実験と人生 - イクイリブリアムボトル B107 - オーラソーマ

※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。

戻る

イクイリブリアムボトル B107
評価 実験と人生 [2011/06/19]

イクイリブリアムボトル B107
By quiet time 40代/女性 (宮崎県)

こちらでは、25mlの二本目として購入しました。

最初は、全身に塗ってみました。そして、外出した時の印象は、いつもの現実を見る私の思考と、なんとも平和を感じる内なる目線で見る自分もいて、不思議な感覚でしたし、腹部の冷えまで教えていただきました。

ボトルを光にかざして眺めると、まるで、海底から太陽の射す光を眺めているような空間になり、個人的に昔観た映画「グランブルー」を思い出しました。

その頃は、死の恐れについて知りたくて、「死」について、どう自分と向き合うかと言うことの解決が欲しかったのですが、わかりませんでした。
ボトルを使用することで、自分の中の死に対するイメージ、幻想によるものの恐れにまずは気付くことから、それは解放されていくものなのだと教えてもらった感じです。

それからしばらくは、頭で理解しようとするためか、理解できず、ネガティブになることもあったり、使用を数日置いたり、続けたりをしました。

ようやく使い終わる頃に、ふと説明文にある「ライトワーカー」のワードが気になり、ドリーン・バーチュー氏のサイトをのぞいてみました。

ライトワーカーの説明とともに、私が気になったのは、研究結果によるワンネスの事実上の根拠についてでした。そこには、怒りと愛を発信する例にした実験が書かれていましたが、読みながら、内から「実験を人生に例えると、どちらを選ぶ人生にしますか?」と質問されました。

そして、私は、愛を発信する側の人生にすると答えていました。

以前にもいただいていましたが、B107のポストカードありがとうございました。
いただいた意味理解できたようです。

はいいいえ


1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。

体験談募集中! 詳細

使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。