ヘナに関するよくあるご質問Q&A集

仕上がり/ハーブシャンプー

質問 ハーブシャンプーを使うと髪がきしみますが、対策はありますか?


回答

ハーブシャンプーの使い始めは、髪がきしむことがあります。


髪が傷んでいたり、油切れを起こしている場合に、そうなることが多いようです。
特に、ストレートパーマをあてている状態でハーブシャンプーをご使用になりますと、髪がきしみ、櫛が通らないほど髪がゴワゴワになることがあります。
市販のシャンプー剤はコーティング剤が配合されており、痛んだ髪でも気にならずに洗髪でき、サラサラに仕上がりますが、香る髪などのハーブシャンプーは自然のハーブ100%のためコーティング剤などが配合されておらず、髪が傷んでいる場合はギシギシときしんだり、指通りが悪かったり、洗髪後に髪がバシバシになったりします。

対策1 オイル頭皮マッサージ


髪が油切れを起こしている場合は、ハーブシャンプー前にヘッドマッサージオイルなどの良質なオイルで頭皮マッサージをすると、油分が補われ、きしみが緩和することがあります。

対策2 ヘナを3回ほど行う


ヘナには髪をトリートメントする作用がありますので、毎週お休みの日に、3週連続くらいで行いますと、手触りなどが大分と改善する場合が多いです。
ただし、これも髪の痛み具合によります。
かなりひどく傷んでいる場合は、ヘナをしても十分に改善しない場合があり、傷みきってしまった毛は切るしかないこともあります。
一般的に髪が傷んでい場合は、初回のヘナで、逆に髪の仕上がりが悪い場合がありますが、1回であきらめず、毎週1回を3回くらい続けてヘナを行いますと、3回目くらいから改善してくる場合が多いです。

髪や頭皮の状態が整ってくると、きしみなどは徐々になくなってきますので、オイルマッサージをしたり、ヘナをしたりして、健康な髪を目指しましょう。

お問い合わせフォーム アートビーングに電話をかける

ヘナ&白髪隠し製品選び

保管方法・消費期限

美容室・サロン
1

アートビーング全般よくあるご質問

商品の発送
10

お支払い方法
4

お買物カゴと注文
9

キャンセルと返品
3

オーラソーマに関するよくある質問集 ヘナとインドハーブに関するよくある質問集 AEOSに関するよくある質問集 アートビーングジェムとアクセサリーに関するよくある質問集 お問い合わせフォーム アートビーングに電話をかける