溶かし方/ヘナ

初心者向け ヘナの溶かし加減・どれぐらいのお湯の量でヘナを溶かしたらいいでしょうか?

ヘナの溶かし加減、石臼挽きの場合:4.2~4.3倍


マハラニヘナ石臼挽きは抜群のねばりをもっており、通常のヘナとは全く異なる溶かし加減になります。
よく粘るヘナは非常にのびがよく、市販されているヘナの場合は通常はヘナの重さの3倍程度の水加減で溶かしますが、マハラニヘナ石臼挽きの場合、特に2019年産は粘りが強く、手で塗布する場合の溶かし加減がヘナの重さの4.2~4.3倍です。

ヘナ石臼挽き、4.2倍のお湯で溶かした場合、若干硬め

石臼挽きヘナの特徴的なヘナペーストはヘナペーストの表面がちょっとぶつぶつしている感じで、強い粘りがあるためペーストは持ち上げるのに重く、ゆっくりとペーストが垂れていきます。

ヘナ石臼挽き、4.2倍のお湯で溶かした場合、若干硬め

これを30分ほど馴染ませてから練り直し、固すぎる場合はお湯を足して練り直し、ゆるすぎる場合はヘナを少し足して固めに練り直しましょう。ペーストが固すぎると塗りにくく、また、色が入りにくくなります。柔らかすぎると垂れてきます。

石臼挽きは基本、手で塗布することをお勧めしていますが、万が一、ハケで塗布される場合はお湯をヘナの重さの5倍程度にして、緩めに溶かしてください。ハケでの塗布のペーストの加減は好みがありますので、柔らかすぎる場合はヘナ粉を足して練り直し、硬すぎる場合はお湯を足して薄めてご自分で調整してください。


ヘナの溶かし加減、ヘナファイン粉末と機械挽きの場合:3.6倍前後


ヘナの溶かし加減、ヘナファイン粉末と機械挽き

ヘナペーストの硬さには好みもありますので、ファイン粉末や機械挽きの場合は手でヘナを塗布する場合はヘナの重さの3.6倍~のお湯で溶かし、調節するといいでしょう。

ヘナの溶かし加減、ヘナファイン粉末と機械挽き

ヘナ機械挽きのペーストは粘りが少ないため、持ち上げてもすっと落ちてしまいます。石臼挽きと比較した場合、粘性が低いため溶かし加減の水分は少なめに調整してください。ハケで塗る場合は、4~4.5倍程度のお湯で、ゆるめに溶かします。※塗っている最中に固すぎる場合はお湯を足して練り直し、ゆるすぎる場合はヘナを少し足して固めに練り直しましょう。ペーストが固すぎると塗りにくく、また、色が入りにくくなります。柔らかすぎると垂れてきます。

ヘナの溶かし加減でお湯の量はどれぐらいですか?

ヘナの溶かし方解説・石臼挽きヘナはよく粘る~粘りこそトリートメント作用


関連タグ

#溶かし方

お問い合わせフォーム 電話番号を表示

溶かし方/ヘナ

選択カテゴリ

ヘナ

カテゴリ一覧

よくあるご質問/アートビーング全般



お問い合わせフォーム 電話番号を表示