アーユルヴェーダのフットマッサージのやり方

アーユルヴェーダフットマッサージ

インドで伝統的に行われてきたカンシャ・フットマッサージボール(上の写真)を使ってのフットマッサージです。

アーユルヴェーダではシロ(頭) シロバナ(耳) パダ(足)を日常的にギーやオイルを使ってマッサージすることが人の健康を保つために欠かすことができないと教えています。今日はアーユルヴェーダでのフットマッサージの方法についてぜひ動画をご参照ください。

動画ではカンシャボール(写真上)を使っています。

 

カンシャボール入荷

 

フットマッサージ・グルタが入荷していますが、フットマッサージオイルが欠品しています。オイルはセサミオイルで代用してください。