ともえ様の体験談 - アートビーングの体験談
ともえ様の体験談
体験談数: 72

※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。お客様ご自身の判断でご利用ください。

|||||>|>>

イクイリブリアムボトル B052
評価 マイケル・ジャクソンボトル [2019/02/28]

イクイリブリアムボトル B052
By ともえ 40代/女性 (東京都)

このボトルとワークするのは二回目です。
前回は、まだ前の会社の苦しい人間関係の中で必死に頑張っていた時でした。当時のことを思うと頑張っていた自分をとても愛しく思います。


さて、今回は、以前のような苦しい環境からは逃れており、自分を無条件に愛するとか受け入れることの学びを深めていたので、どんなワークになるんだろうとワクワクして使いました。

使い始めて間もなく、小学校から大学時代まで好きだったマイケル・ジャクソンの音楽にまたハマりだしました。
このボトルは音楽に対する経験や理解を深めてくれるということは知っていたのですが、わたしは元来音楽好きなので、最初は特にこれといったインスピレーションを受けることもなく「なんなんだろう?」と思っていました。

わたしが彼の音楽が好きだったのは彼のキャリアの絶頂期までで、その後の彼の音楽や人生に関しては全くしらなかったことに気づき、彼に関するインタビュー、本、その後の音楽などを調べまくりました。

調べてみると、栄光の影の彼の壮絶な人生を伺い知ることができ、涙が止まりませんでした。

彼は本当に愛にあふれたひとだけど、たくさんの誤解を受け、ひどい仕打ちを受けました。
それは、まるでキリストの生涯のように思えました。

なぜこのような素晴らしい愛にあふれた曲をつくり、世界の子供たちのために奉仕し続けた人が誤解され、搾取され、若くして死ななければならなかったのだろうと数日間は涙が止まりませんでした。

だけど、ワークも終盤に差し掛かり、ボトルの説明を再び読んでみたところ、彼はB52そのものの特質を持っていることに気づきました。

ボトルの「魂の使命と目的」には「自分や他の人が理想を目指すように導く改革者です。自然環境や人類の問題に心を砕いています。人に共感することができます。物質的なものに執着していません。とてもハイレベルの集中力を持ち、それが際立っています。この人と一緒にいるとその集中力には誰でもすぐに気づきます。とても実際的な方法で他の人々をケアします。それが職業にもなることがあります。他の人々が愛を必要としているときにはそれに気づき、彼らに愛を与えます。」とありますが、彼はその特質のままの人生を送ったと思います。彼の仕事への集中力はすばらしかったといいますし、その音楽を通して世界中に愛を届けました。そして、たくさんのチャリティーをし、子供たちを助けました。

しかし、一方で、彼の私生活は「チャレンジとギフト」そのものでした。「虐待されたり、利用されたりしている時でさえ、なおも与えようとします。それによって傷つきます。心が落ち着かず、リラックスすることができません。虚しさを感じ、自分がバラバラであるような気がしています。愛されていないと思っています。あらゆることに、もううんざりしています。」
彼は虐待された子供時代を送り、大人になってもメディアに誤報され、彼のやさしさを利用した人々に搾取され続け、晩年は寂しい人生を送ったといいます。

そんな彼の人生に心をかきむしられる思いでしたが、彼はおそらくそんな人生を選んだのだと感じました。
そして、彼の人生を知ることで、奉仕と自分を大事にするバランスをとる大切さを教わったような気がしました。

ワーク中、彼のようにやさしさ故に親に虐待されてもなお与え続けて傷ついた友人の話を聞きました。私は彼女に「親とは距離を置いたほうがいい」と言いましたが、彼女はしばらくは親のために頑張ったといいます。そして、最終的に、どんなにこちらが心を尽くしても親はそれに報いてくれないんだということをしり、やっと距離をとる決心ができたと報告をくれました。

マイケルも、他者に奉仕することで自分への埋め合わせをしていたのかもしれません。
そして、ある程度には癒された部分もあったのでしょう。
でも、何か、決定的に自分に対する何か大きな気づきがなければ、永遠にさみしさの地獄から逃れられないのかもしれないと感じました。
人に与える前に、自分の感情に徹底的に向き合うことや、むやみやたらに他者を憐れむことはかえって人々の無力さを助長し害をなすことなど、彼の人生を通して、今回のワークも沢山のことを教えてもらったと思います。

でも、一方で、彼の歌にはほんとうに強い愛が込められていると感じました。
わたしは今まで「Heal the world」などの「お互いに愛し合おう!子供たちを救おう」というメッセージが込められている歌はほんとに苦手だったのですが(自分がそう思えないのに強制されているようで)、ボトルの使用中に感じた彼の歌から感じる愛のエネルギーはほんとにすばらしくて、とりあえず自分がそう思えなくても、ヒーリングとして愛のエネルギーを受け取るような感覚で聴けるようになりました。

というわけで、私の中ではB52は「マイケル・ジャクソンのボトル」になりました。

余談ですが、ボトルを使い切る前に、「あ、なんかわたしまださみしな握ってるな」と感じました。
そのさみしさは、人からやさしい言葉をもらったり気にかけてもらったとしても満たされない種類のものだと思ったので「まだまだ自分に対して愛情が足りないな。もっともっとたくさん自分を愛してあげよう」と思いました。

はいいいえ

1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

イクイリブリアムボトル B054
評価 自分個人というより集団の中の自分を意識されられた [2019/02/10]

イクイリブリアムボトル B054
By ともえ 40代/女性 (東京都)

B54とワークするのは二度目です。

前回は、四年前でした。当時は自分をすごく抑圧していたので、その蓋が開いて親に対してものすごい怒りが出てきたのですが、今回は、自分の内面に向き合い、親とも和解したあとに使ったので、同じボトルでもだいぶ違う体験になりました。

自分の内側を見た後は、外側に開いていくのでしょうね、自分個人というより集団の中にいる自分というものを意識させられることが沢山起きました。

今年は、数秘でいうと個人周期が7の年で、わたしの起動数も7なので、瞑想的に生きる、自分の中の叡智を探っていく年になるのはわかっていて、去年の年末あたりからそういう感覚を自分自身の内側でも感じていました。

去年から、占星術を始めて、人のリーディングもするようになって、さらにそれを深めるために今年はカバラの勉強をしたいと思っていました。そして、それを後押しするサインも受け取っていました。

そしたら、このボトルとワークを始めた直後あたりからインターネットで無料でカバラを提供してくれる団体を知りました。伝統的なカバラの教義を惜しげもなく学べるもので、しかもそれは宗教ではなく科学だ、というティーチャーの言葉に後押しされました。

まだ、途中までしか講義の動画を見ていないのですが、難解だけど面白い、奥が深い教えだと思います。これを四年前の私が見たとしても、まったく意味がわからないか、歪曲した風に解釈していたと思います。
四年間の間で、瞑想、心理学(というより行動学)などを自分で試行錯誤しながら実践してきたから、教義の本質をつかもうとすることができているような気がします。

カバラで一番印象に残ったのは、私たちを作ってくれたクリエイターの目的は、創造物をつくりその器を愛で満たすということらしいのですが、被創造物である私たちが幸せになるには、受け取る、という被創造物の本質を超えてクリエイターと同じ質を身に着ける(つまり創造してそれを愛で満たす)ということらしいです。また、私たちはクリエイターがつねに器を満たそうとしてくれていて、それは完全なものなのに、それをエゴでジャッジするためクリエイターから授与されるものすべてがよきことだとは思えない、というところも、自分の人生と照らし合わせてすごく思い当たりました。

そして、クリエイターと同じ質を自分のものにするには自分ひとりの力ではどうにもならず、上の助けを得なければならない、ということだそうです。


ほぼ同時期に、友人たちにアドバイスやカウンセリングをすることが増えました。
今までは、自分のことすらわかっておらず、人生に疲れ切っていたので、人にまで気が回らなかったし、温かい気持ちも持てませんでしたが、自然とそういう感じになってきました。

自分が集団の中でどういう役割を担っているのか、貢献していくのかというとっかかりを掴めたような気がします。

はいいいえ

イクイリブリアムボトル B071
評価 親とほんとの意味で和解できたボトル [2019/01/19]

イクイリブリアムボトル B071
By ともえ 40代/女性 (東京都)

このボトルとのワーク中に、数年ぶりかで実家に帰りました。

両親とは、私が14歳のころから、関係がおかしくなり、それが年数を経るごとにどんどん感情のすれ違いがエスカレートして、修復不可能だと思うところまで行っていたので、もう一生会うことはないかもしれないと思っていました。

それが、ここ数年、自分の心を見つめることで、本当の自分を取り戻し、親と自分の間に健全な境界線を引けるようになってきました。

そういったタイミングで、母から「今年は家に帰っておいでよ」という誘いがあったわけです。

母から自発的にそんな誘いが来るとは夢にも思わなかったので、ほんとうにびっくりしました。

とはいえ、久々に母と二人きりで数日過ごすのには不安がありました。なぜなら、母と一緒に居た頃は
いつも口論が絶えず、お互いを傷つけあってばかりいたからです。

でも、実際フタを開けてみると、母とはかなり楽しい時間を過ごせました。今までのぎすぎすした関係がウソだったかのように。

思うに、母との関係が悪かった時期は、わたしの中で自分の自我と母の私に対する期待がごっちゃになっていて、自分というものが確立できていなかったんだと思います。

そこから、母の期待に応えることより、自分の心からの思いから生きるという選択をして、またひと悶着ありましたが、物理的にも精神的にも離れた生活をすることで私はやっと自分を取り戻していき、母を親としてではなく自分とは違う別の人間として見れるようになってきたのだと思います。
それが母にもなんとなく伝わっていたのでしょう。

なので、帰省している間も、親子でありながらも別の人間というスタンスでお互い接することができ、そうしている時は、母とはとても良好な関係でいられることが分かりました。

帰省中、父が入院していたので見舞にも行きました。
父とも大ゲンカしていたので、正直会うことが不安でしたが、父からも愛されているということを十分に感じられることができました。

帰省後、久しぶりに友人たちに会ったところ、「雰囲気が丸くなった!なんか変わった」と口々に言われました。
それは、親と和解できたことも大きかったのだろうな、と思います。

ボトルの説明に「愛されていないと感じます。自分の内面を見つめようとせず、いつでも自分が試練を受けているような気がします。学習せずに、同じ間違いを何度も繰り返します。識別する能力がなく、特に人をどこで面倒を見るべきなのか、いつ放っておいたほうが良いのかがわかりません。」とありますが、まさにそれは自分が長年陥っていたパターンでした。私の場合は「人をどこで面倒を見るべきなのか」の対象が「母」でした。

子供のころから母がすごく可哀想に見えていて、自分のニーズを満たすことより、母をなんとかしなくちゃという謎の使命感に囚われていました。

今は、「母はああ見えて幸せなんだ。母が自分で選んだ生き方、人生なんだ。だから、私は私の人生を生きることに専念しよう」と思えるようになったのだと思います。

「人をどこで面倒を見るべきなのか、いつ放っておいたほうが良いのかがわかりません」というところは特に心に響きました。
特に親など近しい相手に対しては「面倒を見る」より「相手を信用してほおっておく」ほうが難しいからです。

「相手を信用してほおっておける」ようになると「自分の自身の必要性を満たす」ことを教えてくれたボトルだと思います。

はいいいえ

1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

イクイリブリアムボトル B019
評価 現実的なサポートが [2018/11/12]

イクイリブリアムボトル B019
By ともえ 40代/女性 (東京都)

このボトルを使用中に引っ越しをすることになりました。
物件を決めたりするのに、現実に動かなくてはならず、うつ病でひきこもりだったため不安だったのですが、このボトルにとても助けてもらったと思います。金銭的なサポートもかなりあったため、、ほぼ希望通りの物件を見つけることができました。

また、長年うまくいかなかった親との関係も、このボトルの使用中にとてもよくなりました。

レッドのボトルは、現実的、物質的なサポートがすばらしいと感じさせてくれました。

はいいいえ

1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

イクイリブリアムボトル B082
評価 助けられているなあと感じました [2018/09/29]

イクイリブリアムボトル B082
By ともえ 40代/女性 (東京都)

このボトルの前にB72とワークしていたのですが、まだオレンジが必要な気がしたので、このボトルを選びました。といっても、オレンジがゴールドにアルケミーして、B31にしか見えなかったのですが(笑)

ボトルの説明にあるように「困難な子供時代」を送り、それがきっかけで摂食障害(食に中毒する)を患っていたのですが、一時期症状がひどくなり、あまりにも辛かったので、アルコールに逃げそうになりました。

ちょうど、この夏は占星術的にもとても厳しい時期(中年の危機と言われる時期に、さらに火星が凶角を形成していたのだそうです)だったので、余計に辛かったのだと思います。
火星から刺激されるので、怒りっぽく攻撃的になり、そのエネルギーをどう発散していいかわからなかったので辛かったんだろうな、と思いました。

B72の使用中は、最初からとてもボトルが濁ったのですが、これはあまり濁らなかったのですが、残り1/3になった時点から白濁し出しました。下層のほとんどゴールドに近かったオレンジにますますヒューが入り、最後はB7の反転バージョンのような色合いになりました。わたしの運命数は7なのでこの変化は感慨深かったです。

体調も最悪で、辛い思いをたくさんしましたが、ボトルの使い終わりあたりから、たくさんサポートがやってきました。

今の住環境がストレスの一番の原因だと分かってはいたのですが、仕方ないことだとあきらめていたのですが、思いもかけないサポートが入ったおかげで転居が実現しそうです。今までになかったことなので、ほんとうにびっくりしました。

はいいいえ

1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

イクイリブリアムボトル B072
評価 行動を促してくれたボトルです [2018/08/30]

イクイリブリアムボトル B072
By ともえ 40代/女性 (東京都)

このボトルは、いつも最初に身体に塗布するときにシェイクするときはあまり混ざらないのですが、二度目にシェイクすると必ずドロドロに乳化して白濁しました。
久しぶりにこんなふうに激しく反応するボトルとワークしました。以前にものすごく濁ったのも、確かオレンジを含んだボトルだったな、まだショックが残っているのかもしれないなと思いました。

たしかに、私は以前会社で性的虐待に遭ってから、PTSDになり、うつを発症しており、まだそれが治っていません。
そのため、満員電車には乗れないし、背後に男性に立たれると身体が恐怖のあまり硬直します。

さらに、苦手だなと思う男性に付きまとわれることが多く、一ヵ月ほど前に公園を歩いていたら、何もしていないのに、見知らぬ男性に追いかけられて怒鳴られるという出来事に遭遇し、しばらくは散歩にも行けませんでした。

ですが、このボトルとワーク中に、友人と会いたいと思って、外出したり、公園に行くことができるようになりました。
また、友達から在宅で単発の仕事を紹介してもらえたり、やりたいと思う仕事が見つかり、勇気を出して面接に行くことができました。

まだ、面接の結果はわかりませんが、行動できた自分に対してよくやった、と心から思います。

具体的に行動しないと現実は変わらないとわかってはいても、今までの辛い経験がトラウマになり、足がすくんでできなかったことに対して、優しく励ましを与えてくれたボトルだと思います。

はいいいえ

2 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

イクイリブリアムボトル B091
評価 女性であることでのネガティブな感情を感じきった後に。。 [2018/08/12]

イクイリブリアムボトル B091
By ともえ 40代/女性 (東京都)

私は、女性として生まれてきたことで苦い経験をしたことが多く、ボトルの説明通り、「成功の体験がないので不満足であり、自分より良い生活をしている人を常に羨ましく感じる」ということを常に感じていました。

ボトルを使っている間、自分より良い生活をしていると思う人たちへの嫉妬心が刺激されて、とても辛かったです。
また、苦手だなと思う男性たちに近づかれたりする出来事もあり、女性であることで感じ続けてきた恐怖心も多いに刺激されました。

ボトルとワークしていると、抑圧している感情が表層に上がってきて、強制的に感じさせられる、ということが起こることがあるのですが、まさにそんな感じでした。

気が付くと、両顎が痛くなっていることが多かったので、嫉妬や恐怖で無意識に歯ぎしりしていたのだろうと思います。

ネガティブな感情を感じている間は、無気力になり、やっと感じられるようになった生きることへのエネルギーがまた枯渇していくような不安が襲ってきて怖かったです。「ああ、またこのパターンに戻っていくのか?」と、生きる希望を失ったような気持ちにも陥りましたが、ボトルを使い切った日、気分転換に観たビデオから、女性が女性であることを楽しみながら、スマートでキャリアを積んでいい、というメッセージを受け取り、気分がぱあっと晴れていく気がしました。

その日、買い物に行った帰りに、道端に六芒星のマークの入ったカードが落ちているのを見つけ、拾ってみたらスウォードのキングと書かれた絵が現れました。

女性性のボトルの最終日に男性性の象徴のようなカードに出会ったのがとても面白かったです。
自分の中の女性性と男性性を統合していく段階に入ったような気がしました。

そして、その後、ある女性アスリート(世界記録保持者です)が練習である男性アスリート(彼もオリンピックで12個メダルを獲っています)を打ち負かしているという記事を読みました。
その記事を読んで、女性は男性より弱いという概念というのはもう古いのかもしれないなと思いました。
昔、女である私は男性を上回ってはいけない、という思いを強く握っていたのをふと思い出しました。そして、そんな古くつまらない概念に囚われて自分の力を見くびっていてはいけないなという思いに駆られました。

はいいいえ

1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

イクイリブリアムボトル B051
評価 混乱したマインドを落ち着かせてくれる [2018/07/26]

イクイリブリアムボトル B051
By ともえ 40代/女性 (東京都)

このボトルとワークした動機は、混乱して不安な状態を静めてほしいと思ったからです。
久々に人を好きになったのですが、強い不安や嫉妬、恐怖に引っ張られてしまっていました。

ボトルの使用中に、相手に異性として見られていない自分を強く感じることがあり、なんとしても女性として好かれたいと足掻いてみたりしましたが、相手に好かれたいと思えば思うほど、自分が苦しむというスパイラルに入っていきました。

でも、そのうちに、承認欲求が満たされれば、相手のことはどうでもよくなるのかな?という気がして、相手に女性として愛してもらうより自分が自分のありのままを認めてあげるとか、自分が女性としての自分を認めて愛してあげる方が大事だったよね、という考えがふっと出てくるようになりました。
とはいえ、恋愛中というのはコントロールのできない衝動に翻弄されるものなので、ほぼ混乱状態のなかで、たまにそういった冷静になれる瞬間が訪れる、みたいな感じだったのですが。
そのうち、だんだん身体にも影響がおよび、摂食障害という形で出てきました。
わたしの場合、摂食障害が出てくると「無理してますよ、自分がなおざりになってますよ」というからだからのメッセージなので、自分を追い詰めていることを認めざるを得なくなりました。

そういう状態になって初めて、「頭で気づくだけじゃなくて、ちゃんと自分と向き合って、具体的な方法で自分をケアしなさい」と強く警告されていることに気づくことができました。

相手との関係をどうこうしようとするのは一旦手放して、自分の根本的な心の傷と向き合って、ケアしよう、自分を一番優先してあげようという決心がつきました。

はいいいえ

イクイリブリアムボトル B021
評価 同じパターンの恋愛の苦しみに気づきが [2018/07/15]

イクイリブリアムボトル B021
By ともえ 40代/女性 (東京都)

数年ぶりに好きな人ができたのですが、ボトルの使用中、その楽しさがすぐに執着や不安になってしまってとても苦しくなってきました。
これは、わたしの今までの恋愛のパターンです。最初は恋の楽しさに浮かれていても、そのうちだんだん重苦しいものに変わっていき、相手に依存したり執着するというループに陥っていました。
ああ、これは今までのパターンを癒すプロセスに入っているんだな、と思いながらワークしていましたが、その感情に振り回されている間はほんとうに苦しかったです。
途中で、苦しさに耐え切れずB51を平行して使いだしましたが、そのあたりから恋愛の苦しみに気づきがもたらされるようになっていきました。
また、「この人とでないとどうしてもダメ!!」という執着がだんだん薄れていく感覚がありました。

恋愛はとくに自己受容ができていないと相手の顔色を窺ってしまったりして相手主体になり苦しいものになるということは頭でわかっていたのですが、実際にそれを体験するのはとてもハードでした(笑)
その中で、少しづつ自分を大切にすること、自分を愛することにフォーカスすることの大切さを学んでいけたと思います。

また、ボトルの使用中に関係がうまくいっていなかった父にプレゼントを贈り、久しぶりに電話で話すことができました。父は平静を装いながらもうれしそうだったので、その時は私もよかったなという思いで電話を切ったのですが、その後、過去の父との思い出がよみがえってきて、男尊女卑だった父から受けた言動に深く傷ついたことなどが蘇ってきて苦しい気持ちになり、ました。でも、その中で、自分が父親を通して男性というものを見ていることや、男性との関係における強い不安と向き合うきっかけになりました。

今では、父なりに私を愛しているからこその言動だったのだと理解できてはいますが、未だに父の言葉に従わなくてはいけないのではないかという罪悪感とそれに反発する気持ちが葛藤を起こしていたことに気づきました。
そして、父の愛の部分だけを受け取って、父の言葉が自分の真実とそぐわない部分は、受け流し、自分を生きていこうという結論に至りました。

もう、過去の思考や不安は手放して、自分で選んだ幸せを生きていこう、と思えるようになりました。

はいいいえ

イクイリブリアムボトル B027
評価 ありのままの自分にOKを出す [2018/07/01]

イクイリブリアムボトル B027
By ともえ 40代/女性 (東京都)

まさに「男性との問題を抱えている」状態がずっと続いていたので、解決したいなと思い、このボトルを使用しました。
一ヵ月間使ってみて、まだまだ主張が足りないなあと思うのですが、自分の意見を飲み込んでしまうというパターンに気づくことができるようになりました。
それまでは、ありのままの自分じゃだめだという思いが強かったので、自分を主張することができなかったのですが、相手の考えていることと一致しなくても、自分の思いに正直でいいし、自分の考えにOKを出していい、と思えるようになってきたと思います。

また、ずっと引きこもりだったのが、家にずっといると閉塞感を感じるようになり、積極的に外に出るようになりました。特に、公園など緑のある場所に行くようになりました。

長年不仲だった母との関係も今までのことがウソのように和解でき、それによって母親から精神的に自立することができたと思います。
今まで、私は母に愛されていないと思い込んできましたが、それは思い違いでした。わたしが愛情とかんじるものと母の表現する愛情の違いのすり合わせができたことによって、母からとても強く愛されていたんだとちゃんと実感することができるようになりました。
もう、今までのように、母の愛情を信じてみては疑うというループに陥ることはないと思います。
母との関係を癒すことができたので、これからやっと自分を生きるテーマに入っていけるなと思います。

はいいいえ

|||||>|>>

体験談募集中! 詳細

使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。