縮毛矯正とヘアダイで髪がひどく傷んでしまったのでヘナでなんとかしたい

Q:もともとパーマをかけたような縮毛、くるくる天然パーマです。

ストレートパーマををあてていてカラーもしているせいか、髪がひどく傷んでしまい、困っています。傷んだ髪用の普通のシャンプーを使っていますが頭皮は油っぽく、痒く臭くなりやすいです。これ以上、髪を傷めることはしたくないため、ヘナでなんとかしたいのです。

A:カラーや縮毛矯正と合成シャンプーは、髪と頭皮を傷める最強の組み合わせ

縮毛矯正を続けると、薬剤で頭皮が傷むためか、生えてくる髪がさらに縮毛になるといった話を皆さんからよく伺います。縮毛を治すためのものが、さらに縮毛をひどくし、縮毛矯正の薬剤によって髪が傷み過ぎると、やがて縮毛矯正自体が効かなくなり、ニッチもサッチもいなくなってしまったという極端な話もたまに伺います。

また、「頭皮は油っぽく、痒く臭くなりやすい」ということで、頭皮がカラーや縮毛矯正、合成シャンプーの使いすぎによって、傷んでいるようで、どちらかというと、脂漏性皮膚炎的な状態になっているのではないか?と心配です。通常、毎日髪を洗う場合は、マハラニの観点では頭皮異常です。髪は仮に一週間程度洗わなくても、痒くなったり臭くなったりしないのが正常ですが、あまりに異常な状態が普通の状態になってしまい、「髪は毎日シャンプーで洗う」といった、まったく誤った習慣が一般的になっています。

この状態を抜けるには、とにかく、原因を作ったと考えられるもの……、カラー(ヘアダイ)、縮毛矯正、合成シャンプーを避けるしかありません。

1)ヘアダイや縮毛矯正の使用をやめる。

毛根を傷めることで癖が強くなるようです。薬剤は毛根を傷めるため、ヘアダイや縮毛矯正などの薬剤塗布はしないことです。
ヘアダイや縮毛矯正で髪がひどく傷んでいる場合は、良質なヘッドマッサージオイルで頭皮をマッサージケアした後、ヘナを短い周期で(例:1週間に1回など)繰り返して行ってください。

ヘナは続けますと、傷んだ髪を補修するトリートメント効果を発揮し、さらに、髪を伸ばすトリートメント作用もありますので、くるくるの癖毛が、少しゆるやかな縮毛に伸びてきます。

2)ヘアオイルを上手に使って、定期的にヘッドマッサージなどを行い、さらに、定期的に髪にオイリングする。

3)髪を洗いすぎないために、ハーブシャンプー香る髪などで洗髪する。

髪を洗いすぎると、癖が強くなってきます。髪から油を取りすぎず、乾燥していると思ったら、逆にオイルを少し補いながら、洗いすぎから脱却するためにハーブシャンプーを使ってください。

理想の洗髪回数は 週に1回~程度

月に1~2回のヘナと、週1回~2回程度の洗髪に落ち着くことで、しばらくすると、髪が落ち着いてくるはずです。

この状態が1年程度続きますと、あるとき、髪を頻繁に洗わなくても、一定の仕上がり、清潔さが維持されることに気付かれる日がくるかもしれません。

髪はできる限り洗わないのが、髪にとってはベストです。