十数年間、心にあった葛藤から解放されました。 - イクイリブリアムボトル B046 - オーラソーマ

※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。

戻る

イクイリブリアムボトル B046
評価 十数年間、心にあった葛藤から解放されました。 [2011/10/10]

イクイリブリアムボトル B046
By 松乃ひつじ 20代/女性 (鳥取県)

このボトルのお陰で、十数年整理がつけれなかった気持ちをようやく手放すことができました。

中学2年生で両親が離婚し以来十数年、大好きだった母親から裏切られたという気持ち、友人の家庭を見ては母親がいることへの羨ましいという気持ちなど、自分の中で母親に対して整理がつけられないままでいました。

ボトルを使ってみると、自分の怒りにも似た感情がこれでもかと言うほど出てきて、旦那も心配するほどでした。
何度か、もうこの色を見たくない!と身体が受け付けないようになり、少しずつ休みながら続けました。
ある夜、いつものように胸にぐるっと塗ってから寝ました。
しかしなかなか寝付けず、気付けば母親のことを思い出し、泣いていました。すると、「今でも母親に会いたい」「会って話さなくてもいいから、一方的に一目だけでも母親の姿を見たい」と自分の中で無意識に押さえ込んでいた気持ちが溢れ出しました。
まさかこんな気持ちが自分の中にあったとは思いもよらずビックリしましたが、自分の中でその気持ちを優しく包み込むように、受け入れることが出来ました。
ありがとうございました。


アートビーング・スタッフコメント:
松乃ひつじさんのプロセスはとても大切なことを教えてくれています。
自分の無意識に抑え込まれた感情は、それを意識的に体験することによって解放
され、変容していくということです。
松乃ひつじさんのプロセスは、このボトルがエネルギー的に松乃ひつじさんの
エネルギーの変容をサポートしてくれた様子がよくわかります。

2番目のチャレンジの場所にボトルを選んだ場合、それらのボトルの色のエネルギー
は、表面的にはネガティブに体験される場合があります。
今回の場合、B46のボトルはマゼンタの色が下にあります。
下にある色は、無意識の層を表します。
マゼンタには、多くのレッドのエネルギーが含まれています。
抑圧されたレッドのエネルギーは、怒りとなって表現されることがよくあります。
このマゼンタのエネルギーをつけることでこれまで無意識に抑圧されていた「自分の
怒りにも似た感情がこれでもかと言うほど出てき」たというのは、それまで無意識の
中にあって表現されなかった怒りが出てきたことで、これまで停滞していた
エネルギーが表面の意識層に流れ出したということなのです。
それは辛い体験だったと思いますが「何度か、もうこの色を見たくない!と身体が
受け付けないようになり、少しずつ休みながら続けました」ということで、逃げずに
続けられたのは、すばらしいですね。
そうしているうちに「一目だけでも母親の姿を見たい」という自分の中で無意識に
押さえ込んでいた本当の気持ちが溢れ出しました。
マゼンタに含まれたレッドの怒りのエネルギーのさらにより深くにはお母さんへの
マゼンタの愛の気持ちが隠されていたのですね。
それはマゼンタをつけることで、これまで抑圧していたエネルギーが解放されて流れ
出し、今まで怒りとして感じられていたものが、本来のマゼンタの本質である愛の
エネルギーに変容していったプロセスと見ることができます。
怒りのエネルギーも、その愛のエネルギーも、本来は同じエネルギーの異なった
表現にすぎません。
その怒りのエネルギーも否定することなく受け入れて体験していくことで、愛の
エネルギーへと変容していったのです。
怒りに似た感情は内側に秘められたお母さんへの愛が表現できなかったことの表現
だったのですね。
それらは同じエネルギーの二つの側面だったのです。
「まさかこんな気持ちが自分の中にあったとは思いもよらずビックリしましたが、
自分の中でその気持ちを優しく包み込むように、受け入れることが出来ました」との
ことですね。

B46の上の色はグリーンです。グリーンはハートを表します。
ハートのスペースでは、ものごとをあるがままに受け入れることができます。
松乃ひつじさんは、マゼンタの気持ち(エネルギー)をグリーンのハートで「やさしく
包み込むように受け入れることができた」ことで、「十数年整理がつけれなかった
気持ちを、ようやく手放すことができ」変容が起こったわけですね。
中学2年生の時から抱いていた「大好きだった母親から裏切られたという気持ち」
(怒りに似た感情)は「今でも母親に会いたい」という本心のなかにある母親への
愛に気がつくことができたのですね。

オーラソーマは精神的、心理的な問題に対してもエネルギー的にサポートすること
で、専門家の判断によるのではなく、そのボトルを選んでつけている本人自身のこと
のように気づきが起こることをサポートするツールなのです。
気づくことで、ヒーリングが起こっていくのです。
オーラソーマでは、「あなたが選ぶ色はあなたの必要性を表しています」という言葉
があります。
自分に必要な色(エネルギー)は、その人自身の超意識が知っているのです。

松乃ひつじさんが本当の自分の気持ちに向き合い、そのプロセスをありのままに
表現していただいたことの勇気に感謝いたします。
はいいいえ


7 人中、7人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

体験談募集中! 詳細

使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。