アタルバアーユルヴェーダCBLマッサージオイル
アタルバアーユルヴェーダCBLマッサージオイル

アタルバ・CBLマッサージオイル

サンダルウッドをはじめ15種類の成分が、お肌を最適な状態に保湿します。貴重なサンダルウッドを配合した伝統のマッサージオイルで、特殊なアーユルヴェーダ製法にて、お肌への吸収度が高められており、マッサージオイルとして特にオススメします。

お肌を最適な状態に保湿し、キメ細やかな美しいお肌

サンダルウッドをはじめ15種類の成分が、お肌を最適な状態に保湿し、キメ細やかな美しいお肌を保つと言われ、特に、インドでは子供のころからこのオイルでマッサージをすると、オイルの保湿作用により、とても美しいお肌に成長すると言われております。 赤ちゃんの場合は、マハラニアタルバ・ベビーオイルをおすすめします。

CBLオイル配合成分のサンダルウッドについて

インドでは、サンダルウッド(インドでは「チャンダン」と呼ばれる)は乱獲によって激減し、インド自体がサンダルウッドをオーストラリアなどから輸入しなくてはならないような状態になってしまいました。

現在、サンダルウッドはインド政府の厳しい統制下に管理育成されており、限られたサンダルウッドだけがアーユルヴェーダ製薬向けなどに入手可能で、アタルバでは、政府から政府印のあるサンダルウッド原木を買いつけ、原材料としており、そのため、製造できる量に限りがあります。その意味で、このCBLオイルは大変に貴重なオイルとなっております。

また、最近、サンダルウッドの原木の偽物(サンダルウッドに似た木材の表面にサンダルウッドオイルをしみこませた大変に巧妙な偽物)が横行しておりますので、アタルバはサンダルウッドの入手ルートに細心の注意を払い、政府印のあるサンダルウッドの原木のみを原材料として使用し、使用する原材料には一切の妥協はしておりません。

サンダルウッド

写真上は、「PUREMYSORE 100%」と政府印が捺されているサンダルウッド原木正規品。インド国内ではこの認証なきサンダルウッドを売買することは厳しく禁止されているが、闇取引が後をたたない。

アタルバアーユルヴェーダ
CBLマッサージオイル

代金引換/クレジット決済(ゆうパケットを除く)は
明日出荷いたします
お届け日や配達日のご指定の詳細。
ゆうパケットの配達日について。
※発送が翌営業日になる場合もございます。

AT21 ◆100ml 価格:2,800円(税込)

お買物かごに入れる

AT53 ◆100ml×3 価格:7,560円(税込)

お買物かごに入れる

全成分

ゴマ油、シダコルジホリア根エキス、ラッカイン酸、ベチベル根エキス、 カンゾウ根エキス、ヒマラヤスギ木油、ウコン根エキス、ショウズク種子エキス、セイロンニッケイ樹皮エキス、テツザイノキ種子エキス、セロリエキス、ヘミデスムスインジクス根エキス、塩化Na、ビャクダン木エキス、牛乳。

容器はPET容器。

ベースオイルとなるゴマ油は、アタルバが独自に一切の化学物質を使用しないで、無農薬栽培したゴマをコールドプレスしたゴマ油を使用。

アーユルヴェーダ製法のため、上記、ハーブ成分がヘアオイルの底に沈殿していることがあります。カビのように見える場合もありますが、カビではなく、ハーブ成分ですので、ご心配なくご使用ください。

表示製造年月について

アタルバのオイルの表示製造年月は、アタルバが実際にオイルを製造した日で、容器に充填した日ではありません。小ロットづつアタルバより空輸しておりますが、製造年月については1年前ほどのものが入荷することがあり、オイルの有効期限はその表示製造年月より3年となっております。これは、実際には、アーユルヴェーダ製法にて製造され保管されていたオイルが1年後に、容器に充填され、当方に入荷したことを示しております。また、 アーユルヴェーダ製法により製造されたオイルは酸化しにくく長期保存が可能なオイルで、逆に製造してより1年程度経過したオイルのほうが品質が安定してよいとさえ言われております。

使い方

アビヤンガとして最適なオイル。また、入浴時、アタルバハーバルスクラブで体を洗浄した後、お風呂上りに、CBLオイルを肌に薄く刷り込むように塗ることでお肌が潤います。

使用上の注意点

植物アレルギーの心配がある方や、初めてご使用になる場合はパッチテストを行ってください。

パッチテストで異常がなくても、ご使用中、何らかの異常を感じた場合は、速やかに使用を中止し、よく洗い流してください。

お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。

化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合

(2)使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。

特異体質の方、腎臓病、血液疾患の既往症のある方、妊娠中や授乳中の方は専門医に相談してから使用して下さい。

高温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。

Q&A:CBLオイルはサンダルウッドの匂いがしませんでしたが………。

A:アロマのようなサンダルウッドの匂いはしません。

サンダルウッドの原木からサンダルウッドの成分を抽出し、アーユルヴェーダ製法にてゴマ油のベースオイルに浸透させています。あくまでアーユルヴェーダとしての効能、浸透性、保湿成分を引き出すように製造されており、アロマという観点では、サンダルウッドの香りはしないといえます。シダコルジホリア根エキス、ラッカイン酸をはじめ、牛乳まで、各種の成分が混ざった香りがいたします。ただし、アーユルヴェーダのオイルの中では、好みがありますが、香りという点からは、よい香り、といえるかもしれません。ただ、これもアロマオイルとは比較できるものではありません。

Q&A:CBLオイルに浮遊物のようなものが沈殿していましたが異常ではありませんか?

特に冬場は、結晶物、浮遊物、あるいは、沈殿物が出ますが異常ではありません。

CBLオイルは、アーユルヴェーダ製法のオイルで、特殊な製法で製造しており、特に冬場は、結晶物、浮遊物、あるいは、沈殿物が出てまいりますが、異常ではありません。 沈殿物、浮遊物は、アーユルヴェーダ製法により、水溶されたハーブ成分をオイルに抽出したものが、時間が経過したり、冷えることで結晶化したものですので、ご使用の際に、よくふっていただくか、もし溶けにくい場合は、軽く湯銭してから、お使いください。

アタルバ・アーユルヴェーダ

体験談 7

体験談を投稿する
星5つ: (5)
星4つ: (2)
星3つ: (0)
星2つ: (0)
星1つ: (0)

評価: 評価
体験談数: 7
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。

評価 強力な効き目のCBLマッサージオイル! [2017/05/26]

By 匿名 40代/女性 (東京都)

強力な効き目だったので、まとめ買いリピートしました。このCBLマッサージオイル(チャンダンバララクシャディタイラ)でアーユルヴェーダに開眼し、アタルバ製品を網羅的に購入するようになりました。

香りについて
独特のスパイシーな薬草臭がします。表現しづらいのですが、なめし皮、乾燥木材、香辛料が混ざったような香りです。少し燻したようなスモーキーな香りも感じます。

テクスチャと色について
ゴマ油ベースで、ややとろみがあり、伸びがいい。マホガニーのような濃い赤茶色のオイルです。特筆すべきは、オイルの吸収度の高さ。塗った1分後には肌に吸収されてしまいます。しっとりふっくら肌になり、べたつきは残りません。塗り忘れた日がありましたが、かさつく部位のしっとり感は2日間ぐらい持続しました。

成分について
アタルバ・アーユルヴェーダオイルの中では、最多の15種類の成分を配合。CBLマッサージオイルのCはチャンダン(サンダルウッド)、Bはバラ、Lはラクシャの略です。バラはシダコルジホリアという植物の根、ラクシャはラック貝殻虫の分泌物のこと。おもしろいところでは、本品には牛乳が含まれています。牛乳が含まれているのは、こちらのアタルバ製品では「CBLマッサージオイル」と「マッサージオイルR」だけですね。まはさんのサイトによると、インドでは混ぜ物が横行しミルクの質が低下しているため、アタルバ社は牛を飼ってミルクを絞っているそうです

製品ラインについて
アートビーングさんのサイトで、ダンワンタラムタイラやクシーラバラタイラ、マハーナーラーヤナタイラなどを購入できるといいのになぁと思います。日本の法規制は厳しいので、取り扱いは難しいでしょうか?全幅の信頼を寄せているアートビーングさんへのエールを込めて、アタルバ製品ラインの拡大を希望します。

はいいいえ

評価 お風呂の時に [2017/05/08]

By 匿名 50代/女性 (東京都)

フェイスマッサージのオイルとして使用しています。
洗顔後オイルを塗り、30分間湯船につかって発汗させ、最後に石鹸洗顔で余分なオイルを落としています。

香りも良くてリラックスできます。
少量でよく伸びますのでボディにも、マッサージに最適です。
スッと吸収して、軽い付け心地が嬉しいです。
香りはすぐ消えます。

お肌の乾燥防止に欠かせません。

はいいいえ

評価 もちもちしっとりです [2017/05/06]

By Cocco 40代/女性 (東京都)

1ヶ月足らずの間に、アタルバ・ヘッドマッサージオイル100ml+ハーブシャンプー香る髪ラベンダー100g+ハーブシャンプー香る髪オイリースカルプ100g → シカカイ粉、ヘナシカ洗髪粉、アタルバハーバルスクラブ、アタルバCBLマッサージオイル → マハラニリタ → ヘナ石臼挽きと、インドハーブとオイルが家中で見られるようになりました。

アタルバハーバルスクラブとセットで使おうと思い購入しました。
スクラブの後で、薄くすりこんでいくと、確かに、もちもちプラスしっとりします(もちもちとしっとりの違いは何?と言われたら難しいですが・・・・)。

肌の調子に合わせて、使い分けています。

・たっぷり塗る
一定時間おいたあと、ティッシュオフすると、ガサガサしていたところも落ち着きます。

・化粧水に1,2滴混ぜて塗る
顔の普段使いはこれが多いです。
化粧水と混ぜるとテカるオイルが多いですが、このオイルはテカらないので重宝です。

・乾いた手に2,3滴取って薄くのばす
身体の普段使いはこれが多いです。
2、3滴を手のひら全体に伸ばして、ふくらはぎ全部、太もも全部など広い範囲をすりすりします。
手のオイルがなくなったと感じたら、また2,3滴取ってすりすりします。

はいいいえ

評価 ふっくらモチモチになるチャンダンバララクシャディタイラ! [2017/04/12]

By 匿名 40代/女性 (東京都)

アーユルヴェーダに開眼するきっかけをつくってくれた万能オイルです。薬草臭のあるゴマ油を体中に塗って10-15分もすれば、肌がふっくらモチモチになります。オイルは急速に肌に吸収されて、べたつきはなくなっています。初めて味わうモチモチ肌の触感に仰天します。薬草臭については、夜にオイルを塗ると、翌朝には完全に肌から消えていました。

最初は、原理が分からず戸惑いました。アルガンオイルでもなく、マルラオイルでもななく、なぜゴマ油が肌をモチモチにするのか?要するに、ゴマ油は溶け込んでいる薬草成分を皮膚に浸透させる媒体であって、効果効能の核は薬草成分なのですね。調べたところ、皮膚に塗布したアーユルヴェーダオイルの薬草成分は、5分後には血液に浸透し、15分後には骨髄にまで達するそうです。CBLマッサージオイルを塗ると、短時間でモチモチ肌へ変わった理由が、やっと分かったのでした。

それにしても、CBLマッサージオイルの配合成分の種類の多さと吸収の早さは、特筆すべきものです。サンダルウッドを含む15種類の成分を配合。オイルを皮膚に塗布した10-15分後には、肌がふっくらと弾力をもち、自然な保湿力を保ちます。

もともとオイルを使うと大人のニキビや吹き出物ができやすい肌質なのですが、こちらのCBLマッサージオイルではニキビや吹き出物はできません。ヘッドマッサージ以外ではオイルを使ったことがなかったオイル嫌いの私が、毎晩顔に体にCBLマッサージオイルを塗るようになりました。インド5千年の歴史をもつアーユルヴェーダの奥深さに、すっかりハマっています。

はいいいえ


1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

体験談募集中! 詳細

使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。