使い方/イクイリブリアムボトル

初心者向け イクイリブリアムボトルB026をペットに使う場合の塗布の仕方を教えてください。

イクイリブリアムボトルB026をペットに使う場合は、ペットの腹部に使用します。

オーラソーマ イクイリブリアムボトルB026・エーテルレスキュー
オーラソーマ イクイリブリアムボトルB026
エーテルレスキュー



ペットを左手で触れながら、右手でボトルが十分混ざるまでシェイクします。
そして十分シェイクできたら、それを左手のひらに受けて、両手で混ぜてペットの腹部周辺に塗ってあげます。
個人的な意見では、人間の一方的な塗布ではなく、ペットと対話するようにして許可を得るようにして塗ってあげるといいのかな?と感じます。

オーラソーマでは動物には一般的にB026のハンプティダンプティボトルをおすすめしており、動物自身もB026を好む傾向にあるようですが、場合によってはB03のハートボトルを使ったりすることもあります。

オーラソーマ イクイリブリアムボトルB003・ハートボトル
オーラソーマ イクイリブリアムボトルB003
ハートボトル


動物には人間よりもはるかに自然治癒の本能を持っています。(とは言え、飼い犬や飼い猫はその本能が鈍っていることもあるようですが)
例えば、お腹を壊せば食べませんし、散歩に連れて行くと普段は食べない道端の草をしきりに食べようとしたりします。自分に必要なものを本能的に知っているようです。
なので、ペットがそのボトルを好んでいる様子かどうか、ペットの反応を見て選ぶのもいいでしょう。




関連QA

猫にとって安全なものでしょうか?



使い方/イクイリブリアムボトル

選択カテゴリ

イクイリブリアムボトル

カテゴリ一覧

よくあるご質問/アートビーング全般

お問い合わせフォーム
オーラソーマ/エイオス製品のお問合せは、お問合せフォームより承っております。