髪が傷み頭の臭いが取れず困っておりヘナやハーブシャンプーで解消したい

髪が傷み頭の臭いが取れず困っておりヘナやハーブシャンプーで解消したい
よくある質問
質問

ストレートパーマと髪のブリーチで髪が痛んでいる状態で、最近、抜け毛が多く不安になり、現在は自然系のシャンプーを使用していますが、頭の臭いがとれず困っています。白髪はありませんが、傷んだ髪にはヘナがよいと聞きましたので、最初にヘナをしたほうがいいのか、それともハーブシャンプーをしたほうがいいのかアドバイスをお願いします。。

まは

髪の痛み、頭の臭いの原因は化学薬品を使った過剰なケアー

まずは薬剤を使わないケア、自然だけのケアをしていきましょう!

ヘナと一緒にハーブシャンプーも使い始めましょう

染めるためではないヘナの使い方

ヘナを頭皮に刷り込むように塗布し30分~1時間程度して洗い流します。ヘナは傷んだ髪の補修とトリートメントとして、髪の手触り、仕上がりを向上させるだけでなく、頭皮の毛穴に浸透して、汚れを吸い出しますので、まずは最初にヘナをしましょう。

ヘナのテスト使用
現地でヘナの使用感テスト。頭皮に刷り込みながら使用感をチェックします。染めるというよりは、頭皮ケア。ヘナを頭皮に刷り込み頭皮が気持ちよいのです。

ヘアダイやパーマなど薬品を使用したケアをしますと、悪い油が毛穴などに詰まり、臭みを放ってくる場合があり、こうした臭みのもととなっている毛穴に詰まった油汚れなどがヘナを頭皮に刷り込むように塗布することで吸い出されて洗浄されますのでおすすめです。

ヘナは安全な白髪染めというだけでなく、天然では、最良のトリートメント剤であると同時に洗浄剤(シャンプー剤的)であるともいえるでしょう。染めるためでなく、髪のトリートメントと定期的な頭皮ケアをかねて月に1~2回のヘナトリートメント&頭皮パックをおすすめします。

ヘナで定期的に頭皮パックを行っていきますと、臭みのもととなっていた毛穴汚れがじょじょに減少し、やがてシャンプーする回数が減ってきます。

頭皮の油洗いのすすめ

特にヘナの使い始め、頭皮に臭いがあったりなどの異常がある(通常は異常とは考えられていませんが)場合は、最初に良質なオイルで頭皮マッサージをしてからヘナをすることを強くおすすめします。

油洗い、ヘッドマッサージには良質なオイルをたっぷり使う

毎日シャンプーしなくてはならない状態は異常

現代人は薬品を使うヘアケア製品(例:ヘアダイ、パーマ、合成シャンプー、ヘアジェル、ヘアスプレーなど)を使いすぎているため、髪を毎日洗わないと、頭皮が臭くなったり痒くなったりしています。

ヘナやハーブを使ったケアの観点からは、毎日シャンプーしないと臭くなるといった状態は到底好ましい状態ではなく、頭皮に何等かの異常が発生していると考えられます。

たとえば、薬品などの過剰な使用により一種の脂漏性皮膚炎などの状態になっていたり、あるいは毛穴に不潔な脂汚れがたまり抜けていないなどの状態で毎日髪を洗う必要が出てしまいます。

ハーブシャンプー香る髪

ハーブシャンプー香る髪

多くの方が、このような異常な状態が出発点で、ヘナを始める(ヘナの代用としてはカラーレストリートメントを使用する)ますが、すぐには状態はよくなりませんので、とりあえずは頻繁に髪を洗浄してやる必要があります。その際には、ぜひハーブシャンプーをお使いください。月に数回、ヘナをし、その合間に、必要性に応じて、ハーブで髪を洗います。

これを続けていきますと、半年~1年~数年で、ゆっくりと洗髪回数が減少し、人によってはほとんど脱シャンプーな状態となっていきます。

染まらないヘナ=カラーレストリートメント

トリートメント作用の点、頭皮の洗浄作用の点では、ヘナに数段劣りますが、髪を染めているなどで、どうしても色を入れたくない方などはマハラニカラーレストリートメントなどをお試しください。

いわゆる染まらないヘナと言われている製品で、実はこれはヘナではありません。ヘナとは異なる植物でヘナのように溶かすと若干の粘りが出て、髪に塗布することで洗浄作用と多少のトリートメント作用があります。ただ、ヘナではないため使用感が異なります。