フタをしてきた思い - イクイリブリアムボトル B012 - オーラソーマ

※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。

戻る

イクイリブリアムボトル B012
評価 フタをしてきた思い [2016/01/11]

イクイリブリアムボトル B012
By momosuke 30代/女性 (沖縄県)

リーディング4本目のボトルとして選び、使いはじめて足かけ4か月・・・
こんなに長くかかったワークは初めてでした!きつかった~肉体的にも精神的にも!!

途中あまりにもきつくて、1カ月くらいお休みしましたが、再開してみたら、下層がターコイズに・・・
オベロンのボトルになっていました。
そして匂いも!ターコイズとクリアの匂いに変化していて・・・本当にアルケミー(錬金術)するんだなあ~と思いました。

つらい期間を乗り切って先日ようやく使い切り、夜寝る前に瞑想をしていると、
なぜか脳の右上あたりが気になり、そこに意識を向けて瞑想していると、
急に意識が鮮明になったかと思うと、右半身にどどどっとエネルギーが戻ったような感覚がして、

おかしな言い方ですが、それまで存在を忘れかけていた自分の右半身が、
やっと自分の元に戻ってきたような感じがしました。
あ、エーテルギャップが戻ったのかな・・・と思いました。

その直後、今まで自分自身では、かすかな引っかかりとして認識していたものの、
実はものすごく苦痛で重荷に感じていたことがあったことに気づきました。

それは、だんなさんのお友達との付き合いです。
私はもともと、「友達の友達」とか「彼氏の友達」とか、そういった間柄の人とは積極的に交流しようというタイプではありません。
でも、だんなさんは友達が多くて、みんな温かい感じのいい人たちなので、私も飲み会などに誘われるのですが、自分は何となくそれが重荷でした。

でも、みんないい人だし、だんなさんは私がつき合ってあげると喜ぶし、
それを重荷に感じる自分は偏屈でいけないな、みたいな罪悪感がいつもありました。

でも、ボトルのおかげで見えてきたのでしょう、よくよく考えると、
「みんなのお目当ては私のだんなさんであり、私はおまけ」であること、
そして「私を誘ってくれているのは、半分は礼儀的なこと」であり、
私に求められていることは実は、「場を壊さない程度に明るく振る舞い、手伝いをすること」
だったのだ・・・ということでした。

そんな当たり前のことに今頃気づくなんて、そして気づかずにこれまで、
一生懸命その場に馴染もうと、あれやこれや振る舞っていたなんて、
私ってなんてアホだったんだろう・・・・とびっくりし、なぜか涙が出てきました。

「おまけ」扱いされていたことが悔しいのではなく、
そういうところに無理してついて行くことなんかなかったんだ!と楽になったからです。

私という人間はいつも、人の気持ちを感じすぎて、
感じてしまったら次はその通りに振る舞ってあげなければならない、と思いこんでしまうところがあります。
そういう人間にとっては、とくに馴染みのない人たちといっぺんに、大勢と仲良くしなければならないという場は、とても苦痛なのです。

人の気持ちを感じすぎてしまうのは、そういう性質だから仕方ないとしても、
望まれるままに振る舞ってあげなければ・・という部分は、私の間違った思いこみでした。
だから、そういう場を辛く感じるのも、その人たちのせいではなく私自身の問題です。
でも、無理してまでついて行くほどには必要とされていないとわかったのだから、それでいいと思いました。

今度誘われたら、だんなさんにちゃんと話してみようと思いました。
グループの中には、私をおまけではなく、ひとりの<私>として受け入れてくれる感じの人たちも、
少しはいるので、その人たちとだけ会う場だったら平気だよ、とも。

このボトルのおかげで、フタをしてきた思いに気づくことができました。
飲み会なんて年に1~2回の、数時間のことなのだから、明るく参加するのが当たり前のやり方です。
けれども自分にとっては、そういうやり方・・・「当たり前」を自分自身に押しつけて、
やりたくもないことを自分にさせること・・・・がもっとも嫌だったのだ、と、あらためてわかりました。

はいいいえ
体験談募集中! 詳細

使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。