ヘナの一回の使用量の目安を教えてください - 溶かし方/ヘナ

|

ヘナ・よくあるご質問

ヘナ > よくあるご質問 > 溶かし方/ヘナ
溶かし方/ヘナ
質問

ヘナの一回の使用量の目安を教えてください


ヘナの粉は真空パックで圧力でダマになっていますので、フルイにかけるかチャコシなどでダマをつぶしてください

初心者向け
何で塗るのか(手か、ハケか)、全体染めをするのか、部分(根元)染めをするのか、そして、髪の量や頭の大きさなどの個人差により一回の使用量は異なりますが、手で塗る場合の全体染めの大方の目安として、以下をご参照ください。

全体染めの使用量目安


ロング:約100g~
セミロング:約60g~
ショート:約30g~
※使用するヘナの重さの4倍のお湯(50~60度)で溶かし、硬すぎればお湯を少し足し、緩すぎる場合はヘナ粉を足して調整します。
※ハケの場合は、20%程度少ない使用量で、水分をやや多めに溶かしてください。

ヘナを寝かす

ヘナは長時間寝かす必要は全くありませんので、足らなかったらすぐに溶かして量を足せます。


ヘナは通常、15分~1時間程度馴染ませて寝かせますが、万が一の場合、例えば塗布している間に事前に用意しておいたヘナペーストが足らなくなることがありますが、足らなくなったら、ヘナ粉を継ぎ足してお湯を入れ増量し、そのまますぐに塗っても構いません。

リタッチ根本染め(部分染め)の使用量目安


部分染めでは、髪の長さにかかわらず、額の上、頭頂部、鬢、耳の上あたりを手やハケで塗布するとして、おおよその使用量の目安30g 程度で、緩めのペーストを使用します。

ヘナ100%で染める場合はヘナは髪へのトリートメント作用が高いため全体染めをおすすめします


ヘナは単に安全な白髪染めにとどまらず、ヘナならではのトリートメント作用がありますので、リタッチ部分染めの合間に、定期的にヘナによる全体染めをおすすめします。

安全安心なヘナ製造の真実:真空パックのメリットとデメリット

安全安心なヘナ製造の真実:真空パックのメリットとデメリット


ダマにしないヘナの溶かし方+ハーバルカラーも同様

ダマにしないヘナの溶かし方+ハーバルカラーも同様













溶かし方/ヘナ



人気キーワード


ヘナ
インディゴ
ハーバルカラー
ヘナ&白髪染め製品選び
ハーブシャンプー
ハーブシャンプー製品選び
癖毛
縮毛矯正/パーマ
その他のハーブ
スキンケア
オイル
植物アレルギー
保管方法・消費期限
その他


アートビーング全般よくあるご質問

お支払い方法
アートビーング・メンバーズ