アタルバ・アーユルヴェーダ・ヘアオイル
アタルバ・ヘアオイル

入荷ロットにより容器の形状が若干異なる場合があります。

ヘナの仕上がりを向上させ、頭に涼しさを誘う夏のヘアオイル

ヘナ前の頭皮マッサージや、ヘナ後に軽くつけるヘアオイルとしてお使いいただくと、染まりと仕上がりが向上します。

インディゴやハーバルカラーで染めた後、ヘアオイルとして使用すると髪をのごわつきを緩和させます。

ハーブシャンプーの前や後に適量を塗布することで、感動のサラサラ感が向上します。

髪と頭皮を清潔に保つ作用があり、汗臭さが気になったりする場合、このオイルを数滴塗布することで、まるで洗ったばかりのような、すがすがしい香りが髪から漂う、、、魔法のオイルのように感じられることもしばしばです。一年を通じて、ぜひお試しいただきたいオイルです。

アタルバヘアオイル塗布後のヘナでブラウンに発色する?公開実験結果

アタルバヘアオイル塗布後のヘナでブラウンに発色する?公開実験結果

アタルバ・ヘアオイル(ココナッツオイルベース)

アタルバ・ヘアオイル

AT18 ◆100ml 価格:2,180円(税込)

お買物かごに入れる

ベースオイルはココナッツオイルのため気温が低温の場合は黄緑色に凝固します。

代金引換/クレジット決済代引/amazon payは
本日午後3時までのご注文で当日出荷
ゆうパケットの出荷日
※出荷が翌営業日になる場合もございます。
お届け日数や配達日

お客様の体験談(抜粋)

髪のうねりが改善♪

評価★★★★★By ちょこ 40代/女性 (東京都)

…髪のうねりが強く出始め…髪を束ねるより方法がなく困って…オイルマッサージで改善した例があることを知り…ココナッツオイル(のアタルバヘアオイル)を使って3か月…うねりが弱く、気にならなくなってきました!う、うれしい!ダウンスタイル復活…

いいです(^^)アタルバ・ヘアオイル

評価★★★★★By よしえ 40代/女性 (大阪府)

…初めてアタルバ・ヘアオイルを使ってヘナ(石挽きヘナ)…ヘナ塗布後 洗い流す段階で…手触りが違う…しっとり…ギシギシしない!…トリートメント効果あり…拭いたときも、タオルの汚れ具合が以前とは違い…肝心の染まり具合も、わたしのヘナ史上最高の仕上がり…美容室で…キレイに染まってますね!やっぱりヘナをした髪は艶が凄い!と絶賛…

公開実験を機に初めて使用→満足です!

評価★★★★★By こぶうどん 40代/女性 (鳥取県)

…大匙1.5杯(髪の長さは肩の少し下、量多い)を前夜にマッサージして塗布…使ったヘナ…石臼挽き…置き時間…2時間…色味の感想…前より赤みが抑えられ…黄色味が強い茶系の色味…ヘナの時だけでなく、シャンプー前に頭皮をマッサージしたら、シャンプーの必要がないくらいスッキリして匂いも気にならなくなったのはびっくり…

アタルバヘアオイルの感想

By ちゃみ 50代/女性 (大阪府) 評価★★★★★

…髪が長くて多いので…たっぷり使用し蒸しタオルをして3時間後にヘナ……いつもより若干落ち着いた色味…特筆すべきは髪の手触り…髪は縮毛、剛毛、多毛、損傷毛の四重苦ですが「あれ?直毛?」って思うくらい、素直なサラサラの仕上がりでびっくり…

オイルマッサージ後のヘナ

評価★★★★★By harmo 50代/女性 (大阪府)

…オイルマッサージをした方が湯洗いしたあとのヘナの残り香がずっと薄く、また、早くに消えます! …

ハリ、ツヤでました!

評価★★★★★By popo 40代/女性 (大阪府)

すごい、髪にハリ、ツヤでました!!…50歳近い…シャンプーの後、毛先に少し塗るだけで、自然なツヤ…ヘッドマッサージをしたところ、髪にハリが…お顔までが、ツヤツヤしている感じ…

ヘナショック予防&修正に。

評価★★★★★By けちゃまる 30代/女性 (福岡県)

…ヘナの前日に(ヘアオイルを)頭皮にだけ塗って寝て、翌朝ヘナ(石臼挽き)を塗って1時間ほどおいて流す…髪質改善には劇的な効果は見られず…次にオイルを頭皮だけでなく、かき分けながら髪にも塗りたくってターバンを巻いて寝て、翌朝ヘナを塗り3時間(石臼挽き)おいて流すとツヤやサラサラ感が過去最高の仕上がりに…オイルが多すぎたのか少し油っぽさは残って…夜シャンプーを2回…オイルの量の加減が難しい…「オイルは足りないぐらいなら多すぎの方が後で洗えばいいのでどうにかなる」…

こういうことか

評価★★★★★By yara 40代/女性 (兵庫県)

…更年期。猛暑…首から上は汗だく…このオイルのおかげで匂い・かゆみ等の不快感からサヨナラ…香る髪で洗髪のあと、ほんの少しを手のひらにとり、こすり合わせて伸ばし、指先で頭皮につけ…ハーブシャンプーは5日に1度…それ以外の日はぬるま湯シャンプーの後、同じようにオイルをつけ…オイルなのに頭皮が軽い。汗が乾けばサラサラです。本当に快適…

※体験談には好評価の体験談を抜粋。全文は以下の体験談コーナへ。

アタルバヘアオイル製品体験談

アタルバヘアオイルの製品体験談をもっとみる

オイルヘッドマッサージ→ヘナはインド伝統のやり方

オイルヘッドマッサージ

ヘナには油分を取り除く作用があるため、ヘナ使用前にオイル分を補いながら頭皮ケアをかねて頭皮マッサージを行うということがインドでは伝統的に行われてきました。 アタルバのヘッドマッサージオイルをヘナ前ハーブシャンプー前の頭皮マッサージに、あるいは日頃のヘアオイルとしても活用してください。

ヘナする前には 良質なオイルで 頭皮のヘッドマッサージが おすすめ!

オイルの効果と使い方説明:ヘナする前には 良質なオイルで 頭皮のヘッドマッサージが おすすめ!

ヘッドマッサージオイルの効果

ヘナによる油分の取りすぎで発生する髪のバサつきを抑えることでヘナの使用感が向上。ヘナの匂いが抑えられ、頭皮の赤味染まりが低減。また、意外にもお顔の肌が潤いが増してきたとのご意見をいただきます。頭皮とお顔の肌はつながっており、頭皮から油をとりすぎとでお顔の肌も乾燥し、逆に頭皮にオイルを補うとお顔の肌も潤うのです。

ヘナ前に良質なオイルでヘッドマッサージをする効果

ヘナ前に良質なオイルでヘッドマッサージをする効果

冬場は黄緑色に凝固し、底にハーブカスが沈殿します。

ベースオイルはココナッツオイルのため、気温が低温の場合は凝固します。冬場はオイルが薄緑色に固まるだけでなく、底面にハーブカスがたまっているのが見えます。これはオイルの製法によるもので異常(カビなどではない)ではありませんのでご心配は不要です。

薄緑色に凝固するアタルバヘアオイル

薄緑色に凝固するアタルバヘアオイル

7つのハーブがココナッツオイルの爽やかで甘い香りに包まれ心地よい使用感

アタルバ・ヘアオイル全成分:ヤシ油(ココナッツ油)、アンマロク(アムラ)、バコバモンニエラ(ブラーミ)、タカサブロウ(マカ/ブリンガラジ)、アロエヴェラ(クマリ)、甘草(イェシティマドゥ)、ミロバラン(ハルダ)、セイタカミロバラン(ベハダ)。

アムラ(成分名:アンマロク)

アムラ(成分名:アンマロク)

アムラはアーユルヴェーダでは基本のハーブのため、アタルバでは農園に広くアムラの木を定植させ、現在、アムラの実の収穫が始まっております。ただ、アムラは多くの量を必要とするため、自前の農園のものと、外部の農薬を使用しないでて収穫されるアムラの実を使用しております。アムラの実は年に一回の収穫で、収穫期に種を取り除き乾燥保管したものを原材料として使用しております。

ブラーミ(成分名:バコバモンニエラ)

ブラーミ(成分名:バコバモンニエラ)

地這いの植物バコバモンニエラ種のブラーミを使用。しっかりと地面に根を食い込ませ地面を覆い尽くすように生える姿から、インド人は「毛根によい作用をする」と考え、ヘアオイルに使用されることが多い。このブラーミの生葉ジュースを原材料として使用するため、オイルは深い緑色をしている。

クマリ(成分名:アロエヴェラ)

クマリ(成分名:アロエヴェラ)

アタルバではアタルバ農園にて収穫されるアロエヴェラの絞りたてジュースを原材料として使用し、ヘアオイルを製造しています。

ヘナする前には 良質なオイルで 頭皮のヘッドマッサージが おすすめ!

ヘナする前には 良質なオイルで 頭皮のヘッドマッサージが おすすめ!(やり方説明)

おすすめのオイル

アタルバ・ヘッドマッサージオイル

アタルバ・ヘッドマッサージオイル

アムラ(アマラキ)、ブランミー(ブラーミ)のほか、シャタバリの根エキス、カス(ベチベル)根エキスが主成分のアーユルヴェーダ伝統のヘッドマッサージオイル。

アタルバ・ヘッドマッサージオイルR

アタルバ・ヘッドマッサージオイルR

アムラ(アマラキ)、ブランミー(ブラーミ)を配合したアーユルヴェーダ伝統のヘッドマッサージオイルに、アタルバ独自に無農薬栽培し水蒸留したローズオイルを配合。

アタルバ・ヘッドマッサージオイルLV

アタルバ・ヘッドマッサージオイルLV

ラベンダーの香りヘッドマッサージオイルはヘナ前の頭皮マッサージに、ヘナ後のヘアオイルとして、さらにハーブシャンプー後のヘアオイルとしておすすめ。

よくある質問

Q:アタルバヘアオイルは少し焦げたような匂いがしますが問題ないでしょうか?

A:アーユルヴェーダ製法ですので、やや焦げたような匂いがする場合があります。

アーユルヴェーダ製法では、まずハーブエキス(天然保湿成分)を水溶させ、ハーブエキス水溶液にオイル(アタルバヘアオイルではココナッツオイル)を落とし、水は下に油は上に分離し、下から熱することでぐつぐつを煮込みます。水があるため温度は100度です。水分がなくなった瞬間に火を止めるため、100度以上に加熱されることなく、何時間も煮込み続け、水が蒸発しきった段階で水溶性のハーブエキス(天然保湿成分)がオイルに転写されます。その際、ハーブエキス液に残ったハーブ成分が焦げることがあり、わずかに焦げの匂いがする場合があり、このわずかな焦げ臭さがアーユルヴェーダ製法の特徴でもあり証なのです。

Q:マハラニヘアケアオイルとアタルバヘアオイル、アタルバヘッドマッサージオイルの違いを教えてください。

A:アタルバ系のオイルは根本的に製法が異なり、アーユルヴェーダ製法です。

マハラニヘアケアオイルはベースオイルに精油を配合した製品で、主に、ヘナやハーブシャンプーの際に、インドハーブに匂いを緩和する精油系のオイル(主に香りを楽しむ)としておすすめしています。

それに対し、アタルバ系のオイルは根本的に製造方法が異なります。アタルバはインドではアーユルヴェーダ製品を製造する会社として知られ、アーユルヴェーダ製法によるオイルがアタルバヘアオイル、アタルバヘッドマッサージオイルシリーズです。

アーユルヴェーダ製法とはどのような製法?

アーユルヴェーダ製法とはどのような製法かといいますと、まずハーブのエキスを数日かけて水溶させ、ハーブカスを濾しとった後、そこにゴマ油(アタルバヘアオイルの場合はココナッツオイル)を落とし、ゆっくりとおおよそ一日、煮込み続けます。油は上に浮き、下にはハーブ液が沁みこんだ水があり、水は沸騰し続け、じょじょに量を減らし、水が完全に蒸発しきった瞬間に火を止めます。

こうすることで、油は常に100度の状態でキュアリングされ続け、水が完全に蒸発しきってなくなる瞬間に、オイルの中に水溶性のハーブエキスが転写され、本来、オイルに溶出することがない水溶性のハーブエキスがオイルに溶け込むという、非常にユニークな製法で、通常は腐敗してしまう水溶成分がオイルに溶け込むことで長期保管が可能になります。また、ゴマ油の場合は長時間のキュアリングにより抗酸化物質が豊富となり酸化にくい状態での長期保存となります。

こうしたアーユルヴェーダ製法によって製造されたアーユルヴェーダオイルは吸収がよく、保湿作用に優れており、ヘナに相性がよいオイルとして、インドでは伝統的に使用されてきたのです。

Q:オイルを多めに使って、頭皮マッサージ してしまいました。どうしたらいいでしょうか?

A:ハーブシャンプー香る髪オイリースカルプをマヨネーズ状に溶かして塗布します

ハーブシャンプー香る髪オイリースカルプは他のハーブシャンプーより洗浄力を高めてますので、多少のオイルのベタつきは濃度により、落とすことができます。

オイルを多めに使ってしまった場合の落とし方は、マヨネーズ状に溶かし、ヘナのように髪に塗布して、5分~程度放置してから洗い流します。 ただし、あまりにもオイルで髪をべとべとにした場合、香る髪オイリースカルプでも落ちきらなくなりますので、適度な量(多すぎない)のオイルで頭皮マッサージを行ってください。

 ヘナ前のマッサージのオイルの使用量は、どれぐらいですか?

ヘナ前のマッサージのオイルの使用量は、どれぐらいですか?

 ヘナ前のオイルマッサージは何のためにするのですか?

ヘナ前のオイルマッサージは何のためにするのですか?

#オイルヘッドマッサージに関連するご質問

#オイルヘッドマッサージに関連するご質問

アタルバ・アーユルヴェーダ

使用上の注意など

メールお問合せフォーム

電話お問合せ