ハーバルカラー1・3・5・7・9で、初めてでもちゃんと染められますか? - 上手な染め方のコツ/白髪隠し(ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9編)

|

ヘナ・よくあるご質問

ヘナ > よくあるご質問 > 上手な染め方のコツ/白髪隠し(ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9編)

上手な染め方のコツ/白髪隠し(ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9編)

質問
初心者向け
ハーバルカラー1・3・5・7・9は、お湯に溶かして、そのまま髪に塗って、1時間で洗い流すだけ、さほど難しくありませんが、コツがいくつかあります。

1)ハーバルカラー1・3・5・7・9を溶かすお湯の温度


溶かして、すぐに塗れる程度の温度がよいです。
熱湯はヘナやインディゴの染毛力を弱めますので、使用しません。
理想は50~60度くらいで、溶かしたら人肌より熱いくらいのペーストとなり、ホカホカの状態で髪に塗れる程度がよいでしょう。
お湯に溶かしたらすぐに塗る、これがハーバルカラー1・3・5・7・9のやり方の基本です。

2)塗るには、手袋をした手か、ハケで塗る


ハーバルカラー1・3・5・7・9をマヨネーズ状に溶かせば、手で塗れます。
このやり方は、髪全体を染めるには適切でしょう。
ただし、白髪が色味に染まった後は、髪全体を毎回ハーバルカラーで染める必要はなく、部分(根元)染めを繰り返しましょう。
根元を染めるには、ハーバルカラー1・3・5・7・9をお湯で薄めに溶かし、ゆるめのペーストにします。
垂れやすいため、刷毛に沁み込ませて髪をかき分けながら、根元を中心にペーストを塗ります。
こうすると、量も節約になり、また塗る時間も短縮し、洗い流すのも早いです。

3)ダマを防ぐためにフルイがけをする


製品は鮮度を保つために真空パックになっているため、ダマになりやすいです。
製品を開封する際に、コツがあります。
アルミパックから透明な真空パック袋を出し、真空パック袋に針を指して穴を開け、空気を入れます。
空気が入ったところで、袋の上から手で揉みほぐします。
さらに、フルイがけするとダマにならず、綺麗なペーストに仕上がります。

フルイがけ

ハーバルカラー1・3・5・7・9でいつも美しい髪を維持するには、1週間~10日に一回などの白髪の伸びる速さに応じてハーバルカラーを1時間、これを繰り返すことです。
そのためには、出来る限り簡単に、ささっとやれるやり方を習得されるといいでしょう。
お湯で溶かして、さっとハケで塗って一時間で洗い流す。
これですと、入浴前のちょっとした時間を使って白髪染めができます。

こうして、ご自身で定期的に綺麗に白髪染めされ、低コストで安心な白髪染めができると、お喜びの声をいただいています。
ぜひお試し下さい。



ハーバルカラー1・3・5・7・9で白髪が上手に染まるか心配
ハーバルカラー7で根元を上手に暗めに染めるコツがあればお教え下さい。
ハーバルカラー7を使いましたが、しっかり染まりません。





上手な染め方のコツ/白髪隠し(ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9編)



ヘナ
白髪隠し(ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9編)
白髪隠し(インディゴ編)
ヘナ&白髪隠し製品選び
ハーブシャンプー
ハーブシャンプー製品選び
癖毛
ハーブとパーマ
その他のハーブ
スキンケア
オイル
植物アレルギー
保管方法・消費期限
その他


アートビーング全般よくあるご質問

アートビーング・メンバーズ