アタルバ・アーユルヴェーダ
セサミオイル
アタルバ無農薬コールドプレス・セサミオイル

製品の主な特徴

アタルバは自前の農園で、ゴマを一切の農薬を使用せず栽培し、コールドプレス/冷搾し、アタルバが提供するアーユルヴェーダ・オイルのベースオイルとして使用しています。この無農薬セサミオイルを本数限定でお届けします。スキンケア、ヘアケアにお役立てください。

アタルバ無農薬コールドプレス・セサミオイル

代金引換/クレジット決済(ゆうパケットを除く)は
明日出荷いたします
ゆうパケットの出荷日
※出荷が翌営業日になる場合もございます。
お届け日数や配達日
AT19 ◆◆100ml 価格:1,000円(税込)
お買物かごに入れる

全成分

ゴマ(セサミ)油。

容器はPET容器。

表示製造年月について

アタルバのオイルの表示製造年月は、アタルバが実際にオイルを製造した日で、容器に充填した日ではありません。小ロットづつアタルバより空輸しておりますが、製造年月については1年前ほどのものが入荷することがあり、オイルの有効期限はその表示製造年月より3年となっております。これは、実際には、アーユルヴェーダ製法にて製造され保管されていたオイルが1年後に、容器に充填され、当方に入荷したことを示しております。また、 アーユルヴェーダ製法により製造されたオイルは酸化しにくく長期保存が可能なオイルで、逆に製造してより1年程度経過したオイルのほうが品質が安定してよいとさえ言われております。

使用上の注意点

植物アレルギーの心配がある方や、初めてご使用になる場合はパッチテストを行ってください。

パッチテストで異常がなくても、ご使用中、何らかの異常を感じた場合は、速やかに使用を中止し、よく洗い流してください。

お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。

化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合

(2)使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。

特異体質の方、腎臓病、血液疾患の既往症のある方、妊娠中や授乳中の方は専門医に相談してから使用して下さい。

高温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。

インディゴ関連製品をお使いの場合の注意点

インディゴやハーバルヘアカラー3,5,7など、インディゴ関連製品をお使いの前には、インディゴがオイル類により染毛力が弱くなりますので、ヘッドマッサージオイルをはじめ、オイル類は使用にならないでください。インディゴ関連製品の使用が終わった後などにヘアオイルとしてご使用下さい。

アタルバ・アーユルヴェーダ

体験談 5

体験談を投稿する
星5つ: (2)
星4つ: (3)
星3つ: (0)
星2つ: (0)
星1つ: (0)

評価: 評価
体験談数: 5
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。お客様ご自身の判断でご利用ください。

評価 「セサミオイル」は普段使いのボディオイル! [2018/03/29]

By 匿名 40代/女性 (東京都)

・滑らかになった肌
上質な無農薬セサミオイルだったので、まとめ買いリピートしました。ボディオイルとして普段使いしています。ニームやイェシティマドゥを含むアタルバ・アーユルヴェーダオイルによって首・背中・脚のアトピー症状がおさまった後は、本品によって乾燥を予防し健康肌を維持しています。毎冬乾燥で粉を吹いていた脚も、セサミオイルを塗りつづけることによって、ツルリと滑らかな肌になりました。今では、体調やお肌に問題がないときはシンプルなセサミオイル、不調や症状を感じたら薬草成分を溶け込ませたアタルバ・アーユルヴェーダオイルを使い分けています。

・首の小ジワの改善
顔はスキンケア、体はトレーニングによってメンテしていますが、どうしても年齢が出てしまうのが首の皮膚。首と手は年齢を隠せないとよく言いますよね。最もアトピー症状に悩まされていた私の首は、症状が改善した後も、曲げたり引きつらせたりすると縮緬ジワのように見えることがあり、見つけたときは気分がどんよりしてしまいます。セサミオイルを毎日たっぷり塗るようになってから、肌にしっとりハリが出て、首の小ジワがほとんど目立たなくなりました。アトピー予防目的で使っていたので、予想外の美容効果に喜んでいます。

・オイルを塗った後に気をつけていること
白っぽいトップスやボトムスなどを着る場合:
オイルを塗った肌は、黒っぽいインナーやタイツなどでカバーし、襟首は黒っぽいタートルネック・マフラー・ガーゼストールなどで覆って、肌に直接触れさせないようにしています。肌に付着しているオイルが、微少ながら洋服へ移ることにより、白い洋服を褐色化させないためです。特に白いニット類は、編み目に染み込むと取れづらいので、インナーでカバーしきれない襟首部分などはホームクリーニング剤で即日洗うようにしています。

オイルを塗ってすぐに眠る場合:
なるべく長袖、レギンスで肌をカバーし、直接寝具に触れないようにして眠っています。肌に付着したオイルが、布団・毛布・シーツ・枕などの寝具へ移らないようにするためです。淡い色のリネン類はいったんオイルで褐色化すると元に戻すのは難しく、毛布の繊維深く染み込んだオイルは洗剤でなかなか取れづらいので、あらかじめ肌をカバーすることによってオイル移りを防止しています。

髪が長くてトップスに当たる場合:
トップスに当たるぐらい長い髪の毛先には、オイルをたくさんつけすぎないようにしています。毛先に付着したオイルが、トップスや上着へ移るのを防ぐためです。髪が乾いた後に塗るよりも、髪が濡れているときに塗ったほうが、水分と油分が混在する中で髪が乾くせいか、ツヤがありながらも自然で軽やかな仕上がりになり、乾いた髪から着衣へのオイル移りはほとんどありません。


はいいいえ


1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

評価 好きなエッセンシャルオイルをまぜてオリジナル・マッサージオイル! [2018/01/30]

By 匿名 40代/女性 (東京都)

・色と香り
かすかにゴマの香りがする琥珀色のオイル。冷搾(コールドプレス)しているので、いわゆる食用ゴマ油の強い独特の香りとは異なり、柔らかく優しいゴマの香り。薬草成分を溶け込ませたアーユルヴェーダオイルに特有の薬草臭があるのと比べると、薬草成分を含まないセサミオイルは香りにあまりクセがありません。

・抜群の保湿持続力
アタルバ・アーユルヴェーダオイルでアトピー肌を克服した後、取り戻した健康肌の維持に本品を使用しています。シンプルなセサミオイルだけで、抜群の保湿持続力。ケミカルな高級ボディクリームより、ナチュラルなセサミオイルのほうが私の肌には合っているようです。たっぷりめが好みだし、価格もリーズナブルなので、お風呂上りに惜しみなくたっぷり塗っています。特筆すべきは、自前の農場にて無農薬でつくられているアタルバ品質。アタルバ・アーユルヴェーダオイルをこよなく愛し全種類を使用していますが、よく効くアーユルヴェーダオイルが産み出されているのは、この優れたベースオイルあってこそだと思いました。調べてみたところ、セサミオイルには抗酸化作用、デトックス効果、免疫力アップ効果があるのですね。実際に使ってみて納得です。

・1本で全身に使えるオイル
1本で全身に使えるオイルが重宝するのは、旅行や出張などで持ち運ぶ荷物の量が限られているときです。本サイトのよくある質問によると、アタルバオイルのうち、1本で全身に使えるオイルは、「セサミオイル」「フレグランスオイル」「マッサージオイルR」。それ以外のオイルは、髪か肌かの使用部位に合わせて調整されているそうです。「マハラニフレグランスオイル」および「マッサージオイルR」は容量が少なめの高価なオイルなので、さすがに全身にたっぷり使うのはためらわれます。よって本品が、惜しみなくたっぷり使え、使用部位の兼用もできて便利。私の場合、ヘッドマッサージオイルとボディマッサージオイルを兼用しています。

・エッセンシャルオイルで香りづけ
本品をキャリアオイルとしてとらえ、好きなエッセンシャルオイルをまぜて、オリジナル・マッサージオイルをつくっています。エッセンシャルオイルは、直接つけると肌への刺激が強すぎるため、キャリアオイルに対して濃度1%以下へ希釈。顔につける場合は、濃度0.5%ぐらいへ希釈したほうがいいかもしれません。好きな香りを楽しみながら、マッサージしています。


はいいいえ


1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

体験談募集中! 詳細

使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。