ヘナでトリートメントするとカラーリング部分が赤っぽく染まる。どうせなら黒髪に色戻ししたい。 - ヘナカラー・染まり方/ヘナ

|

ヘナ・よくあるご質問

ヘナ > よくあるご質問 > ヘナカラー・染まり方/ヘナ
ヘナカラー・染まり方/ヘナ
質問

ヘナでトリートメントするとカラーリング部分が赤っぽく染まる。どうせなら黒髪に色戻ししたい。


質問:現在白髪はないのですが、カラーリングで髪が傷んでしまったのでヘナ100%でトリートメントしていますが、以前、ヘアダイをしていた部分の髪が赤っぽくなってしまう。どうせなら黒髪に戻そうと思い、ヘナとインディゴが混ざっているものの使用を検討しています。

初心者向け

カラーリング剤で染まった髪にヘナトリートメントするとヘナカラーの赤オレンジ味が目立つ場合がある


どのような色にカラーリングされていたか、髪質や髪の状態、どのようにヘナをされたかにもより発色は若干異なりますが、どうしてもカラーリング箇所は赤オレンジなど、ヘナカラーの赤味が強く染まります。
上の写真、黒髪にカラーリング/ヘアダイでダークブラウンに染め、そこにヘナが入った状態ですが、かなり赤味が目立ちます。これはほとんどヘナで白髪が赤茶に染まった状態と一緒ですので、ヘナとインディゴの白髪染めとまったく同じ方法になります。



上の写真のように、ヘナをされた後に、このヘナカラーの赤味を抑える、あるいは、黒っぽく染め直す場合は、インディゴで後染めします。

マハラニ・インディゴ
ヘナの赤味を暗めに抑えるマハラニインディゴ


インディゴはヘナと違いボソボソして髪に塗りにくいため、インディゴ単体の場合は10%程度のヘナをつなぎに混ぜ込んだ方が塗りやすいです。

これを熱湯でないお湯で溶かし(50~60度がベスト)、人肌程度に冷めたところで髪に塗り、10~30分程度で洗い流します。
この時の塗布時間は、どの程度暗くしたいかや個々の髪の染まりやすさなどにより異なりますので、以下のチャート目安を参考に、お好みで調節ください。



ヘナカラーの黒髪戻しに成功したら、それ以降はヘナでトリートメントを続け、髪の色艶と手触りを維持してください。


白髪染めとは異なり、ヘナの後、毎回インディゴを使う必要はありません。一旦、目安色に染まったら、インディゴは不要になります。

カラーリングの黒髪戻しはプリン解消の方法と同じです


以下のページもぜひ一度ご参照ください。
プリン状態にヘナとインディゴでプリンを解消した状態
ヘナでカラーリング茶髪のプリンを解消したい。












ヘナカラー・染まり方/ヘナ



人気キーワード


ヘナ
インディゴ
ハーバルカラー
ヘナ&白髪染め製品選び
ハーブシャンプー
ハーブシャンプー製品選び
癖毛
縮毛矯正/パーマ
その他のハーブ
スキンケア
オイル
植物アレルギー
保管方法・消費期限
その他


アートビーング全般よくあるご質問

お支払い方法
アートビーング・メンバーズ