質問:石臼挽きはヘナカラーがしっかり入るが最近、艶が少ないと感じる

漫然とヘナを続けるとヘナカラーは入っても艶が失われる
よくある質問
質問

ヘナを使いはじめて数か月です。特に石臼挽きは赤いヘナカラーがしっかりと入ります。ただ、最近、髪の艶が少なく感じます。どうしてなのでしょう?

繰り返しのヘナで髪から皮脂が取り除かれ艶が失われた可能性

まは
まは

髪の艶は、髪に含まれる脂分との兼ね合いになります。染まりについてはヘナカラーは十分に入っているが艶が少ないと感じられる場合は、脂分が取り除かれ過ぎている可能性が高いです。

ヘナという場合、ここではヘナ100%をさします。ハーバルカラーなど、インディゴが配合されている製品はヘナとは区別しています。

髪は色艶といい、色はヘナでしっかり入る場合でも、脂分が落ちすぎると艶が失われてきます。色艶の艶に関しては、髪の脂分が必須です。

ヘナには髪から髪の油を取り除く

ヘナを繰り返すと色は入るが艶が失われる場合がある

インドでは昔からヘナは脱脂作用があり、髪を乾燥させると言われてきました。特に繰り返してヘナを使用していくと髪から脂分が取り除かれ、脂分が不足すると髪の艶が失われるという状況になるため、インドでのやり方では、ヘナの際に良質なオイル分を補いながらヘナを行います。

オイル頭皮マッサージ

オイルの使い方にはヘナの際に頭皮マッサージをしながら行う方法と、ヘナ自体にオイルを一定量混ぜこむ方法があります。

ヘナにオイルを混ぜ込む

※ハーバルカラーやインディゴはインディゴがオイルに弱いためオイルによる事前のマッサージやオイルを混ぜることはできません。

結論:繰り返しのヘナで皮脂が取り除かれると、髪がばさばさとなり艶が失われてしまいます。

当然、ヘナを洗い流す際、シャンプーを使用するなどは間違ったヘナのやり方になります。ヘナは皮脂など、油汚れを取り除いており、その上にさらにシャンプーすることはおすすめできません。ヘナの前は逆にオイルを補ってやる必要があります。

ヘナする際、適度にオイルを使用することが不可欠です。

特に現代人はシャンプーを繰り返して行う習慣があり髪と頭皮から脂分が不足している傾向にあり、ヘナの際に良質なオイルを補うことは仕上がりを向上させます。

万が一、ヘナの匂いが気になるのでシャンプーを使用している場合は、シャンプーではなく、香りのオイルなどでカモフラージュしてください。

ヘナの匂いを緩和させ、女性らしい甘いジャスミンの香りを漂わせるフレグランスオイル

このオイルをワンプッシュ、数滴を髪に刷り込むだけで、ヘナの匂いは掻き消え、女性らしい甘いジャスミンの香りに、、、スイカズラの香りにも似ているという方もいらっしゃいます。自身は男性ですので、カモフラージュということでは、どちらかといとマハラニヘアケアオイルを使用します。

ウッディな心落ち着く香りのマハラニヘアケアオイル

最初に香るのがローズマリーにカレーリーフとモティアロッシャが巧みにあわさった香り、これにしばらくするとジュニパーとスパイクナードが香りはじめ、なんともウッディか香り、心落ち着きます。

アーユルヴェーダ製法のヘッドマッサージオイルは髪だけでなく頭皮によいハーブをたくさん配合

インドでは「ヘナを頭皮に塗布することで、髪と頭皮から皮脂が取り除かれ乾燥する」と言われ、ヘナと一緒にオイルを上手に使うことで、髪に色艶を与え、美しい髪を維持してきました。いろいろとなオイルを提供していますが、最初の二本、フレグランスオイルやマハラニヘアケアオイルはアロマベースのオイルです。要するにアロマの香りでヘナの匂い、ハーブの漢方薬というかスパイス的な匂いを緩和させるやり方です。

ところがアーユルヴェーダ系の、アーユルヴェーダ製法のオイルは発想が全く異なります。

アーユルヴェーダ製法でハーブのエキスを水溶させ、ハーブの水溶性成分をアーユルヴェーダ製法で油の中に転写しています。通常では長期保存できないハーブの水溶性成分が油の中に混ざり合い、オイルを塗布する際に、水溶性成分とオイルが一緒に皮膚、頭皮から吸収されるようになっています。そのため、ヘナ前の頭皮マッサージやヘナに混ぜるオイルとして頭皮を意識している方には最もおすすめなです。

ヘナ前の頭皮マッサージやヘナ後に髪が乾燥した際に、ちょっと塗布するヘアオイルとしてもおすすめなオイルとしては、現在、もっともお気に入りはローズオットーを配合したアタルバヘッドマッサージオイルRです。ローズオットーが配合されているため価格は高価ですがとても心地よいオイルでヘナとの相性抜群です。

オイルは好みがあり、どれが好みかは皆さん異なり、まずはお試しいただくしかないのですが、マハラニでは実に多くのオイルを提供しています。理由は、ヘナにはオイルが欠かせず、皆さまのご要望に応えるために、皆さまの好みに合わせて多くのオイルを出しています。ヘナする方はぜひどれかのオイルを一本、一緒にご購入されることをおすすめします。