ヘナは染めたら三日待て!白髪の出始めのヘナカラー発色

ヘナは三回で色味が落ち着く

ヘナは染めたら三日待ての意味、これが上の写真からすぐにわかると思います。染めた直後は白髪がヘナで赤オレンジ色に目立つのです。ところが、3日、1週間と日がたつと、ぐっと色味が落ち着いて目立たなくなってくるのです。だから、ヘナは染めたら三日待て!、それでも赤オレンジ味が気になる場合は、インディゴで後染めします。一般的に、白髪の出始めなどの場合はヘナ染め後三日待つだけで十分、インディゴは必要ありません。

Aさんヘナ染め後1週間のヘナカラー

ヘナは染めたら三日待て

上の写真は白髪の出始めの方を、マハラニヘナ石臼挽きで染め、1週間程度経過した状態の写真です。綺麗に染まっており、まさか白髪があるようにはわかりずらいです。

Bさんヘナ染め後3日後のヘナカラー

ヘナは染めたら三日待て

以下が使用前の写真。通常、白髪の出始めの方が、染めないで、ここまで白髪を伸ばすことはあまりないため貴重な写真です。モデルさんには、数か月、ヘアダイをしないで頑張って白髪を伸ばしていただきました。

出始めの白髪は特に目立つ

Aさんヘナ染め前の白髪の様子白髪の出始めの写真白髪の出始めの写真Bさんヘナ染め前の白髪の様子ヘナ使用前

黒板に白いチョークで文字を書くのは、はっきりとわかるからです。黒板に白い文字は浮き出して見えるように、出始めの白髪は一層目立ちます。そもそも白髪が出てきたことも心理的にショック。鏡の前で白髪を見るのも「老い」を感じさせ、同時にそれを隠そうと、通常、カラーリングを手放せなくなってしまいます。

マハラニヘナでは白髪の出始めこそ、ヘナをおすすめします。

ヘナの本家のインドでは、ヘナはもともと白髪染めではなかった!

皆さん、ヘナは「安全な白髪染め」と考えているかもしれませんが、インドのヘアケアの歴史において、「美しい髪を生涯保つために」と使われてきたのです。伝統的なインド女性は髪を切らないため、髪を美しく伸ばすことは女性の嗜みでもあり気をつかったのです。母親が8才の娘さんに「美しい髪が綺麗に生えるように」と、オイルで頭皮マッサージをし、その後にヘナで頭皮パックをするのが習慣でもあったのです。よいオイルを使うのが大切で、マハラニヘナでは、ヘナと相性のよいアタルバヘッドマッサージRなどをおすすめしています。

ヘナ100%での白髪染め直後は赤オレンジが特に目立つ

Aさんヘナ染め直後ヘナ直後の白髪の染まり方ヘナ直後の白髪の染まり方Bさんヘナ染め直後ヘナ染め直後

上の写真は、ヘナ染めした直後の写真です。白髪が赤オレンジに染まり飛び出しているかのように見えます。ヘナでは、白髪が赤オレンジっぽく染まるため敬遠されがちですが、よいヘナですと、染めた後、1週間で色がぐっと落ち着きます。ヘナの回数を重ねていけばいくほど、染まり具合もぐっと落ち着いてきます。上の写真の1週間後が以下の写真です。

ヘナ染め後3日~1週間で色が落ち通く

Aさんヘナ染め1週間後白髪の出始めの写真ヘナ直後の白髪の染まり方Bさんヘナ染め3日後ヘナ染め後

さすがに総白髪ではここまでわかりにくくなりませんが、出始めの白髪はヘナだけで大丈夫という理由は、マハラニヘナ石臼挽きなど、よいヘナを使うと、使えば使うほど、色目がしっかりと落ち着いてわかりにくくなるからです。

赤オレンジから赤茶、茶赤へ発色するマハラニヘナ石臼挽き

マハラニヘナでは、染めた直後で判断せず、染めた後、3日~1週間でどの程度色が深まっていくかを見定めてください。

ヘナの本当のよしあしは、染めた直後でははっきりわかりません。染めた直後では、品質の劣るヘナも高品質のヘナも大差がなくわかりにくいのですが、品質の違いは、染めた後1週間で目に見えてわかるようになります。

マハラニヘナ石臼挽き マハラニヘナ石臼挽き