Kokoro様の体験談 - アートビーングの体験談
Kokoro様の体験談
体験談数: 7

※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。

イクイリブリアムボトル B068
評価 生身の人間とのコミュニケーションへ [2014/05/21]

イクイリブリアムボトル B068
By Kokoro 30代/女性 (神奈川県)

常識や標準とのコミュニケーションから、人とのコミュニケーションに、意識をシフトさせてくれたボトルです。

常識的な大人の態度。
プロジェクトの成功のための標準。

「社会で生きていくためにはこれをしなくては。そうした上で自分のやりたいことをしなくちゃ。」

そういったものに何の疑問も持たずに信じて、それに沿って社会生活をしてきました。
人と同じ目的を持って何かをするにはそれらをわきまえなくては、と思っていました。

このボトルを使い始めて1週間で、このボトルを見ることがイヤになりました。

思い返すと、私は第一印象を良くすることはできても、生身の私自身として人と対等につき合っていく方法に対して無関心でした。
仕事上メンター的な役割なのもあり、相手の立場、考え、それらに対して、自分の学んだ常識や標準に対して何点かを評価した上で対応するようなやり方を取っていました。
その結果、「あの人はこれが足りない」「この人はここがまだまだだ」といった考えが頭をもたげるようになっていました。
ついつい、自分にとって当たり前にやっていることを他人ができないとイライラするようになっていました。
与えられた役割に対して能力が低く、豚に真珠になっている人が無性に嫌いでした。
私が自分自身の子どもの部分を抑えながら「これをわきまえなくては」と一生懸命になっていたことを他人がわきまえていないというのを見て、「だから仕事なんて人と一緒にできるもんじゃないんだ!」と投げ出したい気持ちになっていました。

そのような人に何かを伝えるには対等な態度を取る必要があるとしても、よく傾聴する必要があるとしても、とても抵抗がありました。
しかし、このボトルを使っていくうちに不思議と、「どうやったら相手の立場に配慮できて、対等な態度をとれるんだろう」ということを考え始めるようになりました。
また、それが分かるためにも、自分自身の自信のなさを認めたり許したり、といったことをする内観の時間を作りました。
そうする中で、仕事で人と接する中で、いくら会社の状況に対して相手のやっていることが不十分だったといえ、褒めたり励ましたりすることができていなかった、ということに気がつきました。
以前は
「プライベートなら褒めたり励ましたりはしても、仕事なんだからさ、でかい口叩く前に与えられた役割は果たそうよ」
と思っているところがありました。「できない」ということに対して「怠慢」だと捉えていたのが、「まずはできていることに対して何かアプローチしてみよう」「この人の能力と立場だったらどう感じるかな?」ということにたいするウェイトを上げることに意識を向けるということをするようになりました。

その頃には、ボトルを眺めてもイヤな気持ちにはならなくなっていました。
また、それまでは、相手にとってネガティブな意見を私の口から告げるのは無理でしたが、少し伝える勇気が出てきました。
気づくところまでは来れたので、これからそういったアプローチを練習していこう、と思いました。


アートビーング・スタッフコメント:
ボトルを使うことで、自分のプロセスに意識的になれるのはいいですね。
はいいいえ

3 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

イクイリブリアムボトル B102
評価 自分を大切にするために必要なことに気づかせてくれた [2014/05/18]

イクイリブリアムボトル B102
By Kokoro 30代/女性 (神奈川県)

B068 Gabrielをメインに使っていましたが、レスキューセットにあったB102 The Archangel Samaelを補助的に使いました。
今回は、天使の名前で2本併用です。

断食をしようと思っており、なんとなくそのスタートと同時に使い始めました。
ネットや出かけた先で「サミエル」「サムエル」「サミュエル」といった名前をよく見かける時期でした。

最初のうちはとにかくたくさん塗りたい気持ちになっていました。
上腹部や後頭部や頭頂部だけでなく、胴全体にも塗りたくなっていました。
塗ると、すぐに眠気が襲ってくるので、とにかくたくさん寝ました。
そして、決まって起きるとスッキリしていました。
最後の方では、眠気はそれほどありませんでしたし、上腹部にのみ塗っていました。

断食が終わって回復食に入ったときに、思うようにうまく食事を元に戻すことができませんでした。
背中を含めた上腹部に違和感があったり、痛みがあったりしました。
医者で血液検査と尿検査をしましたが、異常はありませんでした。
それでも、ずっと違和感や痛みが続いています。
普段、胃腸が悪くなることもお酒の飲めなくなるような病気もありません。
それなのに、その部位に症状が出たことに驚きました。
流せなかった涙がそのような形で出てきたのかな、と半分は思いつつ、医者に通いながら様子を見ています。

私は、相手の嫌がるようなこちらの要求を伝えるなどの、ネガティブな会話がうまくできない人間で、人と信頼関係が築けずに悩んでいました。
思い返すと、他人からの「お前は自分勝手だ!」という叱責に怯えながら日々を生きている自分自身というものがありました。
私の意見は聞き入れられず、他人の賞賛している常識等の枠の中にしか入れてもらえず、無理してその枠に入っても結局蚊帳の外に出されるような、そのような感覚を持ちながら生きてきたのだということに、気がつきました。
それによって、自分のことも他人のことも信じられないし、自己主張したり相手を思いやったりすることに対して拒絶を感じていたようでした。
そのような他人との接点に怯えている自分に対しては、「合わせなくていいよ、好きにしたらいいよ」という気持ちになりました。
他の人だって思ったままに感情的に動いているのだから、自分だって勝手にしていいんだ、と。
そして、理にかなわないことをしている相手を赦すには、やはり自分自身が理にかなわないことをしてしまうときに、自分をちゃんと赦すことが大事だと。
さらに、もっと自分自身が何をしたいのかをしっかり突き詰める必要があると。

このことで、心も身体もデトックスすることになったみたいです。

はいいいえ

1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

ポケットレスキュー 25ml メタトロンレスキュー
評価 本気のときの1本 [2014/04/04]

ポケットレスキュー 25ml メタトロンレスキュー
By Kokoro 30代/女性 (神奈川県)

64番のボトルでワーク中での追加をしました。
このレスキューは今まで観る勇気がなかった視点を提供してくれます。

64番のサポートする課題に、「悲しみに捕らわれ、その体験の後ろにある真の理由に目をむけてワークしようとしません。」があります。
64番を使い始めてみて自分自身の悲しみを引き起こす原因への興味が自然に出てきたものの、もっと向き合おうにも勇気が出なかったり、問題の原因がよくつかめなかったりしていました。

そこで、メタトロンレスキューを追加することにしました。
下腹から首まで胴体全体に塗っています。
朝はメタトロンレスキュー、寝る前に64番といった具合で使いました。

今回の悲しみをトリガーしたのは友だち以上恋人未満の関係の人でした。
その人は今までつき合った誰よりも優しく、一緒に居て楽しい人でした。
「今の状況が落ち着いたら結婚相手には君を選びたい」と言われていました。
にも関わらず、「いつも連絡は私から」などの不満といったネガティブな感情を共有できず、結局私は悩んでいました。
メタトロンレスキューを使い始めて数日で私は不満を彼に告げ、絶交状態になりました。

悲しくて仕方がなかったけど、それをきっかけに、自分と向き合う時間を意識して作ることになりました。
そんな矢先に、昔ネットでやってみたジャンスピラーさんの占い結果のデータが出てきたので何気なく読んでみました。
内容が身につまされてハッとしました。
おそらく当時は、「確かに私そうなのよ、治さなくっちゃ。」と頭で理解して改善したつもりでいました。
でもこのタイミングで読むと、とてもリアルに「ああ、なんてことをしてしまったんだろう、私…」という気持ちで一杯になり、号泣しました。

今まで、「目的や目標を達成するためには努力するのが普通あって、いかなる理由でもやらないのは『やりたくない』ということだし怠慢だ」という目で人を見ていました。
その考え方に逆らう人の方が不利であり、私自身が自分を正当化していることに対しては何の疑問も持ってはいませんでした。
そうすることで、たくさん人を傷つけていたということを「知った」のではなく「感じる」ことになりました。
サラッと書いたものの、人に親切したり優しく接するように心がけてきた自負があるだけに、それを認めることも大変に辛いことでした。

それ以来、少しずつ周りの人への接し方を変えたり、どんな風に人に接しているのか自分で自分を監視するようになりました。
そして、メモ帳に自分自身の取っている行動や思考のパターンをことあるごとに書き出すようにしています。
書くと忘れませんし、自分自身を客観的に観ることができます。
それを見ながらいつもつけている願い事リストに「こういう風に変わりたい」というところを書き出しています。

見たくないものを直視する羽目になるレスキューなので、本気のときの1本だな、と思います。
でも、子どもの頃からずっと抱えてきた悲しいものを捨て去ることができる1本という感じです。
心の大掃除にはもってこいですね。


アートビーング・スタッフコメント:
「本気のときの一本」って、このボトルを言い表すのになかなかいいタイトルですね。
このボトルは暗闇に光を当てる、という作用もあるので、まさに見たくなかったところに光を当てるにはもってこいのボトルです。
優しく取り組むなら、ピンクのポマンダーなども助けになります。

もうひとつ、Kokoroさんに助けになるだろうことがあります。
とても真摯に自分に向き合っている方で、勇気がありますね。
64番は真理の探究のボトルですので、まさにあなたのボトルです。
と同時にグリーンの「ハートのボトル」でもあります。
「自分で自分を監視するようになりました。
そして、メモ帳に自分自身の取っている行動や思考のパターンをことあるごとに書き出すようにしています。」
というのはいいのですが、それはマインドで「監視」し、気づこうとしていますね。
もうひとつの方法として、ハートであるがままを受け入れ、気づく方法があります。
もし興味があれば、「ハートを開く:ガイド瞑想とともに64番を使ってみてもいいでしょう。
http://artbeing.com/cd_book/institute/ICD01.html
はいいいえ

5 人中、5人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

イクイリブリアムボトル B042
評価 自己評価や収入と向き合うきっかけ [2014/02/15]

イクイリブリアムボトル B042
By Kokoro 30代/女性 (神奈川県)

この1本を使うのは収入の作り方を考え直すきっかけになりました。

やりたい勉強をやると生活が苦しくなってしまう状況になっていましたが、「このまま頑張っていればいつか何かチャンスはある」と思っていました。どんなチャンスで何をするのか、具体的なことを考えてはいませんでした。
そんな矢先、このボトルと出会いました。使い始めると、副業を持つことを考えたり実際に副業をやってみたり、ということをするようになりました。

順調に使っていって最後残り少なくなってきたころ、「逆さに置いてたら全部使えるだろう」と思って逆さにしたまま放置してしまいました。
気がついたら全部こぼれてしまっていました。
それが、このボトルの使い終わりになりました。

私は普段は「先が見えなくて落ち着かない」ということはほぼなく、「この方法をとったらほぼ大丈夫だろう」と思うものを選んで進んでいくことで不安無く過ごせています。
それが、このボトルを使い始めてからというもの、先が見えない、落ち着かない状態です。
あまりに不安すぎて、占いを何種類か受けてみたりしました。

占いの総括としてはこのようになりました。
・今年は今まで10年の人生最悪の時期が終わる転機の年
・今の職場の組織自体がもうどうがんばってもどうにもならないところまできている
・転職してもあまりメリットはないが、将来性のないところにずっと居るよりは、将来性のあるところでがんばったほうがいい
・今年は目的に向かってまっすぐ行くのではなく、寄り道をして多様な出来事や出会いを楽しんだ方がいい
・その転機の後は「自分自身の死」以上に不幸なことは起きない

それを踏まえると、転機の始まりの揺らぎだったのかな、と思いました。
それを知らせてくれたボトルになりました。

そして、今は転職を考えています。やりたいことを職業にはできているものの、一緒に働く人との温度差にここ半年ほど悩んでいました。
そして、会社の待遇もいいとは言いづらいものなのです。
私の自己評価が低かったから「私はこの程度」と思った「この程度」の人と仕事を引き寄せてたのだということに気がつきました。

「私はここまでできる」そう堂々と言い切り、それをやってのける私になろう、と心に決めることになりました。

はいいいえ

2 人中、2人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

イクイリブリアムボトル B066
評価 性差や自分の役割を意識する [2014/02/15]

イクイリブリアムボトル B066
By Kokoro 30代/女性 (神奈川県)

あまり女性らしくないこの私が?
それがこのボトルが選ばれたときの感想です。一本気で不器用な性格で、体格もそんなに丸くないし、あまり女性らしくないと思っていただけに、かなりの違和感でした(笑)

このボトルを使っていた時期を境に、男脳と女脳の違いを意識しながら人と接するようになりました。
同じ話題で話すにしても、男脳が女脳を理解できるように翻訳してから話す、というステップが入るようになりました。

それまでは、男性の同僚や友人に対して、ただ思ったままに考えを話すだけで、うまく伝わらないことが多々ありました。
「なぜ伝わらないんだろう?」と釈然としない気持ちで過ごしていました。
こんな調子なので、恋愛も下手です。男心以前に男脳を理解できていないので、うまく駆け引きができません。
「駆け引きをしないと仲良くなれないなんて、自分にウソつかないと仲良くなれないってことじゃない?」と思っていました。

このボトルを使いだしてからというもの、感覚が違う相手にものを伝えるのは外国人と話すときのようなちょっとした気遣い一つが必要だと思うようになりました。外国人と話す時は相手の言語を使って、相手の文化の範疇にあるもので説明したりします。それと同じようなことをすることで、伝わるようになりました。

それと、何でも思ったままを口にすることを「素直」だと考えていたところが、変わりました。
時には演じることも楽しんだらいいんだと。
つまり、それは自分の役割を自覚し、それをやり抜くことになるわけです。
やりたい役割を選ぶ、というのは自分で決めることですが、それを楽しむ、ということもまた素直に生きる姿勢の一つなのだと気がつきました。

少しは女性らしくなれるかな?と思います。
少なくとも、「女性である」ということを少しは楽しめるようになりました。
何より、このボトルの優しい香りに癒されました。

はいいいえ

1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

アトランティアン/ハートボトル
評価 アミュレットみたいになるペンダント [2013/08/10]

アトランティアン/ハートボトル
By Kokoro 30代/女性 (神奈川県)

デザインが可愛くて気に入っています。
私の誕生日ボトルが3番なので、これにしました。

誕生日ボトルだからなのか、エメラルドグリーンが入っているからなのかは分からないのですが、身につけると自分らしさに視点がいきます。
心がザワザワして落ち着かないときに振ると、ザワザワが落ち着きます。
そして、心がザワザワしてた理由や意味を分かったり、その学びを得ることができるような出来事が起こったりします。
本当に知りたかったことが何なのかがつかめたり、そのために必要な情報がすんなり得られたり、ということが起きるようになりました。
そのような出来事をとおして、ザワザワしてたときにどんな風に自分らしくなかったかということに、気づくことができました。

また、他のアクセサリーをしているときとは違って、男女問わず、このペンダントには興味を示す人が多いです。



アートビーング・スタッフコメント:
グリーンはハート、ブルーはノドのチャクラと関係がありますから、
ペンダントとして身に着けるのにもちょうどいい位置でしたね。

Kokoroさんがご自身の真実に、そしてご自身に気づきを持っているのが
素晴らしいと思いました。

自分のお誕生日のボトルを身に着けていると、より自分らしくいられるように、
自分を思い出すのかもしれませんね。

まさにお守りのようですね。
はいいいえ

1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

エイオス フレグランスポット スペース
評価 自分大好きになる練り香 [2013/07/20]

エイオス フレグランスポット スペース
By Kokoro 30代/女性 (神奈川県)

私にはエメラルドグリーンが重要かな、と思ったのもありますが、直感的にこれにしました。
エメラルドグリーンが重要、と思ったのには背景があります。
私の誕生日ボトルや名前から出てくるボトルは、やたらとグリーン系が多いです。
特に誕生日ボトルは下半分がグリーンで、関連するポマンダーがエメラルドグリーンです。
それで、私の人生は「『私自身』をしっかり感じて受け入れて表現していく」人生になるのだと勝手に解釈しています。
また、それは私の苦手なことでもあります。
これを、香水よりもライトで癒される香りなのだったら普段使いに、と思って購入しました。

香りは、夏にピッタリな香りです。ミントの生えた森や草原のような、さわやかな香りです。
初めて香りを嗅いだとき、「これ好き!」と思いました。理由は無いのですが、私と同化するような、違和感の無い香りだと感じました。
つけていると、1枚のベールが私を護っているような感覚です。

使い始めてから、何となく心が変わってきました。
平たく言うと、私に私が寄り添ってる時間が長くなっている、という感じです。
私は人の同意がないことを行動に移すことに抵抗があり、私の望んでいることが周囲の同意を得られないことだったら自分自身を力ずくで抑えて理にかなうように行動する方です。
「同意が得られない、孤独な状態でやることって本当の道なの?」という疑いを持っていました。
人が評価してくれないことを恐れていて、自分以外のものに自分自身の価値を依存させていました。
しかし、「自分自身を価値づけするものは何か?」ということに関して、もっとちゃんと向き合うことを、このエメラルドグリーンはサポートしてくれた、と私は感じます。
というのも、何かと反対を恐れることが起きるたびに、「自分を信じて!」という言葉が胸の内にわき起こってくるようになったからです。
また、人が私にとる言動を俯瞰して見る自分が居るようになりました。
「あんなこと言われて今日はなんだか気持ちが沈むな」と思っても俯瞰して見ると、相手はいつも通りで私が疲れているだけだったと気がついて「じゃあ今日はゆっくり休めば良いのか」と切り替えられたりするようになっていました。
何もムリはしていません。
ただ気づかされたような感じです。
結果的に受け入れられているのに、勝手に「反対される!」と思っていたのは私でした。

化粧品で心が癒されて自分が変われるなんて、お気に入り決定です。
でも、まだリピートしたい気持ちがあるので、今後どうなるのかに期待している意味で、☆は4つにしておきます。


アートビーング・スタッフコメント:
フレグランスポットで香りを楽しむのは夏場にもぴったりですね。
スペースはさわやなか香りなので、汗をかく季節にも抵抗なく、
リフレッシュしながら使えます。

Kokoroさんはずっとグリーン系にご縁があったのですね。
迷わず選ばれつけてみたことでハートが変化してきたのはすてきでしたね。
五感を通して感じたことが意識の変化も導いたのは素晴らしい発見だった
と思います。

ぜひリピートして、次は☆5つになることを楽しんでみてくださいね。
はいいいえ

2 人中、2人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

体験談募集中! 詳細

使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。