ヘアオイル塗布の習慣で脱シャンプーが可能に~ヘアオイル塗布の仕方

ヘアオイル

ヘッドマッサージオイルはたくさん使えばヘッドマッサージができ、少量塗布すればヘアオイル

ヘッドマッサージはヘナ前にオイルをたっぷりと使い頭皮をマッサージするので、どちらかというと本格的なものになります。ただ、オイルを使った頭皮マッサージは頻繁に行うことはできません。ヘアオイルを定期的に髪に塗布することが頭皮と髪を清潔に保つためには欠かすことができないため、適量のヘアオイルをこまめに塗布する習慣を身に着けることがおすすめです。

マハラニで販売しているオイルはヘアオイルやヘッドマッサージオイルと名前がついていても、どちらもヘアオイルとして、あるいはヘッドマッサージオイルとしてお使いいただけます。要するに、少量塗布すればヘアオイルとなり、たくさん塗布すればヘッドマッサージオイルとなります。

オイルを手のひらに適量を落とす

オイルを手の平に適量落とす

両手をあわせて、オイルを手の平に伸ばす

手の平にオイルを伸ばす

髪に手櫛を通す要領でオイルを髪に塗布する

ヘアオイル

髪と頭皮から油分を落とすぎると不潔になりやすくなる…だから最初にオイルを塗布する

シャンプー剤などを頻繁に使用すると髪と頭皮から油分が落ちすぎ、やがて不潔になりやすくなり、毎日のように髪を洗わないと頭が臭くなったり痒くなったりします。これが多くの現代人の頭に起こっている現象です。

髪の洗いすぎによりシャンプージプシーへ

本来、人の髪、頭は毎日のように洗う必要性はありません。ところが、市販のシャンプー剤を使用しますと、毎日のシャンプーが習慣化、洗いすぎの状態となり、昔から言われているように髪を洗いすぎると頭皮に不具合が出る、、、、洗いすぎにより、人によっては洗っても洗っても、頭皮の痒みや臭みに悩まされる方もいらっしゃいます。結果として、あのシャンプー、このシャンプーといろいろなシャンプーを試すシャンプージプシー人生になってしまいますが、そもそもシャンプーのしすぎによってシャンプージプシーになってしまっていることに気づけないのです。

シャンプーするからシャンプージプシーになる、現代人はシャンプーのしすぎで困っている……そんな話を聞かされても、まさかと納得できないほど、毎日液体シャンプーで頭を洗うという刷り込みがされてしまっています。これをテレビCM洗脳といえばそうかもしれません。一旦、シャンプーを始めると、それが当たり前となり、シャンプーで頭皮と髪の具合が悪くなっているとしても気づけないのです。人の髪は仮に1週間程度、場合によっては1か月程度、洗わなくても臭くなったり痒くなったりしないのが正常であり、1日や2日程度、髪を洗わないと頭皮が臭ったり痒くなるのは、頭皮の状態が異常になっている………ということがわからない、これが現代人です。

以下、ハーブシャンプーを2年ほど使った後、2011年の震災で入浴できず髪も洗えなかった方のリアルな体験談を参考にしてください。

 

産まれてから一度もシャンプーで髪を洗ったことがない14歳の子供の話しも参考にしてください。

 

シャンプーするからトラブルになる、シャンプーするから頭が臭く痒くなる、だから、さらに髪をシャンプーする、朝シャン、夕シャン、あのシャンプー、このシャンプー、、同度巡りでシャンプージプシー人生になってしまうのです。

脱シャンプーはヘアオイルから

一旦、始めてしまった毎日のシャンプー習慣を、その習慣を身に着ける以前の状態に戻すのは簡単ではありませんが、、、、マハラニでは最初にオイルの使い方をお伝えすることにしています。脱シャンプーはヘアオイルから、、、シャンプ-によって取りすぎているもの、、皮脂、自分の地肌から分泌されている油分を毎日のように取り除いてしまっているため、まずは良質なオイルを補ってやることから始める必要があるのです。

適量のオイルを適度に塗布することで頭皮と髪が清潔に保たれる

オイルを塗布する

シャンプージプシーから解放される、脱シャンするためには、オイルの上手な使い方がわかることが欠かすことができません。今回、写真でお伝えしたようなやり方で、適量のオイルを上手に髪に塗布する習慣を身につけましょう。

ここでいう適量のオイルとは、少量の適量で、塗布した後、髪のべたつきを感じないほどの適量で、自分にとっての適量のオイル量をこまめに塗布することです。オイルを多くつけすぎた場合はハーブシャンプーなどで洗い落としてやる必要があるでしょう。

 

おすすめのオイル

 

オイルと一緒にハーブシャンプーもおすすめします

ハーブシャンプー香る髪シリーズは、ヘナと相性のよいハーブシャンプーとして18年程度、製造販売させていただいていますが、このハーブシャンプーは市販のシャンプーとは一線を画す製品です。基本の考え方が全く異なるのです。

使えば使うほど不要になるハーブシャンプー

脱シャンプーするためのハーブシャンプー

ハーブシャンプー香る髪
ハーブシャンプー香る髪

こんな夢のような製品を出してしまったら、製造元はやがてシナモノが売れなくなってしまいます。それで構いません。本当のこと、本当のヘアケアを皆さまにお伝えするのが使命だと考えており、ぜひ一度、お試しいただき、気持ちよく脱シャンプーしていただけるように期待しています。

ちなみに筆者(アートビーング代表:鈴木)は20年前までは脂性で朝シャン、夕シャンを繰り返しておりましたが、インドにてハーブシャンプーを始め、数年試行錯誤の後、ある日、髪を洗うのを忘れいていたことに気づき、いつ髪を最後に洗ったのかを思い出して驚いた……最後に髪を洗ったのが1か月前だったのです。こうして、気が付いたら脱シャンプー……そんな自然なやり方がよく、無理やり、髪を洗うのを止める必要はないと考えており、それまではぜひ数あるハーブシャンプー香る髪シリーズでどの香る髪がよいか、香る髪シャンプージプシーをしてみてくださいネ!