断舎離ボトルと言われていますが - イクイリブリアムボトル B108 - オーラソーマ

※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。

戻る

イクイリブリアムボトル B108
評価 断舎離ボトルと言われていますが [2014/08/14]

イクイリブリアムボトル B108
By Kikko 40代/女性 (東京都)

2012年~2013年の冬に使っていました。
その頃、私は長年(約30年)住んだ実家を離れ、
自分で購入した家に越すために引越しの準備をしていました。

もともとは両親と一緒に住んでいたのですが、
両親は別に家を買って移り住んでしまい、
途中からは私一人がこの古い家に残って住んでいました。

押入れという押入れには古いものがたくさん詰め込まれたままで、
表面的にはきれいにしていましたが、
実は見えない場所、隠れた場所にたくさんの物と、
物と一緒にたくさんの感情や念のようなものも
詰め込まれていました。

片付けが途方もなく大変で、捨てても捨てても物が出てくるし、
「懐かしい」「良い思い出」ばかりではなく、
つらかった子供時代を思い出すようなものがあったりと、片づけは予想以上に難航していました。

そんな時、「断舎離ボトル」だと噂にきいたジェレミエルを使っていました。

このボトルを手元に置き、毎日バシャバシャと使いながら、
「大丈夫、大丈夫、片づけられる」と自分に言い聞かせながら作業をしました。

仕事から帰って疲れた体で片づけ、休みの日も片づけ、
あまり食事も喉を通らず、すごく痩せましたが、
3月の上旬、春の訪れと共に、私は新しい(自分で買った)家に引っ越しました。

ほとんどの物を捨てました。
それは、まさに断舎離でした。

苦しかった感情や、苦い思い出や、孤独だった子供時代や、恨みや諦めや・・・・

そういう負の感情でいっぱいだったのですが、
すべての荷物がなくなり、空っぽになった家は
築35年も経っていたのに、春の日差しのなか、ほんとにきれいでした。

家を去る日、とてもすがすがしく、
長年住んだ家に感謝の気持ちでいっぱいでした。

ジェレミエルは、移行のとき、傍に連れ添ってくれる天使だそうです。

移行期というのは、
多くの過去を脱ぎ去り、新しいものを受け入れたり、
新しい環境(人生のステージ)に入っていくってことだと思うんですが、
その時に今までのことを捨てないと、新しいものが入るスペースがない・・・

だから、断舎離ボトルっていうのかなと、今はわかります。
あのときは、捨てるのを手伝ってほしいと思っていたのですが、今はなんか違う気がしてます。

このボトルは、「なんか変わりたい」という時より、
変わらなければならないタイミングや、そういう時期が来た時、
その苦しさにまけず、変わっていくことを応援してくれるボトルのような気がしてなりません。


ちなみに、私は引っ越しだけでは済まず、まだまだ変化(移行)の真っ最中という感じで、
次から次へと、そういう流れが押し寄せています。

手放すことに恐怖や不安があって、その流れに乗っていけない場合は、またジェレミエルに付き添いをお願いしたいと思ったりします。


はいいいえ


3 人中、3人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

体験談募集中! 詳細

使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。