ハーバルカラーで染めた後、髪がごわつく、軋む、硬くなり、手触りが悪い

QA集
質問者
質問

週に1回ハーバルカラーをしていますが、その間、毎日、髪をお湯洗いしています。薄毛の人は、髪はあまり洗わない方がいいとも聞いてますが、この方法でも頭皮に問題ないでしょうか?

まは
まは

仕上がりがよいのはヘナ100%。ただ白髪は赤っぽく染まってしまう、、、

ヘナ100%の場合はトリートメント作用が高く、染めれば染めるほど、艶がまし、手触りが向上し、サラサラな髪へ仕上がっていきますが、発色が赤オレンジになってしまいます。

ヘナ染めは赤っぽい仕上がり

ハーバルカラーには色味調整のために配合されているインディゴが髪の仕上がりを悪くする

ところが、ハーバルカラーは色味調整のためにインディゴを配合していますが、このインディゴの特性として髪をごわつかせます。ヘナ=トリートメントという構図が、インディゴの配合率が高くなるにつれ無効になってしまい、(5)ダークブラウンのようにインディゴの配合率が50%以上になってくると、塗布後、人によっては髪のごわつき感がきになってきます。

根本染めリタッチに向いているハーバルカラーシリーズ

インディゴが配合されている製品のため、髪全体を染めることで髪のごわつきが気になる場合があります。ハーバルカラーシリーズでは一旦、髪が目的の色に染まったら、根本染め(リタッチ)をし、髪全体に塗布することを避ける方法がおすすめです。特に(5)ダークブラウン、’(7)ソフトブラック、(9)ブルーブラックはインディゴの比率がヘナより多いため、根本染めがおすすめです。

ハーバルカラーで髪のゴワツキを感じたら、ヘアオイルとハーブシャンプーを上手に使いましょう。

髪にごわつきを感じたまま放置することはおすすめできません。インディゴの反トリートメント作用により髪が擦れあって痛み始めてしまうため、潤滑油として少量のヘアオイルを塗布し、さらにハーブシャンプー香る髪などで髪のトリートメントをしておくことが欠かせません。