ヘナショック・トラブル編/ヘナ

初心者向け ヘナは皮膚にも染まりますか?

インドではヘナで皮膚に模様を描く「メンディアート」が主なヘナの活用方法


インド伝統のメンディアート

インドでは伝統的に、ヘナはヘアケアにも使われてきたことも事実ですが、どちらかというとメンディアートが主な用途でした。

メンディアート

ヘナで皮膚も綺麗に染めることができる、逆にいうと毛染めとしてヘナをすることで頭皮はもちろん、手、爪にも染まってしまいますので、塗布される場合は以下のようなことに注意してください。

ヘナする際、必ず手袋をしてください


素手でヘナを塗布しますと手爪が染まります。皮膚部分はしばらくすると色落ちしますが、爪部分は色落ちしませんので特に注意してください。過去、エジプトなどにおいてヘナで爪を染めるヘナマニキュアなどがなされたらしいです。

ヘナする際、オイルの頭皮マッサージをしておきましょう


オイルの頭皮マッサージ

ヘナ前の良質なオイルでヘッドマッサージをする効果


ヘナで油分が落ちすぎると、髪がきしむなど仕上がりが悪くなるため、ヘナ前にオイルで頭皮をマッサージし、あらかじめ髪や頭皮に油分を補うことで、仕上がりが向上するだけでなく頭皮ケアにもなり、また、ヘナショックや頭皮の赤染まりなどを緩和させることができます。

ヘナ前に良質なオイルでヘッドマッサージをする効果

ヘナ前に良質なオイルでヘッドマッサージをする効果


ヘナ前に良質なオイルでヘッドマッサージをお勧めする理由

ヘナ前に良質なオイルでヘッドマッサージをお勧めする理由


関連QA

頭皮に染まったヘナは落ちますか?
ヘナしたら、頭皮が赤く染まりました。防ぐ方法はありますか?

お問い合わせフォーム 電話番号を表示

ヘナショック・トラブル編/ヘナ

選択カテゴリ

ヘナ

カテゴリ一覧

よくあるご質問/アートビーング全般



お問い合わせフォーム 電話番号を表示