2019年産マハラニヘナ石臼挽き、驚きの粘りと良質なトリートメント作用、心地よい使用感

マハラニヘナ石臼挽きの粘りが髪に塗布しやすい垂れにくいトリートメント作用

昨年、インドの異常気象の影響で農作物に大きな影響が出ましたが、ヘナの産地も時ならぬ雨のため、ヘナの収穫に大きな影響が出たため、生産が通常より一か月以上遅れ、遅れるだけでなく、ヘナの葉が雨のために品質が悪くなるといった事態が発生しておりましたが、石臼挽きの生産が奇跡的に完了し、今年も良質なヘナを皆様にお届けできることとなりました。

 

厳選されたヘナの葉を石臼挽きすることで、特徴的な粘りが出ます

ヘナ石臼挽きの試し溶き

2019年産マハラニヘナ石臼挽きは、SMHEENA社オーガニック農園のヘナの葉と無農薬栽培のヘナの葉(樹齢50年程度のヘナの木から収穫されたもの)をほどよく配合して石臼挽き、最適な練り加減(使いやすさ)と染毛力、トリートメント作用を引き出すように製造しました。

 

染まりはもちろん抜群。ヘナに含まれる天然のローソニア色素2%以上。さらに、今年は特に粘性が高く、ヘナの重さの4倍のお湯ではお湯が足らず、4.2倍~程度のお湯で溶かすとほどよく塗りやすい粘りのあるヘナペーストとなり、塗布しやすく垂れにくく、髪のトリートメント作用が高いです。

マハラニヘナ石臼挽き完成品の自主検査に合格

最終的な製品となった段階で、驚きの粘りと良質なトリートメント作用、心地よい使用感が確認出来ました。また、最終製品の自主検査に合格しましたので、近日、日本に向け輸出されます。

マハラニヘナ石臼挽き完成品検査結果

重金属の基準値は10mg/kg(PPM)

たまに高い値の重金属に汚染されたヘナがあるため、原材料ヘナの葉の買い付けには細心の注意を払っております。原材料買い付けの段階から検査を実施、製品化完了時点でも最終の検査を実施しています。

砂分が1%未満

砂分が多いと、ヘナに不快なざらつきやトリートメント作用の低下が見られるため、砂分除去のために、ヘナの原材料の「ヘナの葉」が工場に入荷する最初の工程で砂分を徹底的に除去することが高品質なヘナ製造のカギとなります。昨年よりマハラニヘナを製造委託している現地企業SMHEENA社は食品製造に使用される砂分除去装置を導入したため、検査結果の砂分が0.37%と極めて低い結果が出ております。砂漠に育つヘナとしては砂分はほぼないに等しい値と言えるでしょう。

繊維質10%未満:6.17%

ヘナの葉の葉脈部分の繊維質

繊維質という場合、小枝は初期段階で取り除くにしても、ヘナの葉自体の中の、葉脈部分に相当な繊維質が残っており、これは完璧に取り除くことは不可能で、通常、10%未満であれば良質なヘナといえるでしょう。

染毛成分の添加の有無:無し(absent)

ここでいう染毛成分の添加の有無の染毛成分とは、染毛力のある化学的な薬品です。残念ながらインドの国内市場や中国、韓国、そのほか後進国向けのヘナにはさまざまな理由で化学薬品が添加される場合が多く、一般的にヘナの工場では、薬品添加のヘナとそうでない100%のヘナが同じライン(同じ機械を使用して)で製造されるため、薬品の混入などが心配されます。

マハラニヘナの提携工場であるSMHEENA社は、マハラニヘナ製造を開始するにあたり「化学薬品ゼロ宣言」をし、薬品入りのヘナは一切製造しないポリシーを明言し、現在に至っていますので、ご心配は一切不要です。

マハラニヘナは化学薬品ゼロ宣言工場で生産しています

染毛力、赤オレンジの色素:ローソニア色素量:2.63%

色素量が2%以上含有されるヘナが高品質、AAAの品質と言えます。マハラニヘナの抜群の染まりをお楽しみください。検査はヘナの葉の買い付けの段階から何度も実施されており、最終検査において、2%以上の結果が出ることは確認しておりました。

マハラニヘナ石臼挽き色素量

マハラニヘナ石臼挽は3月上旬、発売予定