使い方/染め方/インディゴ

初心者向け ヘナ染め後、後染めでインディゴをする場合の、染め時間を教えてください

ヘナ染め時間とインディゴ後染め時間の染まり具合チャート

インディゴの染め時間は、希望の色味次第


インディゴの後染めでどの程度暗めにしたいか、ブラウン、ダークブラウン、あるいは真っ黒かにより、後染めの時間が異なりますので、おおざっぱには上の写真のような目安になります。

染まりやすい髪質と染まりにくい髪質で染め時間は調節が必須


同じ時間塗布しても、真っ黒になってしまう髪質の方もいれば、ヘナの赤味が少し飛んだ程度だけになる方もいらっしゃいますので一概には言えませんが、インディゴであまり暗くなりたくない場合は、インディゴの濃度を落としたり、染め時間を短くすることで、ある程度調整できます。ご自分の髪質がどれぐらい染まるか、まずは15分程度など、短い時間からお試しください。

できるだけ暗めに、ほぼ黒に染めたい場合は30~40分を目安に


できるだけ暗く染めたい方は、30~40分程度とします。インディゴはお肌に刺激が強いためあまり長時間はおすすめしていませんが、最長でどんなに長くても1時間までとしてください。

インディゴにつなぎとしてヘナ粉を10%ほど混ぜると塗布しやすい


インディゴペースト

インディゴはヘナと異なり粘性がなく、水に溶かしてボソボソし(上写真)、溶かしにくく塗布しずらいため、インディゴにヘナを10%ほどつなぎとして混ぜたマヨネーズ状のものを塗布するといいでしょう。
インディゴは刺激が強いハーブなので、長時間すると身体を負担を感じる場合があります。長時間の染め時間で一度に暗く染めようとするのではなく、20分程度などの短めの時間で日にちを空けて2回行う方が、色濃く、お肌の負担も軽く済みます。

ヘナとインディゴの時短染め


ヘナとインディゴでどのような色に染めるか、希望の色味によりヘナの染め時間、インディゴの後染め時間の目安があります。ヘナを長く染めればいいということではありません。

インディゴの時短染め

詳しくは以下のページを参照し、ご自分の希望の色味にあった染め時間を見つけてください。

ヘナとインディゴの時短染め

ヘナとインディゴの時短染め



関連タグ

#置き時間染め時間

お問い合わせフォーム 電話番号を表示

使い方/染め方/インディゴ

選択カテゴリ

インディゴ

カテゴリ一覧

よくあるご質問/アートビーング全般



お問い合わせフォーム 電話番号を表示