アートビーング
ヘナの染め方

ヘナ染め方の注意点とコツ
ヘナを塗る

手で塗る場合(手袋着用)

髪の生え際にオイルを塗ります。

髪の生え際に、オイルを塗ります

オイルを塗っておくと皮膚が染まりにくく、皮膚が染まってしまった場合でも、落ちやすくなります。

首や肩に、汚れてもいいタオルを巻きます。

髪の生え際に、オイルを塗ります

ビニール製のケープ等があると便利ですが、タオルも使えます。

床や膝上を新聞紙などでカバーをします。

新聞紙で保護する

コツ・新聞紙をケープとして使う人もいます。

新聞紙で保護する

コツ・新聞紙を首の前で止めるのはガムテープがおすすめとのこと。使用後はきれいに折りたたんで古新聞として出すとよいそうです。

 質問

ヘナで風呂場や洗面台が汚れませんか?

着色防止の手袋(ビニール製やゴム製)をします。

注意点・素手で触ると、手や爪が染まります。

注意点・注意点・髪以外にも、着色します!

よくあるご質問

Q.ヘナを塗布する前に髪はを濡らす?

A.ヘナ染め前に髪を濡らす必要はありません。

マハラニヘナではインド伝統のやり方で、乾いた髪にそのままヘナペーストを塗布していきます。いろいろな染め方があり、やり方の好みですので、髪を濡らしてから塗布する方法でも構いません。いろいろとお試しいただいて、自分にあった方法を選択してください。

 質問

ヘナは髪を濡らしてから塗布?乾いた髪に塗布?

マハラニヘナではインド伝統のやり方

Q.ヘナを塗布する前にシャンプーはする?

A.ヘナ染め前のシャンプーはおすすめできません。

ヘナ染めすると、ヘナペーストが頭皮と髪から油分(油汚れも含む)を吸着します。ヘナ染めの前、シャンプーをすると皮脂を落とすぎるため、仕上がりが悪くなる可能性があるため、まったくおすすめしていません。インドでは、そのことを伝統的に知っているため、ヘナの前にオイルを髪と頭皮に塗布し、油分を補う習慣がありました。

 質問

ヘナで染める前に、髪はシャンプーしたほうがいいでしょうか?

手で塗る場合(手袋着用)

手で塗る場合(手袋着用)

初めての方でも、簡単に塗ることができます。

コツ・手の感覚が大事ですので、ぴったりとしたラテックス製の手袋などがおすすめです。

 
手で塗る場合(手袋着用)

鏡の前で、手でペーストを少しずつ取り、頭皮にすり込むように塗ります。

手で塗る場合(手袋着用)

髪が長い方は、頭のてっぺんから塗りはじめ、塗った髪はお団子を作るように巻きつけていくと塗りやすいです。

手で塗る場合(手袋着用)

コツ・こめかみや、もみあげは乾燥しやすく、乾燥すると染まりにくいので、最後にもう一度、ヘナを盛り付けるように分厚く塗ります。

手で塗る場合(手袋着用)
手で塗る場合(手袋着用)
 質問

ヘナは髪を濡らしてから塗布?乾いた髪に塗布?

ハケで塗る場合

手で塗る場合(手袋着用)

乾いた髪を櫛でとかし、頭頂で左右に分け目を作ります。ペーストをハケにしみこませ、分け目の根元から塗ります。次に1cmほど隣に次の分け目をとり、分けた髪を持ちあげ反対側に倒します。この要領で、頭全体に塗っていきます。 

部分(根元)染め

ヘナも部分(根元)染めだけを続けていくことができます。

コツ・ヘナにはすばらしいトリートメント作用がありますので、できれば毎回全体染めをされることをおすすめします。

ラップやシャワーキャップを被る

ラップやシャワーキャップを被る

注意点・ペーストが乾燥すると染まりが悪くなるので、ラップやシャワーキャップで保護します。

コツ・もみあげ部分は乾燥しやすく染まりにくいため、10cm程度に切り取ったラップを、新たに貼りつけましょう。ラップは、ペーストが垂れないよう包み、手で押さえて空気を抜いて下さい。

注意点・後頭部より首へ液垂れする場合がありますので、汚れても良いタオルなどを、首に巻いておきましょう。

 質問

生え際や、分け目、もみあげ部分の染まりが悪い

ラップやシャワーキャップを被る

一人でラップを巻くのが難しい場合は、使い捨てのシャワーキャップ等を使用すると便利です。

注意点・冷えると染まりが悪くなります。

ラップの上からタオルを巻いたり、毛糸の帽子や保温キャップを被る

コツ・特に、冬場などの寒い時期は、塗布したペーストが冷たくなってしまわないよう、ラップの上からタオルを巻いたり、毛糸の帽子や保温キャップを被るなどして、保温する必要があります。

コツ・ ヘナのペーストにユーカリオイルを混ぜたるなどして発汗を促進させる。

ドライヤーで加温する

コツ・寒い日はヘアドライヤーなどで、ラップやシャワーキャップの上から短時間加温して温めます。

 質問

ヘナもインディゴも温度で染まります~冬場のヘナの染め方のコツ:ヘアドライヤーを活用!

ヘナの置き時間、染め時間

1時間~3時間程度、塗布したまま時間をおきます。

 質問

ヘナの染め時間(置き時間)と染まり~ヘナは長く染めれば濃く染まる?

注意点・ヘナ色持ちをよくする洗い流し方「お湯洗い」

ヘナの発色をよくする、色持ちをよくするためには、必ず、お湯で洗い流してください。

注意点・シャンプーや石鹸等を使用すると、発色が悪くなります。タオルドライなどで自然乾燥させたほうが発色がよいです。

Q.ヘナをシャンプーで洗い流しても良いですか?

A.ヘナはお湯で洗い流してください。

シャンプー類や石鹸などをご使用になりますと、色落ちしやすくなります。また、ヘナには脱脂作用がありますので、ヘナをすること自体が洗髪と同様のため、ヘナ後のシャンプーは不要です。

 質問

ヘナを流した後、シャンプーすると色落ちするのですか?

ヘナ石臼挽きの洗い流し方

注意点・石臼挽きヘナは目が粗めのため、ヘナの粒子が髪にひっかかってしまう場合があります。

コツ・ ヘナを洗い流す際にちょっとしたコツがあります。最初、通常の通り、お湯で洗い流します。洗い流せたなと思った頃、最後に、タライにお湯をハリ、その中に、髪と頭を入れ、頭をもみ洗いします。お湯を2回ほど変えて、2回ほどもみ洗いしますと、髪にかかっていたヘナ石臼挽きの粉が綺麗に落ちます。

髪が完全に乾いた後、洗面台などで、軽く、髪全体を手で揉み解すようにして、多少残っているかもしれないヘナの葉のカスを振り落とします。

Q.ヘナ染めの後、いつからシャンプーして良いですか?

A .ヘナが定着する2~3日は、お湯洗いをおすすめします。

少なくともヘナ染めした当日は、お湯洗いをしてください。どうしてもシャンプーをしたい場合は、翌日以降にしてください。

 質問

ヘナで髪を染めたあとの日常は、シャンプー&リンスのみで良いでしょうか?

 質問

ヘナやハーブで配水管/排水溝が詰まりませんか?

ヘナの染め方

植物アレルギー

ヘナは優しいハーブ、お子様からお年寄りまで安心して使えます。

ヘナで染める際の注意点

ヘナ染めを避けた方が良い場合/生理中のヘナは避ける/ヘナ染め酔い/頭皮や生え際の赤染まり

ヘナの色落ち/ヘナとシャンプー

ヘナショック

ヘナの道具やヘナの一回の使用量の目安

オイルで頭皮マッサージ

ヘナを溶かす ヘナ染め方の注意点とコツ

ヘナを塗る ヘナ染め方の注意点とコツ

髪の生え際に、オイルを塗る/ラップやシャワーキャップ/色持ちをよくする洗い流し方

ヘナの塗り方動画・人それぞれ ヘナ染め方の注意点とコツ

マハラニ公式ヘナの染め方/一人ヘナの染め方/インド女性の一人ヘナの塗り方

よくあるご質問 ヘナ染め方の注意点とコツ

ヘナの使用頻度/ヘナの匂い/頭皮に染まったヘナは落ちる?

ヘナで赤く染まった白髪の赤みを抑える ヘナ染め方の注意点とコツ

ヘナ染めで赤みを抑えるインディゴの染め方・使い方

ヘナ染めの効果 ヘナには育毛/抜け毛予防効果がある?

ヘナ染めの効果 トリートメント効果

ヘナ染めの効果 くせ毛が改善・髪質改善効果

ヘナ染めの効果 リラックス/眠い/だるい

ヘナの効果:ヘナで脱シャンプー

ヘナのトリートメント効果が向上・ハーブシャンプー香る髪

希望者に染め方解説の小冊子進呈

はじめてのヘナとハーブシャンプー
ヘナ初めてです。ヘナの使い方を教えてください。

ヘナ初めてです。ヘナの使い方を教えてください。

ヘナとインドハーブQA集

メールお問合せフォーム

電話お問合せ

アフェリエート

マハラニヘナアフェリエート

このページを紹介してポイントを獲得


マハラニは株式会社アートビーングの登録商標です

Page Top