湯シャンを続けて一か月、頭皮のベタツキが不快で挫折しそうです

ハーブシャンプー香る髪

質問:湯シャンを続けて一か月、頭皮のベタツキが不快で挫折しそうです。ヘナやハーブシャンプーはどうでしょう?

ベタツキをガマンしたまま湯シャンを続けるのはおすすめできませんし、挫折される方が多いです。

人の頭皮は、長年のシャンプー剤の使用で、皮脂が過剰に分泌されるようになっていますので、シャンプー剤使用をやめ、湯シャンなどをはじめた場合、まず最初に直面するのが、過剰な皮脂分泌による頭皮のベタツキです。

油分の分泌が適正になるには、何年もかかる場合があり、そう簡単ではありません。油分の分泌が適正になるのを待つしかありませんが、べたつきを放置されますと、慢性的に毛穴が古い皮脂づまりを起こす可能性もあり、時折、適宜、頭皮のオイルをある程度は取り除いてやる必要があります。

快適に脱シャンプーする方法

1)ヘナをする

ヘナは白髪を染め、髪をトリートメントするだけでなく、最良のシャンプー剤です。ヘナには油を取り除く作用があり、ヘナを1~3時間、塗っている間、じっくりと毛穴に浸透して毛穴の油汚れを吸い出して頭皮や髪をきれいにします。湯シャンを続けていて、毛穴に古い油が詰まってきている場合は適宜、ヘナをして、毛穴をさっぱりしてやるといいでしょう。

2)ハーブシャンプー香る髪を使う

野生の森の木の実や無農薬のハーブを配合した天然の素材100%ハーブシャンプー香る髪で髪を洗いながら、快適に脱シャンプーしましょう。
特に湯シャンを続けた方の場合、ハーブシャンプーの良さは体験しやすいため、湯シャンの途中途中にハーブシャンプーをされるといいでしょう。