ヘナを鉄鍋で溶かしたところペーストが黒ずんで鉄の匂いがした

ヘナ鉄鍋

:ヘナを鉄鍋で溶かし一晩寝かせたら、ヘナのペーストが黒ずみ、使用したところ、かなり鉄の匂いがします。これは髪や頭皮に良いものなのでしょうか?

ヘナを鉄鍋で溶かすのはおすすめしていません

ヘナは鉄鍋で溶かす方法は特にはおすすめはしていません。ヘナを鉄鍋で溶かす方法には、いろいろと問題点があることがわかってきています。

ヘナを鉄鍋で溶かして一晩寝かすはメンディアート用で、ヘアケア、白髪染めにおいては不適切

ヘナを鉄鍋で溶かし寝かす場合、これはメンディアートといい、皮膚にヘナで模様を描く場合の溶かし方です。鉄鍋やオイルを使って何日を寝かすことで、皮膚の上でかなり暗めに、茶褐色に発色させることが可能です。

メンディアート

ただ、このメンディアート用にヘナを使って髪を染めても、上手に染まりません。ヘナで髪が染まる仕組みと、ヘナで皮膚が染まる仕組みはやや異なっているようです。

白髪染め用のヘナは長時間寝かせると染まりが悪くなりクサミが増して不快

皮膚に染める場合は長い時間寝かせたほうが暗めにしっかり染まりますが、髪を染める場合は長く寝かせすぎますと染まりが衰えてきます。

また、ヘナを溶かして長く寝かせますと、ヘナ特有の臭みが増してきますので、香りのオイルなどをたくさん落として使わないと、匂いが気になり、せっかくのヘナタイムが不快になる場合すらあります。

鉄鍋の場合は鉄臭さが増し不快

鉄鍋で溶かした場合、髪や頭皮によいかについては、詳しくわかりませんが、それ以前の問題として、ヘナは長期間寝かすことで臭みが増しますので、おすすめできません。

ちなみに、鉄鍋で溶かしますと、酸化鉄がヘナペーストに滲み出し、黒ずんできます。長く寝かせれば寝かすほど黒っぽいペーストに仕上がります。これはメンディアートにはよいですが、髪に塗布するペーストとしては意味がないばかりか、逆に臭みが強く髪はやや染まりにくくなってきます。

ヘナはステンレスボールなどで50度のお湯で溶かしたら長時間寝かせず塗布する

ということで、ヘナはステンレスなどのボールで溶かし、湯煎して30分程度馴染ませてから使うといいでしょう。

こつは、50~60度の、ヘナの量の4倍のお湯で溶かします。かき混ぜ終わったら、50~60度のお湯をいれたお鍋などに浮かばせ、湯煎して蓋をし、15分~30分程度馴染ませてから、再度、よくかき混ぜて使用します。詳しくは以下を参考にしてください。

冬場のヘナの溶かし方・写真説