ヘナには菌が多く、販売が難しくなるという話をききました - ヘナの安全性/品質/ヘナ

|

ヘナ・よくあるご質問

ヘナ > よくあるご質問 > ヘナの安全性/品質/ヘナ
ヘナの安全性/品質/ヘナ
質問

ヘナには菌が多く、販売が難しくなるという話をききました


ヘナの木

回答

コロナの時代、菌に過敏になっている?


最近、コロナということで皆さんが「菌」などに敏感になっていますが、天然の植物ですので、野菜はもちろん、すべての植物には菌がついており、これを「常在菌」と呼んでいます。ヘナが収穫されたばかりで、鮮度があり、かつ、しっかりと天日乾燥されている状態ではヘナには異常な量の菌は繁殖していません。

ヘナに菌が繁殖すると臭みの強くなってしまう


ヘナが収穫したての状態では鮮度があるため菌が異常に繁殖することはなく、こうした鮮度のあるヘナを使った場合、干し草のような香りはしますが臭いということはありません。ところが、収穫してから時間が経過するとともに鮮度が落ちてきますと菌が繁殖しはじめ、こうした鮮度が落ちたヘナをご使用になると「生臭い」というか、やや臭みが強くなり、使っていて心地悪さを覚えます。特にヘナが収穫され、葉の状態で長期保管され、インドの雨期を通じて保管されたヘナの葉を粉末化製品化する場合、湿気によって雑菌が繁殖しているため、臭みの強いヘナとなり使用感が劣ります。

マハラニヘナは鮮度がよい状態のヘナを真空パックしています


ヘナは安全な白髪染めだけではありません。鮮度があるヘナをしていると、そのなんともいえない心地よさに、繰り返しヘナをしたくなります。ヘナでリラックスできて気持ちよいという体験には鮮度のあるヘナが欠かせないため、マハラニではインドのヘナの産地で、ヘナの収穫期にヘナを買い付け粉末化、そのまま鮮度がある状態のヘナを真空パックしてお届けしていますので、雑菌の繁殖も心配なく、心地よいヘナタイムをお楽しみいただけます。
ヘナの木
ヘナには雑菌が多く、今後、日本での販売が難しくなる可能性があるという話を聞きました。






ヘナの安全性/品質/ヘナ



人気キーワード


ヘナ
インディゴ
ハーバルカラー
ヘナ&白髪染め製品選び
ハーブシャンプー
ハーブシャンプー製品選び
癖毛
縮毛矯正/パーマ
その他のハーブ
スキンケア
オイル
植物アレルギー
保管方法・消費期限
その他


アートビーング全般よくあるご質問

お支払い方法
アートビーング・メンバーズ