植物アレルギーについて/植物アレルギー

回答 パッチテストの置き時間は、48時間しなければいけないのですか?

パッチテストの置き時間

ハーブ類で48時間は困難です


マハラニでは公式には、厚生労働省の指導に基づいたガイドラインの方法(48時間のパッチテスト)をお伝えしております。ただし、一般のクリームや化粧品類とは異なり、粉を溶かしてペースト状にして、その状態でのパッチテストを日常生活で48時間行うことはほぼ困難です。それは主に粉を溶かすペーストが乾燥するとぼそぼそと粉にもどって落ちてしまい、48時間もの長時間、皮膚上に保持することができないからなのです。ヘナやハーブのパッチテストでは、ほとんどの場合、30分~1時間程度のパッチテストで植物アレルギーの有無はわかるため、30~1時間の簡易のパッチテスト方法が現実的だと考えています。

ファクトとしての植物アレルギー


ヘナやハーブは優しい植物

ヘナ(ヘナ100%)は優しい植物のため、お子様から老人まで比較的安心してご使用いただけます。ただし、最近、ヘナにインディゴを配合したヘナ関連製品(例:ハーバルカラーシリーズ)などの場合は、植物アレルギーでお使いいただけない方が増えているのは事実です。過剰な心配は不要ですが、念のためにパッチテスト(簡易)を実施していただいてからお試しいただけるようにお願いします。詳しくは以下のページをご参照ください。

ヘナとインディゴの時短染め

ヘナ染め方の注意点とコツ 植物アレルギー

ヘナは優しいハーブ、お子様からお年寄りまで安心して使えます。使用前には念のためパッチテストを行いましょう。


ごく稀に強いアレルギー反応が出る場合がある


また、いままでの例では、植物アレルギーの中には、ごく「稀」(過去20年間で1例)ではありますが、アナフィラキーショックのような劇症のアレルギーの例がありました。まずこうした劇症アレルギーには細心の注意が必要で、簡易テストで簡単に劇症アレルギーの有無が判定できます。

植物アレルギーがある場合、不用意に髪に塗布すると、頭皮に痒み、痛み、赤腫れなどの症状が出たり頭痛を引き起こします。こうした植物アレルギー反応が発生しうる製品は、シカカイとインディゴ、さらにこれら二つのハーブが配合されている製品(ハーバルカラー全シリーズ、ハーブシャンプー香る髪全シリーズ、ヘナシカ洗髪粉)です。

ヘナやハーブは優しい植物

どのハーブが植物アレルギー出やすい?ヘナや製品別・植物アレルギー度


植物アレルギーの場合の反応について


万が一、植物アレルギー反応が予想される場合は、パッチテストで10分~程度、パッチテストとして10円玉くらに塗布したところに痒みなどが感じられ、さらにすぐに洗い流しますと、10円玉サイズに赤く腫れ、皮膚表面が盛り上がっているなどの状態になります。
使用前には必ずパッチテストを実施し、アレルギー反応の有無を確認してから使用を開始していただけますよう、お願いします。

一般的には自然のものですので、お子様から年配の方でも安心してお使いいただけます!


過剰な心配は不要ですが、一応、ファクトとして植物アレルギーの方もいらっしゃいますので念のためのご連絡です。一般的には自然のものは安心して使えます。

関連タグ

#アレルギー/かぶれ

お問い合わせフォーム 電話番号を表示

植物アレルギーについて/植物アレルギー

選択カテゴリ

植物アレルギー

カテゴリ一覧

よくあるご質問/アートビーング全般



お問い合わせフォーム 電話番号を表示