インド伝統のヘナ石臼挽き

インド伝統の
ヘナ石臼挽き

ヘナの産地にて、ヘナの葉の買い付けから粉末化まで、こだわりつくしたヘナの最高級品です。

色素量が多いから
よく染まる

ローソニア色素量2%以上

ローソニア色素とは、ヘナに含有される着色作用がある赤オレンジ色素で、色素量2%以上が高品質なヘナです。

マハラニ ヘナ 石臼挽き

よく粘り、上質なトリートメント効果。

よりきめ細かい粉末で溶かして滑らかに塗りやすく仕上がりました。低温石臼挽きによりヘナ特有の粘性が強く、粘度が高いため使用感は良好で、高いトリートメント作用を発揮します。

収穫年数をご確認ください。現時点で最新のヘナは2016年産。

 マハラニ・ヘナ石臼挽き

2016年11月産

鮮度★★★★★(5.0)
染まり★★★★★(4.6) 
粘度★★★★★(4.5)

得点は当社比。裏面に2016年産と記載。ロット番号:01 製造:2016年12月、推奨消費期限:2019年11月。

一押し・おすすめ! 鮮度が抜群、使用感が最もよい。染まりの強さを示すローソニア色素量は2.36%で高品質。

▼検査機関による検査証明

  • SGS研究所
  • 日本食品分析センター
  • trtc

2016年産より日本の検査機関での検査も開始。古い検査結果の使いまわしではありません。QA集ヘナの安全性/品質/ヘナ


H222◆100g 化粧箱入 価格:1,440円(税込)

ポイント: 40pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

==以下は通常のアルミパック==


H214◆100g 価格:1,380円 (税込)

ポイント: 38pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

H6G1X3◆100g×3 価格:3,310円 (税込)

ポイント: 91pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

H216◆500g 価格:4,140円 (税込)

ポイント: 115pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

※500gパックはジップ付きです。


H6G5X2◆500g×2 価格:6,980円 (税込)

ポイント: 193pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

※500gパックはジップ付きです。


 マハラニ・ヘナ石臼挽き

2015年10月産

鮮度★★★★★(4.0)
染まり★★★★★(5.0)
粘度★★★★★(4.5)

得点は当社比。裏面に2015年産と記載。製造:2015年11月、推奨消費期限:2018年10月。

染まりの強さを示すローソニア色素量は2.9%(SGS研究所検査結果)で高品質。

▼検査機関による検査証明

古い検査結果の使いまわしではありません。本製品の検査結果です。

  • SGS研究所

H194◆100g 価格:1,380円 (税込)

ポイント: 38pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

H196◆500g 完売


代金引換/クレジット決済(ゆうパケットを除く)は
明日出荷いたします
お届け日や配達日のご指定の詳細。
ゆうパケットの配達日について。
※発送が翌営業日になる場合もございます。
体験談

お得なセット商品を表示

ヘナ石臼挽きは
マハラニだけ

ヘナ石臼

アーユルヴェーダ経典に「ヘナの葉は石臼で挽く」と記載があります。石臼挽きによって成分が破壊されずに温存されると考え、石臼にこだわりました。

石臼挽き匠による石臼調整

インドでも数少ないヘナ石臼挽き職人が石臼を調整、仕事はまさに匠…手馴れたやり方で1トンもある石臼を上げ下げしながら調整し、よりきめ細かな粉末に仕上げます。

弊社は徹底して
産地主義

ヘナの産地で、色素の多いヘナの葉を選別。

目利き

産地で原材料を見極めることがヘナ製造の第一歩と考えています。ヘナの産地にて、ヘナ特有の赤オレンジ色の色素が多く含まれるヘナの葉を目利きしながら買い付けます。写真は、弊社委託スタッフが、ヘナ市場において、ヘナの葉の目利きしている様子。

ヘナの葉から小枝・砂分などの 不純物を徹底除去

ヘナの葉

ヘナの原材料である「ヘナの葉」には、入荷時、小枝や砂分が混ざっています。

「ヘナの葉」に付着する
砂分徹底除去

ヘナのトリートメント作用を損なう砂分は0.5%未満

 集塵機

集塵機(上写真)で砂分を徹底除去し、砂分は0.36%(SGS研究所調べ)と、砂漠に育つヘナから砂分がほとんど振るい落とされ、ヘナのトリートメント作用を99.64%引き出すことが可能になりました。集塵機については、動画ヘナ製造の真実~マハラニのヘナの産地での取り組み~

不純物を徹底除去

不純物を徹底的に除去し、細かなチップへ……ヘナ粉末化の一歩手前の状態です。

工場の敷地内に
薬品を置かない!

化学薬品ゼロ宣言の工場

化学薬品ゼロ宣言

弊社製品を製造しているインド現地企業SMHEENA社では薬品類は一切扱っておりません。工場敷地内にはヘナによく配合されるパラフェニール・ジアミン、ダイアモンドグリーン、タール系色素、ピクラミン酸などの薬品は一切ありません。

薬品の混入は一切ありません。

インドのヘナ関連の工場では、薬品入りのヘナと薬品入りでないヘナが生産されており、両方の製品が同じライン(同じ機械)で製造されている場合があり、手違いにて薬品が混入してしまう心配があります。マハラニ製品は「化学薬品ゼロ宣言」の工場で生産していますので薬品混入はありえません。

ここまでやる!
ヘナ製造フロー

製造は、上記、化学薬品ゼロ宣言工場にて行います。ここまで徹底しているフローを以下で確認してください。

マハラニヘナ製造フロー

ヘナの産地、ソジャットの、ヘナ市場近くにある清潔で現代的な工場のため、ヘナの原材料である「ヘナの葉」の状態を見極めながらの買い付け、さらに生産を行うためには最適です。さらに弊社スタッフが現地工場内にて、買い付けから製造まで監督を行います。

1)指定産地より「ヘナの葉」のテスト買い付け
通常、毎年、ヘナの収穫期(10月~11月の間)
   ↓
重金属検査/ローソニア色素量検査/弊社独自の染毛テスト
   ↓   ↓→不合格→排除
   合格
   ↓

2)指定産地より「ヘナの葉」の買い付け
通常、毎年、ヘナの収穫期(10月~11月の間)
   ↓
重金属検査/ローソニア色素量検査/弊社独自の染毛テスト
   ↓   ↓→不合格→排除
   合格
   ↓

3)「ヘナの葉」の第一処理工程
「ヘナの葉」から砂分、小枝、種の除去後1~2ミリ程度のチップ状に粉砕
   ↓
重金属検査/ローソニア色素量検査/弊社独自の染毛テスト/使用感調査(弊社スタッフによるヘナ塗布試験)
   ↓   ↓→不合格→排除
   合格
   ↓

4)天日乾燥
   ↓
5)粉砕した「ヘナの葉」チップの粉末化工程(石臼挽き、機械挽き)
   ↓
重金属検査/ローソニア色素量検査/弊社独自の染毛テスト/使用感調査(弊社スタッフによるヘナ塗布試験)
   ↓   ↓→不合格→排除
   合格
   ↓

6)真空パック・アルミパック封入
   ↓
重金属検査/ローソニア色素量検査/弊社独自の染毛テスト/使用感調査(弊社スタッフによるヘナ塗布試験)
   ↓   ↓→不合格→排除
   合格
   ↓

7)日本に向け出荷
通常、毎年12月~翌1月頃

重金属汚染ヘナは
製造前に排除

インドでは環境汚染が進んでおり、ヘナにも高い値の重金属が検出される場合があります。ヘナの原材料「ヘナの葉」買い付けの段階から検査を実施しています。

鉛、ヒ素、水銀、カドミウムなどの重金属を徹底チェック

ヘナの葉の原材料を買い付けの際、ロット毎に事前に重金属検査(鉛、ヒ素、水銀、カドミウム)を実施し、異常な値が検出された原材料をスクリーニング排除、さらに製造完了後にも、再度、検査を実施しております。また、ヘナについては植物の特徴として農薬や化学肥料は使われておりません。

日本に輸入後の
検査では遅すぎる

製造前、製品化後、日本に向けて輸出前と、二重三重に重金属検出検査を実施。

弊社では、輸入する前にしっかり検査を実施し、間違いがないことを確認することが製品の安全性のために重要であると考えています。

インドにて製造の各段階、および、インドから荷物が出荷される直前に、現地の検査機関 SGS研究所インド支社(本社:スイス・ジュネーブ)にて最新の検査機器による詳細な検査を実施しております。その公正中立な検査結果は世界に通用し、日本の食品分析センターと同等の信頼性です。

体験談

新しいヘナは
鮮度があり
使用感がよい!

製造年月だけでなく、ヘナの収穫年も明記

ヘナ収穫の模様

一般的に、古いヘナは臭みが強く生臭さがあり、それと比較して、収穫年が新しく保存状況がよいヘナは、臭みがより少ないため、ヘナの良し悪しを知るためには収穫年を知る必要があります。

製造年月と収穫年は異なります。

弊社では、製造年月が新しくても、収穫年が古ければ、品質がよい(中身が新しい)ということにはなりません。 製造年月だけでなく、収穫年が明記されていてこそ、ヘナのよさの一つの条件である、ヘナの新しさがわかるのです。

収穫年を明記して 14年

2003年より、毎年、収穫年を明記してヘナをお届けし、今年で14年目、よいヘナにこだわり続けています。

ヘナはただ染まればよいのでしょうか?

皆様に快適なヘナタイムをお楽しみいただきたい

新しく保存状態のよいヘナの違いをお伝えしたい

そのような理由で、マハラニ ヘナは、製造年月だけでなく、収穫年も明示しています。

ヘナを収穫する女性たち

ヘナは鮮度が命

収穫したての鮮度を保つために

真空パック

マハラニヘナ真空パックの模様

古いヘナは臭みが増し使用感が劣るだけでなく、ローソニア色素も衰えていきます。真空パックすることで心地よい使用感のヘナを長期保存することが可能となりました。

アルミパック封入

一般的に、ヘナ長期保存のため、放射線照射によりヘナの劣化を防ぐ方法がとられる場合があります。弊社では鮮度を保つために、試行錯誤の結果、真空パックとアルミパックを採用しております。

ヘナは空気と湿気、光で劣化します

マハラニヘナは、乾燥して湿気が少ない半砂漠地帯のヘナの産地にて、ヘナの葉の収穫期に買い付けと粉末化を行い、間髪を入れずに、そのまま現地にて真空パックして空気と湿気から遮断、さらに、光透過性0%の肉厚アルミパックに封入して光を遮断しておりますので、放射線殺菌という方法によらず、鮮度がよい状態で長期保存をすることができるようになりました。

ヘナは鮮度が落ちてくるとヘナ特有の匂いが強くなり、使用中、臭みが気になるばかりか、洗い流した後も匂いが頭皮と髪から漂い続け、気分が悪くなることもあります。それに対し、保存がよく鮮度が保たれたヘナは、使用中も使用後も匂いがさして気にならず、使用感が心地よいため、爽快なヘナタイムをお楽しみいただけます。



マハラニ
はじめてのヘナとハーブシャンプー解説書 

ご購入時、レジにて説明書同梱希望欄にチェックがない場合は同梱しておりませんのでご注意ください。


体験談

山芋のような粘り

石臼挽きは粘る

ヘナ石臼挽きはヘナ粉末化の際に高温にさらされず、ヘナの葉の葉液を温度で焼かずに保つことができたため、溶かせば大変に粘りのあるペーストに仕上がり、髪に塗りやすい状態のペーストに仕上がります。

ヘナ石臼挽きは、50度程度のお湯で溶かし、よくかきまぜながら、石臼挽き特有の「山芋」あるいは「納豆」のような強い粘りがでてきたら髪に塗ります。

ヘナ石臼挽きの溶かし方

ヘナ石臼挽きは、石臼挽き特有の鮮度とヌメリを楽しむために、ヘナの量のおよそ4倍の、50~60度程度のお湯(熱湯は不可)で溶かし、よくかき混ぜた後、30分~程度、馴染ませ、冬場の場合は、湯煎して人肌に暖めてからお使いください。硬すぎる場合はお湯を足し、緩すぎる場合は粉を足して練り直し、温かい状態で頭皮に刷り込むように塗りましょう。

注意点

※真空パック時には真空状態でも、じょじょに真空状態が緩くなっている場合があります。真空パックしてからアルミ袋に入れていますので密閉性は確保されています。真空状態が緩いという理由での交換はご遠慮ください。

※価格は予告なく変更になる場合があります。


その他のマハラニ・ヘナ

従来製品、機械挽きの通常粉末のマハラニ・ヘナも、発色、粘り、ともに大変に良好です。

ヘナ機械挽き?

機械挽きは、低温石臼挽きではありません。通常、ヘナは高速粉末化装置を使用し粉末化(機械挽き)します。機械挽きの特徴は肌理の細かさです。ハケで溶かして塗る方法の方は、こちらの機械挽きをおすすめします。

きめ細かく純度が高い
マハラニヘナ・ファイン粉末

ヘナファイン粉末

シルク目の布で繊維質を除去。溶かせば滑らかなペーストに仕上がり、塗りやすく洗い流しやすい。ハケ塗りにも最適。

高品質を低コストで
マハラニヘナ(機械挽き)

マハラニヘナ(機械挽き)

マハラニヘナ(機械挽き)の原材料「ヘナの葉」は、マハラニヘナ石臼挽きとほぼ同等のものを使用。

カラートリートメント花ブレンド(通称ヘナ花ブレンド)

カラートリートメント花ブレンド(通称ヘナ花ブレンド)

主成分はヘナ、使い方も染まりもヘナと同じ。イランイラン花油配合で心地よい香りが仄かに香る。ヘナの匂いが苦手な方におすすめ。

いままでに発売されたマハラニ ヘナ

2017年は作柄良好。ヘナの産地では収穫が始まっています。

2017年10-11月収穫 マハラニ ヘナ 2018年1月入荷予定

2016年11月収穫 マハラニ ヘナ 発売中

2015年10月収穫 マハラニ ヘナ 発売中

2014年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2013年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2012年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2011年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2010年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2009年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2008年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2007年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2006年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2005年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2004年収穫 マハラニ ヘナ 販売終了

2003年収穫 マハラニ ヘナ販売終了

使い方

ご購入時に、使い方解説書「はじめてのヘナとハーブシャンプー」を同梱しています。
ご不要の場合は、レジにて説明書不要と指定してください。

以下の動画も、ご参照ください。

ヘナの使い方動画

一緒におすすめ商品

ヘナ冷えを防ぎ染まりを向上させる マハラニ・ユーカリオイル

マハラニ・ユーカリオイル10ml

マハラニ・ユーカリオイル

HU01◆10ml 価格:840円 (税込)

ポイント: 30pt(3%) 詳細
お買物かごに入れる

ユーカリはヘナの染まりを向上させると言われています。また、ヘナ冷えを防ぐために、インドではヘナにユーカリオイルがよく使われます。

ヘナ前のオイル頭皮マッサージに!

アタルバ・ヘッドマッサージオイル100ml

アタルバ・ヘッドマッサージオイル

ヘナは油分を取り除く作用があるため、使用前にある程度のオイル分を補うということが、インドでは伝統的に行われてきました。
ヘナで油分が落ちすぎると、髪がきしむなど仕上がりが悪くなるため、ヘナ前にオイルで頭皮をマッサージし、あらかじめ髪や頭皮に油分を補うことで、仕上がりが向上するだけでなく頭皮ケアにもなり、また、ヘナショックや頭皮の赤染まりなどを緩和させることができます。

購入はこちらアタルバ・ヘッドマッサージオイル

ヘナとアタルバオイルのセットはこちらヘナ前の頭皮オイルマッサージキャンペーン

ハーブシャンプーで色あせを緩和

ハーブシャンプー香る髪シリーズ

ハーブシャンプー香る髪

石鹸や市販のシャンプーは洗浄力が強いため、毎日洗髪をするとそれだけ早く色あせします。 弊社では、洗浄力がマイルドな、自然のハーブ100%のハーブシャンプーをおすすめしています。ハーブシャンプーを続けていきますと、シャンプー自体の回数が減っていき、週に1~2回の洗髪でも、髪や頭皮がいつも気持ちのよい状態に保たれるようになります。ヘナと合わせて、ハーブシャンプー香る髪シリーズも、ぜひお試し下さい。

購入はこちらハーブシャンプー香る髪シリーズ

インドの花の香りで使用後の匂いを低減

 マハラニ フレグランスオイル

マハラニ フレグランスオイル

香りの主成分はインドの花で、 一度試すと、繰り返して使いたくなる香りで、ヘナ使用後の匂い低減におすすめです。フレングランスオイルは天然成分100%です。

購入はこちらマハラニ フレグランスオイル

関連商品

送料無料キャンペーン

マハラニ・ハーバルヘアカラー1(ライトブラウン)

植物性白髪隠し・ハーバルカラー1ライトブラウン

ヘナ100%だと、どうしても赤味発色があります。ヘナを繰り返していくと黒髪も明るいところでは赤っぽく反射します。マハラニ・ハーバルヘアカラー1(ライトブラウン)は、染め方/使い方もヘナと一緒ですが、染まり方がヘナから赤味だけをとったイメージです。また、ラベンダー油、イランイラン油を配合しているため、心地よい香りです。

使用上の注意点

使用上の注意点

植物アレルギーの心配がある方や、初めてご使用になる場合はパッチテストを行ってください。

パッチテストで異常がなくても、ご使用中、何らかの異常を感じた場合は、速やかに使用を中止し、よく洗い流してください。

粉末類のみ、パッチテスト用の数グラムのサンプルを差し上げます(オイル類は対応していません)。お買い物の際はメッセージ欄にてパッチ希望の製品名と「パッチテスト用希望」と明記ください。また、パッチテスト用だけをご希望の場合は無償で郵送いたします、お問合せフォームにて、パッチテスト用をご希望の製品名と送付先を明記してください。

お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。

化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合

(2)使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。

目に入ったときは、直ちに洗い流してください。

特異体質の方、腎臓病、血液疾患の既往症のある方、妊娠中や授乳中の方は専門医に相談してから使用して下さい。

高温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。

Q&A

白髪の割合は少ないです。どれを使用したらよいでしょうか?

一般的に、白髪の割合が2~3割未満の場合は、ヘナだけで白髪は目立たなくなります。

ヘナはトリートメント効果があり、仕上がりが良いので、白髪の割合が少ない方の場合、マハラニ ヘナ石臼挽き、マハラニ ヘナ・ファイン粉末、マハラニ ヘナ(機械挽き)、ハーバルヘアカラー花ブレンドなどのインディゴの入っていないヘナのみのものをご使用になられるのをおすすめします。 どれが良いかは、お好みでお選びください。ヘナ石臼挽きは、洗い流しに少しコツが必要ですが、粘りがつよく塗りやすいため、初心者の方にも扱いやすいです。また、ヘナの匂いが苦手な場合は、イランイランがのほかに香る、ハーバルヘアカラー花ブレンドをおすすめします。

ただし、白髪がおでこの上や、もみあげなどに固まってある場合は、ヘナだけだと白髪が赤オレンジに目立つ場合があります。そのような場合は、固まりの部分だけを軽くインディゴで後染めするといいでしょう。 また、白髪の割合が多い方は、ヘナの後にインディゴの後染めをするか、ハーバルヘアカラー5や7などをお試しください。

ヘナで黒髪を明るい色に染めたいと思っています。

ヘナで黒髪は染まりません。

残念ながら、ヘナでは黒髪はほぼ染まらないと、お考え下さい。 一般的に、ヘアダイは、2液で構成されており、1液にて漂白、つまり黒髪の色を抜きながら同時に、なんらかの色を入れるといったことをしています。ところが、ヘナには脱色作用はありません。黒髪の上にヘナのオレンジ色が乗っても、一般的には、染まっているようには見えません。 ただし、黒髪にヘナを続けていきますと、赤茶っぽいハイライトが入ってきます。一般的に、ヘナは髪に美しい色艶をあたえ、黒髪が耀き始めます。定期的に長期間使用されますと、大変に健康的な色艶をもった髪になりますし、徐々に赤茶を帯びた発色、場合によってはワインレッドのように発色して見える場合もありますが、それは光や蛍光灯に反射した場合に、染まっていることがはっきり見えるだけであって、日陰や暗がりでは黒髪にしかみえません。 それ以上のことは、自然の植物では可能ではないとお考えください。

ヘナ後の色落ちについて教えてください。

ヘナの使い始めは、色落ちがひどいことがある。

ヘナを使い始めの頃は、ほぼ全員の方がヘナの色落ちを体験します。特に髪が傷んでいる場合は、かなりひどい色落ちをすることがあります。髪を洗うたびにヘナ色の水が延々と流れてきたり、髪をふいたタオルが茶色っぽく汚れたり、ブラウスの襟部分が汚れたり、枕が茶色っぽく汚れたり、ヘナ色の汗が頭から流れてきたり・・・などなどありますので、ヘナの後には白っぽい服は着ないようにし、枕の上に汚れてもいいタオルなどを置く、汚れてもいいタオルを使用するなどの注意が必要です。 ヘナの回数を重ねるうちに、この色落ちもかなり減少してきます。また、実験では、ヘナをお湯で洗い流し、一旦乾燥させた後に酢などでリンスをすると、色落ちが軽減するようです。

ヘナショックとは??

ヘナショックとは、最初のヘナの後、髪がギシギシになってしまうなど、トリートメントを期待してヘナをしたにもかかわらず、逆に仕上がりが悪くなってしまうことを言います。

ヘナには脱脂作用があるため、特に、ヘアダイやパーマなどで髪が痛んでいたり、過度のシャンプーなどにより、髪や頭皮が油抜けを起こしていたりする場合に発生しやすいです。そのため、ヘナをされる前には、アタルバ ヘッドマッサージオイルなどの良質なオイルで頭皮マッサージを行い、あらかじめ頭皮と髪をしっかりとオイルで潤した後に、ヘナをしましょう。

ヘナ後の日常の洗髪には、香る髪などのハーブシャンプーをおすすめします。

石鹸や市販のシャンプーは洗浄力が強いため、毎日洗髪をするとそれだけ早く色落ちしますし、髪や頭皮の油抜けを起こしたりする場合があります。 弊社では、洗浄力がマイルドな、自然のハーブ100%のハーブシャンプーをおすすめしています。 ハーブシャンプーを続けていきますと、シャンプー自体の回数が減っていき、週に1~2回の洗髪でも、髪や頭皮がいつも気持ちのよい状態に保たれるようになります。 ヘナと合わせて、ハーブシャンプー香る髪シリーズも、ぜひお試し下さい。

ブラウンヘナが希望ですが、貴社のヘナに色味はないのでしょうか?

ヘナ100%には、一色しかありません。

微妙に、オレンジ系、赤系、赤茶系といった違いがありますが、これはヘアダイでいう色味とはまったく異なりますので、ヘナの色味は厳密に言うと、一色しかないと答えたほうが正しいかもしれません。 ヘナにはオレンジ系、あるいは、赤オレンジ系の色素が含まれていますので、ヘナが100%の状態では、いわゆるナチュラルオレンジというのが最も近い表現でしょう。 そこで、ブラウン系に染めたい場合は、ヘナの後にインディゴで後染めするか、あらかじめヘナとインディゴを混ぜた製品ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9もございます。 ヘナとインディゴをたくみにつかうことで、ライトブラウン~ほぼ黒に染めることができます。

>
ヘナとインドハーブQA集

体験談 340

体験談を投稿する
星5つ: (301)
星4つ: (38)
星3つ: (1)
星2つ: (0)
星1つ: (0)

評価: 評価
体験談数: 340
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。

|||||>|>>

評価 色付きが良い [2017/09/09]

By ちゃい 40代/女性 (神奈川県)

ヘナは色々使ってきましたが、こちらの商品が色の入り具合が一番良いです。
お湯で混ぜると粘度があり塗りやすいのも良いです。
顔に垂れてこないので助かります。
ヘナはきつい匂いがつきものですが、これはとてもマイルドで翌日の出勤にもひびきません。
他社のものだと1週間くらい匂いがとれないものもあります。
私の白髪はごく少しなので使用も少量で済み、コスパも抜群です。

はいいいえ

評価 輝く髪にうっとりの毎日 [2017/08/11]

By アサティ 40代/女性 (北海道)

1年前までドラックストアで買える一般的な白髪染めを使っていました。
でも、アレルギーが出てしまって使えなくなりました。

その後ヘナに変えました。

最初は他社のヘナでした。
1社目のヘナは匂いが強烈に臭かったです。
でも初めてだから「ヘナってこんな感じなの?」って思ってました。
1社目では2個購入し2回使いましたが、継続はしませんでした。

2社目のに変えたときに、1社目のモノは違って、初めて仕上がりがツヤツヤになることを知りました。
「うわ~!ヘナってこんなに良いんだ!」って、初めて自分の髪が少し好きになりました(私は癖毛で縮毛もあります)。
でも、匂いは1社目のモノよりは良かったけど、やっぱりヘナってこういう匂いなんだ、って思っていました。
2社目のものは5個入りを購入したので5回使いました。

2社目のものがなくなる頃に、ヘナの塗り方とか、もっと良い方法があるのでは?と思い動画を検索しててこちらのマハラニヘナを知りました。

動画の中で「粘り」と「香り」について仰ってたことがとても気になって、マハラニヘナを購入したのです。

ちょうど2015年のセール品があったので購入。
まずビックリしたのが、封を開けたときの香りが全然違う!
過去の2社は「匂い」って言葉になっちゃうけど、マハラニヘナは「香り」って言葉になる。
すごい良い香りなの。
今までのヘナの匂いって何だったの???

動画でも仰ってたのですが、「混ざりっ気一切無い純度の高いヘナは香りが良い」ってこのことだったのか!!

そして、粘りが全然違うの。
粘るから垂れてこない。
垂れないから安心してたっぷり使える。

そして、仕上がりが、すごくツヤツヤ!
もうギラギラするくらいツヤツヤ(笑)
染まりも良い。

今まで、癖毛で縮毛もあるし、年と共に髪の毛のハリも減ってきてたけど、ハリは20歳若返った感じ。

気が付けば縮毛は気にならなくなってた。

何よりも、ツヤツヤ感が、2社目のものよりもずっと良い。

え?1社目?
・・・もう忘れました(笑)

私、今までの人生の中で今の髪の毛が一番好きです。

毎日、髪の毛を触り、ハリ・コシにうっとり(笑)

鏡を見ては、ツヤツヤな髪にうっとり(笑)

マハラニヘナ2回目でこの変化。
この先、私、どうなっちゃうんだろう?(笑)

マハラニさん、ありがとう!!

はいいいえ

評価 山芋のような粘り [2017/08/04]

By 匿名 30代/女性 (福岡県)

山芋はたまたトルコアイスのような粘りがあります。
そのため垂れずに塗りやすいです。
染まり具合も他社のものとは比べものになりません。
水を加えると即粘りだし、ダマが崩れてくれないので
水を加える前によーーーーくダマをほぐす必要がありちょっと面倒です。
その点だけが唯一の不満です。

はいいいえ

評価 髪が艶々になります! [2017/07/26]

By 匿名 40代/女性 (東京都)

2年ほど前から石臼挽きヘナで1~2ヶ月おきに白髪を染めています。

どちらかというとアラフィフですが(^_^;)友人や美容師さんに髪の綺麗さをいつも褒められます。

それまでは1ヶ月おきに美容院で髪を染めていました。

以前はカラーリングをしてから月日がたつと艶もなく、時には黒染め後に脱染をしたりで、縮れている髪もわずかにあり悲しく思っていました。

長い間染めてきたからかカラーリングや白髪染めで頭皮に刺激を感じるようになり、将来の薄毛が心配になったのですっぱりと美容院で染めるのをやめヘナに移行しました。

今では期間があくと身体が欲するのか自然にヘナをしたい気持ちになり、自然な香りのヘナの匂いが恋しくなります。

それにヘナ風呂はとても癒されるので、ヘナ後の楽しみのひとつになっています。

気になる匂いのほうですが、染めている間も家族に指摘されたことは今までありません。

ただ自分では、鼻がいいほうなので1週間ほどヘナの匂いを感じます。(慣れるとイヤな匂いではありませんが。)

あと染め上がりですが、美容師さんが驚くほど綺麗に染まってるみたいです(^^)
何人かの美容師さんに驚かれました。

石臼挽きは粘りがあり手で塗りやすいので気に入ってます。

塗る手間はありますが、これからも品質の良さと自然な癒やしを感じるヘナをぜひ使い続けたいと思っています!

はいいいえ

評価 よく染まる! [2017/07/17]

By モッティ 30代/女性 (熊本県)

アートビーイングさんで購入した、初めてのヘナです。

ヘナ初心者ですが、前回は別のメーカーのヘナを使用しました。前回のものはこちらの3倍位の値段と言う事もあり、良く染まりましたが、ヘナ習慣を続けて行くためには高価すぎたので、良心価格のアートビーイングさんのヘナを購入しました。

ヘナ独特の香りがありますが、私は嫌な香りではなくリラックス出来る香りで思わずウトウトしてしまいます。ヘナ臭は翌日には無くなりました。

先にオイルマッサージをしてヘナをしました。自然乾燥で仕上げました。翌日から綺麗に発色しだしてすご〜く綺麗に染まりました。

それから
仕上がりは柔らかいのに艶々です‼︎
ヘナ習慣を続けて天使の輪を目指したいです。

はいいいえ

評価 粘りが凄いです [2017/06/27]

By 匿名 60代/女性 (奈良県)

ヘナを使い始めて20年ほどになります。
ヘナに黒い色を混合されているもので。
白髪の少ない時は良かったのですが、白髪が多くなり週に1度のプールのカルキのせいなのか、生え際が2週間ほどで色あせ悩んでいました。
このマハラニヘナを2時間でオレンジ色にそめ、翌日インディゴで20分ほど染めますが、しっかり染まり色あせすることもなくなりました。
インディゴの時間調節で少し茶色ぽく仕上げることも覚えました。
髪はツヤツヤで大満足です。

はいいいえ

評価 ファイン粉末や石挽の違いを楽しめる4種セットが楽しい! [2017/06/15]

By imori5 50代/女性 (東京都)

送料無料に惹かれて4種類のヘナの入ったセットでいろいろ試してみました。
久々の石挽は相変わらず山芋のような粘り具合が素敵!花ブレンドはハーバルカラー1でお馴染みのイランイランに癒やされました。
最後に残ったのが初めて使う「ファイン粉末」。1回目は開封直後のせいか、30分ぐらい寝かせたのに流すときに盛大にダマダマになりました。2回目、ちょっと分量を間違えてシャバシャバに緩くなってしまったのですが、これが幸いしたのか非常に塗りやすく染まりも良かった!
寝かせ時間1時間弱でダマも殆どなし。過去に一番よく使ったのは普通の機械挽きヘナ(たぶん)ですが、4種セットの違いを楽しむのもいいもんです。
染めた後の匂いが殆ど気にならないこちらのヘナは暑い時期、汗ばんでも大丈夫!最近はヘナ、ハーバル1どちらかを1週間おきに使っています。ヘナ後2、3日おいてお湯洗いorハブシャン1、2回で次のヘナというサイクル。
そういえば先日、うっかりしてヘナ2日後でシャンプーもしないままパーマをかけたのですが、所定時間後にカーラーを外すと全くかかっていなくて担当者が困ってました。結局、最初からやり直しで、やっと何とかカールが出現。料金割増はないものの時間が倍かかって疲れました(笑。

はいいいえ

評価 ヘナ初心者ですが安心でした [2017/06/04]

By 匿名 40代/女性 (東京都)

ヘナとインディゴを購入しました。
ヘナで染めた後、髪の状態を確認して、インディゴを三日後に入れました。
色の入りがとても良いこと、色もちの良さに大変感激!加えて、私はヘナの香りが大好きです。
リラックス効果を感じました。これからも愛用します。

はいいいえ

評価 ヘナ2年目です [2017/05/08]

By 匿名 50代/女性 (東京都)

ヘナをする前は癖毛が強くて縮毛矯正していましたが、ヘナと共にやめました。
2年前美容室で白髪染めをしてひどいアレルギーになりしばらく休んだ後色々検索してこちらのサイトにたどり着きました。
ヘナやハーブシャンプーに代えて癖毛がほとんど気にならなくなるほどまとまりがよくなり、もっと前から知っていたらと悔しい思いです。

白髪染め目的だけではなく髪質改善にヘナやハーブシャンプーはお勧めだと思います。
美容師さんにも、以前本当に縮毛矯正していたのですか?と尋ねられるほどです。
体にも安心でアレルギー反応もでませんし、ヘナは私にとって救世主です。
8日間隔で定期的に染めるようにしていますが、髪にハリと艶がでるので、ホームエステ気分で楽しみながらヘナしています。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

はいいいえ

評価 粘りに助けられて初ヘナ成功 [2017/05/06]

By Cocco 40代/女性 (東京都)

1ヶ月足らずの間に、アタルバ・ヘッドマッサージオイル100ml+ハーブシャンプー香る髪ラベンダー100g+ハーブシャンプー香る髪オイリースカルプ100g → シカカイ粉、ヘナシカ洗髪粉、アタルバハーバルスクラブ、アタルバCBLマッサージオイル → マハラニリタ → ヘナ石臼挽きと、インドハーブとオイルが家中で見られるようになりました。

自分でも意外だったのが、ヘナに挑戦したことです。
というのも、私はド近眼で、10センチ先くらいのものしか見えません。
なので、ちゃんと染められるんだろうかとか、顔や首が染まったらどうしようなどと思っていて、自宅カラーはやったことがありません。

それに、剛毛で多毛なので、粘りの少ないものだと多分おとなしく寝てくれないだろう=あちこちにはねて家を汚してしまうんじゃないかというのも思っていました。

しかし、いただいたガイドブックを見たり、ヘナ遊の動画を見ている間にあんまり見えなくてもできるかも?
という気になってきました。

というのが、ひとつには、このヘナの粘りであれば、私の剛毛でもおとなしくしてくれるんじゃないかというのと、地肌まで届いていれば、かなり適当な感じでやってよさそうだというのも分かってきたからです。
もうひとつには、少しくらい肌についても、2,3日の間に落ちそうだというのが分かってきたからです。

夏まで待とうかと思いましたが、GWがだったので、急遽購入して試してみました。

1)ヘナ石臼挽きをお湯に溶かす
ショートなので30グラムでいいだろうかと思って量りましたが、はかりが壊れていたようで、多分多めです。
お湯はとりあえず120ミリリットル用意して、後から少しずつ足していきました。
お湯の中に、うっかり固まりのまま入れてしまいましたが、それほどダマにならずにいけました。
ヘナを髪に塗りつけるときに思いましたが、私の場合は、多毛すぎて、30グラムだと足りないだろうと思いました。
動画のように盛り盛りにしてみたいので、次は50グラムで挑戦してみたいと思います。

2)髪と地肌にオイルを塗りこむ
すでに買っていたアタルバ・ヘッドマッサージオイルを適当に手に塗って、できる限り地肌にすりこむようにつけていきました。
ここでもあまりの多毛により、オイルが地肌に届いた感じがしません。
もしかして、地肌がオレンジ色に染まるのかも・・・・と思いました。
が、髪を掻き分けても地肌がなかなか見えないのであれば、ちょっとくらいオレンジに染まっても問題ないのでは?と思いなおし、あまりベタベタにならない程度になじませて終了。
(どちらかというと脂性肌なので)

3)1時間待つ
お湯に溶かしたヘナは、粘りけがすごくて自然薯のようです。
カラー剤だと思うと面倒ですが、自然薯と思うと便利でいいなあと思ったりしました(もちろん食べませんが)。
感触が面白すぎて、ついつい混ぜてしまいます。
時間が経つにつれて、最初の緑が褐色がかってきて、オレンジ色が出始めたんだなと思いました。

4)ヘナを頭にのせていく
生え際と耳にオイルと塗って、ケープと手袋をして、頭のてっぺんからのせていきました。
粘りがあるので、液だれはほとんどありませんでした。
これならいけるかも。
調子に乗って盛り盛りに塗りつけていくと、一番染めたいこめかみ付近の分が足りなさそうになってきたので、頭のてっぺんに乗せたものを、サイドに移動させていきました。
どうにかこうにか足りたのか?
でも、もう少し多くてもよいのかも?と思いました。

5)2時間待つ
ラップをしてからシャワーキャップをかぶって、ケープや周りに飛び散ったヘナをきれいに洗い流して、部屋でダラダラしながら待ちました。
途中で身体がだるくなりましたが、1時間ほどで抜けました。
ヘナを溶かした容器やゴム手袋などを洗ったり、昼ごはんを食べたりしているうちに、時間は過ぎていきました。

6)洗い流す
バスタブの中で、お湯をためながら洗い流していきました。
ハーブシャンプーとはくらべものにならない量を使っているので、かなり丁寧に洗い流していきました。
ふと目をあけると、ためていたお湯が濃い茶色でした(笑)。
本当は、この中で浸かりたかったのですが、ふとみると、お湯の表面に、垢のようなものがぴっちりと浮かんでいるではありませんか。
(汚い話で申し訳ありません)
これは何だろう?バスタブについていた汚れ?でも、前のときはきれいに洗い流しているけど?もしかして、私の頭皮から出た汚れだったりするんだろうか・・・・と思いながら、洗い流した液に浸かるのは断念しました。
髪の毛にかけたシャワーのお湯は透明でしたが、バスタオルで髪の毛を拭いてみると薄いオレンジ色に染まっていました。
やはり染めた当初は色が出るんだなーと思いました。


7)直後の染まり具合
髪質は黒くて太くて、白髪がまばらにあります。
3,4ヶ月前にカラーをしたときの色が、毛先の半分くらいに残っているような状態です。
白髪は全体に煉瓦色っぽく染まり、黒髪の部分も、明るい茶色が乗っているような色になりました。
白髪の部分は、毛先半分は、グレーっぽい色が残っていたはずですが、カラーの色が残っていても、ヘナの色に染まっていました。
それから、黒髪の部分も、カラーの色自体はかなり暗めにしていたので、表面の色は地毛とそれほど変わらなかったのですが、ヘナの赤っぽい色が乗ったということは、脱色しているところは色が出やすいのかなーと思いました。
鏡で確認すると、根元の方(カラーをしていない)は黒くて、毛先が茶色っぽくなっています。
明るすぎる色が乗ってしまうと下品になりそうでイヤだなと思いましたが、暗めで深めのオレンジというか煉瓦色というのがやはりぴったり来る気がする色なので、これなら、ちょっと茶色くなってもいいなと思いました。

8)1日目の所感
・洗い流した後は、ものすごく眠くなってよく寝ました。
・ものすごく水分が欲しくなり、ほうじ茶を大量に飲みました。
・色が出るかもしれないと思い、枕にタオルをかけて寝ました。
・夜中に目が覚めて、痰や鼻水が大量に出ました。アヌタイラ(鼻用のオイル)を鼻に流し込むと痰が出たりするので、そういうものかなと思ったりもしました。
・夜中に目が覚めたときに、肌がすべすべしているのに気づきました。そういえば、ヘナ遊の動画で見たまはさんは、肌がもちもちしてるな~と思ったのですが、それと同じような感じもします。アタルバハーバルスクラブやシャタバリ(マハラジャロードで購入した栄養補助食品)も、即効肌がもちもちすべすべしたのを感じましたが、それとはまた違っている感触です。
・薄い緑色の尿が出ました(~3日目くらい)

9)3日目の染まり具合など
・2日目、3日目とお湯で洗い流しましたが、染まり具合にはそれほど変化がないような?
・2日目くらいまで、洗い流した後などに、タオルに色がつきました。白いタオルでしたが、酸素系漂白剤でつけおきしたら取れました。

1回目ですが、染まり具合としては満足です。これからどうしようかなと考えましたが、近いうちにヘナだけで染めたら、カラーが残っている部分が明るくなりすぎる気がするので、
・近いうちに染めるとしたら、ハーバルヘアカラーを使うかも
・もしくは、カラーの部分が切ってなくなるまで待ってから再度ヘナをするかも
という感じです。
ヘナはただの毛染めではなさそうなので、その感触が面白いと思ったら近いうちにまた染めると思います。
ただ、今のところ、白髪が目立たなくなって満足してしまったので、夏ぐらいまで様子を見るかもしれません。

はいいいえ

|||||>|>>

体験談募集中! 詳細

使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。