オイルがたくさんありますが違いを教えてください…オイル選択のポイント

マハラニのオイル

アーユルヴェーダオイルと精油ベースのオイル

オイルは、製造方法から大きく二つにわけることができます。アーユルヴェーダ製法のオイルと、精油ベースのオイル(アロマオイル)に分かれます。

精油(アロマ)添加のオイル

精油を添加することで心地よい香りのオイルによって、ヘナの匂いを低減させたり、使用感が向上します。

マハラニヘアケアオイル

写真は、アロマベースのマハラニヘアケアオイルです。各種の天然アロマを添加することでウッディな香りとなり、ヘナ前の頭皮マッサージやヘナ後、ハーブシャンプー後のヘアオイルとして使用することで、ヘナやハーブの匂いを低減させ、髪に潤いを与えます。

 

フレグランスオイル

写真はSensual Oil フレグランスオイルです。香り(精油)の主成分はインドの花の香りで、ヘナやハーブシャンプー後に使用すれば、ハーブの匂いを低減させ、女性らしい香りを放つため、香水のようにも使えます。ホホバオイルがベースオイルですので、フェイスオイルなどとしても最適です。

 

本格的アーユルヴェーダ製法のオイル

油洗い、ヘッドマッサージには良質なオイルをたっぷり使う

写真は、アタルバヘッドマッサージオイル。

 

こちらは製法がまったくことなり、アロマを添加したオイルではなく、ハーブの有効成分をオイルしみこませた本格的アーユルヴェーダ製法のオイルです。このオイルを製造しているアタルバ製薬は、インド国内では医療用のアーユルヴェーダ薬を製造している製薬会社で、これらのアーユルヴェーダオイルは製薬会社が作る本格的化粧品のオイルといえるでしょう。元々が製薬会社のため、品質管理が製薬と同じレベルでなされている点もポイントです。アーユルヴェーダ製法についての詳細は以下を参照してください。

 

アーユルヴェーダ製法の特徴

ヘッドマッサージオイルリラックス

写真はヘッドマッサージオイルリラックス。

 

アーユルヴェーダ製法は、ハーブの有効成分をいかに確実に変質させることなくオイルに入れ込むかということなのです。その意味を説明する際に、アタルバの担当者はオイルの色から説明します。このリラックスのオイルの色は綺麗な緑色をしています。まるで人工着色料を添加したような緑色ですが、これは人工着色料ではなく、ハーブ成分の色なのです。ハーブ成分を水溶させ、その色が変色することなくオイルにしみ込んでいると、それほどにハーブの有効成分がオイルの中に変質せずしみ込んでいますよと、アタルバの製造担当者が教えてくれました。

オイル選択のポイント

ヘナ前の本格的ヘッドマッサージには、ハーブの有効成分が変質することなくしみ込んでいるアーユルヴェーダ製本のオイルがおすすめです。それに対して、ヘナの匂いを低減させる、ハーブシャンプー後の匂いを心地よいものにするヘアオイルなどとしては精油ベースのオイルがおすすめです。目的や好みに応じてオイルを選択してください。