ヘナ美髪・自然な黒髪へ~ハーバルカラー7ソフトブラック~

ヘナ美髪~ソフトブラック

まるでシャンプーの宣伝のような映り具合なのですが、これはNさんの髪があまりに美しい…まさに自然な黒髪状態、すばらしいヘナ美髪といえるでしょう。どなたが撮影しても、きっとこんな感じに撮れてしまうと思います。

Nさんはマハラニハーバルカラー7ソフトブラックで毎週1回、20分~30分早染めの根本染めを続けています。

ヘナ美髪

Nさんによると、彼女には白髪がとても多いのだという。2割は最低でもあるけど、はっきりどの程度かわからない…理由は毎週、きちんとハーバルカラー7ソフトブラックで根本染めを続けているので正確な量はわからないという。

 

ヘナ美髪

毎週、必ず20~30分の早染めリタッチを続けているので、根本まで綺麗に染まっています。

暗く染めるほうが得意なヘナ白髪染め

ヘナ白髪染めと大きなくくりでいう場合、ヘナとインディゴの白髪染めということになります。ヘナ白髪染めでは通常のヘアダイ、カラーと異なり脱色作用がないため、白髪まじりの髪を均一に染めるには黒に合わせるほうが自然に染まります。これはヘアマニキュアの原理と一緒です。

ヘナとインディゴの染毛力で黒髪美髪は比較的簡単

ヘナとインディゴが黒く染める理屈

ハーバルカラー7ソフトブラックはインディゴの藍色を中心に、ヘナの赤味を加えることで自然な黒髪に染まるように調合された製品です。この製品は根本染めをひたすら続けることで美しい黒髪を維持するための製品です。

 

Nさんの染め方はとても簡単…髪の上からペーストを頭皮に押し込むようにリタッチ

Nさんの染め方はまさに、下の動画、インド女性の染め方と一緒でした。ペーストを髪の上から押し込むように塗布するだけですから、数分で塗布が終わり、20分~30分放置して洗い流し、1時間程度タオルドライをするといったやり方ですので、毎週1回を続けても比較的、気持ちが楽に続けられます。細く長く続けることが大事です。

染めた後、良質なオイルを極少量塗布することが大切

ハーバルカラー7ソフトブラックは自然な黒髪に染めるための配合で、インディゴが多く配合されています。インディゴの特性として髪をごわつかせるという欠点があります。それを放置すると髪が傷みはじめますので、ハーバルカラー7ソフトブラックで染めた後、良質なオイルをヘアオイルとして少量髪に塗布しておくことが欠かせません。マハラニヘアケアオイルなどがおすすめです。

 

さらっとした質感、手触りを維持するには、ハーブシャンプー香る髪でトリートメントシャンプーも欠かせない

インディゴが配合されているため、ハーバルカラーシリーズの仕上がりはヘナと比べたら芳しいものではありません。インディゴは髪をごわつかせるのです。その欠点を補うため、インディゴの発色が完了し定着する翌日以降に、一度、ハーブシャンプー香る髪で髪をトリートメントしながら、髪の表面に残っている落ちかかっているインディゴ染料を落としてやる必要があります。

 

自然な黒髪へ発色させるためのコツが最も大事

はじめてのヘナとハーブシャンプー

美しい発色のためには、適切な使い方がカギです。製品ご購入者全員に使い方説明小冊子「はじめてのヘナとハーブシャンプー」を無償進呈しています。小冊子の説明をご一読いただき、ヘナ染めにチャレンジ、さらにわからない、うまくいかない場合は、メールや電話にてお問い合わせください。

きっと見つかる、あなたにあった染め方、、、少し工夫や手間がかかるけど、天然100%だから気持ちがよい、安心できる!あなたも「ヘナ美髪」にぜひチャレンジしてみましょう!