ヘナ前に良質なオイルでヘッドマッサージをする効果

ヘナ前のヘッドマッサージ

オイルヘッドマッサージ→ヘナはインド伝統のやり方=理にかなった方法

ヘナには油分を取り除く作用があるため、ヘナ使用前にオイル分を補いながら、同時に頭皮ケアをかねて、頭皮マッサージを行うということがインドでは伝統的に行われてきました。 

その際、使用される伝統的なヘッドマッサージ用のオイルにも頭皮や髪によいハーブだけでなく、快適なヘナタイムになるように調合されたアーユルヴェーダオイルが作られてきたのです。

アタルバヘッドマッサージオイルR アタルバヘッドマッサージオイルR

ヘナ前の良質なオイルでヘッドマッサージをする効果

ヘナで油分が落ちすぎると、髪がきしむなど仕上がりが悪くなるため、ヘナ前にオイルで頭皮をマッサージし、あらかじめ髪や頭皮に油分を補うことで、仕上がりが向上するだけでなく頭皮ケアにもなり、また、ヘナショックや頭皮の赤染まりなどを緩和させることができます。

1)ヘナの最中に心地よさが増す。
2)ヘナ特有の匂いが低減する(ヘナの最中と後)。
3)仕上がりが向上する(ヘナには脱脂作用があるため事前にオイルを補う)。
4)頭皮が赤オレンジに染まっても落ちやすくなる(適度なオイル分はヘナの髪への着色は妨げない)。
5)お顔のお肌が潤う※。

※現代人は髪の洗いすぎによって頭皮から乾燥しているため、頭皮にオイルを補うと頭皮につながっているお顔の皮膚が内側から潤う。脱脂作用のあるヘナをする前はなおさらオイル頭皮マッサージがおすすめ。ヘナ前のオイル頭皮ヘッドマッサージのやり方

油で髪がベトベトな状態の場合はやはりシャンプーして適度に油を洗い流してからヘナする

ただし、万が一、ヘナする前に髪がベトベトになっている場合は、やはり髪を洗ってからヘナをしてください。適度に髪にオイル分がある分については、ヘナの脱脂作用により問題なく白髪が染まりますが、あまりにも多い油分が残っている場合は髪を洗います。使用するオイル量が大事で使用するオイル量は以下を目安としてください。

オイルの使用量の目安

オイルおお使用量

ヘナの前の日の夜に頭皮マッサージを行い、一晩休む場合は大目の大匙2杯~

一晩、オイルをつけたまま就寝されますと、寝ている間にオイルが経皮から吸収されますので、仮にベタベタな感じであっても、翌朝にはかなり吸収されていて、ベトベトではなくなっている場合がほとんどです。仮に翌朝、油でべたついていると感じた場合は髪をハーブシャンプーなどで洗って油を落としすぎないようにある程度落としてからヘナしてください。

ヘナする数時間前にオイルで頭皮マッサージする場合は大匙1杯前後

数時間ではやや吸収が弱く、髪がべたついてヘナ前に髪を洗う必要が出てきますので、少な目の大匙1杯程度で調整してみてください。

オイルで頭皮マッサージしてすぐにヘナをする場合

小さじ1~2杯程度と、少な目で調整します。

頭皮のオイルマッサージの本当の効果

現代人は髪と頭皮の洗いすぎにより、頭皮が乾燥し、顔の肌も乾燥しています。仮に頭皮が脂性であっても、洗いすぎにより内側の油分が表面に引き出され、内側から油が抜け落ち乾燥しています。

頭皮のオイルマッサージにより、経皮・頭皮は吸収がよいため、放置時間にもよりますがオイルがしっかりと吸収されますと、お顔の皮膚にも内側から油が戻ってくるため、お顔の皮膚の乾燥が低減し潤いが戻ってきます。お客様から、オイルの頭皮マッサージとヘナをするようになってから、心持ち、顔の皺が減ったように思うとの喜びのお便りをいただくことがあります。これはヘナやオイルによる直接の効果ではありませんが、現代人は油を落としすぎているため、その弊害としてさまざまなお肌のトラブルを引き起こしていると言えるでしょう。

現代人は習慣的に、油分を落としすぎるケアを習慣的に行っています(誤ったケア方法)ので、ヘナをされる際、まずは最初に良質なオイル分を補うことから始めましょう。