脱シャンプーの決め手は頭皮毛穴の洗浄→フケ・かゆみを改善

ハーブシャンプー香る髪

ハーブシャンプー香る髪を使用開始時、なかなかうまくいかずに挫折してしまう方もいます。いろいろと工夫しての試行錯誤をしていきましょう!

フケや痒みの改善のために

上の体験談の方はハーブシャンプー香る髪をペースト状にして頭皮に刷り込むことでフケ・かゆみ・夕方以降の頭皮臭に一定の改善が見られたと報告してくれました。液体状に溶かしたハーブシャンプー香る髪では、髪と頭皮の表面の洗浄はできますが、毛穴の中まで浸透して汚れを掻き出すことができません。そのため、ペースト状にして刷り込み、塗布することで香る髪が毛穴へ浸透して洗浄した結果、改善があったと思われます。

頭皮、毛穴の大掃除が大事

長年の合成シャンプーなどの使用で、頭皮と髪が不潔になりやすくなっていた場合、実は毛根、毛穴が汚れてしまっているため、表面だけの洗浄では十分でない場合があります。フケ、痒み、臭いを改善していくには、ヘナをする、あるいは、洗浄力のある香る髪をヘナに混ぜて、30分~1時間の頭皮パックをする、これで頭皮と毛根を一旦すっきりさせるとよいでしょう。

頭皮パックをすることで、体温でペーストが温まり、温度で毛穴の中に詰まっていた油汚れなどが浮き上がります。ヘナ単体よりもハーブシャンプー香る髪を10%~20%程度混ぜ込んだペーストで頭皮パックを30分~1時間行うことで洗浄力が一段とアップします。ただし、香る髪を混ぜ洗浄力油分解力を高めていますので、長時間放置されますと、髪がややバサつくかもしれませんので、ヘナ+ハーブシャンプー香る髪の頭皮パックは30分~1時間程度にして様子をみてください。

脱シャンプー時にはいろいろと試行錯誤しましょう

何十年もずっとシャンプー剤を使用してきたわけですから、そう簡単には脱シャンプーはできません。湯シャンですととても困難ですが、ハーブシャンプー香る髪やヘナを工夫をしながら使い、より快適に脱シャンプーしましょう!