ヘナ白髪染めでヘナのトリートメントを楽しもう!インディゴの後染めの回数は減らす

ヘナをしている頭

ヘナの良質なトリートメント作用で髪サラサラな手触りを楽しみましょう

ヘナ染めまではとても調子よかったのに、染まり色に気を取られ、暗めに落ち着かせるインディゴで後染めすると、あるいは、色が暗めが希望と、ダークブラウンやブラックなどのハーバルカラーで、逆に髪がごわついてぱさぱさになり、がっかりしてしまう体験をされる方が多いです。

ヘナ白髪染めのコツ:毎回、ヘナの度にインディゴの後染めをしない

きっちりと真っ黒でなくてもよい場合、適度にヘナの赤オレンジ色が抑えられればよい場合は、毎回ヘナする度にインディゴの後染めをする必要はありません。

ヘナのトリートメント、仕上がりも大事にしたい場合は、ヘナ100%を使い、できる限り、インディゴやハーバルカラーの使用頻度を押さえます。

可能な限りヘナ単体での染めを続け、赤味が目立ってきたと感じたら、インディゴやハーバルカラーなどで後染めをします。

ヘナ白髪染め後の、インディゴ後染めの回数を減らす

ヘナ白髪染め3~4回につき、一回、インディゴやハーバルカラー5や7で後染めすることで、赤味をある程度抑えながら、完璧に暗めを求めず、サラサラな仕上がり感、心地よいヘナの使用感も大切にしながら、ヘアケアを続けましょう。

トリートメント作用

ヘナ★★★★★ 髪はサラサラに仕上がる
ハーバルカラー5ダークブラウン ★★★ 髪が少しごわつく
ハーバルカラー7ソフトブラック ★★ 髪がそこそこごわつく
ハーバルカラー9ブルーブラック ★ 髪がごわつく
インディゴ 髪がひどくごわつく

ヘナの仕上がりをよくするオイル

ヘナを基本とされるお客様へは、よいオイルでの頭皮マッサージもおすすめしており、以下の製品のご使用もご検討ください。

ヘナ前に良質なオイルでヘッドマッサージをお勧めする理由