タロットの”死” - イクイリブリアムボトル B013 - オーラソーマ

※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。

戻る

イクイリブリアムボトル B013
評価 タロットの”死” [2014/05/14]

イクイリブリアムボトル B013
By miki 30代/女性 (大分県)

今年の初めにイヤーボトルと初めてワークをし、とても素晴らしい体験が出来たので、星座ボトルに興味が湧き、ワークをしてみました。
すると、今回もとても素晴らしい体験が出来たので投稿します☆

 私はこの春、転職をし、小さい頃からの夢であった司書として働き始めました。
まだ小学生だった92年BCNオリンピック開催の前年、父から建築家ガウディの話を聞き、母が町の図書館で本を借りてきてくれました。
私はそれを機にガウディに魅せられ、大人になったらBCNに行くんだ、ハネムーンで旦那さんに連れて行ってもらうんだ♪と思うようになりました。(大学卒業後、BCNの王立ガウディ研究所に入り、夢を叶えました。)
司書になりたいと思ったのは、図書館にガウディの本を沢山入れれば、私はガウディと一緒にいられる♪という子供じみた考えからでした。(笑)
 今回、採用の通知が届いた時、私は小さい頃からの2つの夢を叶えたということに茫然としてしまいました。
大学に入ったのも、ガウディを研究する為、司書の資格を取る為でしたが、叶わないと思っていたので(一人で準備して、BCNに行くのとは違うので。採用者;相手があることなので。)喜びよりも驚きの方が強かったのだと思います。
自分の人生を変えた図書館で実際自分が働くことになるなんて・・・と、今でもすごい事だと思っています。
 最初は、そういう事にフォーカスしていました。
でも、違ったんです。
私が今、ここで働くことになった隠された本当の意味は。
 私は本が大好きなので、職場は天国か楽園ですヽ(^o^)丿
働き始めるとすぐに本を借り始めました。
そこで出会ったんです。
「母という病」という本に。
図書館には、母と娘が抱える問題を取り上げた本が3冊ほどあり、全て読みました。
そして、この本がとても素晴らしかった。
母に話すと、「私も読みたい」と言ってくれ、今読んでいます。
去年から2人で取り組んできた母と娘の関係改善。
なんと“次のステップへ!”という事だったんだ!(*_*)と。
この「母という病」という本は、本当に素晴らしくて、とても分かりやすいので、母は「そっか~、そっか~・・・」と理解しながら進むと思います(笑)
ただ理解するだけでいい。
それだけで癒しは起こる。
私1人だけでもかなりの癒し効果が起きたと思うのですが、母も・・・なので、これからどんな風になるのか楽しみでたまりません(>_<)ヽ(^o^)丿
司書の仕事の1つに新刊の選書作業があるのですが、先日この手の内容を扱った本があったのですが、選びませんでした。
「母という病」がとても素晴らしかったのもあると思いますが、“もう大丈夫!”と思えた自分がいたからでした。
また生まれ変わったみたいで、これがタロットの“死”か!と納得がいきました。
 司書という自分の夢を叶えることが、自分を癒す過程の、旅の行程の一部だったことに気づいた時、とても感動しました。
今起きている事全てに大きな意味があり、その意味に気づき、感謝できるようになった毎日を嬉しく、そして楽しく思っています(^-^)


アートビーング・スタッフコメント:
子供のころの二つの夢を実現されてすばらしいですね。
でもそれだけでは話が終わらなかったんですね。
ガウディはいいですよね。
バルセロナを歩いたことを思い出しました。
「母という病」早速読んでみますね。
はいいいえ


2 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

体験談募集中! 詳細

使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。