれたボールを抱え泡だて器でかしゃかしゃ。お料理のように)
③ビニール使い捨て手袋を両手にはめ、手で塗布。今回はけ不使用。
④塗布後、頭をラップでぐるぐる巻き。
黒色ヘアバンドで緩めの顔面へのヘナの滴り防止策。
⑤二時間置く予定が、夜中だったためうっかり寝てしまい、四時間半後お湯で洗い流し。タオルドライ後、湿った状態でまた就寝。

といったかんじでです。
この前まではハーバル5を使用していたので、
初めてのアートビーイングさんのヘナ100%でしたが石臼引きヘナ、すごいですね。
量少なめでも、お湯を含みヘナがかさを増す、という印象。
そして、においは・・・ない!ないというか、皆様が書いていらっしゃるような、お茶ののようにもおもえる香り。
この香りであれば、エッセンシャルオイル投入不要かと思いましたが、塗布中一応ラベンダー製油6滴程投入。
(投入しましたが、今回香りが消されたのでしょうかラベンダーの香りはあまりなし。)

色落ちもハーバルの色落ちに比べると、オレンジ系だからか気にならず。数日、額からの汗が薄茶、ではありましたが。

染まり具合は白髪部分はオレンジ系ですが、黒髪と、メッシュ状態で、自分ではそれほど気にならない程度だと思います。ヘナ100%を自体が初めてなので、比較対象がないのですが、四日後の今日明け方再度オイルを紙に塗布してみると、オレンジ色がこころなしか落ち着いたような気もします。
よく画像で見るようなオレンジではないように思える、ということは茶系に葉っ食している、ということであろうと自分では思っています。

特筆すべきは、実はデトックス効果です。
ハーバルでも自分の場合、浄化が感じられたのですが、この石臼17年産ヘナ100%腸内デトックスをかなり感じました。すごい。
私は同時期にヨガや食生活改善も行っていたので、どれが効いたのか、はたまた全部が効いたのか、はわかりませんが。
髪を染める、というより、私の場合はアートビーイングさんのヘナは、体の浄化のために使わせていただきたいとこの出会いをうれしく思ってます!ほんとにすごい。気持ちよくリラックスできるので、お勧めです~。


はいいいえ

評価 6年使っています [2018/07/25]

By Kira 40代/女性 (福岡県)

白髪が気になりだしてから、ヘナを使って6年ほどになります。ヘナは染まらないとか、においがダメだとか聞いていましたが、私は最初のヘナがこのマハラニヘナだったので全然そんな問題は起きませんでした。
ケミカルの毛染めと比較して負けてしまうのはその染める時間だけ。
染める手間はヘナもケミカルも同じだし、髪や頭皮の健康も損なわず、逆に良い。価格の面でもヘナはリーズナブルです。
そうなるとヘナで染めない理由がないなと私は思っています。
性格的に面倒くさがり屋でズボラなので、私がずっと使っているのを周りが見て、ヘナ=手間がかかる、というイメージは払拭されるようで、ヘナデビューする人が増えました。
月に一度しかしませんが、デトックス効果も得られるので楽しみな時間です。


はいいいえ

評価 ヘナのTIPSまとめ [2018/07/25]

By 匿名 40代/女性 (東京都)

本サイトでマハラニヘナ4種を購入して使用しました。各商品の個別的感想については投稿が一巡しましたので、ヘナの総合的TIPSをまとめました。現在は「マハラニヘナ石臼挽き」および「カラートリートメント花ブレンド」をWリピート中です。

●ヘナの3種の神器
私の場合、ヘナの3種の神器は「プラスチックボウル」「シリコンゴムヘラ」「コーム付きハケ」。プラスチックボウルとシリコンゴムヘラは台所用品、ハケは髪染め用品として、百均で販売されています。本場インドでは伝統的に鉄鍋を使う地域もあるそうですが、金属製の道具はヘナと化学反応を起こす可能性があるので、私はプラスチック製を選んでいます。

ハケ塗りは、慣れるまで「ゴム手袋」が必要かもしれません。うっかりヘナに触れることによる爪のヘナ染まりを防ぐためです。慣れてくれば、ゴム手袋なしでも、ヘナに触れることなくハケ塗りができるようになります。ゴム手袋は百均でも買えますが、少し高くてもスーパーで売ってる指先強化ビニール手袋のほうが長持ちします。直射日光の当たる場所に干すと、素材劣化が早くすぐ破れるので、日陰干ししたほうがいいですね。私は指先強化ビニール手袋を買い替えることなく2年近く使っていますが、まだ破れはありません。ちなみに、使い捨てポリエチレン手袋は、ヘナには不向きです。ただでさえ粘着性とぬめりがあるヘナに対して、使い捨てポリエチレン手袋は滑りやすく、誤塗りが多発します。

ヘナをカラーリング目的に使う場合は、ヘナの置き時間が長いため、「使い捨てシャワーキャップ」「使い捨てイヤーキャップ」は必需品です。いずれも髪染め用品として、百均で買えます。冬の低温環境ではヘナが染まりにくいため、「電気ヘアキャップ」があると便利。私のようにヘナをシャンプー&トリートメント目的に使用する場合は、ヘナの置き時間が10〜15分と短くて入浴中に終わるので、シャワーキャップ・イヤーキャップ・電気ヘアキャップは不要です。

●ヘナ前のヘッドマッサージ「アタルバ・ヘアオイル」
本サイトのヘッドマッサージオイル5種を使用しましたが、個人的にはココナッツオイルベースの「アタルバ・ヘアオイル」がベストです。週2~3回のプチヘナ前に毎回大さじ1杯ほど使用していますが、使用感がとても軽く、オイルにありがちな重いべたつきが残りません。ヘナ後の髪の仕上がりが、ぐんとよくなりました。私はパサつきやすい癖毛ですが、髪の広がりがおさまり、髪がサラサラしてツヤ感が増します。一般的には、髪がサラサラすると髪の根元がペシャンとボリュームダウンしてしまうものですが、なぜかサラサラしてもヘナ後の髪の根元の立ち上がりはよく自然なボリュームを維持しています。

「アタルバ・ヘアオイル」のベースオイルであるココナッツオイルは低温環境で固まりやすい性質をもっているため、冬場はセサミオイルベースの「アタルバ・ヘッドマッサージオイル」シリーズを使っています。毛先につけるだけのときは、森林アロマが心地よい「マハラニ・ヘアケアオイル」を選んでいます。季節と用途で使い分けています。

●超頻繁なプチヘナは「緩めに溶いて短時間」
私のヘナ頻度はとても高く、週2~3回。ちょっと高頻度すぎるかなぁとも思うのですが、自分の中ではヘナはシャンプーという位置づけだし、リラックス感が心地よくて止められない。頻度が高い分、ヘナ濃度をわりと薄めというか緩めに溶いて、ヘナ置き時間を約10分へ短縮しています。

ヘナには軽い脱脂効果があるため、高頻度すぎて乾燥肌が大丈夫かなと心配していたのですが、杞憂でした。もともと粉を吹くくらいの超乾燥肌で、ケミカルシャンプー時代には頭皮の乾燥フケが気になっていました。シャンプー代わりにプチヘナするようになってから、全く乾燥フケがなくなりました。ヘナには軽い脱脂効果があるものの、ケミカルシャンプーの強烈な脱脂効果に比べれば、この上なくマイルド。ヘナ前にヘッドマッサージオイルを使うと、さらに保湿効果が高まります。

私のプチヘナは高頻度といえども、短時間なのに、よく染まること。伸びた白髪の根元が、超オレンジ色になります。全体の髪色もだんだん明るくなります。そこで、2週間に1回はハーバルカラーのブラック系で染めています。結果的に、プチヘナまたはヘナシャンで先染め、ハーバルカラーで後染めしていることになっています。ハーバルカラーのブラック系を単独で染めていたときは完全な黒髪でしたが、ヘナの先染め工程が加わったことにより、ややブラウンがかった黒髪になりました。

●最もヘナをムダなく使えて、染め漏れが少ないのは「ハケ塗り」
最もヘナをムダなく使えて、染め漏れが少ないのは「ハケ塗り」です。他に「ハニーポットによるシャンプー塗り」「ゴム手袋による手塗り」を試しましたが、「コーム付きハケ塗り」がベストでした。

(コーム付きハケ塗り)
ハケに載せられる分だけヘナを少量ずつ髪へ運ぶため、こぼれ落ちのムダが少ない。ヘアカラーをする美容師さんのように、コームで髪を少しずつすくい分けながら、ハケで髪の分け目に万遍なく塗ることができるので、染め漏れが少なく美しく仕上がります。

(ハニーポットによるシャンプー塗り・ゴム手袋による手塗り)
塗っている最中にどうしてもヘナの流れ落ち、こぼれ落ちが発生してヘナをムダに消費してしまう。またハケ塗りと比べて塗りが粗いので、白髪の染め漏れが多くなります。

●「ヘナ塗りもヘナすすぎも浴槽の中」で完結させて、お風呂掃除を最少化
「お湯を張った浴槽の中でヘナ塗りとヘナすすぎをする方法」は、ヘナ後のお風呂掃除が浴槽のみで完結するので、最もお風呂掃除が楽ちんです。これはヘナだけでなく、ハーブシャンプーも然り。他に「浴室の中の床上でヘナ塗りやヘナすすぎをする方法」「リビングルームや洗面所の床上でヘナ塗りをする方法」を試しましたが、友人から教えてもらった「お湯を張った浴槽の中でヘナ塗りとヘナすすぎをする方法」がベストでした。

(お湯を張った浴槽の中でヘナ塗りとヘナすすぎをする方法)
塗るときにヘナが浴槽のお湯の中にこぼれ落ちても、頭ごと浴槽のお湯の中に浸かって髪をすすいでも、ヘナ風呂としてもれなく二次利用できます。また浴槽は滑らかな素材なので、後で掃除がしやすい。ヘナ風呂後は、放置すると浴槽の変色の原因になるため、栓を抜いてすぐ浴槽を洗うことをおすすめします。

(浴室の中の床上でヘナ塗りやヘナすすぎをする方法)
浴室床上でヘナすると、ヘナ後に床をシャワーで洗い流せる点はいいですね。ただし浴室床の凹凸には、ヘナのこぼれ落ちやすすぎ湯が引っかかって滞留しやすく、放置すると変色する可能性があるため、床の凹凸を丁寧に床掃除する必要があります。

(リビングルームや洗面所の床上でヘナ塗りする方法)
リビングルームや洗面所の床上でヘナを塗るときは、45リットルのゴミ袋を床に敷きつめていますが、ヘナ散り範囲をカバーしきれず、床や壁に微小なヘナ散りを見つけて愕然とすることがあります。このヘナ散りに気づかずに放置すると、床や壁、インテリアなどがヘナ染まりしてしまうリスクあり。そこまでリスクを冒してリビングルーム等でヘナ塗りしなくても、浴室の中でヘナ塗りするほうが無難かと思います。

●誤って起きてしまった「ヘナ染まり」への対処法
(爪のヘナ染まりを薄める方法)
誤ってヘナ染まりしてしまった爪の染まりを薄めたい場合、半分に切ったレモンの中に爪を入れたり、水に溶かした重曹の中に爪を浸したりすれば、漂白作用で爪のヘナ染まりが薄まります。そこまでしたくないという方は、何もしなくても爪のヘナ染まりは自然と薄くなります。1週間ほどでよく見なければ目立たなくなり、2週間ほどでほぼ消えてしまいます。

(浴室床の凹凸を漂白する方法)
浴室床の凹凸を手動で完璧に掃除するのは難しいため、ときどき泡状の漂白洗剤(例:強力カビ○○○○)を吹きかけておいたり、液状の漂白洗剤を水で薄めて床へひと流ししておいたり、ひと手間かけると浴室の美しさを保てます。

(白壁等のヘナ染まりした部分の漂白パックの方法)
万が一、白壁や白システム洗面台にヘナの散り染まりを見つけたら、私は美白ローションパックの要領で、白壁等を漂白パックしています。漂白パックの方法としては、水で湿らせた後に泡状の漂白剤を吹きつけた脱脂綿を、白壁等のヘナ散り染まり部分に貼りつけ、上からサランラップで覆い、セロハンテープを貼って押さえます。サランラップでカバーするのは、漂白される前に蒸発してしまうことを防ぐため。翌日には、ヘナの散り染まり部分が薄まるか、または漂白されて元戻りになっています。ただし漂白パックの対象は、漂白剤を使用可能な素材のみなので、使用前に漂白剤の注意事項をよくご確認ください。


はいいいえ

評価 ヘナの臭いにお悩みの方へ [2018/07/21]

By はなのすけ 40代/女性 (神奈川県)

小学生の頃から白髪に悩み、白髪を根元からカット→
美容院白髪染め→月に2回近く通うのが金銭的にも時間的にも大変になり→家でホームカラー(ヘアダイ&マニキュア)→髪の痛みともともとの肌の弱さからかぶれに悩む→ヘナ
という経緯でヘナにたどり着きました。
ヘナ歴はかれこれ20年近くになるでしょうか。
前置きが長くなりましたが、ヘナ染の後の臭いにお悩みの方がいらっしゃれば参考になれば幸いです。
もちろん、様々なエッセンシャルオイルなど対策を試した結果、色々な意味で楽にできる対策二つです。

1つは、ヘナ染の後に、サウナに入ることです。
多少汗と共に色落ちしますが、ヘナ染の後に汗をかいた時に感じるヘナ臭が軽減されます。
(銭湯等でのサウナでは、汚さないようお気をつけください。私は家のサウナを使っています)

もう一つはもっと手軽で、寝ヘナです。寝る前に、ヘナを塗って翌朝流すだけです。何故か、長く置いた寝ヘナのほうが臭いが残りません。また、デトックス効果が上がるのか、もの凄いスッキリ感があります。冬は寒いので、ホカロンを貼って寝ています。
枕を汚さないように、タオルを敷いてくださいね。

どなたかのお役に立てれば幸いです。
楽しくヘナライフを続けましょう!


はいいいえ

評価 頭皮湿疹(脂漏性頭皮湿疹)が治りました [2018/07/09]

By ゆりりん 40代/女性 (東京都)

30代前半から頭皮湿疹に悩まされて、病院に通っていました。薬を塗っても治っているのかどうかわからず、頭皮に良いとされるシャンプーを全て試すという生活をしていたのですが、改善されず、フケやかゆみに耐えていました。

頭皮湿疹の検索をしていたところ、ヘナを知り、こちらを使用させていただきました。すると1回目のヘナで症状が改善され、ほぼ完治して、感動しました。
そして、あんなに傷んだいた髪の毛にもツヤが出て、こちらも嬉しい副産物でした。
それから1ヶ月に1〜2回のヘナは欠かさず、シャンプーも、ハーブシャンプーに切り替えました。

一年もすると、普通のシャンプーを使ってもかゆみが出ることはなく、旅行にも気軽に行ける様になりました。

2年経った今は、うねりなども改善された様で、「ストレートパーマかけた?」と聞かれるぐらいになりました。

ヘナのおかげで悩みが解決できて前向きに生活できる様になりました。
ヘナとハーブシャンプーは、私の生活には欠かせません。

とても感謝しています。


マハラニ・スタッフコメント:
ヘナが症状を改善させるというよりも、シャンプーなどに配合されている成分が有害な場合が多く、そうした製品を使わないこと自体が、頭皮を自然な状態に戻して、症状が改善されるということだと理解しております。ただ、ヘナはしばらく使い続けると、実際に髪を扱いやすくしますので、まるでストレートパーマをかけたかのように素直で扱いやすい髪になっていくことが多いです。

はいいいえ

評価 オレンジの地毛! [2018/07/02]

By warra 70代/女性 (千葉県)

若い頃から白髪が気になって美容院でヘアマニュキアをしていましたが、ケミカルが嫌でアートビーングにたどり着きました。私の記憶では90年代の終わり頃から使っていたような気がするのですが、2003年に設立されたとしたら勘違いだったのですね。美容院で「綺麗に染まっている」と褒められます。かつてはインディゴで黒くしていましたが、白髪の量が多くなったので現在はヘナだけで染めています。もうヘナのオレンジ色が元々の自分の髪の色と思えます。最終的には完全なヘナ色になるのを楽しみにしています。長い付き合いになりました。


はいいいえ

評価 頭皮のかゆみと湿疹が改善 [2018/07/02]

By 匿名 40代/女性 (茨城県)

 40代になり、更年期のせいなのか体のあちこちに不調がでるようになりました。中でも一番悩んでいたのが、頭皮のかゆみと湿疹です。
 皮膚科にいってステロイド系の塗り薬をぬっても、一時しのぎにしかならず、かゆみと湿疹はひどくなるばかり。
 それまで、アミノ酸系のサロン専用シャンプーを使ってきましたが、シャンプーが合わなくなったのかもと思い、頭皮に良いスカルプ系のシャンプーをいろいろ試してみましたが、まったく改善しませんでした。
 白髪も気になりはじめた時期で、頭皮のことを考えヘアマニュキュアを行っていましたが、色乗りが悪くすぐ色落ちしてしまい、こちらも悩みの種でした。
 そんな時、こちらのヘナに出会い、頭皮に悪影響はなさそうだから、ダメもとでやってみようと思い切って購入し、おそるおそるヘナ染めをやってみました。
 結果、はじめてのヘナは大成功で、白髪は暗めのオレンジに染まり、かなり目立たなくなりました。また、一度染まったところはほとんど色落ちしないため、1か月に1度のヘナ染めでも十分です。
 何より驚いたのは、あんなに悩んでいた頭皮のかゆみと湿疹が改善してきたのです。今は皮膚科の薬はやめて、定期的にオイルマッサージとヘナ染めをして頭皮のケアをしています。
 ヘナの力は本当にすごいです。これからもずっと続けていきたいと思います。


はいいいえ

|||||>|>>

体験談募集中! 詳細

使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。