インディゴが色落ちします。インディゴの染め時間を長くすると色持ちがよくなりますか? - 色落ち/インディゴ

|

ヘナ・よくあるご質問

ヘナ > よくあるご質問 > 色落ち/インディゴ
色落ち/インディゴ
質問

インディゴが色落ちします。インディゴの染め時間を長くすると色持ちがよくなりますか?


インディゴが色落ちします。染める際に長く染めると色の定着がよく、色持ちがするでしょうか?

回答

インディゴは長く染めても濃く染まったり、色持ちがよくなることはありません。


インディゴは回数を繰り返したほうが暗めに染まる
インディゴは回数を繰り返したほうが暗めに染まる


インディゴは髪に塗って長く放置しておけばおくほど、濃く染まる性質のハーブではありません。
暗めに、黒に近く染めたい場合でも、1時間までで、それ以上染めても濃く染まったり、色持ちがよくなることはありません。また、インディゴはヘナと違ってお肌への負担が高いため、1時間以上、髪に塗布したまま放置するのはおすすめしません。

インディゴ染めは染め時間の長さよりも回数で濃く染まり色持ちもよくなる。


インディゴは刺激が強いハーブなので、長時間するとお肌に負担を感じる場合がありますので、長時間の染め時間で一度に暗く染めようとするのではなく、30分程度などの短めの時間で日にちを空けて2回行う方が、色濃く、お肌の負担も軽く済みます。

市販のシャンプーで頻繁に髪を洗うとインディゴは色落ちする



石鹸シャンプーは天然のヘナやインディゴを色落ちさせる


インディゴの色持ちが悪いと感じる場合、市販のシャンプーや石鹸シャンプーなどで頻繁に髪を洗っている場合がありますので、市販のシャンプーなどを避け、また髪を洗う回数を減らすとよいでしょう。

ハーブシャンプー香る髪がおすすめ


マハラニでは、洗浄力がマイルドで、インディゴの色落ちを低減させ、洗髪回数そのものを減らしていくことができるため、ハーブシャンプー香る髪をおすすめしています。

ハーブシャンプー香る髪
ハーブシャンプー香る髪


インディゴの特質として、日にちが経過するとどうしても徐々に色落ちしていく傾向があります。しっかり染めたいやり方は、下記をご参照ください。

インディゴをしっかり染めるやり方を教えてください。

染めた後の髪にオイルをつけることで、染まりが幾分か長持ち


ヘナとインディゴの時短染め

マハラニ ヘアケアオイル

ハーブシャンプー後やヘナ後に、ヘアオイルとして髪に刷り込めば、ウッディな香りが心地よく広がります。ヘナ前の頭皮マッサージにもぜひご活用ください。


アタルバヘッドマッサージオイル

アタルバヘッドマッサージオイル

アムラ(アマラキ)、ブランミー(ブラーミ)のほか、シャタバリの根エキス、カス(ベチベル)根エキスが主成分のアーユルヴェーダ伝統のヘッドマッサージオイル。


アタルバ ヘアオイル

アタルバ ヘアオイル

7つのハーブがココナッツオイルの爽やかで甘い香りに包まれて心地よい使用感+少量を上手に使うと髪がサラサラに仕上がります。



ただし、オイルをつけるのは、インディゴをした翌日以降にしてください。洗い流してすぐなどにオイルをつけると、発色が悪くなることがあります。また、オイルの量はベタベタしない、ほんの少しの量にしましょう。








色落ち/インディゴ



人気キーワード


ヘナ
インディゴ
ハーバルカラー
ヘナ&白髪染め製品選び
ハーブシャンプー
ハーブシャンプー製品選び
癖毛
縮毛矯正/パーマ
その他のハーブ
スキンケア
オイル
植物アレルギー
保管方法・消費期限
その他


アートビーング全般よくあるご質問

お支払い方法
アートビーング・メンバーズ