アタルバ・アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダ製法アタルバ カファマッサージオイル

アタルバ・カファマッサージオイル

カンファーの香り、カファマッサージオイルで定期的に、マッサージを行うことをおすすめします。このオイルはアーユルヴェーダではカファを沈めるオイルとされています。

特徴

主成分のアムラ(アンマロク・独自栽培)、ハルダ(ミロバラン・独自栽培と野生種)、ベハダ(セイタカミロバラン・独自栽培と野生種)、グドゥーチ(イボツヅラフジ・独自栽培)、ニーム(アザジラクタインジカ・独自栽培)は、アーユルヴェーダではお肌にとてもよい(天然保湿作用)とされており、これらのハーブを一旦、水溶した後、それらの水溶成分を独自に無農薬栽培し冷搾した黒ゴマ油にアーユルヴェーダ製法(天然保湿)にて転写しています。さらにクスノキより独自に水蒸留した精油を添加。カンファーは爽快感のある香りです。

AT48 ◆100ml 価格:2,280円(税込)

お買物かごに入れる

AT49 ◆100ml×3 価格:6,160円(税込)

お買物かごに入れる
代金引換/クレジット決済(ゆうパケットを除く)は
本日午後1時半までのご注文で当日出荷
お届け日数や配達日
ゆうパケットの配達日
※発送が翌営業日になる場合もございます。

全成分

ゴマ油、アンマロク果実エキス、ミロバラン果実エキス、セイタカミロバラン果実エキス、イボツヅラフジ茎エキス、アザジラクタインジカ樹皮エキス、クスノキ葉油

表示製造年月について

アタルバのオイルの表示製造年月は、アタルバが実際にオイルを製造した日で、容器に充填した日ではありません。小ロットづつアタルバより空輸しておりますが、製造年月については1年前ほどのものが入荷することがあり、オイルの有効期限はその表示製造年月より3年となっております。これは、実際には、アーユルヴェーダ製法にて製造され保管されていたオイルが1年後に、容器に充填され、当方に入荷したことを示しております。また、 アーユルヴェーダ製法により製造されたオイルは酸化しにくく長期保存が可能なオイルで、逆に製造してより1年程度経過したオイルのほうが品質が安定してよいとさえ言われております。

ベハダ(成分名:セイタカミロバラン果実エキス)

 ベハダ

成長すると10メートル以上の巨木となる。アタルバの農園で大きく成長したベハダの木を見上げるように望遠レンズにて撮影。インド伝統のトリファラの三つのハーブの一つに配合され、スキンケアにおいては皮膚調整剤として活用される。

使用上の注意点

植物アレルギーの心配がある方や、初めてご使用になる場合はパッチテストを行ってください。

パッチテストで異常がなくても、ご使用中、何らかの異常を感じた場合は、速やかに使用を中止し、よく洗い流してください。

お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。

化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合

(2)使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。

特異体質の方、腎臓病、血液疾患の既往症のある方、妊娠中や授乳中の方は専門医に相談してから使用して下さい。

高温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。

アタルバ・アーユルヴェーダ

体験談 1

体験談を投稿する
星5つ: (1)
星4つ: (0)
星3つ: (0)
星2つ: (0)
星1つ: (0)

評価: 評価
体験談数: 1
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。お客様ご自身の判断でご利用ください。

評価 ニームを含むカファマッサージオイルで、痒みをともなうアトピー肌を克服! [2017/12/06]

By 匿名 40代/女性 (東京都)

・香り
防虫剤の樟脳を連想させる香り。どうりで成分にはクスノキ葉油が含まれています。クスノキは、和名:樟脳、英名:カンファー。本品は、メンソールのような爽快感、苦味、辛味、酸味がまざったような複雑な香りです。

・色
やや緑がかった琥珀色。アタルバのピッタ、ヴァータ、カファの3種のマッサージオイルの中では、最も淡い色調。

・アトピー肌によいハーブ
乾燥する冬の時期にアトピー肌が悪化するため、アレルギー皮膚科へ通院すること約20年。長年通院してもアトピーが根本的に治るわけでもなく、悪化するたびに処方される医薬品に依存する生活をくり返していました。ケミカルな医薬品より、なるべくナチュラルなハーブで体質改善をしたい。そんなときにアタルバ・アーユルヴェーダオイルに出会って開眼。薬草成分を溶け込ませたアタルバ・アーユルヴェーダオイルを体に塗ることによって、アトピー肌が劇的に改善しました。アトピーを悪化させる原因だった痒みがなくなったことが、最も助かっています。現在、すこぶる快調です。

アーユルヴェーダの本場インドでは、アトピー肌にいいのは、「ニームオイル(カファを沈めるオイル)」と「イェシティマドゥオイル(ピッタを沈めるオイル)」とされているようです。特に痒みをともなう場合、前者のニームオイルがよいとか。

アトピー対策に特化している時期には、私は「ニームオイル」、ニームを含む「カファマッサージオイル」、「イェシティマドゥオイル」、イェシティマドゥを含む「ピッタマッサージオイル」を数日ずつ交互に使いまわしています。

・カファを沈めるオイル
カファを沈めるオイルには、「ニームオイル」「カファマッサージオイル」「CBLマッサージオイル」があります。「ニームオイル」の愛用者には、ニームを含んでいる「カファマッサージオイル」も合わせておすすめします。ニームオイルのように1つのハーブでつくられているシングルオイルには、高品質な素材ゆえのシンプルかつパワフルな効き目を実感できる良さがあります。一方で、カファマッサージオイルのように複数ハーブでつくられているオイルには、複数ハーブのチームワークによって補完強化された成分が、より多機能に働きかける良さがあります。それぞれの良さは甲乙つけがたく、バリエーションとして交互に使用しています。

・オイルを塗るタイミング
寒い冬は、アーユルヴェーダオイルを塗るのが億劫になる季節。よほど暖かい部屋でないと、全身にオイルを塗る気になりません。エアコン効かせたって、バスルームに入る前も後も寒い。バスルームの中ならば、湯船から立ち上る湯気や浴室暖房で暖かい。ならばバスルームの中で塗ってしまえと、オイルはバスルームの中に置いています。バスルームの中では、入浴前に塗ることもあれば、入浴後に塗ることもある。たっぷりめが好みなので、入浴前と入浴後の両方に塗ることもある。その日の気分で自由にやっています。ボトルからオイルを出すときにボトルをワイルドに振りすぎて油しぶきが散ってしまったり、全身に塗る過程でときどきミスって手からオイルを床へこぼしてしまっていたりして、後から床の小さな汚れに気がつくこともあるのですが、バスルームの中なら床を汚してもシャワーで流れてしまうので安心ですね。入浴前にオイルを塗ったときは、入浴後の油分が付着した浴槽のお手入れは念入りに。


はいいいえ

体験談募集中! 詳細

使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。