月の癒しの過程のなか。 - イクイリブリアムボトル B115 - オーラソーマの体験談


イクイリブリアムボトル B115
評価 月の癒しの過程のなか。 [2018/01/24]
By Kaala 30代/女性 (広島県)

ふたご座のおおきな満月に向けてゆくころ誕生したこのボトル、
日本にいる私が使い始めたのは、多くの日本のオーラソーマファミリーたちと同じく、ボトルの誕生からひと月半ほどあとの、やぎ座の新月でした。

誕生後すぐのボトルということで、そんな一体感をかんじながら、今三分の一ほどワークしています。

「一体感」というのは、心地よいだけでなく、ときに苦みも伴います。たとえば「わたしがあの子と似てるなんてなんかいや」といったような傲慢さをともなうような感情など・・・。そんなふうに「わたし自身が思ったこと」や、「わたしがだれかにそんなふうに思われている」といった感覚が、このボトルを使い始めてワッとでてくることがしばしばありました。

そのほかにもいろいろな過去のしこりのようなものが、このボトルとワークし始めたのと同時に、感情の表層にぼこぼこ登ってくるようになり、個人的には、なかなかハードなボトルワークであるようにかんじます。(あまりに過去のショックが上がってくるので、オレンジのポマンダーとクイントエッセンスを追加注文しました。)

また、いままでゆっくりペースで読書や創作活動、表現活動をしていたのですが(115番とのワーク直前までつかっていたのは50番エルモリアでした)、この115番のボトルワーク開始と同時に、就職活動を始めるなど、実際の生活モードもあきらかな変化がでています。

まだワークの途中ではありますが、この混ぜるとコーラルになるこのボトル、たくさんの人たちがつかっているこのときに、途中経過もシェアしてみたく投稿してみました。

この製品の他の体験談

はいいいえ

※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。お客様ご自身の判断でご利用ください。

体験談募集中! 詳細

使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。