インディゴをしっかり染める使い方を教えてください。 - 上手な染め方のコツ/インディゴ

|

ヘナ・よくあるご質問

ヘナ > よくあるご質問 > 上手な染め方のコツ/インディゴ
上手な染め方のコツ/インディゴ
質問

インディゴをしっかり染める使い方を教えてください。


初心者向け

1)溶かしたら30分程度馴染ませてから塗布する


50~60度のお湯でインディゴを溶かし、30分程度馴染ませてから塗り始めます。以下、ハーバルカラーの説明の中ほどにインディゴの実験結果があります。

ハーバルカラーは30分寝かせてから塗布するとよく染まる!?
ハーバルカラーは30分寝かせてから塗布するとよく染まる!?


ただし、1時間以上寝かすと、染まりが悪くなりますので、ご注意ください。また、30分放置している間に冷えてきますので、湯銭などして温めてから塗布してください。

ヘナを湯銭する

冬場でヘナがよく染まらない?冬場のヘナの溶かし方:湯煎

ヘナやハーバルカラー、インディゴを30分馴染ませる際、湯煎しておくと冷えません



よく染めるためのインディゴの溶かし方
よく染めるためのインディゴの溶かし方

2)冷えないようにする


インディゴはヘナ同様、暖かいほうが染まります。寒い季節にインディゴを塗布している間は、ラップをし、ヘアダイ用の遠赤キャップなどをかぶっておきますと、染まりやすいです。

染め方のコツ:ヘナもインディゴも温度で染まります
染め方のコツ:ヘナもインディゴも温度で染まります

3)インディゴの濃度


インディゴの濃度は、濃く染めたい場合は、液状というよりはゆるめのマヨネーズ程度に溶かします。ボソボソしやすい場合は、つなぎとしてヘナを少し混ぜます。硬すぎると、酷くぼそぼそしますので、お湯を足してゆるめます。

インディゴがぼそぼそ乾いてしまい、塗りにくいんですが、何かいい方法はありませんか?
インディゴがぼそぼそ乾いてしまい、塗りにくいんですが、何かいい方法はありませんか?

4)お湯洗いで流す


インディゴを洗い流す際はシャンプーなどはせず、必ずお湯洗いのみにします。インディゴが発色、定着するには丸1日かかり、おおよそ3日目が一番濃く発色しています。そのため、できましたらインディゴをした後3日間ぐらい、少なくとも当日と翌日はシャンプーはせず、簡単なお湯洗いにしてください。石鹸やシャンプーなどで念入りにインディゴをすすぎ洗いしますと、色落ちがひどく
なります。


石鹸シャンプーは天然のヘナやインディゴを色落ちさせる

5)自然乾燥


インディゴの後、髪を乾かす際はドライヤーなどは使用せず、必ずタオルドライの自然乾燥にします。ヘナと違い、インディゴは洗い流した直後は発色していませんが、髪が乾いていく過程で徐々に発色しますので、ドライヤーなどで乾かしてしまうと、発色が止まってしまうからです。

	インディゴの発色が悪い、紫に染まってしまった
インディゴの発色が悪い、紫に染まってしまった






上手な染め方のコツ/インディゴ



人気キーワード


ヘナ
インディゴ
ハーバルカラー
ヘナ&白髪染め製品選び
ハーブシャンプー
ハーブシャンプー製品選び
癖毛
縮毛矯正/パーマ
その他のハーブ
スキンケア
オイル
植物アレルギー
保管方法・消費期限
その他


アートビーング全般よくあるご質問

お支払い方法
アートビーング・メンバーズ