ヘナ染めで赤茶色が気になった場合の染め方

ヘナとハーバルカラー5を交互に使って、白髪を暗めに染めることが可能?

質問:ヘナ石挽きを気に入って使用しておりますが、後頭部の茶色に染まる部分(白髪部分)が目立ち始めたので、今回初めてハーバルカラー5を使ったところ色が暗めに入りました。ただし、ヘナと比べてやや髪がごわつきます。
そこでハーバルカラー5で暗めに染めながら、ヘナをトリートメントとして交互に使いながら、茶系の色が目立たないように暗めにしたいのですが、ハーバルカラーでうまく染まった髪にヘナをすると、ヘナ染めの明るい色に戻ってしまいますか?

ヘナとハーバルカラーを交互などにお使いになる方法がおすすめ

ヘナの場合、もともとの色により染まりがかなり左右されます。白髪を染めた場合と、すでにハーバルカラーなどで暗めに仕上がっている髪を染めた場合では、染まり上がりが異なります。

ヘナの赤味、ないしは茶色味がきになるのであれば(黒には染めたくない)以下のような方法をお試しください。

ヘナ…白髪をヘナで染めると赤茶に染まる。黒の部分は黒髪。

ハーバルカラー5…上の状態の上にハーバルカラー5で染めた場合、ダークブラウンに染まる。 

ヘナ……さらにヘナで染めると赤味が少し戻る

ハーバルカラー5……上の状態で再度、ハーバルカラー5で染めると、ダークブラウンでも黒っぽくなる。

ここで暗めに仕上がってしまう場合があるので、ヘナとハーバルカラー5を交互というよりも、ヘナを二回程度繰り返した後に、ハーバルカラー5で染めるほうがよいかもしれません。

ハーバルカラー5ダークブラウンで繰り返し染め続けると、じょじょに黒髪に仕上がってきますので、黒をご希望でないかぎりにおいて、ハーバルカラー5で繰り返し染めることはおすすめしていません。

さらに上の状態に染まっているところに、ヘナではなくハーバルカラー5で染めると……かなり黒っぽく染まり

上の状態のところに、もう一回、ハーバルカラー5を続けると黒髪に染まります。

注意!!一度、黒く染まってしまうと、明るく戻りません!

赤味がなく、やや明るめの髪を維持したい場合は

ハーバルカラー→ヘナ→ヘナ→ハーバルカラー・・・

など、様子を見ながら、ヘナの回数を大目にし、赤茶味が目立ってきたなと思った時だけとハーバルカラーと、使い分けてみてください。

要するに、ハーバルカラーにはインディゴが配合されており暗めに発色してきますが、逆にインディゴが原因となって髪がごわつき、ヘナのトリートメント作用を減少させます。

ハーバルカラー3のほうがハーバルカラー5よりインディゴ配合量が少ないため、暗く発色しにくく、また、髪のトリートメント仕上がり的にはややましです。