ヘナに関するよくあるご質問Q&A集

上手な染め方のコツ/インディゴ

質問 インディゴをしっかり染めるやり方を教えてください。


回答

1)溶かしたら、すぐ塗る


熱湯でないお湯でインディゴを溶かし、少し熱いめの人肌程度になったら、塗り
始めます。(30分以上寝かすと、染まりが悪くなりますので、ご注意ください。)

2)冷えないようにする


インディゴはヘナ同様、暖かいほうが染まります。
寒い季節にインディゴを塗布している間は、ラップをし、ヘアダイ用の遠赤キャップ
などをかぶっておきますと、染まりやすいです。

3)インディゴの濃度


インディゴの濃度は、濃く染めたい場合は、液状というよりはゆるめのマヨネーズ
程度に溶かします。
ボソボソしやすい場合は、つなぎとしてヘナを少し混ぜます。
硬すぎると、酷くぼそぼそしますので、お湯を足してゆるめます。

4)お湯洗いで流す


インディゴを洗い流す際はシャンプーなどはせず、必ずお湯洗いのみにします。
インディゴが発色、定着するには丸1日かかり、おおよそ3日目が一番濃く発色して
います。
そのため、できましたらインディゴをした後3日間ぐらい、少なくとも当日と翌日は
シャンプーはせず、簡単なお湯洗いにしてください。
石鹸やシャンプーなどで念入りにインディゴをすすぎ洗いしますと、色落ちがひどく
なります。

5)自然乾燥


インディゴの後、髪を乾かす際はドライヤーなどは使用せず、必ずタオルドライの
自然乾燥にします。
ヘナと違い、インディゴは洗い流した直後は発色していませんが、髪が乾いていく
過程で徐々に発色しますので、ドライヤーなどで乾かしてしまうと、発色が
止まってしまうからです。


また、可能であればヘナ染めの後、髪を乾燥させてからヘナの発色が定着する
1~3日後にインディゴの後染めをされると、色落ちがより少なく発色もよいです。
ヘナをされた後一旦髪を乾かし、つづけてインディゴの後染めをされてもかまい
ませんが、その場合、ヘナ染めの後、濡れたままの状態でヘナの色落ちが収まる
前にインディゴの後染めをしますと、インディゴがヘナと一緒にひどく色落ちして
きますので、必ず髪を一旦乾かしてからインディゴの後染めをしてください。
ヘナのみの場合は、ドライヤーで髪を乾かしていただいてもかまいません。
お問い合わせフォーム アートビーングに電話をかける

人気のキーワード

#汗/汗臭い #アトピー/トラブル肌 #アレルギー/かぶれ #色落ち #オイルヘッドマッサージ #置き時間染め時間 #髪きしむギシギシ #髪ゴワゴワ #髪頭皮油っぽい地肌べたつき #髪にコシがない #髪のボリューム #髪バサバサ #乾燥肌脂性肌敏感肌 #クセ毛改善・髪質改善 #暗めへの染め方 #黒髪 #子供 #サラサラな髪へ #使用頻度 #使用量 #脂漏性皮膚炎 #女性・妊娠・出産・生理 #石鹸/石鹸シャンプー #染まり方 #染まりが悪い #染め方 #縮毛矯正・パーマ #天使の輪 #頭皮が臭い #頭皮のかゆみ #溶かし方 #抜け毛/薄毛 #初めてのヘナ白髪染め #フケ #ヘナ好転反応デトックス #ヘナショック #ヘナの匂い #ペット #緑色の尿

ヘナ&白髪染め製品選び

保管方法・消費期限

美容室・サロン
1

ヘナに関するよくあるご質問Q&A集