ハーブシャンプーで赤くかぶれた…他の洗髪方法はないですか?

Q:ハーブシャンプー2週間位使用後、首回りやハーブ液が垂れた箇所が赤くなり少しかぶれるようになりました。初回のパッチテストで問題はなかったのですが……。他に洗髪方法はありますか?市販のシャンプーに戻したくありません。現在、ヘナは月1回で白髪染めをしています。

A:シカカイへの植物アレルギーです。

シカカイはマハラニにのハーブシャンプーに配合されておりますので、シカカイへの植物アレルギーの場合は、香る髪シリーズ、ヘナシカ洗髪粉などのハーブシャンプーはおすすめできません。

代替の洗髪方法

植物アレルギーなどでハーブシャンプーがお使いになれず、市販のシャンプーにももどりたくない場合は以下のような方法をお試しください。

1)ヘナの回数を増やす

ヘナの回数を月1回から、月2回、可能であれば3回、4回と増やします。ヘナは白髪染めやトリートメントだけでなくハーブシャンプーの役目も果たしますので、通常、ヘナの後は最低でも数日は髪の洗ったりする必要がなくなります。この際、ヘナの時間を短縮して、30分~1時間程度とし、毎週の洗髪代わりのヘナが負担にならないように続けていきます。

ヘナの後はお湯洗いで済ませ、頭皮が油っぽくなってきたり、不快になりそうになったら、ヘナをする、こうすることで、ハーブシャンプーも市販のシャンプーも不要になります。

2)シカカイ以外の洗髪ハーブを使用する

仕上がりは最上のトリートメント作用をもつシカカイ含有の香る髪シリーズより劣りますが、植物アレルギーなどで香る髪がお使いになれない場合は、以下のような洗髪ハーブを使用してトリートメント洗髪します。

マハラニリタには天然の石鹸成分が豊富に含まれています。ただし、マハラニリタ単体で髪を洗ったり、多く使用することは避けてください。髪から油を取りすぎ、髪をごわつかせ、仕上がりを悪くします。

ヘナのような粉末になりますが、色素はありません。また、トリートメント作用もさしてありませんが、油や汚れを吸着しますので、ハーブシャンプーの基材として使うといいでしょう。

ハーブシャンプー香る髪シリーズの配合ハーブの中で、シカカイについで多いのがアムラです。アムラをしっかり配合しておくことで仕上がりが向上します。

クレイの一種で、油をマイルドに吸着します。

髪をするするに仕上げるトリートメント作用があります。

頭皮や髪を清潔に保ちますが、ニームについても植物アレルギーの方がいますので、パッチテストを確実に実施してから使用してください。

手作りハーブシャンプー例

例:カラーレストリートメント40%+アムラ20%+ムルタニミッティ10%+カチュールスガンディ10%+カチュールスガンディ10%+ニーム10%

上記の配合でハーブをマヨネーズ状に溶かし、お風呂場でこれ頭皮に刷り込むように塗布。5分~15分程度で洗い流します。使用後、髪がぱさつく場合は、お好みのヘアオイルを少し塗ります。髪には適度な油分が必須で、油分が落ちすぎますと、ぱさぱさし、静電気も発生しやすくなりますので、オイルを補います。

 

1)ヘナの回数を増やす、と2)シカカイ以外の洗髪ハーブを使用する、を組み合わせた方法もよいでしょう。ヘナの回数を月2回くらいにし、その間、2)の方法を行います。

お試しください。